【簡単レシピ】パンケーキが余ったら「プリン」にしちゃえ! パンケーキからすぐに作れる「パンケーキプディング」が絶品だよ♪


週末のブランチにぴったりのパンケーキ。ミックス粉を使えばラクに作れて、気軽にカフェ気分が味わえちゃいます。

そんなパンケーキを作りすぎてしまったとき。みなさんはどうしていますか? 1枚ずつラップに包んで冷凍しておく方法もありますが、肌寒い今の時期には、余ったパンケーキから手軽リメイクで仕上げる「パンケーキプディング」なんていかがでしょう?

北海道でその名を轟かせる牛乳メーカー「よつ葉乳業」が公式ページでレシピを公開中しているのですが、それがとってもおいしそうなのです!! これは作ってみないと!!

というわけで、さっそくチャレンジ。ただ我が家ではパンケーキが余ることはまずないので、パンケーキを多めに焼いて「パンケーキプディング」を作ってみたいと思います。

【パンケーキプディングの材料】


余ったパンケーキ、卵、牛乳、生クリーム、グラニュー糖、バニラエッセンス、お好みのフルーツ(※今回は冷凍ベリーを使用)

【作り方】

1. 手鍋に牛乳と生クリーム、グラニュー糖とバニラエッセンスを加えて、グラニュー糖が溶けるまで温める。

2. ボウルに卵を割り入れ、粗熱のとれた1のプディング液を加えて混ぜたらこし器かザルに通す。(※プディング液を滑らかにするため)

3. 型に一口サイズにカットしたパンケーキとフルーツを敷きつめ、プディング液を流す。

4. 天板に湯をはり、160℃のオーブンで20〜30分湯せん焼きにする。

【体の芯までしみわたるおいしさ】

プリンのように固まっているかと思いきや、焼きたてのパンケーキプディングにスプーンを入れると、カスタードクリームがとろ〜り。おいしい! これ、超おいしい!!


温かいカスタードクリームをパンケーキに絡めながら食べると、おいしさが全身を駆け巡り、体の芯までしみわたるかのようです。パンケーキには生クリームが定番だけれど、カスタードクリームも合うんですねぇ! ベリーの酸味がクリームの甘さを引き締め、洗練された味に。

パンケーキさえあれば、すぐに作れるお手軽レシピ。みなさんもぜひ! ご自宅にオーブンがない方は、フライパンにお湯をはって湯せん焼きにするといいですよ。

寒い日に食べる温かいスイーツって、ホントに最高♪ 詳しいレシピが必要であれば、よつ葉乳業の公式ページでチェックしてみてくださいね。

参照元:よつ葉 お料理レシピ「パンケーキプディング」
調理・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

続きはこちら

チーズにバターを足すだけで10倍おいしくなる!! よつ葉乳業公式レシピ「カマンベールチーズのスプレッド」が最高だった


赤ワインがより一層おいしく感じる季節がやってきました。今月15日には、ボジョレー・ヌーボーも解禁になりましたね!

ワインをゲットしたら、欲しくなるのが気の利いたおつまみです。輸入チーズなんか最高だけど、少ない割に高いし、デパ地下や輸入食品店にわざわざ足を運ぶのも面倒……。

手軽に美味しいチーズを食べる方法はないものかと調べてみたところ、素敵なレシピを発見! それは北海道の乳業メーカー「よつ葉乳業」が公式ページで公開中の「カマンベールチーズのスプレッド」です。

なんと、チーズにバターを加えるというたったのひと手間で、スーパーやコンビニのカマンベールが、極上の味わいに変化するというではありませんか。

気になるので、さっそく作ってみましたよ!

【スプレッドの材料】

よつ葉乳業のレシピでは、カマンベールチーズ、バターのほかに、塩コショウ、パプリカ、玉ねぎスライスなどを加えていましたが……。今回、コンビニで手に入るカマンベールチーズとバターの2つに絞ってみました☆

まず、カマンベールチーズ、バターの2つ(カマンベール3:バター1の割合)を用意します。
※材料はたったの2つですが、スプレッドを塗るパンまたはクラッカーの用意をお忘れなく!

【作り方】

ボウルに常温に戻したカマンベールとバターを入れて、フォークで滑らかになるまでよく混ぜる。

以上です。なんという簡単さでしょう……!

【ワインによく合う、極上のおいしさ】

さっそくバゲットにのせて食べてみると……そのままでもおいしいカマンベールが、滑らかでコクのあるバターと出会うことで、よりクリーミーでまろやかな味わいに変化していました。まさしく、いつものカマンベールが、極上のおいしさに!

黒コショウを挽いたり、スモークサーモンを添えてもグッド。そのままおつまみとして食べるほか、クリーム系のパスタやグラタンに混ぜてもおいしそうです。このスプレッド、赤ワインにほんっと、よく合う!!

「チーズ専門店で買ってきたチーズスプレッドです」と言って誰かに食べてもらっても、おそらく疑われないのでは? それぐらい本格的な味に仕上がりです。発酵バターを使えば、より一層洗練された味になりそうですよ。

チーズ好きなら、きっとハマる「カマンベールチーズのスプレッド」。パプリカや玉ねぎを加えた「よつ葉乳業」公式サイトのレシピも、ぜひぜひチェックしてみてくださいね。

参照元:よつ葉 お料理レシピ
調理・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

続きはこちら

【つくってみた】ミスド公式レシピ「ポン・デ・リングの磯辺巻き」は想像を上回る禁断のお味…これはクセになる!


ミスドの定番であり、大人気商品でもあるポン・デ・リング。以前Pouchでは、ミスド公式レシピから、ポン・デ・リングを使ったあべかわ餅をご紹介したことがあるのですが……。

今回作ってみるのは「ポン・デ・磯辺巻き」。そう、あの、醤油と海苔の味わいがなんとも香ばしい……って、なんでよ。ポン・デ・リングはありのままでも十分おいしいじゃないのよ〜っっ!

【やるせない思いで作り始めたけど…】

もちろん、このレシピが本当においしいのかどうか? が気になるからこそ実際に作ってみるわけですが。私、ポン・デ・リング大好きなんですよねえ……。

うう、そのまま食べてしまいたい。

私の大事なポン・デ・リングちゃんを差し出すんだから! これでもし、おいしくなかったら今度からミスドのことをマクドのイントネーションでミ→ス↑ド↓って呼んでやる〜っっ!

【しょうゆにひたす瞬間の気持ち】

材料は海苔・だし醤油・ポン・デ・リング。うちにはこんぶ醤油しかなかったので、白だしと1:1で合わせました。海苔はおにぎり用の切り海苔を使用しています。

まずはポン・デ・リングをレンジでチンして温めます。その間に、海苔は軽く直火であぶっておきました。


では……温めたポン・デ・リングを醤油にひたします。

ゴクリ……。ポン・デ・リングを醤油にひたすのに、こんなにも覚悟がいるとは

ピタ。

もう後には戻れない……! ちゃんと両面ひたしたよ! ポン・デ・リングからめっちゃお醤油のいい匂いがするよ!! こんなのはじめて!!

そのあと海苔ではさみました。完成です。なんか、思いのほかおいしそうなビジュアルになっていて、笑いがこみ上げてきました。

【ペロリとイケる!】

ドキドキしながらひとくちめをパクリ。すると……なんということでしょう。

おいしい。

あれっ、なんか、おいしい! だしと醤油の風味と、海苔の香ばしさと、あったかいポン・デ・リングがめちゃくちゃマッチしてる!

あっためたポン・デ・リングはモチッと感が増していて、確かにお餅のような食感。でも普通のお餅よりも甘みがしっかりしていて、食べた感じが軽いので、ペロリといけちゃいました。

えっ、もう1個作ろっかな……。

【禁断のおいしさ】

このレシピの何がおそろしいって、多分ほかの食べ物じゃ代用できないな〜っていうおいしさがあったこと。シュガーコーティングされたポン・デ・リングの甘みとモチッと感のある生地、軽い食感があってこその「ポン・デ・磯辺巻き」なわけです。

つまり今後、ポン・デ・リングを買う機会があったら、毎回このレシピのことがちょっと頭をよぎっちゃうんじゃないかな、と。そのくらい、ナイスマッチングなお味でした……。

えーっ! こんなはずじゃなかったのに! さすが公式レシピというべきなんでしょうか……思いがけず罠にハマってしまった気がする〜っ!

これはもう、ぜひとも全国のポン・デ・リング大好きな皆さまにも味わってみてほしい! 正確なレシピや分量などは、ミスタードーナツ公式サイトでご確認いただけますので、一度作ってみてくださいな〜っ♪

参照元:ミスタードーナツ公式サイト
撮影・執筆=森本マリ (c)Pouch

続きはこちら

ロッテ「チョコパイ」を白玉で包んだ「チョコパイ鏡餅」ですと…? アレンジが大胆すぎるロッテの公式レシピがやばい

「チョコパイの可能性は、もしかしたら海のように広いのかもしれない……!」

ロッテが公式サイトで提案している「チョコパイ手作りレシピ」を目にした瞬間、こんな思いが脳裏をよぎりました。

というのも紹介されているレシピの中には攻めている内容のものもチラホラあって、大胆にもほどがあるんです。

【フツーのアレンジもあるんだけど…】

チョコパイ手作りレシピはとにかくバリエーションが多く、ほとんどは、フルーツやクリームなどで可愛らしくデコレーションしたり、好きなアイスを添えたりと、至って “ノーマル” なアレンジ。

ところがよく見ると、思い切ったレシピが、得も言われぬ存在感を放っているんですよね…。

【「和素材で包む」という新発想】

クレープの皮でチョコパイを丸ごと包むなど、とにかく “なにかで包む” という発想が好きらしいロッテさん。クレープはまだ洋風アレンジだからいいとして、問題は、白玉やおもちでチョコパイを包んだ和素材のもの

葛粉で包む「中からチョコパイ葛まんじゅう」に、チョコパイをおはぎで包んだ「チョコパイ黒ごまおはぎ」、さらには白玉でチョコパイを包んで2段に重ねた「チョコパイ鏡餅」など……。

3つのメニューはパッと見ただけではまさかチョコパイが入っているなんてわからないため、食べたときの驚きは想像を超えるはず。ホームパーティーなどでサプライズ的に振舞ったら、その場にいる全員のハートをキャッチできるのではないでしょうか。

【なんと!「ごまだんご」アレンジもありました】

というわけで、家族や友人たちをあっと言わせたいというみなさんは、ホームぺージのレシピを参考にして作ってみるといいかもしれません。

難易度は高めですが、やはりチョコパイを包んで油で揚げる「中華風チョコパイごまだんご」な~んてメニューもあるので、いつものチョコパイに変化が欲しいときはトライしてみてくださいっ☆

参照元:ロッテ
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

クックパッドが「災害時に役立つレシピ」をまとめて紹介! 「非常時に役立つご飯の炊き方」や「火を使わないレシピ」などバリエーションも豊富です

台風21号が猛威を振るった関西地方に、最大震度7の大地震が起きた北海道。災害続きのなかで緊急事態でも調理できるレシピの検索が増えているそう。

2018年9月6日にクックパッドの公式ツイッターアカウントが投稿したのは、過去に投稿した「災害時に役立つレシピ」をまとめた “モーメント” でした。

ラインナップは、電気・水道・ガスといったライフラインが不安定になりがちな災害時にはありがたいメニューばかり。

「非常時に役立つご飯の炊き方」「少ない水でも茹でることができるパスタ料理」「缶詰で作るサンドイッチ」などなど、知っておいて損はない豆知識が詰まっていたんです。

【ポリ袋でご飯が炊けるらしい!】

災害が起きているときこそ、温かいご飯を食べたくなるもの。なぜならそれだけで、ほんの束の間でも心安らぐことができるから。

クックパッドでは「非常時に役立つご飯の炊き方」を紹介していて、「カセットコンロと鍋」「フライパン」「土鍋とペットボトルのお茶」「ポリ袋(!)」のいずれかでお米を炊く方法が紹介されています。また、少量の水でパスタを茹でる方法や、加熱調理の必要がない野菜の浅漬けや、マリネの作り方なども紹介されていました。

【今すぐにでも役立ちそうです】

クックパッドは状況別に、「カセットコンロなどで対応できるレシピ」「家にありそうなもので作れるレシピ」「混ぜるだけレシピ」「洗い物を減らせるレシピ」などを紹介していて、バリエーションは豊富。

災害が起きると物資も不足するので “家にあるもの” で作れたらいいに越したことはないですし、非常時のみならず普段から使えるメニューも豊富に取り揃えられているので、今すぐにでも参考にできそうです。

被害に遭われたみなさんが、1日でも早く元の生活に戻れるよう、心から願うばかりです。

参照元:クックパッドニュースTwitterモーメント 災害時に役立つレシピTwitter @cookpad_pr
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【本音レポ】シーチキンとコンビーフがコラボした「シーチキンコンビーフ」を食べてみた! 正直に言って…超合います

2018年8月20日に発売され、ネットでも話題となったのが「K&Kシーチキンコンビーフ」(税別360円)という新商品。

読んで字のごとく、シーチキンとコンビーフがひとつになった夢のような商品は、商標登録110周年を迎えた「コンビーフ」の国分グループと、誕生60周年を迎えた「シーチキン」のはごろもフーズがタッグを組んで生まれたもの。

ありそうでなかった組み合わせですが、これは間違いなく美味しいに違いないっ。いてもたってもいられず購入してみることにしました。

【シーチキンとコンビーフの香りがする~~~!】

缶詰を開封すると漂ってきたのは、シーチキンとコンビーフの香り

2つの香りがしっかりと共存しているという摩訶不思議さに、なんとも奇妙な気持ちに陥ってしまいます。でもどちらかというと……香りだけならシーチキン要素がやや強めかも?

【コンビーフ→シーチキン→コンビーフ】

続いておそるおそる口に運んでみると、これまた不思議な感覚にとらわれます。

最初に感じるのはコンビーフの風味で、もぐもぐ噛んでいるときに存在感を主張してくるのはシーチキン。そうして最後に舌と鼻腔に残るのはコンビーフと、ホントになんなんだこの食べ物は~~~!

【アレンジレシピに挑戦!】

このままおつまみとして食べても十分イケるのですが、せっかくなので公式サイトに載っているレシピを参考に、アレンジを加えてみることにしました。

◆その1:シーザーサラダ
まずトライしたのは、レタスなどの野菜の上に「K&Kシーチキンコンビーフ」をほぐしてのせただけでできちゃう「シーチキンコンビーフの即席シーザーサラダ」

食べる前から美味しいと予測しておりましたが……案の定めちゃウマでした。まあこの組み合わせは “失敗知らず” という感じがしますよね。

こちらのメニューで存在感を発揮したのは、コンビーフ

コンビーフ由来の脂の風味が感じられて、いつものシーザーサラダよりパンチが効いている印象。レシピにはありませんでしたが、コショウをたっぷりと加えてみたら、ますますパンチが効いてイイ感じに仕上がりましたよ。これハイボールによく合いそう!

◆その2:チャンプルー
続いてトライしたのは、木綿豆腐・小松菜・もやしと一緒に「K&Kシーチキンコンビーフ」をごま油で炒め、最後に卵でとじた「シーチキンコンビーフのチャンプルー」

これも間違いない美味しさで、熱を加えることで魚の旨味(シーチキン)と肉の旨味(コンビーフ)がよりいっそう増すような気がしました。最後にふりかけるかつおぶしの旨味とも相まって、旨味の相乗効果がすごい~っ。

卵との相性も抜群によかったので、オムレツにしても美味しく頂けるんじゃないかと思います♪

【美味しいんだけど不思議な味わいでした】

2つのレシピを作ってみて、わたしは熱を加えた味のほうがより好ましく感じた次第です。食感ではシーチキン風味ではコンビーフの存在感をよりハッキリと感じられる食材ではないでしょうか。

不思議すぎるけれどしっかり美味しいのは、さすが両方とも長年愛されてきた商品だけのことはあります。とはいえ、普通に2品を混ぜただけでは、ここまでの仕上がりに至らないはず。シーチキンとコンビーフが互いの個性を抑えることなくひとつの商品として成り立っているのは、きっと開発努力の賜物だと思うんですよね。

【ちなみに、販売場所が限られているみたい】

ちなみに、この商品、販売場所がまだ限られているようで、最初にスーパーやコンビニエンスストアを見てまわったのですが……なかなか見つかりませんでした! 

国分グループ本社の広報に問い合わせてみたところ、9月3日時点での販売場所は、一部スーパー(今後拡大していく予定とのこと)、東京・日本橋にある国分グループ本社のセレクトショップ「ROJI日本橋」オンラインショップの3カ所のみとのこと。

私は「ROJI日本橋」で「K&Kシーチキンコンビーフ」をゲットしました~! 探している方はご参考までに。

「K&Kシーチキンコンビーフ」はこれまでに味わったことのない味で、新鮮な驚きがありました。話題づくりにも最適かと思うので、みなさんもぜひお試しあれ☆

参照元:国分グループ本社株式会社[1][2]ROJI日本橋オフィシャルサイト(オンラインショップ)
撮影・執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

カルディの「パンダ杏仁豆腐」を溶かしてコーヒを入れるだけ! 公式レシピ「コーヒー杏仁」が簡単美味すぎるのです♪


前回、カルディの杏仁豆腐を使ってオリジナル杏仁豆腐作りにチャレンジしました。そのあまりの手軽さとおいしさに、まんまとハマってしまった私。もっと……もっと溶かしたい! 溶かして混ぜて冷やしたい〜っっ!

というわけで、今回はカルディの公式サイトに載っていたレシピ、「コーヒー杏仁」にチャレンジです!

【カルディ公式レシピ「コーヒー杏仁」】

カルディの杏仁豆腐を使った公式のアレンジレシピはいくつかあるのですが、その中で、一番お手軽に作れそうだったのが「コーヒー杏仁」です。とはいえ、コーヒーと杏仁豆腐は本当に合うのか!? という気がしなくもありません。

これはどんなお味になるのか、作ってみるしかあるまいて!

【例によって、溶かして混ぜる】

さてさて今回は「レンジでチン」でもっと手軽に作れないか、挑戦してみました。公式レシピとはちょっと作り方が違うけれど、溶かして混ぜるという点では同じ。材料は、杏仁豆腐とドリップコーヒーです。

カルディの公式サイトによると、杏仁豆腐は「レンジ(500w)で約3分加熱する」と液状になるとのことですが、自宅のレンジは600w。念の為2分半で加熱したところ、取り出すと温めた牛乳のような膜が張っていました……。

というわけで、レンジで加熱する場合は、まず1分半くらいから様子を見ることをオススメします!

気を取り直して、ドリップコーヒーを投入〜! 幸い、コーヒーを入れてかき混ぜているうちに、膜もキレイに溶けて、一安心です。よかったよかった。キレイに混ざったら、あとは冷蔵庫で冷やし固めて出来上がり。

ドキドキのお味のほうはというと……しっかりとコーヒーの香りがしておいしい! バニラやヘーゼルナッツなどで香りづけをした「フレーバーコーヒー」のような味わいです。

公式レシピの分量より、もう少しコーヒーの割合を増やしたほうがビターな感じになりそうだけど、杏仁の風味とコーヒー味のいいとこ取りなら、ちょうどよいかも。使うコーヒーのロースト具合によっても、変わってくるかもしれません。

最初に杏仁豆腐をレンジから取り出したときは、加熱しすぎちゃった! と、ヒヤヒヤしましたが、温めるのも溶かすのもひとつの器で済むのはやっぱりラクチンでした。洗い物も減るし。ということで、レンチンも全然アリです。

【コーヒー+杏仁=おいしい】

というわけで、コーヒー杏仁豆腐はばっちりなおいしさでございました! 正直なところ、自分で作ったアレンジレシピと比べてもズバ抜けて簡単で、これぞ思い立ったらすぐできるな〜って感じ。コーヒーはいつでも家にあるし、なんなら出来合いのコーヒー使ってもいいしね☆

くわしい作り方や分量などは、公式サイトをご参照くださいませ〜っっ!

参照元: カルディコーヒーファーム
撮影・執筆=森本マリ (c)Pouch

続きはこちら

カルディの「パンダ杏仁豆腐」を溶かしてコーヒを入れるだけ! 公式レシピ「コーヒー杏仁」が簡単美味すぎるのです♪


前回、カルディの杏仁豆腐を使ってオリジナル杏仁豆腐作りにチャレンジしました。そのあまりの手軽さとおいしさに、まんまとハマってしまった私。もっと……もっと溶かしたい! 溶かして混ぜて冷やしたい〜っっ!

というわけで、今回はカルディの公式サイトに載っていたレシピ、「コーヒー杏仁」にチャレンジです!

【カルディ公式レシピ「コーヒー杏仁」】

カルディの杏仁豆腐を使った公式のアレンジレシピはいくつかあるのですが、その中で、一番お手軽に作れそうだったのが「コーヒー杏仁」です。とはいえ、コーヒーと杏仁豆腐は本当に合うのか!? という気がしなくもありません。

これはどんなお味になるのか、作ってみるしかあるまいて!

【例によって、溶かして混ぜる】

さてさて今回は「レンジでチン」でもっと手軽に作れないか、挑戦してみました。公式レシピとはちょっと作り方が違うけれど、溶かして混ぜるという点では同じ。材料は、杏仁豆腐とドリップコーヒーです。

カルディの公式サイトによると、杏仁豆腐は「レンジ(500w)で約3分加熱する」と液状になるとのことですが、自宅のレンジは600w。念の為2分半で加熱したところ、取り出すと温めた牛乳のような膜が張っていました……。

というわけで、レンジで加熱する場合は、まず1分半くらいから様子を見ることをオススメします!

気を取り直して、ドリップコーヒーを投入〜! 幸い、コーヒーを入れてかき混ぜているうちに、膜もキレイに溶けて、一安心です。よかったよかった。キレイに混ざったら、あとは冷蔵庫で冷やし固めて出来上がり。

ドキドキのお味のほうはというと……しっかりとコーヒーの香りがしておいしい! バニラやヘーゼルナッツなどで香りづけをした「フレーバーコーヒー」のような味わいです。

公式レシピの分量より、もう少しコーヒーの割合を増やしたほうがビターな感じになりそうだけど、杏仁の風味とコーヒー味のいいとこ取りなら、ちょうどよいかも。使うコーヒーのロースト具合によっても、変わってくるかもしれません。

最初に杏仁豆腐をレンジから取り出したときは、加熱しすぎちゃった! と、ヒヤヒヤしましたが、温めるのも溶かすのもひとつの器で済むのはやっぱりラクチンでした。洗い物も減るし。ということで、レンチンも全然アリです。

【コーヒー+杏仁=おいしい】

というわけで、コーヒー杏仁豆腐はばっちりなおいしさでございました! 正直なところ、自分で作ったアレンジレシピと比べてもズバ抜けて簡単で、これぞ思い立ったらすぐできるな〜って感じ。コーヒーはいつでも家にあるし、なんなら出来合いのコーヒー使ってもいいしね☆

くわしい作り方や分量などは、公式サイトをご参照くださいませ〜っっ!

参照元: カルディコーヒーファーム
撮影・執筆=森本マリ (c)Pouch

続きはこちら

【知ってた?】カルディの「パンダ杏仁豆腐」は溶かして混ぜるだけで可能性無限大☆「マンゴー杏仁」「甘酒杏仁」作ってみたよ〜っ!


カルディコーヒーファームのデザート部門で、売上No.1だという「パンダ杏仁豆腐」。これ、ぷるっぷるで本当においしいんですよねえ! 封を開ければすぐ食べられるカップタイプに比べると少し手間はかかりますが、一度食べたらやみつきになっちゃいます。

そんなカルディの「パンダ杏仁豆腐」ですが、公式サイトやパッケージの裏側を見てみると「溶かしてアレンジ」ができるらしい! というわけで、さっそく「マンゴー杏仁」「甘酒杏仁」を作っちゃいました☆

【溶かす→混ぜる→冷やす!】

アレンジのベース作りはとっても簡単。通常冷やして食べる「パンダ杏仁豆腐」を小鍋に移してとろ火にかけ、液状にするだけです。

液状に戻すことで、好みの型に移して冷やしたり、凍らせてみたり、いろんな材料と混ぜたりと、さまざまな可能性が広がる! というわけです。いえ〜い!

【マンゴー杏仁】

せっかくなので、夏っぽい味の杏仁豆腐を作ってみよう! と思い、マンゴー杏仁を作ってみました。今回はカルディで偶然見かけたマンゴーピューレを使っています。

材料
・パンダ杏仁豆腐 300ml
・マンゴーピューレ 100ml

小鍋で溶かしたパンダ杏仁豆腐にマンゴーピューレを加えて混ぜ、あとは冷蔵庫で冷やし固めるだけです。レシピとも呼べないほど簡単……!

この割合だと、ふるふるっとしたやわらかい質感の杏仁豆腐に仕上がりました。マンゴー味が加わるだけで、とってもトロピカル〜♪ マンゴープリン感もありつつ、しっかり杏仁豆腐なのが◎。

ちなみに今回使ったマンゴーピューレには、砂糖などが加えられておらず、マンゴー本来の自然な甘みのみ。もともとのパンダ杏仁豆腐がしっかりと甘いので、砂糖を加えなくても大丈夫でしたよ☆

甘めがお好きな方は、コンデンスミルクなどを少し加えても良さそうです!

【甘酒杏仁】

続いては〜、甘酒杏仁です! 帰り道に立ち寄ったスーパーでたまたま缶の甘酒が安売りされていたのを見かけて、作ってみることにしました☆ さてさて、どんな味になるかな?

材料
・パンダ杏仁豆腐 200ml
・甘酒 100ml

作り方はマンゴー杏仁と同じです。甘酒杏仁は、杏仁豆腐の割合がやや少なめ。なので、マンゴー杏仁よりもさらにやわらかく、スプーンですくい上げるとゆっくりと落ちるくらいになりました。ところがなぜか、不思議ともっちり感があります! 麹パワーかしら。

お味のほうはというと……杏仁と甘酒、信じられないくらいに合う〜〜〜〜っっっ! 甘いんだけど、後味スッキリ。甘酒の風味が苦手な方もいると思うのですが、それが杏仁の香りと甘さでまろやかになっているような?

ひとくちずつ味わいながら「夏疲れの体にぴったりのデザートが爆誕してしまった……」と思わず自画自賛してしまいました。オススメです!

【アレンジの可能性は無限大☆】

というわけで、オリジナルのアレンジ杏仁豆腐2種をご紹介しました! いかがでしたか? リキュールを少〜し加えて大人の味にするとか、溶かしたチョコレートを混ぜるとか、ほかにもいろいろ作れそうだな〜なんて、夢が広がりまくります。

ちなみに、パンダ杏仁豆腐は、食べきりサイズの「ミニ(200ml)」のほか「たっぷりサイズ(500ml)」も販売されています。こちらを使えば、一度にたくさん作ることもできますよん☆

びっくりするほどお手軽で、ちょっと気が向いたときにすぐ「作ってみようかな」と思えるのもイイ! 無限の可能性が広がるパンダ杏仁豆腐で、ぜひぜひオリジナル杏仁豆腐を作ってみてください〜っ♪

参照元: カルディコーヒーファーム
撮影・執筆=森本マリ (c)Pouch

続きはこちら

千鳥ノブも絶賛したBBQ芸人「たけだバーベキュー」のレシピ動画が簡単おいしそうで超参考になります

気がつけば、夏休みも後半戦。

しかしまだまだアウトドアシーズンは終わりませんし、少し涼しくなった秋にこそ、お外でわいわいご飯を食べたりお酒を楽しんだりしたくなりますよね。

アウトドアの定番といえば、キャンプやBBQ。いつものBBQに飽きてしまったというみなさんは、日本で唯一のBBQ芸人・たけだバーベキューさんのレシピ動画を参考にしてみるといいかもしれません。

【たけだバーベキューさんってどんな人?】

たけだバーベキューさんのBBQ歴は10年以上。BBQのことだけを綴ったブログがきっかけでレシピ本が出版されると、これを機にメディアへの露出が激増しました。

キャンプインストラクターの資格やお肉検定1級、スパイス&ハーブ検定2級も取得するなどかなりの本格派で、冬場には “ハンターたけだ” となるべく狩猟免許と銃砲所持許可を所持。なぜかカナダのアルバータ州政府からは「カナダアルバータ州BBQ大使」に任命されているという、いわゆる “ガチ” の方なんです。

【美味しそうなYouTubeにチェックイン☆】

必見なのは、たけだバーベキューさんの公式YouTubeチャンネル。

アルミホイルだけで作れる「アクアパッツァ」「スペアリブトマト煮込み」、スキレットで作る「アヒージョ」、さらには超簡単に作れるという「イタリアントマト焼きそば」など、家でも挑戦したくなる珠玉のメニューが豊富にそろっています。

【今すぐトライしてみたい簡単「アクアパッツァ」】

個人的に挑戦してみたいと思ったのは、白身魚とアサリ、プチトマトとアスパラガスを使った「アクアパッツァ」。カットする必要があるのはアスパラだけなので、アウトドアでも手間いらずなんです。

広げたアルミホイルの上に、塩コショウした白身魚やアサリなどすべての材料を置いていって、白ワインやにんにくチューブ、アンチョビチューブを混ぜ合わせて作った調味液を回しかけたら準備は完了。しっかり包んだら、後は火にかけるだけ

たったこれだけの作業で、今すぐかぶりつきたくなるほど美味しそうな「アクアパッツァ」が完成するんですよ~!

【味は千鳥ノブさんのお墨付きです】

そのほかにも、東北人のソウルフード・芋煮をカレーうどんにアレンジしたレシピや、缶詰の焼き鳥で作る「焼き鳥缶のオニオンチーズ」など、美味しそうなメニューがいっぱい。

ちなみに、たけだバーベキューさんの料理の腕前については、千鳥のノブさんも太鼓判を押すほど。

Instagram Photo

「#この夏何回も会いたい #全部唸るくらい美味い #技術の塊」といった具合にインスタグラムで大絶賛しているので、きっと味は間違いないんじゃないかと思いますよぉ!

参照元:たけだバーベキューオフィシャルウェブサイトYouTubeInstagram @noboomanzaishi
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら