『CLASSY.』4月号の着回しコーデが過去最高に貧乏設定! 「主食はどん兵衛」「母の治療費と弟の学費」など夢も希望もない中に白馬の王子が…!?

img_1408
「1カ月着回しコーデ」といえば女性ファッション誌の人気企画。さまざまな雑誌で特集が組まれていますが、『CLASSY.』は毎回いろんな意味で要注目といえます。

着回しが参考になるというのもありますが、主人公が「妊娠してるかも!?」と言い出すところから始まるなど、ツッコミどころ満載すぎるトンデモ設定も見逃せないポイントです。

そしてそして。現在発売中の『CLASSY.』2017年4月号でもスゴイのが来ちゃったよ! 特集「GUでトレンドお試しの3月着回しDiary」では、“主食はどん兵衛”という過去最高レベルに貧乏すぎる女子が登場。……ヤバい、着回しどうのこうの言ってる場合じゃない。

【過去最高レベルの貧乏設定】

img_1409
今月の1カ月着回しコーデの主人公は陣野薫子。デザイン事務所に勤めるグラフィックデザイナーなのですが、入院中の母の治療費や弟の学費を負担しているため、6畳一間のアパート暮らしで主食はどん兵衛という貧乏女子。玉の輿願望があり、相手を見つけるべく日々合コンなどに勤しんでいます。

……って、何このしょっぱすぎる設定。母の治療費や弟の学費ってリアルすぎるよ! 主食はどん兵衛とか読んでるこっちが切なくなってきます……。

【医者との出会いがおとずれるも……】

img_1415
極貧女子のため、薫子のファッションのワードローブはもっぱらGU。GUのみで1カ月着まわすというかなりの荒業なのですが、そんな彼女にパリ留学経験のある医者との出会いがおとずれます。

「どん兵衛をすすりながらLINEのやりとり。(略)この人と結婚できたら、お母さんの治療費と弟の学費問題がいっぺんに片づくかも」

img_1410

ファッション誌なのにこんなに夢も希望もなくてええんかーーーっ!!

【ストーリーもトンデモなのだ】

しかしこの医者オトコ、どうにもうさんくさいのです。彼の友人が「あいつはただの売れない画家で、医者じゃない」と暴露したり、工事現場で働いている彼と遭遇してしまったり……。

そしてとうとう、実際は医者ではなくその日暮らしの画家志望だったことが判明。しかも「もう一度、パリに渡って絵を学びたいんだ。僕の夢に一緒についてきてくれるかな?」と言う彼。
img_1414

いやいやいや、こういう夢追い人的な男性はヤバいって。しかも医者だってウソついてたからね? もちろん断るに決まってるよね!? ……と思いきや、薫子の返事は「もちろんです♡」。えぇぇーーー……?

【マジで着回しどころじゃなかった】

お母さんの病気の治療費は? 弟さんの学費は? と読者置いてけぼりなラストにポカーン。今回も期待を裏切らないトンデモ設定&ストーリーっぷりが炸裂した『CLASSY.』4月号。気になる方は雑誌を買ってみてね。そして次はどんな1カ月コーデを見せてくれるのか……いろんな意味で目が離せません!

参考リンク:CLASSY.
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

『CLASSY.』4月号の着回しコーデが過去最高に貧乏設定! 「主食はどん兵衛」「母の治療費と弟の学費」など夢も希望もない中に白馬の王子が…!?

img_1408
「1カ月着回しコーデ」といえば女性ファッション誌の人気企画。さまざまな雑誌で特集が組まれていますが、『CLASSY.』は毎回いろんな意味で要注目といえます。

着回しが参考になるというのもありますが、主人公が「妊娠してるかも!?」と言い出すところから始まるなど、ツッコミどころ満載すぎるトンデモ設定も見逃せないポイントです。

そしてそして。現在発売中の『CLASSY.』2017年4月号でもスゴイのが来ちゃったよ! 特集「GUでトレンドお試しの3月着回しDiary」では、“主食はどん兵衛”という過去最高レベルに貧乏すぎる女子が登場。……ヤバい、着回しどうのこうの言ってる場合じゃない。

【過去最高レベルの貧乏設定】

img_1409
今月の1カ月着回しコーデの主人公は陣野薫子。デザイン事務所に勤めるグラフィックデザイナーなのですが、入院中の母の治療費や弟の学費を負担しているため、6畳一間のアパート暮らしで主食はどん兵衛という貧乏女子。玉の輿願望があり、相手を見つけるべく日々合コンなどに勤しんでいます。

……って、何このしょっぱすぎる設定。母の治療費や弟の学費ってリアルすぎるよ! 主食はどん兵衛とか読んでるこっちが切なくなってきます……。

【医者との出会いがおとずれるも……】

img_1415
極貧女子のため、薫子のファッションのワードローブはもっぱらGU。GUのみで1カ月着まわすというかなりの荒業なのですが、そんな彼女にパリ留学経験のある医者との出会いがおとずれます。

「どん兵衛をすすりながらLINEのやりとり。(略)この人と結婚できたら、お母さんの治療費と弟の学費問題がいっぺんに片づくかも」

img_1410

ファッション誌なのにこんなに夢も希望もなくてええんかーーーっ!!

【ストーリーもトンデモなのだ】

しかしこの医者オトコ、どうにもうさんくさいのです。彼の友人が「あいつはただの売れない画家で、医者じゃない」と暴露したり、工事現場で働いている彼と遭遇してしまったり……。

そしてとうとう、実際は医者ではなくその日暮らしの画家志望だったことが判明。しかも「もう一度、パリに渡って絵を学びたいんだ。僕の夢に一緒についてきてくれるかな?」と言う彼。
img_1414

いやいやいや、こういう夢追い人的な男性はヤバいって。しかも医者だってウソついてたからね? もちろん断るに決まってるよね!? ……と思いきや、薫子の返事は「もちろんです♡」。えぇぇーーー……?

【マジで着回しどころじゃなかった】

お母さんの病気の治療費は? 弟さんの学費は? と読者置いてけぼりなラストにポカーン。今回も期待を裏切らないトンデモ設定&ストーリーっぷりが炸裂した『CLASSY.』4月号。気になる方は雑誌を買ってみてね。そして次はどんな1カ月コーデを見せてくれるのか……いろんな意味で目が離せません!

参考リンク:CLASSY.
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【1月20日は玉の輿の日】今どきの玉の輿の条件は年収3000万円以上! 世の皆さんの本音がわかるアンケート調査が公開されたよ

kekkon

1月20日は「玉の輿の日」。これは1905(明治38)年1月20日、祇園の芸妓、お雪がアメリカの大富豪・J.P.モルガンの甥、ジョージ・モルガンと結婚したことから、そう言われているとか。

最近は「玉の輿」という言葉自体、昔ほど聞かなくなった気もしますが、それでも玉の輿婚に憧れを抱いている人はいるのではないでしょうか?

あるアンケートによると、今どきの玉の輿の条件は年収3000万円以上と考える人がいちばん多いという結果に! ね、年収3000万円って!!!!

【年収いくら以上なら玉の輿?】

今回ご紹介するのは漫画・電子書籍の「コミックシーモア」が会員男女6492名を対象におこなった「『玉の輿の日』に関するアンケート」。

それによると、「あなたが玉の輿(逆玉の輿)と聞いて、イメージする相手の収入はいくらですか」という質問に対し、トップとなったのが「3000万円以上」。37.4%と約4割の人が選ぶという得票率の高さです。続いて2位は「2000万円以上」(19.3%)となっています。
sub2

【玉の輿に乗ったらやりたいことは?】

では、もし玉の輿に乗れたら、やりたいことは? この質問でいちばん多かった回答は「今欲しいものを大人買い」(25.0%)、2位に「仕事をやめる」(24.3%)、3位に「世界一周旅行」(20.6%)と続きました。
sub3

まあ世の中、お金があれば解決することって多いですからね。玉の輿に乗って自分もリッチになることで、今ある不満や願望を満たそうとする気持ち、わからなくもないです!

【意外と皆さん、現実的。】

とはいえ皆さん、積極的に玉の輿を狙っているかというとそういうわけでもないようで、「玉の輿に憧れますか?また玉の輿を狙っていますか?」という質問には「憧れるが、狙ってはいない」(68.0%)という回答がダントツとなりました。
main

超・一般庶民な私なんかは、「お金持ちとの結婚」と聞くといろいろ面倒そうだなあ、なんて思ってしまったりも。相手がお金持ちでも自分の自由には使わせてくれないかもしれない、強盗に狙われる可能性が高そう、遺産をめぐって骨肉の争いが……など頭をよぎってしまいます。

読者の皆さんは玉の輿、乗ってみたい? ちなみに、「マンガに登場する玉の輿にのりたいお金持ちキャラクター」男性編の第一位は『花より男子』の道明寺司ですって。いや、あんな相手が現実世界にいるならば諸手を挙げて乗っかりますけどね!

参照元:プレスリリース
画像:Pouch編集部
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

続きはこちら