【マジで買い】「美的12月号」のふろくは木製の“パドルブラシ”! 「ヴェレダ」の化粧水&乳液もローズの香りで癒やされる〜


ブランドコスメのお試しサイズがついてきたり、メイクアップアーティスト御用達のポーチがついてきたりと、豪華な美容雑誌のふろく。

2018年10月22日に発売された美的12月号には、頭筋パドルブラシ「ヴェレダ ワイルドローズ」の化粧水&乳液2018コフレ&限定品BOOKがついてくるというのです。

これって小学館からわたしへのご褒美?? とさえ思ってしまうほど超豪華じゃないっすか……。発売前からとっても気になっていたので、ドキドキワクワクしながらアラサーのわたし(記者)が実際に購入してみましたっ!

【19cmのコンパクトサイズのパドルブラシ】

パドルブラシは、ブラシ部分に空気穴が開いた大きめのヘアブラシ。空気が出入りするためクッション性があり、頭皮に負担をかけずにブラッシングできることから、近ごろ人気となっています。

今回、ふろくについてきた木製パドルブラシの全長は19cm。先端の部分は竹でできていて、付録とは思えない高級感が漂います。

【頭筋ブラッシングのやりかたが詳しく載ってます】

雑誌内には頭筋のしくみについての書かれたコーナーがあったり、「この部分をほぐすとこんな効果があるよ!」という解説が詳しく載っているので、しっかり熟読してから使うと効果が上がりそうです。

このブラシを監修した樋口賢介さんによれば、シャンプー前の渇いた状態で行うと頭皮にこびりついた汚れが取れやすくておすすめなんだそう。頭皮や頭筋をほぐすことによって、ハリコシのある美髪だけでなく、たるみやくすみなどの肌のエイジングケアに効果的なのだとか。

【実際に使用してみた】

パドルブラシは柄の部分だけでなく、ブラシ部分の根元をにぎる感じで持つので、この小ぶりなサイズだとブラシがぐらつかずにしっかり持てました。鏡の前でやると使いやすいです。

パドルブラシがあれば広い範囲を同じ圧でマッサージできるので、初心者でも簡単に効率良くブラッシングができました。1度だけでは「劇的に肌が変わった!」という実感はありませんでしたが、ブラッシング後は頭がめちゃくちゃ軽やかに! もしや、凝ってたね……わたしの頭筋。

パドルブラシを手にいれたわたしはきょうから頭部の革命期に入ろうと思います。

【ローズの香りに癒される…「ヴェレダ ワイルドローズ」化粧水&乳液】

パドルブラシのインパクトが強すぎて、残りはおまけ感が否めないと思うなかれ。「ヴェレダ ワイルドローズ」の濃密保湿ケアセットはカサカサお肌の女子たちにはたまらないご褒美なのだ!


化粧水はたっぷり20mlのボトル(7日分)、乳液は1.5ml(1回分)のパウチ。これからの乾燥する季節にぴったりなこっくりとした保湿強めの化粧水と乳液で、何よりオーガニックローズの香りが濃くとっても癒されます。

【別冊付録 2018コフレ&限定品】


すでに大満足だけど、今年発売のコフレ&限定品が一気見せの大ボリューム68ページのコフレBOOKも見逃せません。

気になるブランドも、ノーマークだったブランドも冊子にしてくれると一気にチェックできるのでとても見やすかったです。今年1年頑張った自分へのご褒美はどれにしようかしらとワクワクできます。

【結論:美的12月号は大満足号】


美的12月号についてくる3つの付録はどれも大・大・大満足でした。やっぱりこれは小学館からみんなへのご褒美なんだな。もう1セットくらい買っちゃおうかなあ。気になった人はぜひお早めにゲットしてみてくださいな!

参考:美的.com
撮影・執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら