「メガネの100年」を振り返る動画がおもしろい! 鼻メガネ・キャットアイ・ビッグフレームとどの年代もおしゃれです

ファッションヘアメイク、さらにはゾンビなど、これまで Pouch でもたくさんご紹介してきた「100年の変遷」を振り返る動画シリーズ。

今回注目したのは海外女性雑誌Glamour Magazineが公開した『メガネの100年(100 Years of Glasses )』という動画で、文字どおり「この100年間にメガネがどのような変化を遂げていったのか」、その歴史を振り返ることができる作品となっているんです。

トップバッターを飾る1920年代に登場するのは、「Pince-nez」と呼ばれる鼻メガネ。念のため言っておきますが、仮装用として販売されているのをよく見かける、アノ鼻付きメガネのことではありませんよ。

【なんてエレガントな鼻メガネ!】

鼻の頭をパッド足でギュッと挟み込むタイプのこちらのメガネは、ツルがないのが特徴。ネックレスのように両脇に華奢なチェーンがついているだけなので、普段使いはしにくそうですが、アクセサリーとしては大変魅力的に見えるんですよね。

20年代にはもうひとつ、耳全体をホールドするようなかたちのツルを備えた、丸メガネも登場します。ブリッジ部分がちょうど真ん中あたりにあるので、ちょっぴりコミカルな印象になってきゃわゆい!

【30年代以降もどんどん変化してゆくけれど…】

続く30年代になると、メガネのブリッジ部分がやや上に移動。

40年代になるとフレームがスリムになって、眉毛に沿うようなフォルムに。そして50年代になると、両端が猫の目のようにキュッと上がった “キャットアイ型” が流行するなど、時が経つごとにどんどんブラッシュアップされていくのがわかります。

しかしながら、どの時代のメガネも今つけていても全くおかしくない気がするので、この点は他の「100年の変遷」シリーズには見られなかったことかも!

スクエア型にキラキラのストーンがほどこされた60年代のメガネも、ビッグフレームがレトロかわいい70年代&80年代のメガネも、打って変わってミニマムサイズに様変わりした90年代のメガネ、00年代のセルフレームも、色褪せない魅力を放っているんですよね。

【あなたはどの時代のメガネがお好み?】

その後2000年代に登場するメガネは、40年代の “眉毛に沿うようなフレーム” に現代的な要素をプラスしたもので、流行は繰り返すものなのだとしみじみ。

2010年代のトレンドである “クリア(透明)なフレーム” やヴィンテージ風も含めて、どの時代のメガネも甲乙つけがたいほどに魅力的ですので、さっそくご覧になってみてはいかがでしょうか。

ちなみにわたしは、冒頭でご紹介した鼻メガネと、70&80年代に登場したビッグフレームタイプがツボです。みなさんもこれぞというお気に入りを、見つけてみてくださいね♪

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

前足も後ろ足も総動員!力強く毛布をふみふみするハンサム猫さんの甘えん坊モードが可愛すぎ〜!!

キリッとしたハンサム顏がたまらなくかっこいい、カナダに暮らすフィネガン(@pitterpatterfurryfeet)くんはサイベリアン種の猫。トロントの町並みをバックにおしゃれな窓辺に佇んでいるお姿はまるで映画のワンシーン。

普段はとってもハンサムな猫さんですが、ひとたびお気に入りの毛布の前にするとまるで別の猫になってしまったかのように豹変してしまうんです!

【4足総動員で力強くふみふみ】

お気に入りの毛布をふみふみするフィネガンくんは、通常時のキリリ顏とは一変してまんまるお目目は子猫のような甘えた表情に早変わり。動画の音量を上げると、グルグルと喉を鳴らす音も。

フィネガンくん、さっきのワイルド感はどこへ?よく見るとフィネガンくんは前足と後ろ足の計4本で力強く毛布をふみふみしています。

Instagram Photo

【つい足踏みしちゃう】

別の動画でもついつい後ろ足までもふみふみしちゃっていました。

Instagram Photo

この動き、もともとは母猫のおっぱいを飲んでいるときの動きからきていると言われていて、前足だけでフミフミする子が多いのです。フィネガンくんは毛布と飼い主さんの組み合わせがあまりの心地よすぎて、後ろ足まで動いてしまうようになったのかもしれませんね!

参照元:Instagram @pitterpatterfurryfeet
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら

メイク中のマライア・キャリーが『恋人たちのクリスマス』を口ずさむと…周りのスタッフが踊り出す!? 素敵なクリスマス動画が話題に

もうすぐクリスマス。クリスマスソングの定番といえば、1994年に発売されたマライア・キャリーさんによる世界的ヒット曲『恋人たちのクリスマス(All I Want for Christmas Is You)』ですよね!

今なお歌い継がれる名曲を、マライアさん自ら歌っているのが、2018年12月8日にツイッターに投稿された動画。

「クリスマスのためのウォーミングアップ」

というつぶやきと共に公開されていたのは、2人の男性にヘアメイクを施されながら、『恋人たちのクリスマス』を口ずさむマライアさんの姿。男性たちもノリノリで歌っておりまして、楽しそうな空気感に誘われて、観ているこちらも自然と笑顔になってしまいます。

【まさかの展開に爆笑】

この時点で十分ハッピームード全開なわけなのですが、ますますハッピーに拍車がかかるのは、

「There is just one thing I need♪」

という歌詞のあとに入るコーラスパートあたりから。

コーラスとともに部屋中のいたるところから人々が飛び出してきて、どこもかしこも “ひょっこりはん” 状態。「一体どこにそんなに隠れていたんだ……」としばし呆然とするくらいどんどん人が増えて行くのが愉快で、大笑いしてしまうことウケアイなんですよね。

【これからマネする人が増えるかも!?】

3万9000を超えるリツイートと10万4000を超える「いいね」を集めたツイートには、たくさんのコメントが集まっておりまして

「かわいい」
「アンコール!」
「みんな幸せそう」
「めちゃくちゃ笑った」
「今までみた中で最高のやつ」

といった具合に、みなさん大絶賛。

中には「 新しいクリスマスチャレンジ( #ChristmasChallenge)ってことでOK?」といったコメントもありまして、かつて流行った「マネキンチャレンジ」みたいに、マライアさんたちをマネして動画をアップする人が今後どんどん増えていったりして……!?

【めちゃくちゃハッピーになれる動画です】

ブームになるかどうかはわかりませんが、あまりにも可愛すぎて、マネしてみたくなることだけはたしかです。

クリスマスにピッタリな動画となっておりますので、みなさんもさっそくご覧になってみてくださいね。いやはやそれにしても、この曲ホント、いつまでたっても色あせないわ~!

参照元:Twitter @MariahCarey
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

メイク中のマライア・キャリーが『恋人たちのクリスマス』を口ずさむと…周りのスタッフが踊り出す!? 素敵なクリスマス動画が話題に

もうすぐクリスマス。クリスマスソングの定番といえば、1994年に発売されたマライア・キャリーさんによる世界的ヒット曲『恋人たちのクリスマス(All I Want for Christmas Is You)』ですよね!

今なお歌い継がれる名曲を、マライアさん自ら歌っているのが、2018年12月8日にツイッターに投稿された動画。

「クリスマスのためのウォーミングアップ」

というつぶやきと共に公開されていたのは、2人の男性にヘアメイクを施されながら、『恋人たちのクリスマス』を口ずさむマライアさんの姿。男性たちもノリノリで歌っておりまして、楽しそうな空気感に誘われて、観ているこちらも自然と笑顔になってしまいます。

【まさかの展開に爆笑】

この時点で十分ハッピームード全開なわけなのですが、ますますハッピーに拍車がかかるのは、

「There is just one thing I need♪」

という歌詞のあとに入るコーラスパートあたりから。

コーラスとともに部屋中のいたるところから人々が飛び出してきて、どこもかしこも “ひょっこりはん” 状態。「一体どこにそんなに隠れていたんだ……」としばし呆然とするくらいどんどん人が増えて行くのが愉快で、大笑いしてしまうことウケアイなんですよね。

【これからマネする人が増えるかも!?】

3万9000を超えるリツイートと10万4000を超える「いいね」を集めたツイートには、たくさんのコメントが集まっておりまして

「かわいい」
「アンコール!」
「みんな幸せそう」
「めちゃくちゃ笑った」
「今までみた中で最高のやつ」

といった具合に、みなさん大絶賛。

中には「 新しいクリスマスチャレンジ( #ChristmasChallenge)ってことでOK?」といったコメントもありまして、かつて流行った「マネキンチャレンジ」みたいに、マライアさんたちをマネして動画をアップする人が今後どんどん増えていったりして……!?

【めちゃくちゃハッピーになれる動画です】

ブームになるかどうかはわかりませんが、あまりにも可愛すぎて、マネしてみたくなることだけはたしかです。

クリスマスにピッタリな動画となっておりますので、みなさんもさっそくご覧になってみてくださいね。いやはやそれにしても、この曲ホント、いつまでたっても色あせないわ~!

参照元:Twitter @MariahCarey
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

メイク中のマライア・キャリーが『恋人たちのクリスマス』を口ずさむと…周りのスタッフが踊り出す!? 素敵なクリスマス動画が話題に

もうすぐクリスマス。クリスマスソングの定番といえば、1994年に発売されたマライア・キャリーさんによる世界的ヒット曲『恋人たちのクリスマス(All I Want for Christmas Is You)』ですよね!

今なお歌い継がれる名曲を、マライアさん自ら歌っているのが、2018年12月8日にツイッターに投稿された動画。

「クリスマスのためのウォーミングアップ」

というつぶやきと共に公開されていたのは、2人の男性にヘアメイクを施されながら、『恋人たちのクリスマス』を口ずさむマライアさんの姿。男性たちもノリノリで歌っておりまして、楽しそうな空気感に誘われて、観ているこちらも自然と笑顔になってしまいます。

【まさかの展開に爆笑】

この時点で十分ハッピームード全開なわけなのですが、ますますハッピーに拍車がかかるのは、

「There is just one thing I need♪」

という歌詞のあとに入るコーラスパートあたりから。

コーラスとともに部屋中のいたるところから人々が飛び出してきて、どこもかしこも “ひょっこりはん” 状態。「一体どこにそんなに隠れていたんだ……」としばし呆然とするくらいどんどん人が増えて行くのが愉快で、大笑いしてしまうことウケアイなんですよね。

【これからマネする人が増えるかも!?】

3万9000を超えるリツイートと10万4000を超える「いいね」を集めたツイートには、たくさんのコメントが集まっておりまして

「かわいい」
「アンコール!」
「みんな幸せそう」
「めちゃくちゃ笑った」
「今までみた中で最高のやつ」

といった具合に、みなさん大絶賛。

中には「 新しいクリスマスチャレンジ( #ChristmasChallenge)ってことでOK?」といったコメントもありまして、かつて流行った「マネキンチャレンジ」みたいに、マライアさんたちをマネして動画をアップする人が今後どんどん増えていったりして……!?

【めちゃくちゃハッピーになれる動画です】

ブームになるかどうかはわかりませんが、あまりにも可愛すぎて、マネしてみたくなることだけはたしかです。

クリスマスにピッタリな動画となっておりますので、みなさんもさっそくご覧になってみてくださいね。いやはやそれにしても、この曲ホント、いつまでたっても色あせないわ~!

参照元:Twitter @MariahCarey
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

お野菜が好きすぎるワンコ! ブロッコリーほしさに芸をしまくる姿がたまんないよ♪


表情からしてかしこそうなワンコ、モクシーちゃん(@moxiethetoller)。そのお目当ては、なんと飼い主さんが手にしているブロッコリー

このお野菜、人間の子どもたちからは嫌いな野菜として挙げられることも多いですよね。でもモクシーちゃんにとっては世界最高のおやつなのです。これほどブロッコリーにエキサイトするワンコ、見たことある?

【ブロッコリー、世界でいちばん愛してるっ!!】

目をらんらんと輝かせたモクシーちゃんの頭の中は、もうブロッコリーのことでいっぱい。愛するブロッコリーを手に入れるためなら! とばかりに、モクシーちゃんは数々のおりこうな芸を披露してくれています。

とりわけ胸キュンしちゃうのが「ブリトー」という技です。「ブリトー!」という飼い主さんの言葉を聞くと、いそいそと後方にある毛布のもとへと向かうモクシーちゃん。この毛布にぐるんとくるまり、自らブリトーの具と化してしまうのだ。

Instagram Photo

【ブロッコリーをくわえて走り去っていく】

念願のブロッコリーをもらったモクシーちゃん、瞬く間にフレームアウトしていきました。

おいしそうに食べているところもぜひ観たかったんですが、モクシーちゃんはブロッコリーとの甘いハネムーンへと発ってしまったので追跡できず。

【キュウリ愛もある模様】

ちなみにキュウリの場合はどうかというと、ブロッコリーほどの情熱はないにせよ、芸をしてごほうびにいただくくらいには好きなようです。

Instagram Photo

キュウリを出すと、「キュウリでもほしいんで、ひととおり芸してみましょか?」という感じでいろんな芸を披露してくれます。ほんとおりこうだねえ。

ブロッコリーに燃やすほどのパッションはないけれど、そもそもキュウリに少しでも関心がある、どころかごほうびとして認めてるっていう時点で驚きです。

このベジタブル好きワンコ・モクシーのけなげな姿をもっとご覧になりたい方は、公式インスタグラムをぜひどうぞ。

参照元:Instagram(@moxiethetoller)
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら

お野菜が好きすぎるワンコ! ブロッコリーほしさに芸をしまくる姿がたまんないよ♪


表情からしてかしこそうなワンコ、モクシーちゃん(@moxiethetoller)。そのお目当ては、なんと飼い主さんが手にしているブロッコリー

このお野菜、人間の子どもたちからは嫌いな野菜として挙げられることも多いですよね。でもモクシーちゃんにとっては世界最高のおやつなのです。これほどブロッコリーにエキサイトするワンコ、見たことある?

【ブロッコリー、世界でいちばん愛してるっ!!】

目をらんらんと輝かせたモクシーちゃんの頭の中は、もうブロッコリーのことでいっぱい。愛するブロッコリーを手に入れるためなら! とばかりに、モクシーちゃんは数々のおりこうな芸を披露してくれています。

とりわけ胸キュンしちゃうのが「ブリトー」という技です。「ブリトー!」という飼い主さんの言葉を聞くと、いそいそと後方にある毛布のもとへと向かうモクシーちゃん。この毛布にぐるんとくるまり、自らブリトーの具と化してしまうのだ。

Instagram Photo

【ブロッコリーをくわえて走り去っていく】

念願のブロッコリーをもらったモクシーちゃん、瞬く間にフレームアウトしていきました。

おいしそうに食べているところもぜひ観たかったんですが、モクシーちゃんはブロッコリーとの甘いハネムーンへと発ってしまったので追跡できず。

【キュウリ愛もある模様】

ちなみにキュウリの場合はどうかというと、ブロッコリーほどの情熱はないにせよ、芸をしてごほうびにいただくくらいには好きなようです。

Instagram Photo

キュウリを出すと、「キュウリでもほしいんで、ひととおり芸してみましょか?」という感じでいろんな芸を披露してくれます。ほんとおりこうだねえ。

ブロッコリーに燃やすほどのパッションはないけれど、そもそもキュウリに少しでも関心がある、どころかごほうびとして認めてるっていう時点で驚きです。

このベジタブル好きワンコ・モクシーのけなげな姿をもっとご覧になりたい方は、公式インスタグラムをぜひどうぞ。

参照元:Instagram(@moxiethetoller)
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら

ディズニー新アトラクション「美女と野獣 “魔法のものがたり” 」の制作現場が公開されたよ~!! リアルすぎるベルと野獣の動きにビックリです

東京オリンピック・パラリンピックが開催される、2020年。この年の春に、東京ディズニーランドの「ファンタジーランド」「トゥモローランド」「トゥーンタウン」の3つのテーマランドにわたって、大規模な新施設がオープンします。

総開発面積約4万7000平方メートルという敷地内に作られるのは、大型アトラクション、全天候型エンターテインメントシアター、レストランなど。現在も建設が行われている最中なのですが……。

なんと本日2018年12月6日、このエリアにオープン予定の大型アトラクション「美女と野獣 “魔法のものがたり” 」のメイキング映像が公開されたんです!

【『美女と野獣』のアトラクションは世界初!】

「美女と野獣 “魔法のものがたり” 」はライドタイプのアトラクション。『美女と野獣』のアトラクションは世界初らしく、それだけで胸躍っちゃいますよねぇ!

【まるで生きているようなフィギュアの動きにびっくり!】

東京ディズニーリゾートのオフィシャルブログとYouTubeで公開されているメイキング映像には、ゲストが体験できる “魔法のようなひととき” の一部や、作成に奮闘する技術者たちの姿が映し出されています。

ベルや野獣は、ディズニーが生み出した “生きているような動き” を実現する技術「オーディオ・アニマトロニクス」のフィギュアで再現。

映画の中から飛び出してきたかのような仕草、動作には、ただただ驚かされるばかりです。

【映画『美女と野獣』の制作に関わったアニメーターも参加!】

様々な技術に特化したプロフェッショナルが関わるなか、もっとも注目したいのは、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオのアニメーターたちが関わっているということ。

その中には1991年に公開された映画『美女と野獣』の制作に携わった人もいるらしく、どれほどクオリティーの高いものが出来上がるのか、想像しただけで期待で胸がはちきれそうです……!

【乗り物やセットも音楽に合わせて動くんだって!】

チーム一丸となって命が吹き込まれたアトラクションには劇中で流れる音楽が使われるそう。

この音楽に合わせて、ゲストが乗る乗り物自体が、ダンスやアイススケートでもするかのように動くのだそう。乗り物の動きは、フィギュアやセットの動きと一体化させているらしく、物語への没入感を楽しめるようになっているといいます。

登場人物たちと一緒に、ボールルームで共にダンスをしている気分に浸れるだなんて、夢のよう。体験できるそのときが、今から待ち遠しいですね!

参照元:プレスリリース、東京ディズニーリゾート・ブログYouTube
画像=©Disney
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

ホスト界の帝王「ローランド様」のYouTubeがわりと真面目で為になる! もちろん「本気出したら火星人でも口説ける」など名言も多いよ

いま日本でいちばん熱いオトコといえば、なんといってもローランド様!

「世の中には2種類の男しかいない。俺か、俺以外か」

など、口を開けば後から後から名言が飛び出してくる、 “名言製造機” としてもよく知られるお方です。

ホスト界の帝王としてその名を轟かせているローランド様の活動は、ファッションモデルや実業家と多岐に渡っておりまして、その交友関係の広さも有名。

ローランド様の公式ツイッターによれば、つい最近ガクト様と知り合ったらしく、すでに “兄弟” のような関係を築いていらっしゃるとか……。どこへ行っても天性の “人たらし” ぶりを発揮しまくるローランド様から、1秒たりとも目が離せません……!

そんなローランド様が、2018年10月23日よりYouTubeチャンネルを開設したことを、みなさんはご存知でしたでしょうか。

【ヤマハとタッグを組んだ「YouTubeチャンネル」が必見!】

ローランド様が “己の生き様” を語る様子を3~4分の番組形式にしたこちらのチャンネルには、現在10番組が公開されています。タッグを組んでいるのは超有名企業のヤマハ。なんでもローランド様がヤマハからの熱烈なオファーを受けるかたちで実現したそうです。

【めちゃくちゃエエコト言うてます】

麗しきローランド様の口から語られるのは、「お金」「仕事」「恋愛」「教育」「家族」など、長い人生で誰しもが直面するであろうテーマ。いつもの調子で

「本気出したら火星人でも口説ける」
「100の男より1のローランド」
「歌舞伎町に新しい道を作ったと思うわ……その名も『ローラン道(どう)』」

といった、いわゆる “ローランド節” も飛び出す一方で、

・経済的な余裕がないと、おのずと選択肢がなくなってしまう
・ホストにとって大事なことは「人としてきちんとしていること(いちばん最初に誠実さを見せる)」
・仕事については否定するが、人間性については決して否定しない
・知らないことは罪ではない、でも知ろうとしないことは罪である

というふうに、人が生きていくうえで大切なことも大真面目に語っておりまして、ローランド様がどういった方なのか知るには打ってつけのチャンネルとなっているんです。

【ローランド様も色々と苦労してきたのね…】

今や巨万の富を手にしたローランド様ですが、売れない時代の食費は1日150円。歯磨き粉や整髪用ジェルを食べて(!)飢えをしのいだというのだから、「人に歴史あり」。

泥水をすすり、血のにじむような努力を重ねてきたからこそ、ホスト界の後輩たちにはいつだって優しいし、時には愛をもって厳しく指導することができるのでしょう。

ちなみに10番組の中には、TV番組「ソノサキ」などでもおなじみ、ローランド様の愛すべき後輩・クレイジーボーイさんが出演している動画もあるので、こちらにもぜひご注目を。

また番組がどう進行しようと最後には必ずヤマハのバイク「LMW」の宣伝をブッ込むという構成にもじわじわきますので、最初から最後までたっぷりお楽しみください!

参照元:YouTubeTwitter @roland_0fficial
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

平成の「恋愛あるある」が詰め込まれた動画が懐かしすぎて震える! 「電池パックにプリクラ」「新着メールのセンター問い合わせ」など

2016年に「小学生あるある」、2017年に「トレンディドラマあるある」を生み出したキリンビバレッジが、 “あるある動画” 第3弾としてYouTubeに公開したのは「平成恋愛図鑑」。プラズマ乳酸菌 iMUSE(イミューズ)のPRのために制作されました。

テーマとなっているのは、まもなく終わりを迎えようとしている「平成」。

約30年のあいだに起こった恋愛にまつわるブームやトレンドを振り返る内容となっていて、30代から40代の “平成が青春ど真ん中だった世代” ならば、懐かしさで絶叫してしまうことウケアイなんです。

【当時恋人に電話をすることは「ギャンブル」でした】

動画のトップバッターを飾るのは、「親父が出るか?彼女が出るか?『ギャンブルテレフォン』」。平成初期に各家庭で見られたこの風景は、携帯電話が当たり前の今の若者たちにはピンとこないかも?

当時は携帯電話が普及しておらず、恋人に電話するときは「家電(家の電話)にかける」のが一般的。

つまり恋人本人ではなくその家族が電話に出るという可能性も否めないわけで、「意図せずお父さんと初対面!」なーんてパターンも少なくなかったんです。う~ん、まさにギャンブル!

【「電池パックにプリ」やってた人、手ぇ挙げて~!】

その後もたくさんの “平成恋愛あるある” が出てくるわけなのですが、ミドサーのわたしのハートにグッと突き刺さってきたのは、

・公衆電話から数字を早打ちしてポケベルに送る「解読ラブレター」(例:114106=アイシテル)

・ガラケー全盛期にメールで愛の告白、 “センター問い合わせ” しまくるも一向に新着メールが来ない「希望と絶望の無限ループ」

・ガラケーの電池パックに彼氏とのラブラブプリクラをこっそり貼る「封印されし彼氏」

の3つ。特に最後の「封印されし彼氏」は、当時恋をしていた人ならば、絶対にやっちゃってたやつ~!

どうせ友達に見せびらかすのになんでわざわざ隠すのか今考えると意味不明ですが、この「隠す」という行為こそが複雑な乙女心をよく表しているような気もするのでした。

【「センター問い合わせ」とか懐かしすぎる】

そしてセンター問い合わせという行為も、懐かしいったらありゃしません。

今やLINEで即返信をもらえる時代。わざわざ自分で問い合わせなければ返信が来たかどうかすらもわからないというのがどれだけもどかしいことか、経験していないみなさんには想像もつかないことでしょう。

まあ今は今で、「既読がつかなくてモヤる」「既読スルー地獄」といった、別の苦しみがあるけれど……。

参照元:プレスリリース、YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch