ハリポタのヴォルデモート卿がドラァグクイーンに転職!? 妖艶な動きで観客を挑発しまくる姿をご覧ください

『ハリー・ポッター』シリーズの主人公ハリーにとって最大の敵といえば、闇の魔法使い・ヴォルデモート卿

イギリス魔法界で広く恐れられていて、名前を口にすることすらはばかられ、「例のあの人 (You-Know-Who))」と表現する魔法使いも少なくない……それほど怖い存在として描かれています。

そんなヴォルデモート卿が、なぜか妖艶なドラァグクイーンに!? 超ハイレグのレオタード姿でローブや魔法の杖を振り回しまくる動画が、現在海外ツイッターユーザーのあいだで話題になっているんです。

【その名は「レディ・ヴォルデモート」】

ヴォルデモート卿ならぬ “レディ・ヴォルデモート” を演じているのは、アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコでドラァグパフォーマーとして活躍中の、フロリダ・エリザベス・マン(Florida Elizabeth Man)さん。

漆黒のローブの裾からにょきっと足を出し、ゆっくりと手袋を脱ぐ仕草で観客を挑発。バックに流れているのはアリアナ・グランデさんの『デンジャラス・ウーマン(危険な女性)』で、曲からしてまさしくレディ・ヴォルデモートそのものです。

【杖から炎が出たーーーっ!】

会場がさらに沸き立ったのは、ローブを脱ごうと手をかけた瞬間。期待を一身に集めたレディ・ヴォルデモートは、満を持してレオタード姿を披露。その後は取り出した魔法の杖から次々炎を放出して、観客を熱狂の渦へと巻き込むのです。

なお、魔法の杖からは本当に炎が出ているわけではなく、背後に設置された巨大スクリーンに炎の映像が映し出されているだけ。でもこの映像が大変いい仕事をしておりまして、レディ・ヴォルデモートの動きとピッタリ合っているんです! まるで本当に魔法を使っているみたい~!

映像を担当するVJさんの大活躍はその後も続き、敵対する魔法使い(ビジュアルは似ても似つかないけど、もしやハリー?)が現れてもなお、次々繰り出される魔法をド派手に演出しては、ショーを大いに盛り上げていたのでした。

【顔めっちゃ怖いのに色っぽい…】

格好はレオタード姿だけれど、顔だけはヴォルデモート卿そのものなので、とんでもない違和感。しかしながら、あの恐ろしい顔つきとセクシーなボディーが組み合わさると、よりいっそう妖しい色気が増してしまうから不思議です……!

見れば見るほど惹きつけられる、レディ・ヴォルデモートのパフォーマンス。1度でいいから、その姿を生で見てみたいものだわ~!

参照元:Twitter @flawdamaniac
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【ハリポタ】自主制作映画だけどレベル高すぎっ! 若き日のヴォルデモート卿を主役にした映画が制作される / 公式もGOサイン出してくれたよ


J.K.ローリングさんによる小説や映画『ハリー・ポッター』シリーズにおいて、主人公・ハリーの最大の敵として描かれているのがヴォルデモート卿

2017年6月1日、ドイツのムービーエンターテインメントチャンネル「KinoCheck International」がYouTubeに投稿したのは、若き日のヴォルデモート卿をフィーチャーした作品『VOLDEMORT: Origins of the Heir』のトレーラー映像です。

かなり凝った仕上がりを観ているとにわかに信じられませんが、この作品はファンが個人的に制作したものだというのだからスンゴイ。2016年秋に制作をスタート、2017年の年末公開を目指しているそうですが、ここに至るまでには長~い道のりがあったようです。

【警告を受けて中止を余儀なくされる→ 話し合いの結果OKに】

『VOLDEMORT: Origins of the Heir』を制作しているのは、インデペンデント・フィルムプロダクション「TRYANGLE」。

海外サイト「Polygon」が行ったインタビューによれば、資金を集めるべくクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にプロジェクトを立ち上げたのですが、映画『ハリー・ポッター』シリーズの映画化権を持つ、米ワーナー・ブラザース・エンターテイメント(以下、ワーナー)から警告を受け、いったん中止せざるを得なかったようなんです。

しかし「TRYANGLE」のディレクターであるペッツァートさん(Gianmaria Pezzato)の話によれば「ワーナーとは非公式に話し合いの場が持たれ、非営利の方法であれば制作が進められることになった」と、無事にゴーサインが出たのだそう!

【ヴォルデモート卿が「トム」だったころの物語】

ヴォルデモート卿の本名は、トム・マールヴォロ・リドル。ホグワーツ魔法魔術学校を卒業したトムは忽然と姿を消し、その10年後、新たな名前と力を持って再び姿を現します。

Instagram Photo

この作品はそのあたりを掘り下げたもので、制作にあたってペッツァートさんが参考にしたのは、小説『ハリー・ポッターと謎のプリンス』なのだそう。

闇の魔法の秘密を探求することで、変わっていったトム。「不死」というゴールにたどり着こうとするトムを制することができるのは、古くからの友人2人だけ……一体何が、トムをヴォルデモート卿へと変えたのか。当時何が起こっていたのか?

YouTubeに公開されているトレーラー映像に記載されたあらすじを読むだけで、心がわくわく。そもそも容姿端麗だったという若き日のヴォルデモートが主役ですので、眼福であることは間違いありませんっ。完全版を、早く観てみたいよ~~~!!!

参照元:YouTubeTRYANGLEFacebookInstagram @tryanglefilmsPolygon
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら