【これ使える】『ステディ』1月号の付録はロベルタのビッグボストン! 上品なデザイン&大容量サイズで旅行や帰省にぴったりです


年末年始は帰省や旅行の予定が入っている人も多いことでしょう。そんな皆さんにとってから発売中の『steady.(ステディ.)』2019年1月号(2018年12月7日発売)はぜひとも買うべき1冊かも。だって、ロベルタ ディ カメリーノの大容量ビッグボストンが付録についてくるんですよ~っ!

これは使い勝手見栄えなど気になるところ。宝島社から付録が送られてきたので、さっそくレビューしてみたいと思います。

【付録とは思えぬビッグサイズ!】

付録という特性上、たいへんコンパクトに折りたたまれていますが、広げてみると……たしかにビッグ!

タテ26cm×ヨコ42cm×マチ20cmとなっており、A4変形サイズの雑誌なども余裕で入るサイズです。

底のマチもしっかりとられており、物も入れやすそう。

実際にバスタオルや小物の入ったポーチ、ペットボトル、雑誌など入れてみましたが、じゃんじゃん入れることができて、2、3泊までであれば対応できるんじゃないかと感じました。

【ロベルタ ディ カメリーノってどんなブランド?】

ビッグサイズであるのとともに、今回の付録のもうひとつの魅力が「ロベルタ ディ カメリーノ」コラボであること! ロベルタといえばイタリアのファッションデザイナー、ジュリアーナ・カメリーノによるアクセサリーブランドで、かのグレース・ケリーもバッグを愛用していたという由緒あるブランドです。

そのためか、ロベルタのアイテムはどれもシックさや気品がある気が。今回のボストンバッグも表の素材はポリエステルですが、合皮に見えるような質感で高級感があるように感じます。

【ロベルタブランドならではの上品なデザイン】

高級感は生地の質感だけでなく、デザインにもあり。ロベルタの“R”マークの総柄生地になっていたり、前面中央には「ロベルタ ディ カメリーノ」のブランド名がロゴで入っていたり。

ファスナーに「R」のチャームがついていたり、持ち手にもブランド名がデザインされていたりと、バッグ全体からロベルタブランドであることがわかります。

カジュアルすぎない上品なイメージで使えるので、ロベルタを知る親世代からも好感を持たれそう。「これ、付録なの」って言ったら驚かれるに違いありません!

【このビッグサイズ、持ってると何かと重宝しそう】

持ち手の長さは58㎝なので、肩からもかけられて、帰省や旅行に持って行くのにもってこい! ……ではあるんですが、自分が実際に使うとしたら生地の薄さがちょっと気になるかも。

ですので、メインバッグで使うのもアリですが、旅行カバンの片隅に入れておいて荷物が増えたときのサブバッグにするのもいいですね。サブバッグでこの高級感はかなり貴重! これが付録で手に入るなんて得した感めっちゃある……!!

ちなみに、『ステディ.』の付録紹介には「旅行やジムにもぴったり!」とあるんですが、デザインがシックなので、ちょっとジムには向いていないように感じました。サイズ的には申し分ないんですけどね!

とはいえ、ひとつ持っていれば何かの機会に重宝すること間違いナシな大容量ビッグボストン『ステディ.』1月号はすでに発売中ですので、売り切れる前にゲットして!

参考:宝島CHANNEL
撮影・執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【これ使える】『ステディ』1月号の付録はロベルタのビッグボストン! 上品なデザイン&大容量サイズで旅行や帰省にぴったりです


年末年始は帰省や旅行の予定が入っている人も多いことでしょう。そんな皆さんにとってから発売中の『steady.(ステディ.)』2019年1月号(2018年12月7日発売)はぜひとも買うべき1冊かも。だって、ロベルタ ディ カメリーノの大容量ビッグボストンが付録についてくるんですよ~っ!

これは使い勝手見栄えなど気になるところ。宝島社から付録が送られてきたので、さっそくレビューしてみたいと思います。

【付録とは思えぬビッグサイズ!】

付録という特性上、たいへんコンパクトに折りたたまれていますが、広げてみると……たしかにビッグ!

タテ26cm×ヨコ42cm×マチ20cmとなっており、A4変形サイズの雑誌なども余裕で入るサイズです。

底のマチもしっかりとられており、物も入れやすそう。

実際にバスタオルや小物の入ったポーチ、ペットボトル、雑誌など入れてみましたが、じゃんじゃん入れることができて、2、3泊までであれば対応できるんじゃないかと感じました。

【ロベルタ ディ カメリーノってどんなブランド?】

ビッグサイズであるのとともに、今回の付録のもうひとつの魅力が「ロベルタ ディ カメリーノ」コラボであること! ロベルタといえばイタリアのファッションデザイナー、ジュリアーナ・カメリーノによるアクセサリーブランドで、かのグレース・ケリーもバッグを愛用していたという由緒あるブランドです。

そのためか、ロベルタのアイテムはどれもシックさや気品がある気が。今回のボストンバッグも表の素材はポリエステルですが、合皮に見えるような質感で高級感があるように感じます。

【ロベルタブランドならではの上品なデザイン】

高級感は生地の質感だけでなく、デザインにもあり。ロベルタの“R”マークの総柄生地になっていたり、前面中央には「ロベルタ ディ カメリーノ」のブランド名がロゴで入っていたり。

ファスナーに「R」のチャームがついていたり、持ち手にもブランド名がデザインされていたりと、バッグ全体からロベルタブランドであることがわかります。

カジュアルすぎない上品なイメージで使えるので、ロベルタを知る親世代からも好感を持たれそう。「これ、付録なの」って言ったら驚かれるに違いありません!

【このビッグサイズ、持ってると何かと重宝しそう】

持ち手の長さは58㎝なので、肩からもかけられて、帰省や旅行に持って行くのにもってこい! ……ではあるんですが、自分が実際に使うとしたら生地の薄さがちょっと気になるかも。

ですので、メインバッグで使うのもアリですが、旅行カバンの片隅に入れておいて荷物が増えたときのサブバッグにするのもいいですね。サブバッグでこの高級感はかなり貴重! これが付録で手に入るなんて得した感めっちゃある……!!

ちなみに、『ステディ.』の付録紹介には「旅行やジムにもぴったり!」とあるんですが、デザインがシックなので、ちょっとジムには向いていないように感じました。サイズ的には申し分ないんですけどね!

とはいえ、ひとつ持っていれば何かの機会に重宝すること間違いナシな大容量ビッグボストン『ステディ.』1月号はすでに発売中ですので、売り切れる前にゲットして!

参考:宝島CHANNEL
撮影・執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【これ使える】『ステディ』1月号の付録はロベルタのビッグボストン! 上品なデザイン&大容量サイズで旅行や帰省にぴったりです


年末年始は帰省や旅行の予定が入っている人も多いことでしょう。そんな皆さんにとってから発売中の『steady.(ステディ.)』2019年1月号(2018年12月7日発売)はぜひとも買うべき1冊かも。だって、ロベルタ ディ カメリーノの大容量ビッグボストンが付録についてくるんですよ~っ!

これは使い勝手見栄えなど気になるところ。宝島社から付録が送られてきたので、さっそくレビューしてみたいと思います。

【付録とは思えぬビッグサイズ!】

付録という特性上、たいへんコンパクトに折りたたまれていますが、広げてみると……たしかにビッグ!

タテ26cm×ヨコ42cm×マチ20cmとなっており、A4変形サイズの雑誌なども余裕で入るサイズです。

底のマチもしっかりとられており、物も入れやすそう。

実際にバスタオルや小物の入ったポーチ、ペットボトル、雑誌など入れてみましたが、じゃんじゃん入れることができて、2、3泊までであれば対応できるんじゃないかと感じました。

【ロベルタ ディ カメリーノってどんなブランド?】

ビッグサイズであるのとともに、今回の付録のもうひとつの魅力が「ロベルタ ディ カメリーノ」コラボであること! ロベルタといえばイタリアのファッションデザイナー、ジュリアーナ・カメリーノによるアクセサリーブランドで、かのグレース・ケリーもバッグを愛用していたという由緒あるブランドです。

そのためか、ロベルタのアイテムはどれもシックさや気品がある気が。今回のボストンバッグも表の素材はポリエステルですが、合皮に見えるような質感で高級感があるように感じます。

【ロベルタブランドならではの上品なデザイン】

高級感は生地の質感だけでなく、デザインにもあり。ロベルタの“R”マークの総柄生地になっていたり、前面中央には「ロベルタ ディ カメリーノ」のブランド名がロゴで入っていたり。

ファスナーに「R」のチャームがついていたり、持ち手にもブランド名がデザインされていたりと、バッグ全体からロベルタブランドであることがわかります。

カジュアルすぎない上品なイメージで使えるので、ロベルタを知る親世代からも好感を持たれそう。「これ、付録なの」って言ったら驚かれるに違いありません!

【このビッグサイズ、持ってると何かと重宝しそう】

持ち手の長さは58㎝なので、肩からもかけられて、帰省や旅行に持って行くのにもってこい! ……ではあるんですが、自分が実際に使うとしたら生地の薄さがちょっと気になるかも。

ですので、メインバッグで使うのもアリですが、旅行カバンの片隅に入れておいて荷物が増えたときのサブバッグにするのもいいですね。サブバッグでこの高級感はかなり貴重! これが付録で手に入るなんて得した感めっちゃある……!!

ちなみに、『ステディ.』の付録紹介には「旅行やジムにもぴったり!」とあるんですが、デザインがシックなので、ちょっとジムには向いていないように感じました。サイズ的には申し分ないんですけどね!

とはいえ、ひとつ持っていれば何かの機会に重宝すること間違いナシな大容量ビッグボストン『ステディ.』1月号はすでに発売中ですので、売り切れる前にゲットして!

参考:宝島CHANNEL
撮影・執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【付録レビュー】steady. 9月号「クレイサス バニティケース」は大容量でコスメの整理に超便利! お家使いはもちろん旅行にも◎


2018年11月7日発売、女優の北川景子さんが表紙の『steady. 』12月号。付録は「クレイサス 上品キルティング 大容量 バニティケース」となっております。

バニティケースというのは化粧品を入れるボックス型のバッグのことですが、Pouch編集部では「旅行用? お部屋用? ちょっと使い方がわからないかも……」なんて声も。たしかになくても困らないアイテムと言われればそんな気も……これってあると便利? どんなふうに使えばよい?

このたび宝島社から実物を送っていただいたので、さっそくチェック! 恒例の「本音レビュー」、行ってみたいと思います~!

【付録レベルでは考えられない上品さと高級感】

クレイサスといえば神戸系お嬢様ブランドとして、アラフォーの私がまだ20代のころに大流行していたイメージ。調べてみたところ、現在はバッグや財布などの小物を中心に展開し、安定した人気を誇っている。


そんなクレイサスですが、なんといっても特徴はカメリアのマーク! 今回のバニティバッグにも大きなカメリアチャームが2つついているとともに、金色で「CLATHAS」のブランドロゴ入り

キルティング仕様の生地もクレイサスではおなじみで、同ブランドを知る人にとっては「ああ~、クレイサスっぽい!!」とうれしくなっちゃうんじゃないでしょうか。

合皮ではありますが、黒に近い落ち着いたネイビー色、キルティング生地、ゴールドのファスナーや金具、ブランドロゴなどで、とっても上品さあり! 毎回言ってますが、これまた付録(雑誌についてくるオマケ的存在)には思えない!

【コロンとしたフォルムが可愛い♡】

サイズはタテ約17cm、ヨコ約17.5㎝、マチ15.5㎝と正方体に近いコロンとしたフォルム。500mlのペットボトルと比べてみると、高さはペットボトルのほうが高し。ただし、横幅とマチがけっこう大きいので実際にどのぐらいモノが入るのか気になるところです。

【ホントに大容量でビックリ】

では中を見ていきましょう。まず驚いたのは、ファスナーを開けると目に飛び込んでくる内生地のプリント! カメリアと「CLATHAS」のロゴが前面にプリントされてる~! 付録でこうした細部にまでこだわって作っているってほんとスゴイですよね。

さらに、上蓋の内側はメッシュポケットが(ファスナー付き!)。ここにはコットンやパフなど入れてもよいし、アイシャドウや口紅などの小物にも。また、コスメサンプルの収納にもいいかも(こういうの知らない間についつい溜まってしまうのよね……)。

もうひとつ、本体にはもう少し深さのあるメッシュポケットも。ここには少し高さのあるブラシやペンタイプのコスメなどの収納が便利。ヘアクリップを差しておいても◎。

そして本体の収納部分です。これが実際に入れてみて驚いた! 本当に大容量入るのーーーーーっ!! ふだん使ってる化粧水や乳液などの基礎化粧品からファンデに大きめのアイシャドウパレット、ルースパウダーなどパクトタイプのものまで、まぁ入る入る! ザクザク入れちゃってもファスナーを閉めれば自立してくれるので、中でモノがバラバラになる心配も少ないです。

【このバニティケース、どう使う?】

お上品で大容量。これはホントに付録タイトルでうたっている通り。あとは使い方ですが、私はお手入れからメイクまでに使うマストアイテム一式をここに入れてドレッサーに置きたいと思います。

ほかにも、旅行や帰省の際にも必要なコスメを入れてボストンバッグにイン! コスメポーチより断然たくさんのものが入って、ちょっと長期のお出かけの際には便利なはず。使わないときはペタンと折り畳めるのも助かります。

また、最近はふつうのバッグとして使う人もいる様子。今回のアイテムなら、会社のお昼に長財布やスマホを入れ替えて出かけても、まったくおかしくないですよね。

というわけで、バニティケースを使ったことがないという人にもオススな「クレイサス 上品キルティング 大容量 バニティケース」。この付録がついて税込890円はお見事のひとことです……!

参考:宝島CHANNNEL
撮影・執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【付録レビュー】steady. 9月号「クレイサス バニティケース」は大容量でコスメの整理に超便利! お家使いはもちろん旅行にも◎


2018年11月7日発売、女優の北川景子さんが表紙の『steady. 』12月号。付録は「クレイサス 上品キルティング 大容量 バニティケース」となっております。

バニティケースというのは化粧品を入れるボックス型のバッグのことですが、Pouch編集部では「旅行用? お部屋用? ちょっと使い方がわからないかも……」なんて声も。たしかになくても困らないアイテムと言われればそんな気も……これってあると便利? どんなふうに使えばよい?

このたび宝島社から実物を送っていただいたので、さっそくチェック! 恒例の「本音レビュー」、行ってみたいと思います~!

【付録レベルでは考えられない上品さと高級感】

クレイサスといえば神戸系お嬢様ブランドとして、アラフォーの私がまだ20代のころに大流行していたイメージ。調べてみたところ、現在はバッグや財布などの小物を中心に展開し、安定した人気を誇っている。


そんなクレイサスですが、なんといっても特徴はカメリアのマーク! 今回のバニティバッグにも大きなカメリアチャームが2つついているとともに、金色で「CLATHAS」のブランドロゴ入り

キルティング仕様の生地もクレイサスではおなじみで、同ブランドを知る人にとっては「ああ~、クレイサスっぽい!!」とうれしくなっちゃうんじゃないでしょうか。

合皮ではありますが、黒に近い落ち着いたネイビー色、キルティング生地、ゴールドのファスナーや金具、ブランドロゴなどで、とっても上品さあり! 毎回言ってますが、これまた付録(雑誌についてくるオマケ的存在)には思えない!

【コロンとしたフォルムが可愛い♡】

サイズはタテ約17cm、ヨコ約17.5㎝、マチ15.5㎝と正方体に近いコロンとしたフォルム。500mlのペットボトルと比べてみると、高さはペットボトルのほうが高し。ただし、横幅とマチがけっこう大きいので実際にどのぐらいモノが入るのか気になるところです。

【ホントに大容量でビックリ】

では中を見ていきましょう。まず驚いたのは、ファスナーを開けると目に飛び込んでくる内生地のプリント! カメリアと「CLATHAS」のロゴが前面にプリントされてる~! 付録でこうした細部にまでこだわって作っているってほんとスゴイですよね。

さらに、上蓋の内側はメッシュポケットが(ファスナー付き!)。ここにはコットンやパフなど入れてもよいし、アイシャドウや口紅などの小物にも。また、コスメサンプルの収納にもいいかも(こういうの知らない間についつい溜まってしまうのよね……)。

もうひとつ、本体にはもう少し深さのあるメッシュポケットも。ここには少し高さのあるブラシやペンタイプのコスメなどの収納が便利。ヘアクリップを差しておいても◎。

そして本体の収納部分です。これが実際に入れてみて驚いた! 本当に大容量入るのーーーーーっ!! ふだん使ってる化粧水や乳液などの基礎化粧品からファンデに大きめのアイシャドウパレット、ルースパウダーなどパクトタイプのものまで、まぁ入る入る! ザクザク入れちゃってもファスナーを閉めれば自立してくれるので、中でモノがバラバラになる心配も少ないです。

【このバニティケース、どう使う?】

お上品で大容量。これはホントに付録タイトルでうたっている通り。あとは使い方ですが、私はお手入れからメイクまでに使うマストアイテム一式をここに入れてドレッサーに置きたいと思います。

ほかにも、旅行や帰省の際にも必要なコスメを入れてボストンバッグにイン! コスメポーチより断然たくさんのものが入って、ちょっと長期のお出かけの際には便利なはず。使わないときはペタンと折り畳めるのも助かります。

また、最近はふつうのバッグとして使う人もいる様子。今回のアイテムなら、会社のお昼に長財布やスマホを入れ替えて出かけても、まったくおかしくないですよね。

というわけで、バニティケースを使ったことがないという人にもオススな「クレイサス 上品キルティング 大容量 バニティケース」。この付録がついて税込890円はお見事のひとことです……!

参考:宝島CHANNNEL
撮影・執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【海外旅行に超便利】見た目はフツーだけど15kgもモノを入れられるコート!! これならLCCでも荷物料金ナシで乗れそう♪

海外旅行に出かけるときにはモノをたくさん持っていきがちだけど、航空会社によっては荷物に重量制限があったりしますよね。荷物の重量オーバーで超過料金を取られることほど、悔しいものはありません。

だけど「The Airport Jacket」さえあれば、そんなトラブルとは永久におさらば♪ 

クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場したこちらのコートには最大で14のポケットが装備されていて、なんと15kgもモノを収納することができるんですって!

【スーツケースに入れるはずの荷物を全部ポケットに】

スーツケースじゃなく、コートのポケットに荷物を詰めこんて、搭乗チェックイン。これで荷物の重量制限をクリアできちゃう、なんならスーツケースなしでもいけちゃう、というアイデア。

自分の体に荷物をつけていれば、ロストバゲージ(荷物のご配送による紛失)の心配もないし、荷物を預ける行列にも、到着時の退屈な荷物待ちにもオサラバできるっていうわけです。これはよさそうだわ……!!

【え! こんなに入るの!?】

ロング丈のコートに収納できる荷物量は、ノートパソコンとタブレットを1台ずつ、靴2足、ジーンズ1着にTシャツ3着、ショーツ2枚、3~4分の下着、軽めのジャンパーとワンピースを1着ずつ、化粧品類、財布、携帯電話、パスポート+α……って、どれだけ入っちゃうの! 短期間の旅行はもちろん、着回し上手であれば長期滞在もイケちゃいそうです。マジでスーツケースなし海外旅行ができちゃうね!

【空港から出たらバッグに持ち替えてもOK】

空港から出たら、ポケットの荷物を付属のボストンバッグに入れてもいいし、暑いならコート自体も畳んでしまえばOK。


【3WAYで1年中使えます◎】

コートのカラーはブラックのみ。軽量で耐水性があるポリエステル製の春夏用コートと、ウール100%の冬用コートの2パターンがラインナップされています。

1番人気のデザインはフード付きの春夏コート。ほかにテイラードジャケット、スリークジャケット、NYCジャケットも。

ショート丈、ミドル丈、ロング丈と3WAYで使えるコートにはそれぞれ、8、11、14のポケットが内蔵。分離することができるポケットは2つで、それぞれに6kgずつ、荷物を収納することができるみたい。

【でも残念、プロジェクト達成ならず…】

超過料金を払う必要なく、スマートに旅行するにはどうしたらいいものか……そんな発想から生まれたという「The Airport Jacket」ですが、これはたしかに大活躍しそう! 

しかしながら残念なことに、目標とする資金を集めることができなかったようなんですよね……。荷物を極力持ちたくないわたしとしては「ナイスアイデア♪」な逸品だと思うので、開発者のみなさまには諦めず商品化まで持ち込んでほしいものですっ。

参照元:Kickstarter
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら

【海外旅行に超便利】見た目はフツーだけど15kgもモノを入れられるコート!! これならLCCでも荷物料金ナシで乗れそう♪

海外旅行に出かけるときにはモノをたくさん持っていきがちだけど、航空会社によっては荷物に重量制限があったりしますよね。荷物の重量オーバーで超過料金を取られることほど、悔しいものはありません。

だけど「The Airport Jacket」さえあれば、そんなトラブルとは永久におさらば♪ 

クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場したこちらのコートには最大で14のポケットが装備されていて、なんと15kgもモノを収納することができるんですって!

【スーツケースに入れるはずの荷物を全部ポケットに】

スーツケースじゃなく、コートのポケットに荷物を詰めこんて、搭乗チェックイン。これで荷物の重量制限をクリアできちゃう、なんならスーツケースなしでもいけちゃう、というアイデア。

自分の体に荷物をつけていれば、ロストバゲージ(荷物のご配送による紛失)の心配もないし、荷物を預ける行列にも、到着時の退屈な荷物待ちにもオサラバできるっていうわけです。これはよさそうだわ……!!

【え! こんなに入るの!?】

ロング丈のコートに収納できる荷物量は、ノートパソコンとタブレットを1台ずつ、靴2足、ジーンズ1着にTシャツ3着、ショーツ2枚、3~4分の下着、軽めのジャンパーとワンピースを1着ずつ、化粧品類、財布、携帯電話、パスポート+α……って、どれだけ入っちゃうの! 短期間の旅行はもちろん、着回し上手であれば長期滞在もイケちゃいそうです。マジでスーツケースなし海外旅行ができちゃうね!

【空港から出たらバッグに持ち替えてもOK】

空港から出たら、ポケットの荷物を付属のボストンバッグに入れてもいいし、暑いならコート自体も畳んでしまえばOK。


【3WAYで1年中使えます◎】

コートのカラーはブラックのみ。軽量で耐水性があるポリエステル製の春夏用コートと、ウール100%の冬用コートの2パターンがラインナップされています。

1番人気のデザインはフード付きの春夏コート。ほかにテイラードジャケット、スリークジャケット、NYCジャケットも。

ショート丈、ミドル丈、ロング丈と3WAYで使えるコートにはそれぞれ、8、11、14のポケットが内蔵。分離することができるポケットは2つで、それぞれに6kgずつ、荷物を収納することができるみたい。

【でも残念、プロジェクト達成ならず…】

超過料金を払う必要なく、スマートに旅行するにはどうしたらいいものか……そんな発想から生まれたという「The Airport Jacket」ですが、これはたしかに大活躍しそう! 

しかしながら残念なことに、目標とする資金を集めることができなかったようなんですよね……。荷物を極力持ちたくないわたしとしては「ナイスアイデア♪」な逸品だと思うので、開発者のみなさまには諦めず商品化まで持ち込んでほしいものですっ。

参照元:Kickstarter
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら

【海外旅行に超便利】見た目はフツーだけど15kgもモノを入れられるコート!! これならLCCでも荷物料金ナシで乗れそう♪

海外旅行に出かけるときにはモノをたくさん持っていきがちだけど、航空会社によっては荷物に重量制限があったりしますよね。荷物の重量オーバーで超過料金を取られることほど、悔しいものはありません。

だけど「The Airport Jacket」さえあれば、そんなトラブルとは永久におさらば♪ 

クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場したこちらのコートには最大で14のポケットが装備されていて、なんと15kgもモノを収納することができるんですって!

【スーツケースに入れるはずの荷物を全部ポケットに】

スーツケースじゃなく、コートのポケットに荷物を詰めこんて、搭乗チェックイン。これで荷物の重量制限をクリアできちゃう、なんならスーツケースなしでもいけちゃう、というアイデア。

自分の体に荷物をつけていれば、ロストバゲージ(荷物のご配送による紛失)の心配もないし、荷物を預ける行列にも、到着時の退屈な荷物待ちにもオサラバできるっていうわけです。これはよさそうだわ……!!

【え! こんなに入るの!?】

ロング丈のコートに収納できる荷物量は、ノートパソコンとタブレットを1台ずつ、靴2足、ジーンズ1着にTシャツ3着、ショーツ2枚、3~4分の下着、軽めのジャンパーとワンピースを1着ずつ、化粧品類、財布、携帯電話、パスポート+α……って、どれだけ入っちゃうの! 短期間の旅行はもちろん、着回し上手であれば長期滞在もイケちゃいそうです。マジでスーツケースなし海外旅行ができちゃうね!

【空港から出たらバッグに持ち替えてもOK】

空港から出たら、ポケットの荷物を付属のボストンバッグに入れてもいいし、暑いならコート自体も畳んでしまえばOK。


【3WAYで1年中使えます◎】

コートのカラーはブラックのみ。軽量で耐水性があるポリエステル製の春夏用コートと、ウール100%の冬用コートの2パターンがラインナップされています。

1番人気のデザインはフード付きの春夏コート。ほかにテイラードジャケット、スリークジャケット、NYCジャケットも。

ショート丈、ミドル丈、ロング丈と3WAYで使えるコートにはそれぞれ、8、11、14のポケットが内蔵。分離することができるポケットは2つで、それぞれに6kgずつ、荷物を収納することができるみたい。

【でも残念、プロジェクト達成ならず…】

超過料金を払う必要なく、スマートに旅行するにはどうしたらいいものか……そんな発想から生まれたという「The Airport Jacket」ですが、これはたしかに大活躍しそう! 

しかしながら残念なことに、目標とする資金を集めることができなかったようなんですよね……。荷物を極力持ちたくないわたしとしては「ナイスアイデア♪」な逸品だと思うので、開発者のみなさまには諦めず商品化まで持ち込んでほしいものですっ。

参照元:Kickstarter
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら

【海外旅行に超便利】見た目はフツーだけど15kgもモノを入れられるコート!! これならLCCでも荷物料金ナシで乗れそう♪

海外旅行に出かけるときにはモノをたくさん持っていきがちだけど、航空会社によっては荷物に重量制限があったりしますよね。荷物の重量オーバーで超過料金を取られることほど、悔しいものはありません。

だけど「The Airport Jacket」さえあれば、そんなトラブルとは永久におさらば♪ 

クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場したこちらのコートには最大で14のポケットが装備されていて、なんと15kgもモノを収納することができるんですって!

【スーツケースに入れるはずの荷物を全部ポケットに】

スーツケースじゃなく、コートのポケットに荷物を詰めこんて、搭乗チェックイン。これで荷物の重量制限をクリアできちゃう、なんならスーツケースなしでもいけちゃう、というアイデア。

自分の体に荷物をつけていれば、ロストバゲージ(荷物のご配送による紛失)の心配もないし、荷物を預ける行列にも、到着時の退屈な荷物待ちにもオサラバできるっていうわけです。これはよさそうだわ……!!

【え! こんなに入るの!?】

ロング丈のコートに収納できる荷物量は、ノートパソコンとタブレットを1台ずつ、靴2足、ジーンズ1着にTシャツ3着、ショーツ2枚、3~4分の下着、軽めのジャンパーとワンピースを1着ずつ、化粧品類、財布、携帯電話、パスポート+α……って、どれだけ入っちゃうの! 短期間の旅行はもちろん、着回し上手であれば長期滞在もイケちゃいそうです。マジでスーツケースなし海外旅行ができちゃうね!

【空港から出たらバッグに持ち替えてもOK】

空港から出たら、ポケットの荷物を付属のボストンバッグに入れてもいいし、暑いならコート自体も畳んでしまえばOK。


【3WAYで1年中使えます◎】

コートのカラーはブラックのみ。軽量で耐水性があるポリエステル製の春夏用コートと、ウール100%の冬用コートの2パターンがラインナップされています。

1番人気のデザインはフード付きの春夏コート。ほかにテイラードジャケット、スリークジャケット、NYCジャケットも。

ショート丈、ミドル丈、ロング丈と3WAYで使えるコートにはそれぞれ、8、11、14のポケットが内蔵。分離することができるポケットは2つで、それぞれに6kgずつ、荷物を収納することができるみたい。

【でも残念、プロジェクト達成ならず…】

超過料金を払う必要なく、スマートに旅行するにはどうしたらいいものか……そんな発想から生まれたという「The Airport Jacket」ですが、これはたしかに大活躍しそう! 

しかしながら残念なことに、目標とする資金を集めることができなかったようなんですよね……。荷物を極力持ちたくないわたしとしては「ナイスアイデア♪」な逸品だと思うので、開発者のみなさまには諦めず商品化まで持ち込んでほしいものですっ。

参照元:Kickstarter
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら