【本日から】ロッテの「チョコパイ」をフォークとナイフで食べる!? 京王百貨店に「 “生” チョコパイ専門店」がオープンしたよ! トシ・ヨロイヅカがプロデュースしています

人気商品を次々に生み出しているロッテですが、そのなかでも特に人気なのが「チョコパイ」なのではないでしょうか。

1983年に発売されて以降、ずっとお菓子業界のトップを走り続けてきた「チョコパイ」。ただでさえ美味しいチョコパイをさらにゴージャス仕様にした「 “生” チョコパイ」を、このたびロッテが開発した模様。

濃厚でケーキのような味わいだという「“生”チョコパイ」を手に入れることができる「“生”チョコパイ専門店」が、2018年4月19日から1年間限定で、東京の京王百貨店 新宿店にオープンするそうなんです。

【人気パティシエの鎧塚さんが監修してるんだって!】

「“生”チョコパイ」を監修したのは、「Toshi Yoroizuka(トシ・ヨロイヅカ)」のオーナーシェフである鎧塚俊彦さん。なんでも消費期限は2日しかなく、本格的な生品質を堪能できるチョコパイだといいます。

商品のラインナップは全部で4種類で、まるごと苺とピスタチオで仕上げた「フレジェ」、宇治抹茶と焙煎くるみで仕上げた「宇治抹茶」、中煎りモカコーヒーと自家焙煎のマカダミアで仕上げた「エチオピア モカ」、自家製ラムレーズンで仕上げた「ババ」といった具合に、実に個性豊かなんです。

【フォークとナイフで食べたくなります】

厳選した素材で作られたという「“生”チョコパイ」はきっと、これまでのチョコパイとは全く違っていることでしょう。だって「チョコパイ」を手に持って食べるとするならば、「“生”チョコパイ」はフォークとナイフで食べるくらいの差がありそうなんですもの……!

それに監修したのは人気パティシエの鎧塚さんなのだから、美味しくないわけがない~っ。想像を超える味わいが待っているのかと思うと、もうそれだけでよだれが出てきそうです。

【いろんな意味でレア尽くしのお店!】

「 “生”チョコパイ」を販売するのは、このお店だけ。場所は京王百貨店 新宿店の中地階にある菓子売場となり、テイクアウトでの販売となります。

ちなみに百貨店への店舗出店は、1948年の創業以降ロッテ史上初めての試み(!)となるのだそう。

このお店は「ここでしか食べられない」「1年間限定」などあらゆる面でレアですが、「百貨店の出店はロッテ史上初」まで加わるとなると……。もはやこれは、行くだけで人からうらやましがられちゃうレベルですよぉ~!

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら