『CLASSY.』10月号の着回しコーデは「女流棋士」だと…!「今日は初めて獲得したタイトルの防衛戦」など将棋ワード満載です


これまでにもPouchで何度かご紹介してきた、女性ファッション誌『CLASSY.(クラッシィ)』の1か月着回しコーデ企画

主食がどん兵衛という超絶貧乏女子や、彼氏が既婚者&子持ちだったと判明したドン底女子などを主人公にしたトンデモストーリーで読者を戦慄させてきましたが……2018年8月28日発売の10月号がこれまたスゴいことになっているんです。

主人公はまさかの女流棋士! えーと、将棋女子がタイトル戦を狙ってくときに参考になる着回しコーデってことでしょうか……? “読者置いてけぼりポカーン状態”には定評のある『CLASSY.』着回しコーデ企画ですが、さすがに女流棋士設定は誰ひとり予想できなかったよ!

【主人公のプロフィールが細かい】

こうした着回しコーデでよくあるのが、主人公のプロフィール欄。『CLASSY.』はとにかく毎回、細部までのこだわりがすさまじく、まずここだけでご飯一杯分ぐらいは楽しめます。今回の主人公はというと……。

女流初のプロ棋士となり、タイトルを次々と獲得している30歳のまどか。正確な指し手に加えて終盤の強さに定評がある。商社に勤める彼氏とはつき合って1年になるが、自分の仕事をなかなか理解してもらえないのが悩み。千駄ヶ谷在住、趣味は銭湯めぐり。

「正確な指し手」とか「終盤の強さ」とか将棋スタイル出てきたー! 千駄ヶ谷在住って情報いる!? 棋士の彼氏が商社マンってなぜに!? もうプロフィール部分だけでモヤモヤさせられっぱなしだよぉ……!

【ファッション誌とは思えぬワードが満載】

さらに読み進めていきましょう。今回、カーディガン特集の中の1コンテンツということで、6枚のカーディガンを駆使した1か月間の着回しコーデが展開されています。

毎日かならずカーデガンを羽織っているという縛りがある中で、ワンピースやジーンズなどさまざまなアイテムと合わせていますが、基本的にはシンプルでオーソドックスな着こなし。そのぶんというべきか、文章のほうはかなり異彩を放っています

「今日は初めて獲得したタイトルの防衛戦。序盤からリードを広げて危なげなく快勝できた!」
「最新の戦術も学べたし今日の研究会はすごく勉強になった!」
「緊張なのか実力の差なのか得意の戦法がなかなか取れない」
「コータ君とデートの最中、本を読んでいたら本気で怒られた(泣)。だってもうすぐ玉位戦なのよ! それくらい大目に見てくれたっていいのに……」

どうですか、これ。「え、これファッション誌だよね?」って5回ぐらい表紙を見返しましたよね(嘘だけど)。戦術とか戦法とかそんなワード出てくる女性向けファッション誌、ある!?


とりあえず、「デートの最中に本を読む」はない。主人公、彼氏が目の前にいるのに肉豆腐定食食べながら本を読んでましたからね。彼氏にも肉豆腐定食にも失礼すぎ! コータ間違ってない、そこは怒っていいぞ……!!

【タイトル戦のゆくえは? ラストに注目です】

さて、そんなこんなで9月30日のラストは、羽布名人との玉位戦! 「生」ではなく「布」の「羽“布”名人」ですが、実在の某棋士からインスパイアされているのはあきらかで、まどかと対峙する姿を見ると髪型やメガネ姿などそっくり。一瞬、本人かと思ってしまったほど!

そして、まどかの戦いのゆくえについてはぜひ『CLASSY.』10月号をご覧ください。だいたいこういうのって彼氏との恋愛にオチがつくラストが多いのですが、今回はとことん将棋に振り切ってたのにもビックリしました(彼氏が商社マン設定の意味とは)。

もはや来たとこまで来た感のある『CLASSY.』の着回しコーデ企画。いったい次はどんな設定の女子になるのか、正直見当もつきません……!

参考:CLASSY.
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

男性ファッション誌『OCEANS』6月号の1か月着回し企画がツッコミ不可避! 「離婚の相談に弁護士事務所に行く日のコーデ」など目が離せない!!


先日ご紹介した女性ファッション誌『CLASSY.』の1か月着回しコーデ企画。1日目から主人公の彼氏が既婚者子持ちだったことが判明するという衝撃展開でしたが、いっぽうでじゃあ男性ファッション誌はどうなのかというと……。

ツイッターなどで話題となっているのが、37.5歳からのファッション&ライフスタイルマガジンをうたう『OCEANS』。2018年4月24日に発売された6月号の1か月着回しコーデがなかなか味わい深くてまたもやツッコミ不可避となっています。

ふだんは男性ファッション誌など見ないという女性の皆さんも、この機会にちょっとのぞいてみましょう!

【主人公の設定がバブル期のトレンディドラマみたい】

『OCEANS』6月号の1か月着回しコーデ企画の主人公は、新卒入社した大手総合商社で部長職を務める平山ユースケ(47歳)。

同期の中では出世頭で着こなしもオシャレなため、社内の女子社員の間では隠れファンも多いとか。一男一女にもめぐまれており人生すべてが人生順風満帆かと思いきや、実はいまプライベートで大きな危機が……という設定です。


……え、何これファンタジー!? 30代40代で年収300万円台もザラ、フリーター中年の増加、一億総貧困化……そうした日本の現状は華麗にスルーしていく所存のようです。この世界観には「ブラック企業で過労死寸前、家でひとりで飲むストロングゼロが唯一の救い」みたいな47歳男子は存在しません。

【弁護士事務所を訪れる日のコーデも紹介!】

さて、ユースケの身に起きている危機というのは、別居状態となっている妻との離婚問題です。そこで着回し1日目から出てくるのが、離婚の相談のため弁護士事務所を訪れるというシーン。


「足取りは重いけど、とりあえずブレザー羽織ってさ」って気取ったセリフを言っているわりには、顔つきがめちゃくちゃ神妙そうでそのギャップに笑いがもれます。それにしても「離婚の相談のため弁護士事務所に行く日のファッションコーデ」って斬新すぎる……。

【部下の女性といい感じになるも……】

プライベートでは逆風が吹いているユースケですが、仕事は重役昇進も間近と言われるほどデキる男。女子社員への気遣いも抜群です。

ある日のプレゼンの帰り道、突然の大雨に見舞われるとユースケはとっさにスーツを脱いで隣にいた部下のなつきを雨からかばってあげるのです。この一件から「なつきの自分を見る目が変わったことに気付いた」「自分自身も彼女からのLINEがなんとなく楽しみになっている」と言い始めるユースケ(部下の女性社員とLINEしてるのか!)。

案の定、後半ではなつきに誘われて休日に食事に行く展開に。別居中とはいえ既婚者の男性を休日に食事に誘う女性、その誘いに乗る男性……発言小町にでも相談して一度袋だたきに遭うといいと思うの!

ちなみにこのデートでユースケが連れて行ったのは原宿のうどん店。これになつきは不満だったようで「2人の恋はコシが強く長く、とはいかないようで」とのコメントが。……なーにをうまくまとめようとしてんでしょうか。

【くわしくは『OCEAN』6月号で!】

そんなこんなで波乱万丈なユースケの一か月。妻との関係はどうなるのか……気になる方はぜひご自身でチェックしてみてください。ユースケのあまりのイイ男ぶりに、最終日には「はっ、夢か……!」みたいな47歳無職男性による夢オチが来るのではないかと思ったものの、最初から最後までユースケ無双状態だったことをあらかじめお伝えしておきます。


中でも数々のユースケ語録は男性の皆さんであれば要チェック。

「え、仕事デキそうって? 服のおかげだよ(笑)」
「親心? 最近、重役方の休日ゴルフのお誘いが多い(笑)」
「ここに泊まって大喜びしなかった外国人を俺は知らない」

などはぜひとも覚えておきたいマウンティングワードですね。はたして私たちに使う機会が訪れるかはわかりませんが……。

参考:OCEANS
撮影・執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

『CLASSY.』5月号の着回しコーデが鬱設定すぎてツラい…と思いきや! 1か月で運命の彼を見つけて読者ポカーーン状態に


誌面の「1か月着回しコーデ」企画で主人公が妊娠してるかもと言い出したり、主食がどん兵衛という超絶貧乏女子を登場させたりと数々のトンデモ設定で読者を戦慄させてきた女性ファッション誌『CLASSY.(クラッシィ)』。もはや誌面に載っているファッションよりも、今回はどんな設定なのかというほうが気になるよ……!

現在発売中の2018年5月号もかなりのインパクト。4月1日から30日までの1か月間の着回しコーデを提案しているのですが、主人公の女性の設定がしょっぱなからツラすぎるのです。

「2日前、つき合っていた彼が既婚者で子供がいたことが判明……」ってえぇぇっ!! 「着回してる場合じゃねー!」と全読者からのツッコミが聞こえてきそうです。

【なに? この鬱設定……】


今回の主人公は31歳の女性、ちえみ。

学生時代、アナウンサーを目指し受験するも、キー局は全滅。地方局の受験は諦め、横浜の実家から通える都内の化粧品会社に就職するが、女子アナになる夢を諦められず、28歳のときに猛勉強の末、気象予報士の資格をとる。

自分が思い描いていた華やかな生活が始まり、人生絶好調! のはずが、つき合っていた経営者の彼が既婚者だとわかり……。周りの人たちは結婚をし始めているし……。さて、どうする!?

だそう。これ女性たちに夢を売るファッション誌だよね? 私、間違って「東京カレンダー」のウェブ記事読んでないよね!? これだけの情報だけでもかなり上昇志向強そうなことがわかるちえみに、ちょっとお腹いっぱい気味……。

とはいえ、彼氏だと思ってた相手が既婚者&子持ちって状況はかなりツラい。彼女だって上昇志向が強いだけで、ふつうに人の子。これはしばらく落ち込んで男性不信におちいってもおかしくありません。

【俳優とデートしたり合コン行ったりの4月前半】

しかし、さすがちえみです。絶望のドン底から8日目には、LINEのアカウントを聞かれた俳優とデートに。「やっぱりカッコいいって素晴らしい♡」との感想を漏らしています。

翌日4月9日には医者との合コンに参戦し、「このあと二人で抜け出さない?」と誘われたり、その数日後の11日にはマッチングアプリに登録し笑顔の自撮り画像をアップ。4月13日には学生時代に合コンで出会ったというサッカー選手の宇野君の応援に行き、「試合後にウイニングボールをもらった♡」とご満悦。

……あなたしょっぱなに「正直全然気持ちが切り替わらない」って空をせつなげに見上げてたからね? そこから2週間足らずでこれですよ。ちえみ、つよい……(確信)!

【運命の人、半月であらわれる】

さて4月も後半に突入。ちえみは仕事で知り合ったビール会社の年下男性からアプローチされるように。「7歳も年下だよーーー?」とか言いながらも、「30代過ぎて、7歳下の男のコと恋愛するってどう思う?」と友達を呼び出して夜お茶。……ぜったいこれ、まんざらでもないでしょ。

その後、サッカー選手の宇野君とランチしてたところを年下くんに見られて……といった誤解もありつつ、ラストの4月30日には年下くんから呼び出され「結婚を前提につき合ってください」と告白されます。


「そっか運命の人だったんだ! 抱きしめられめっちゃ幸せ感じた!!」ってなんやそれーーーーーっ!! 1か月でスコーンと気持ち切り替わっとるやないかーい! ここまで来たら逆にすがすがしいね!

【今回も読者を裏切らない!】

あまりのトンデモ設定とトンデモ展開ぶりにラストはポカーンとなることも多い『CLASSY.』の「1か月着回しコーデ」企画。今回も見事に読者おいてけぼりで、もはや様式美の趣すら感じられました。

女子はこれだけ貪欲でポジティブじゃないとやってけないぞ、という『CLASSY.』なりの応援メッセージが込められているのかもしれません(たぶん違う)。というわけで、気になった方は『CLASSY.』5月号をチェックしてみてね。……それにしても、今回はいつもに増して服やコーデが頭に入ってこなかったのは私だけ……?

参考:CLASSY.
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

『CLASSY.』5月号の着回しコーデが鬱設定すぎてツラい…と思いきや! 1か月で運命の彼を見つけて読者ポカーーン状態に


誌面の「1か月着回しコーデ」企画で主人公が妊娠してるかもと言い出したり、主食がどん兵衛という超絶貧乏女子を登場させたりと数々のトンデモ設定で読者を戦慄させてきた女性ファッション誌『CLASSY.(クラッシィ)』。もはや誌面に載っているファッションよりも、今回はどんな設定なのかというほうが気になるよ……!

現在発売中の2018年5月号もかなりのインパクト。4月1日から30日までの1か月間の着回しコーデを提案しているのですが、主人公の女性の設定がしょっぱなからツラすぎるのです。

「2日前、つき合っていた彼が既婚者で子供がいたことが判明……」ってえぇぇっ!! 「着回してる場合じゃねー!」と全読者からのツッコミが聞こえてきそうです。

【なに? この鬱設定……】


今回の主人公は31歳の女性、ちえみ。

学生時代、アナウンサーを目指し受験するも、キー局は全滅。地方局の受験は諦め、横浜の実家から通える都内の化粧品会社に就職するが、女子アナになる夢を諦められず、28歳のときに猛勉強の末、気象予報士の資格をとる。

自分が思い描いていた華やかな生活が始まり、人生絶好調! のはずが、つき合っていた経営者の彼が既婚者だとわかり……。周りの人たちは結婚をし始めているし……。さて、どうする!?

だそう。これ女性たちに夢を売るファッション誌だよね? 私、間違って「東京カレンダー」のウェブ記事読んでないよね!? これだけの情報だけでもかなり上昇志向強そうなことがわかるちえみに、ちょっとお腹いっぱい気味……。

とはいえ、彼氏だと思ってた相手が既婚者&子持ちって状況はかなりツラい。彼女だって上昇志向が強いだけで、ふつうに人の子。これはしばらく落ち込んで男性不信におちいってもおかしくありません。

【俳優とデートしたり合コン行ったりの4月前半】

しかし、さすがちえみです。絶望のドン底から8日目には、LINEのアカウントを聞かれた俳優とデートに。「やっぱりカッコいいって素晴らしい♡」との感想を漏らしています。

翌日4月9日には医者との合コンに参戦し、「このあと二人で抜け出さない?」と誘われたり、その数日後の11日にはマッチングアプリに登録し笑顔の自撮り画像をアップ。4月13日には学生時代に合コンで出会ったというサッカー選手の宇野君の応援に行き、「試合後にウイニングボールをもらった♡」とご満悦。

……あなたしょっぱなに「正直全然気持ちが切り替わらない」って空をせつなげに見上げてたからね? そこから2週間足らずでこれですよ。ちえみ、つよい……(確信)!

【運命の人、半月であらわれる】

さて4月も後半に突入。ちえみは仕事で知り合ったビール会社の年下男性からアプローチされるように。「7歳も年下だよーーー?」とか言いながらも、「30代過ぎて、7歳下の男のコと恋愛するってどう思う?」と友達を呼び出して夜お茶。……ぜったいこれ、まんざらでもないでしょ。

その後、サッカー選手の宇野君とランチしてたところを年下くんに見られて……といった誤解もありつつ、ラストの4月30日には年下くんから呼び出され「結婚を前提につき合ってください」と告白されます。


「そっか運命の人だったんだ! 抱きしめられめっちゃ幸せ感じた!!」ってなんやそれーーーーーっ!! 1か月でスコーンと気持ち切り替わっとるやないかーい! ここまで来たら逆にすがすがしいね!

【今回も読者を裏切らない!】

あまりのトンデモ設定とトンデモ展開ぶりにラストはポカーンとなることも多い『CLASSY.』の「1か月着回しコーデ」企画。今回も見事に読者おいてけぼりで、もはや様式美の趣すら感じられました。

女子はこれだけ貪欲でポジティブじゃないとやってけないぞ、という『CLASSY.』なりの応援メッセージが込められているのかもしれません(たぶん違う)。というわけで、気になった方は『CLASSY.』5月号をチェックしてみてね。……それにしても、今回はいつもに増して服やコーデが頭に入ってこなかったのは私だけ……?

参考:CLASSY.
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

『CLASSY.』4月号の着回しコーデが過去最高に貧乏設定! 「主食はどん兵衛」「母の治療費と弟の学費」など夢も希望もない中に白馬の王子が…!?

img_1408
「1カ月着回しコーデ」といえば女性ファッション誌の人気企画。さまざまな雑誌で特集が組まれていますが、『CLASSY.』は毎回いろんな意味で要注目といえます。

着回しが参考になるというのもありますが、主人公が「妊娠してるかも!?」と言い出すところから始まるなど、ツッコミどころ満載すぎるトンデモ設定も見逃せないポイントです。

そしてそして。現在発売中の『CLASSY.』2017年4月号でもスゴイのが来ちゃったよ! 特集「GUでトレンドお試しの3月着回しDiary」では、“主食はどん兵衛”という過去最高レベルに貧乏すぎる女子が登場。……ヤバい、着回しどうのこうの言ってる場合じゃない。

【過去最高レベルの貧乏設定】

img_1409
今月の1カ月着回しコーデの主人公は陣野薫子。デザイン事務所に勤めるグラフィックデザイナーなのですが、入院中の母の治療費や弟の学費を負担しているため、6畳一間のアパート暮らしで主食はどん兵衛という貧乏女子。玉の輿願望があり、相手を見つけるべく日々合コンなどに勤しんでいます。

……って、何このしょっぱすぎる設定。母の治療費や弟の学費ってリアルすぎるよ! 主食はどん兵衛とか読んでるこっちが切なくなってきます……。

【医者との出会いがおとずれるも……】

img_1415
極貧女子のため、薫子のファッションのワードローブはもっぱらGU。GUのみで1カ月着まわすというかなりの荒業なのですが、そんな彼女にパリ留学経験のある医者との出会いがおとずれます。

「どん兵衛をすすりながらLINEのやりとり。(略)この人と結婚できたら、お母さんの治療費と弟の学費問題がいっぺんに片づくかも」

img_1410

ファッション誌なのにこんなに夢も希望もなくてええんかーーーっ!!

【ストーリーもトンデモなのだ】

しかしこの医者オトコ、どうにもうさんくさいのです。彼の友人が「あいつはただの売れない画家で、医者じゃない」と暴露したり、工事現場で働いている彼と遭遇してしまったり……。

そしてとうとう、実際は医者ではなくその日暮らしの画家志望だったことが判明。しかも「もう一度、パリに渡って絵を学びたいんだ。僕の夢に一緒についてきてくれるかな?」と言う彼。
img_1414

いやいやいや、こういう夢追い人的な男性はヤバいって。しかも医者だってウソついてたからね? もちろん断るに決まってるよね!? ……と思いきや、薫子の返事は「もちろんです♡」。えぇぇーーー……?

【マジで着回しどころじゃなかった】

お母さんの病気の治療費は? 弟さんの学費は? と読者置いてけぼりなラストにポカーン。今回も期待を裏切らないトンデモ設定&ストーリーっぷりが炸裂した『CLASSY.』4月号。気になる方は雑誌を買ってみてね。そして次はどんな1カ月コーデを見せてくれるのか……いろんな意味で目が離せません!

参考リンク:CLASSY.
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

『CLASSY.』4月号の着回しコーデが過去最高に貧乏設定! 「主食はどん兵衛」「母の治療費と弟の学費」など夢も希望もない中に白馬の王子が…!?

img_1408
「1カ月着回しコーデ」といえば女性ファッション誌の人気企画。さまざまな雑誌で特集が組まれていますが、『CLASSY.』は毎回いろんな意味で要注目といえます。

着回しが参考になるというのもありますが、主人公が「妊娠してるかも!?」と言い出すところから始まるなど、ツッコミどころ満載すぎるトンデモ設定も見逃せないポイントです。

そしてそして。現在発売中の『CLASSY.』2017年4月号でもスゴイのが来ちゃったよ! 特集「GUでトレンドお試しの3月着回しDiary」では、“主食はどん兵衛”という過去最高レベルに貧乏すぎる女子が登場。……ヤバい、着回しどうのこうの言ってる場合じゃない。

【過去最高レベルの貧乏設定】

img_1409
今月の1カ月着回しコーデの主人公は陣野薫子。デザイン事務所に勤めるグラフィックデザイナーなのですが、入院中の母の治療費や弟の学費を負担しているため、6畳一間のアパート暮らしで主食はどん兵衛という貧乏女子。玉の輿願望があり、相手を見つけるべく日々合コンなどに勤しんでいます。

……って、何このしょっぱすぎる設定。母の治療費や弟の学費ってリアルすぎるよ! 主食はどん兵衛とか読んでるこっちが切なくなってきます……。

【医者との出会いがおとずれるも……】

img_1415
極貧女子のため、薫子のファッションのワードローブはもっぱらGU。GUのみで1カ月着まわすというかなりの荒業なのですが、そんな彼女にパリ留学経験のある医者との出会いがおとずれます。

「どん兵衛をすすりながらLINEのやりとり。(略)この人と結婚できたら、お母さんの治療費と弟の学費問題がいっぺんに片づくかも」

img_1410

ファッション誌なのにこんなに夢も希望もなくてええんかーーーっ!!

【ストーリーもトンデモなのだ】

しかしこの医者オトコ、どうにもうさんくさいのです。彼の友人が「あいつはただの売れない画家で、医者じゃない」と暴露したり、工事現場で働いている彼と遭遇してしまったり……。

そしてとうとう、実際は医者ではなくその日暮らしの画家志望だったことが判明。しかも「もう一度、パリに渡って絵を学びたいんだ。僕の夢に一緒についてきてくれるかな?」と言う彼。
img_1414

いやいやいや、こういう夢追い人的な男性はヤバいって。しかも医者だってウソついてたからね? もちろん断るに決まってるよね!? ……と思いきや、薫子の返事は「もちろんです♡」。えぇぇーーー……?

【マジで着回しどころじゃなかった】

お母さんの病気の治療費は? 弟さんの学費は? と読者置いてけぼりなラストにポカーン。今回も期待を裏切らないトンデモ設定&ストーリーっぷりが炸裂した『CLASSY.』4月号。気になる方は雑誌を買ってみてね。そして次はどんな1カ月コーデを見せてくれるのか……いろんな意味で目が離せません!

参考リンク:CLASSY.
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら