海外版の水信玄餅「レインドロップ・ケーキ」が作れるキットを発見♪ アメリカならではのカラフルなアレンジも

山梨県北杜市にある名店「金精軒」が生んだ「水信玄餅」を、 “レインドロップ・ケーキ” としてアメリカに広めようと活動していたダレン・ウォン(Darren Wong)さん。

ブルックリンの屋外フード・マーケット「Smorgasburg」で販売したことをきっかけに人気に火が点いたことは以前 Pouch でもお伝えしましたが、ウォンさんの “普及活動” はまた1段階、ステップアップしたみたいなんです。

自身が運営するレインドロップ・ケーキの公式サイトとフェイスブックページで販売されていたのは、レインドロップ・ケーキを自宅で作ることができる「手作りキット」

【自分で用意するのは「水」だけ】

中にはシリコン製の型、レシピ、そして材料となるアガー、黒糖、きなこが入っていて、和風な器も同封されています。これ1つで、合計6つのレインドロップ・ケーキを作ることができるのだそうですよ。キットの価格は36ドル。

【ベジタリアン&ビーガンの人も安心して食べられます】

動物性由来のゼラチンではなく植物性由来の寒天を使用しているので、ベジタリアンやビーガンの人にも安心して食べてもらえる。そういった部分も海外で知名度を広める要素のひとつとなっているようで、公式サイトにはその旨がしっかりと記載されています。

また前回紹介した際にも触れましたが、特徴的なビジュアルも多くの人の心をつかんでいるみたい。考えてみればたしかに、雫みたいにぷるんとしていて見た目もアーティスティックだし、おやつやデザートとして出したら一気に盛り上がりそうですもんねぇ!

【いろんなアレンジで楽しんでいる人も】

「手作りキット」の価格は、日本円でおよそ4000円。ちなみに公式インスタグラムには色とりどりのレインドロップ・ケーキの写真が掲載されておりまして、食紅で色を付けたり食用花を入れたりと、自分なりにアレンジを加えたレインドロップ・ケーキを生み出し楽しんでいるようなんです。

Instagram Photo

水信玄餅を知っている日本人なら絶対に思いつかないであろう “オリジナル・レインドロップ・ケーキ” に、目からウロコ。こういった楽しみ方もあるのかと、新たな発見がありました~!

参照元:Raindrop CakeFacebookInstagram@raindropcake
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

ウェディングケーキはこの人にお願いしたい♡ 本物の花束みたいな「ロービーガンケーキ」がとっても素敵です

「ベジタリアン」と一口に言っても、食の内容によってかなり細分化されています。

なかでも厳格な「ロービーガン」と呼ばれる人たちが食べているのは、加熱しない生の野菜や、未加工の食物。そんなロービーガンの人でも食べることができる「ロービーガンケーキ」を作って販売しているのが、ドイツ・ベルリンのシェフ、ジュリアナさんです。

自分自身も15年間ベジタリアンだというジュリアナさんが手がけるケーキは、どれもこれも見目麗しく、まるで花束のよう! 

【食べたい、でも食べるのがもったいない!】

ウェディングブーケのようなケーキは、どこからナイフを入れていいのやら、いやむしろ切り分けるのをためらってしまうほど、芸術的なのであります。

Instagram Photo

Instagram Photo

【材料にご注目】

ジュリアナさんの「ロービーガンケーキ」には、小麦粉、卵、砂糖、牛乳、さらには染料などは一切使用されていません。

使われているのはマカやキヌアなどのスーパーフードにフルーツ、ナッツ類、スパイス類、アーモンドミルクなど。油の代わりに使うのはココナッツオイルやカカオバター、アボカド。甘さを加える際にはアガペシロップやメープルシロップを使っているようです。材料を見るに、めちゃくちゃ体に良さそう!

Instagram Photo

【レシピも公開されているよ~】

ジュリアナさんのインスタグラムには、これまで作ってきた「ロービーガンケーキ」の写真がいっぱいで、美しすぎてスクロールする手が止りません。この美しいケーキは実際に購入することもできるほか、ホームページではレシピも公開されています。

ドイツ語で書かれているのでちょっぴり解読が難しいですが、手順は、材料を攪拌するなどしてクリームや生地を作り、冷凍庫で固めるという流れなんですって。食べられるものが制限されるビーガンの人も、こんな華やかなケーキが食べられるなんて素敵ですよね♪

参照元:Instagram @culinarydotsCulinarydots
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら