【動画あり】上白石萌歌と井之脇海の「キリン午後の紅茶」CMがついに完結! 過去とリンクする演出に感動が止まらない…

上白石萌歌さんと井之脇海さんが共演する、「キリン 午後の紅茶」CMシリーズ。このふたりがカップルとして出演していたTBS系ドラマ『義母と娘のブルース』が放送時には、「午後ティーのふたりだ!」と話題になりました。

2016年冬に放映された第1作『あいたいって、あたためたいだ。』で距離を縮め、第2作『おちつけ、恋心。』でライバルに心乱され、第3作『あいたいって、あたためたいだ。17冬』で遠距離恋愛となってしまったふたりは、その後、どうなってしまったのか……。

ふたりの恋の行く末を知ることができるシリーズ完結篇『あいたいって、あたためたいだ。18冬』が、2018年12月5日に公開されました。

【見慣れた「あのホーム」からCMはスタート】

完結篇の舞台となったのは、第1作のロケ地であり作品の原点となる、熊本県にある南阿蘇鉄道の見晴台駅ホーム。

ヘッドフォンから流れてくる音楽に耳を傾けるように目を閉じた上白石さんが歌い上げるのは、HYの名曲『366日』

「恐いくらい覚えているの あなたの匂いや しぐさや 全てを」

という歌詞が、回想シーンとぴったりリンクして胸に突き刺さりす。

【まさか…別れちゃったのかな!?】

しかしこの楽曲は、 “別れた恋人を忘れられない女心” を表した作品。ということは、まさか……遠距離恋愛がもろくも破綻して、ふたりは別れてしまったのでしょうか。

【恋敵も出演しているゾ】

その後は、第2作『おちつけ、恋心。』篇でライバルとして登場した女性(白石聖さん)も登場。

当時ライバル宣言した思い出の川辺に1人佇み、

「恋が こんなに苦しいなんて 」

泣きそうな顔で歌っているところを見るに、ひょっとすると彼女は失恋してしまったのかもしれません。

【電車から出てきた人物の顔を見て、ほっと一安心!】

一方の上白石さんも同じ歌詞を歌っているわけなのですが、その表情には切なさは感じるものの、悲しみのようなものは感じられず……。果たして上白石さんと井之脇さんはいま、どんな関係性を築いているのでしょう?

あれこれ想像しているうちに、1台の電車が、見晴台駅ホームへすーっと入ってきました。

するとそこから出てきたのは……。

東京から戻ってきた井之脇さんではありませんか~!

【この終わり方でよかった…】

その後に続く、

「ただいま」
「おかえり」

というやりとりや、肩を並べて仲睦まじげに歩くシーンを見るかぎり、ふたりの交際は続いているようです

恋が始まったばかりのあの頃のように、温かい「午後の紅茶」を飲みながら家路へつく2つの背中を見て、なんだかほっと安心してしまったのでした。

完結篇ということでシリーズは終了してしまうけれど、ふたりの恋愛はきっとこれから先も続いていくのでしょう。観ている側が、いろいろな妄想を楽しめる “余白” たっぷりのCMとなっておりますので、みなさんもさっそくご覧になってみてください。

参照元:プレスリリース、キリンYouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【本音レビュー】もっとユーモアがほしかった! 話題作『未来のミライ』は現実感たっぷりの家族映画でした


【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回、ピックアップするのは、細田守監督の最新作、アニメ映画『未来のミライ』(2018年7月20日公開)です。『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』などで人気の細田監督作品。では物語から。

【物語】

都会に住むある一家。4歳のくんちゃん(声:上白石萌歌)のもとに生まれたばかりの妹がやってきました。でも、くんちゃんはおもしろくありません。お父さん(声:星野源)もお母さん(声:麻生久美子)も、妹の世話にかかりっきりなので、甘えん坊のくんちゃんはどんどん駄々っ子になっていきます。

そんなある日、くんちゃんのもとにセーラー服の女の子が現れました。彼女の名前はミライちゃん(声:黒木華)。くんちゃんの妹の未来の姿でした。そして、ミライちゃんはくんちゃんを、時を超えた冒険へと連れ出すのです。

【リアリティはあるけどユーモアがない】

この映画で描かれる家族は、とても正直で、綺麗ごとが一切ありません。くんちゃんは、両親に相手にされずに孤独のあまり暴れますし、お母さんは育児疲れで愚痴っぽいし、お父さんは妻と子供の板挟みにあって困り果てています。かわいい赤ちゃんが家に来たのに、幸福感がないのです。

細田監督はインタビューで「4歳の男の子の目から見た家族の物語を描きたかった」また「家族だから何も言わなくてもわかりあえるなんてありえない。家族だからわからないことがある」と語っています。監督にもお子さんがいるので、実体験に基づいているのでしょう。この映画は、そんな不器用な家族が、ぶつかりあう姿を描いています。まさに、現代の家族あるあるなのです。

しかし私は、この家族のいざこざを見ているうちに気持ちが沈んでしまいました。なぜならこの家族像は、あまりにもリアルすぎて、ユーモアが足りないからです。
二人の幼い子供のいる家庭で、育児・家事・仕事をまわしていくのは、夫婦が協力しても大変なのはたしかです。でも、厳しいのは現実だけで十分。

映画なのですから、お父さんの家事育児のおかしな失敗や完璧主義のお母さんのちょっと抜けた一面など、キャラを魅力的に見せるような演出が見たかったなと。そういうユーモラスな描写がまったくないので、映画を見ていても、あんまり楽しい気持ちになれないのです。

【ミライちゃんは救世主になれたのか?】

でも、そんな風にリアルにぶつかりあう家族を救うのがミライちゃん。彼女はくんちゃんと一緒に時を超え、家族の過去へと向かいます。そこにはお父さんやお母さんの若い頃の姿があり、くんちゃんは「誰にでも過去があり、人は成長すること」を知り、お兄ちゃんになっていくのです。

ミライちゃんの登場シーンはとっても鮮やかです。これから物語が動き出す感が満載でワクワクします。でも意外とミライちゃんは存在感が薄かった。くんちゃんの駄々っ子ぶりが強烈なので、くんちゃんに食われちゃったように感じました。彼女にはもっと活躍してほしかったです。

【リアルな体験が裏目に出たのかも?】

本作は、細田監督自身が子育てを経験したからこそ、そのリアルにこだわり過ぎて、フィクションの楽しさやユーモアが入る隙間がなくなったのではないかと思いました。知り過ぎていたこからこそ現実に縛られたのかもしれません。

でも映像はとても綺麗です。後半に登場するレトロな駅のシーンなどは、切り取って飾っておきたいほど幻想的!、大きなスクリーンで見るに値するヴィジュアルで、細田監督作の映像の美しさは大いに堪能いたしました。

執筆=斎藤 香 (c)Pouch

『未来のミライ』
(2018年7月20日より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー)
監督:細田守
声の出演:上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子、吉原光夫、宮崎美子、役所広司、福山雅治ほか
(C)2018 スタジオ地図

続きはこちら

【動画あり】「午後の紅茶」新CMが泣きそうになっちゃうと話題に / スピッツの名曲『楓』をカバーした上白石萌歌の歌声が心に沁みます

「わーすーれはーしーないよー とーきーがなーがれてもー」

熊本県南阿蘇村にある「見晴台(みはらしだい)」という駅のホームに、少女がひとり佇み歌を口ずさむ……。澄み切った冬の星空の下で思い浮かべるのは、今は遠くにいる大切な人のこと。

2016年冬からスタートした現役高校生の上白石萌歌(かみしらいし もか)さんが出演する「キリン午後の紅茶」CMシリーズ。3作目となる「あいたいって、あたためたいだ。17冬」が2017年12月5日に公開されました。キリンビバレッジがYouTubeに公開するやいなや再生回数が10万6000超となるなど、今回も広く支持を集めています。

【熊本県南阿蘇村を舞台に描かれる切ない青春の1コマ】

昨年冬に公開されて話題をさらった、シリーズ1作目「あいたいって、あたためたいだ」篇。ヘッドフォンを着けた少女が駅のホームでひとり、静かに目を閉じてCharaさんにの『やさしい気持ち』をくちずさむ姿を覚えている人も多いのではないでしょうか。

その後2017年夏に公開された2作目「おちつけ、恋心。」篇も視聴者から大きな注目を集めていました。

なお、主人公を演じる上白石萌歌(かみしらいし もか)さんの実姉は、映画『君の名は。』で主役の三葉の声を担当した上白石萌音(かみしらいし もね)さんです。

3作目となる今回は描かれるのは、高校卒業を機に上京した彼と、地元に残った彼女の姿。遠く離れてしまってもお互いのことを想い続ける純粋で真っ直ぐな恋心を表現した、切なさあふれる作品となっています。


【『楓』がめちゃくちゃ胸に沁みる…】

上白石さんが歌うのは、スピッツの名曲『楓』。澄み切った夜空に上白石さんの透明感ある歌声がすうっと溶け込んでいって、行き場のない寂しさがひしひしと伝わってくるようです。

上京した彼を演じるのは、1作目から上白石さんの恋人役を務めていた井之脇海(いのわき かい)さん。

彼女が空を見上げ彼を想っていたとき、彼のほうもまた、同じ空を見上げて彼女を想っていた。偶然というよりもむしろ運命を感じるシンクロニシティーにじんわり涙、鼻の奥がツンとしてしまったのはわたしだけではないはずです。

【ネットの声】

YouTubeやツイッターには、CMを視聴したという人の声が続々。「たまたまテレビ見てたら流れて、歌声に一瞬で心を掴まれました!」「なんという心に響くCMだ……」「鳥肌たった」「歌がずるくない? 泣きそうになっちゃう」といった具合にたくさんのコメントが寄せられていました。

特に多かったのが、『楓』という楽曲自体の良さを再認識したという意見。

「切ない スピッツの『楓』がまた泣ける」「『楓』ほんとに名曲すぎるでしょ」「本家も、このカバーもめちゃくちゃいい!」「やっぱりスピッツいいな」と、スピッツへの愛を語る人も数多く見受けられました。

【メイキングもぜひ観てほしい】

YouTubeには30秒バージョンと60秒バージョンのほか、メイキングムービーも公開されています。

いまだ震災の爪痕が残る熊本県の小さな駅に、このCMがもたらしたものとは……。上白石さんのオフショットのほか、地元の人たちの声もたっぷり収められているので、こちらも必見ですよ~!

参照元:プレスリリース、YouTubeTwitter検索 午後ティー cm
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら