【動画あり】上白石萌歌と井之脇海の「キリン午後の紅茶」CMがついに完結! 過去とリンクする演出に感動が止まらない…

上白石萌歌さんと井之脇海さんが共演する、「キリン 午後の紅茶」CMシリーズ。このふたりがカップルとして出演していたTBS系ドラマ『義母と娘のブルース』が放送時には、「午後ティーのふたりだ!」と話題になりました。

2016年冬に放映された第1作『あいたいって、あたためたいだ。』で距離を縮め、第2作『おちつけ、恋心。』でライバルに心乱され、第3作『あいたいって、あたためたいだ。17冬』で遠距離恋愛となってしまったふたりは、その後、どうなってしまったのか……。

ふたりの恋の行く末を知ることができるシリーズ完結篇『あいたいって、あたためたいだ。18冬』が、2018年12月5日に公開されました。

【見慣れた「あのホーム」からCMはスタート】

完結篇の舞台となったのは、第1作のロケ地であり作品の原点となる、熊本県にある南阿蘇鉄道の見晴台駅ホーム。

ヘッドフォンから流れてくる音楽に耳を傾けるように目を閉じた上白石さんが歌い上げるのは、HYの名曲『366日』

「恐いくらい覚えているの あなたの匂いや しぐさや 全てを」

という歌詞が、回想シーンとぴったりリンクして胸に突き刺さりす。

【まさか…別れちゃったのかな!?】

しかしこの楽曲は、 “別れた恋人を忘れられない女心” を表した作品。ということは、まさか……遠距離恋愛がもろくも破綻して、ふたりは別れてしまったのでしょうか。

【恋敵も出演しているゾ】

その後は、第2作『おちつけ、恋心。』篇でライバルとして登場した女性(白石聖さん)も登場。

当時ライバル宣言した思い出の川辺に1人佇み、

「恋が こんなに苦しいなんて 」

泣きそうな顔で歌っているところを見るに、ひょっとすると彼女は失恋してしまったのかもしれません。

【電車から出てきた人物の顔を見て、ほっと一安心!】

一方の上白石さんも同じ歌詞を歌っているわけなのですが、その表情には切なさは感じるものの、悲しみのようなものは感じられず……。果たして上白石さんと井之脇さんはいま、どんな関係性を築いているのでしょう?

あれこれ想像しているうちに、1台の電車が、見晴台駅ホームへすーっと入ってきました。

するとそこから出てきたのは……。

東京から戻ってきた井之脇さんではありませんか~!

【この終わり方でよかった…】

その後に続く、

「ただいま」
「おかえり」

というやりとりや、肩を並べて仲睦まじげに歩くシーンを見るかぎり、ふたりの交際は続いているようです

恋が始まったばかりのあの頃のように、温かい「午後の紅茶」を飲みながら家路へつく2つの背中を見て、なんだかほっと安心してしまったのでした。

完結篇ということでシリーズは終了してしまうけれど、ふたりの恋愛はきっとこれから先も続いていくのでしょう。観ている側が、いろいろな妄想を楽しめる “余白” たっぷりのCMとなっておりますので、みなさんもさっそくご覧になってみてください。

参照元:プレスリリース、キリンYouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

『義母と娘のブルース』で井之脇海演じる “大樹” がイケメンすぎる! 見た目だけでなく発言も男前すぎてマジで恋する5秒前

TBS系で毎週火曜夜10時より放送中のドラマ『義母と娘のブルース』(略して “ぎぼむす” )

ストーリーの面白さや綾瀬はるかさんの新境地ともいえる “義母” 役など、見どころはたくさんあるのですが……。今回注目したのは、今大注目の俳優・井之脇海さんが演じている「黒田大樹(くろだ ひろき)」が発してきた、胸キュンセリフの数々~~~!

【「大樹くん」ってどんな役?】

綾瀬はるかさん演じる宮本亜希子の義理の娘・みゆき(上白石萌歌さん)のことを9年間も想い続けてきたのが、同級生の大樹。井之脇さんは高校生に成長した大樹の役で、6話から登場します。

大樹の転校によって小学校のころに1度は離ればなれになるものの、高校生になってめでたく再会を果たしたみゆきと大樹。離れている間も、痴漢からみゆきを守ったりと陰ながら支え続けてきた大樹は、ついに長年の愛を告白! これを機に、2人は徐々に距離を縮めていくんです。

【大樹くん胸キュン語録】

その1:「俺はみゆき好きで、勝手にやってただけだから」(第6話より)

大樹が転校する直前、すれ違いからみゆきはつい大樹に「もう話しかけないで」と言ってしまいます。

それっきり会えなくなってしまっていたので、当時の謝罪とこれまで助けてもらったお礼の言葉をみゆきが口にすると、「俺が勝手にやってただけだから」と爽やかに返した大樹。これに対し「大樹くんってお助けマンだよね」と鈍すぎる発言をしたみゆきに対し、最終的に伝えたのがこの言葉!

その2:「(亜希子さんは成績の良し悪しとか)本当にどうでもいいからほっといたんじゃねぇの? そんなことより、優しさとか人を和ませる力とか、みゆきの持って生まれた部分を大切にしていきたいと思ったんじゃねぇの?」(第7話より)

大樹のことは好きだけど、テンパってしまって「受験勉強が忙しい」と告白をゴメンナサイしてしまったみゆき。しかし大樹は全くめげず、みゆきの家庭教師に立候補するんです。

その後、ふたりで図書館で勉強していたときのこと。なにもかも完璧にこなす義母に劣等感を抱いている様子のみゆきを見て、大樹がかけた言葉がこちら。みゆきのことだけでなく、義母と娘のこれまでをずっと見てきたからこそ言えるセリフなのではないでしょうか。

その3:「ってか俺、ずっとデートしてるつもりだったから」(第8話より)

亜希子に「いい大学に行かなくていい」と言われたせいか、これまでのようにがむしゃらに勉強しなくなったみゆき。しかし大樹との “図書館勉強” だけは相変わらず続けていて、会話の流れでついに自分から「デートがしたい」と伝えようとするんです。しかし大樹は、これを華麗にスルー(ウソでしょ)。

そのことについてみゆきが怒ると、満面の笑みでこのセリフを言ったんですよ~! 不意打ちで胸キュンさせるとか、反則ですから~~~!

番外編:「本当はブスじゃねーからだよ!」(第1話より)

今でこそシュッとしたイケメンでやることなすことスマートな大樹ですが、小学生時代は典型的なガキ大将タイプ。みゆきのことが気になるあまり、「ブス!」とからかい続けていたんです。

しかし亜希子の助言によって、みゆきが「どうしてわたしをいじめるの? どうしてブスっていうの?」とド直球に尋ねたところ、この答えが返ってきたのでした。いやもうこれ、完全に愛の告白じゃないっすか。

【まだまだ大樹くんを見続けたいけど…物語は最終章へ突入】

ご覧になっていただければわかるとおり、回を重ねるごとにどんどんイケメン度が増していく気がする大樹くん。そして出演シーンもどんどん多くなっていっている気がするので、制作のみなさんにはぜひこれからも積極的に、「みゆき×大樹」のラブラブシーンを生み出していってほしいものです。

みゆきとの仲が今後どうなっていくのか気になりますが、物語はいよいよ最終章へ突入。2018年9月11日に放送される第9話ではどんな名言が飛び出すのか、非常に楽しみですね♪

参照元:TBSYouTubeTwitter @gibomusu__tbs
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

『義母と娘のブルース』で井之脇海演じる “大樹” がイケメンすぎる! 見た目だけでなく発言も男前すぎてマジで恋する5秒前

TBS系で毎週火曜夜10時より放送中のドラマ『義母と娘のブルース』(略して “ぎぼむす” )

ストーリーの面白さや綾瀬はるかさんの新境地ともいえる “義母” 役など、見どころはたくさんあるのですが……。今回注目したのは、今大注目の俳優・井之脇海さんが演じている「黒田大樹(くろだ ひろき)」が発してきた、胸キュンセリフの数々~~~!

【「大樹くん」ってどんな役?】

綾瀬はるかさん演じる宮本亜希子の義理の娘・みゆき(上白石萌歌さん)のことを9年間も想い続けてきたのが、同級生の大樹。井之脇さんは高校生に成長した大樹の役で、6話から登場します。

大樹の転校によって小学校のころに1度は離ればなれになるものの、高校生になってめでたく再会を果たしたみゆきと大樹。離れている間も、痴漢からみゆきを守ったりと陰ながら支え続けてきた大樹は、ついに長年の愛を告白! これを機に、2人は徐々に距離を縮めていくんです。

【大樹くん胸キュン語録】

その1:「俺はみゆき好きで、勝手にやってただけだから」(第6話より)

大樹が転校する直前、すれ違いからみゆきはつい大樹に「もう話しかけないで」と言ってしまいます。

それっきり会えなくなってしまっていたので、当時の謝罪とこれまで助けてもらったお礼の言葉をみゆきが口にすると、「俺が勝手にやってただけだから」と爽やかに返した大樹。これに対し「大樹くんってお助けマンだよね」と鈍すぎる発言をしたみゆきに対し、最終的に伝えたのがこの言葉!

その2:「(亜希子さんは成績の良し悪しとか)本当にどうでもいいからほっといたんじゃねぇの? そんなことより、優しさとか人を和ませる力とか、みゆきの持って生まれた部分を大切にしていきたいと思ったんじゃねぇの?」(第7話より)

大樹のことは好きだけど、テンパってしまって「受験勉強が忙しい」と告白をゴメンナサイしてしまったみゆき。しかし大樹は全くめげず、みゆきの家庭教師に立候補するんです。

その後、ふたりで図書館で勉強していたときのこと。なにもかも完璧にこなす義母に劣等感を抱いている様子のみゆきを見て、大樹がかけた言葉がこちら。みゆきのことだけでなく、義母と娘のこれまでをずっと見てきたからこそ言えるセリフなのではないでしょうか。

その3:「ってか俺、ずっとデートしてるつもりだったから」(第8話より)

亜希子に「いい大学に行かなくていい」と言われたせいか、これまでのようにがむしゃらに勉強しなくなったみゆき。しかし大樹との “図書館勉強” だけは相変わらず続けていて、会話の流れでついに自分から「デートがしたい」と伝えようとするんです。しかし大樹は、これを華麗にスルー(ウソでしょ)。

そのことについてみゆきが怒ると、満面の笑みでこのセリフを言ったんですよ~! 不意打ちで胸キュンさせるとか、反則ですから~~~!

番外編:「本当はブスじゃねーからだよ!」(第1話より)

今でこそシュッとしたイケメンでやることなすことスマートな大樹ですが、小学生時代は典型的なガキ大将タイプ。みゆきのことが気になるあまり、「ブス!」とからかい続けていたんです。

しかし亜希子の助言によって、みゆきが「どうしてわたしをいじめるの? どうしてブスっていうの?」とド直球に尋ねたところ、この答えが返ってきたのでした。いやもうこれ、完全に愛の告白じゃないっすか。

【まだまだ大樹くんを見続けたいけど…物語は最終章へ突入】

ご覧になっていただければわかるとおり、回を重ねるごとにどんどんイケメン度が増していく気がする大樹くん。そして出演シーンもどんどん多くなっていっている気がするので、制作のみなさんにはぜひこれからも積極的に、「みゆき×大樹」のラブラブシーンを生み出していってほしいものです。

みゆきとの仲が今後どうなっていくのか気になりますが、物語はいよいよ最終章へ突入。2018年9月11日に放送される第9話ではどんな名言が飛び出すのか、非常に楽しみですね♪

参照元:TBSYouTubeTwitter @gibomusu__tbs
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

CMの大人になった丸尾くんがカッコ良すぎて…ズバリ予想外でしょう! 演じている井之脇海さんは『義母と娘のブルース』でも注目度上昇中!

ただいまネットを中心にじわじわ人気を集めているのが、現在22歳の俳優・井之脇海(いのわき かい)さん。

これまでNHK朝ドラの『ひよっこ』や『ごちそうさん』に出演。現在はTBS系で放送中のドラマ『義母と娘のブルース』に黒田大樹役として出演しており、涼しげな顔立ちと、 “ザ・好青年” な爽やかすぎる佇まいに、ドキドキしまくっている女子が急増中なのだとか……!

まさしく “ブレイク前夜” と呼ばれるにふさわしい、井之脇さん。勢いを加速させるなか、このたび新たに演じたのはなんと『ちびまる子ちゃん』の丸尾くんだというのだから、ズバリ全く予想だにしていなかったでしょう~~~!

【22歳の丸尾くんは「大学院生」】

井之脇さんが丸尾くんとして出演しているのは、吉岡里帆さんが大人になったまる子を演じていることで話題の、ダイハツ「ミラ トコット」の新CM『縦列駐車』篇

ダイハツのスペシャルサイトによると、22歳になった丸尾くん(井之脇さん)は、現在ノーベル賞を目指すべく地元の大学院に通っているのだそうで、運動音痴なのは相変わらず。そのため運転についても自信がなかったらしいのですが……。

【ドヤ顔がこんなに可愛い人、いる?】

新CMでは見事、縦列駐車を成功させているんです! ……とはいえ、おそらくこれは「ミラ ココット」が高性能だからこそ成し得た技なのでしょうが、いかんせん得意げなドヤ顔が可愛すぎるから困ります。

【ネットではキュン死する人が続出】

「ズバリ、(ミラ ココットのお助け感は)富士山級でしょう!」といういつもの口癖も、縦列駐車そっちのけでソフトクリームをほお張るまる子を見つめる優しいまなざしも、イケメン度120%。メガネ姿もズルイくらいに似合っていて、ツイッターはすでにキュン死を迎えた女子でいっぱい!

「丸尾末男かわいすぎねえか????? 12年経つとこうなんの??????」
「かっこよすぎぃ」
「丸メガネ!」
「お小遣いあげたい……」
「花輪君が竜星涼で丸尾君が井之脇海ってどんだけわたし好みなん」

といった具合に、みなさん萌えまくっているご様子です。

そして最後の方のコメントにもありますが、このCMで花輪くんを演じているのは、これまたイケメン俳優の竜星涼さん。キャラの濃いメンツがこんだけのイケメンに成長するだなんて、聞いてないよ~~~! そして彼らに囲まれてるまる子、うらやましすぎか~~~!

【いろんなタイプのイケメンを演じられるのね(最高)】

ちょっぴり不器用そうなところにも母性本能をくすぐられてしまう、井之脇さんによる丸尾くん。『義母と娘のブルース』の大樹くん役もイケメンだけど、丸尾くんはまた違ったタイプのイケメンで、マジで振り幅広すぎぃぃいいい!!!

参照元:ダイハツYouTubeTwitter検索 丸尾 井之脇海
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【動画あり】「午後の紅茶」新CMが泣きそうになっちゃうと話題に / スピッツの名曲『楓』をカバーした上白石萌歌の歌声が心に沁みます

「わーすーれはーしーないよー とーきーがなーがれてもー」

熊本県南阿蘇村にある「見晴台(みはらしだい)」という駅のホームに、少女がひとり佇み歌を口ずさむ……。澄み切った冬の星空の下で思い浮かべるのは、今は遠くにいる大切な人のこと。

2016年冬からスタートした現役高校生の上白石萌歌(かみしらいし もか)さんが出演する「キリン午後の紅茶」CMシリーズ。3作目となる「あいたいって、あたためたいだ。17冬」が2017年12月5日に公開されました。キリンビバレッジがYouTubeに公開するやいなや再生回数が10万6000超となるなど、今回も広く支持を集めています。

【熊本県南阿蘇村を舞台に描かれる切ない青春の1コマ】

昨年冬に公開されて話題をさらった、シリーズ1作目「あいたいって、あたためたいだ」篇。ヘッドフォンを着けた少女が駅のホームでひとり、静かに目を閉じてCharaさんにの『やさしい気持ち』をくちずさむ姿を覚えている人も多いのではないでしょうか。

その後2017年夏に公開された2作目「おちつけ、恋心。」篇も視聴者から大きな注目を集めていました。

なお、主人公を演じる上白石萌歌(かみしらいし もか)さんの実姉は、映画『君の名は。』で主役の三葉の声を担当した上白石萌音(かみしらいし もね)さんです。

3作目となる今回は描かれるのは、高校卒業を機に上京した彼と、地元に残った彼女の姿。遠く離れてしまってもお互いのことを想い続ける純粋で真っ直ぐな恋心を表現した、切なさあふれる作品となっています。


【『楓』がめちゃくちゃ胸に沁みる…】

上白石さんが歌うのは、スピッツの名曲『楓』。澄み切った夜空に上白石さんの透明感ある歌声がすうっと溶け込んでいって、行き場のない寂しさがひしひしと伝わってくるようです。

上京した彼を演じるのは、1作目から上白石さんの恋人役を務めていた井之脇海(いのわき かい)さん。

彼女が空を見上げ彼を想っていたとき、彼のほうもまた、同じ空を見上げて彼女を想っていた。偶然というよりもむしろ運命を感じるシンクロニシティーにじんわり涙、鼻の奥がツンとしてしまったのはわたしだけではないはずです。

【ネットの声】

YouTubeやツイッターには、CMを視聴したという人の声が続々。「たまたまテレビ見てたら流れて、歌声に一瞬で心を掴まれました!」「なんという心に響くCMだ……」「鳥肌たった」「歌がずるくない? 泣きそうになっちゃう」といった具合にたくさんのコメントが寄せられていました。

特に多かったのが、『楓』という楽曲自体の良さを再認識したという意見。

「切ない スピッツの『楓』がまた泣ける」「『楓』ほんとに名曲すぎるでしょ」「本家も、このカバーもめちゃくちゃいい!」「やっぱりスピッツいいな」と、スピッツへの愛を語る人も数多く見受けられました。

【メイキングもぜひ観てほしい】

YouTubeには30秒バージョンと60秒バージョンのほか、メイキングムービーも公開されています。

いまだ震災の爪痕が残る熊本県の小さな駅に、このCMがもたらしたものとは……。上白石さんのオフショットのほか、地元の人たちの声もたっぷり収められているので、こちらも必見ですよ~!

参照元:プレスリリース、YouTubeTwitter検索 午後ティー cm
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら