【数量限定】ジングルベルを奏でるオルゴール付き紅茶缶がとってもロマンティック♡クリスマスギフトにもぴったりです

まだまだ先……と思っていたら、あっという間にやってくるのがクリスマス。11月に入り、クリスマスコフレなどの情報もチラホラと目にするようになりました。

そんな中、2018年11月1日に英国紅茶ブランド「アーマッドティー」に登場したのは、クリスマス限定デザイン缶。これがめちゃくちゃ可愛い上に、なんとオルゴール付きのものまであるんです♪

【オルゴール付きの限定缶にそそられるーー!】

プレゼントにぴったりなアーマッドティー クリスマス限定デザイン缶は4種類。ヨーロッパのクリスマスを思わせる淡い色調のパールカラーが上品なデザインです。

なかでも「AHMAD TEAクリスマスオルゴール缶」(80g/税込2,000円)は、雪景色のロンドンの街並みが描かれたシャンパンピンクの缶を回すとオルゴールの音色を奏でるロマンティックな仕掛けが!

オルゴールの音色は“ジングルベル”で、限定缶の中にはベルガモットの香り豊かなアールグレイのリーフティーが入っています。オルゴールのやさしい音色を聞きながら紅茶を淹れる……なんて乙女チックなひと時に浸れそうですよね♡

【ツリーに飾れるオーナメント缶もかわいい♡】

また、ブルー、ピンク、イエローの3色展開の「AHMAD TEAオーナメント缶」(各30g/税込600円)は、ツリーにあしらうオーナメントそっくり見た目で、実際に飾れちゃうところがポイント!

アールグレイ、イングリッシュティーNo.1、イングリッシュブレックファーストと、色ごとに中身のフレーバーが異なるリーフティーが入っているオーナメント缶が、クリスマス気分を盛り上げます♪

【クリスマスツリー型のデザイン缶がおしゃれ】

そして、「AHMAD TEA クリスマスツリー缶」(60g/各税込1,000円)は、ブルー、ホワイトの2種類。

中に入っているのは、冬に飲みたくなるミルクティーにぴったりのイングリッシュブレックファーストという絶妙なセレクトです。

【3種類のリーフティーが楽しめるミニ缶セットも!】

「AHMAD TEAエレガントリーフティー」(30g×3缶セット/税込1,500円)は、淡いパールカラーに葉のモチーフが上品にあしらわれた、エレガントなミニ缶のセット。

クリスマスだけでなくウェディングや出産などのギフトにもおすすめです。

いずれも数量限定のため、無くなり次第販売終了とのこと。紅茶派の家族や友人へのプレゼントにいかがでしょうか? もちろん、これからやってくるクリスマスに備えて、自分のために買うのもいいですよね♪

参照元:プレスリリースアーマッドティー
執筆=沢野ゆうこ(c)Pouch

続きはこちら

【神企画】紅茶が111円で飲めるスペシャル企画を「アフタヌーンティー」が本日開催しているよ! #紅茶の日

2018年10月18日から11月1日までの2週間に「アフタヌーンティー」が開催していた “TEAを楽しむスペシャルウィーク” 。

そしてとうとう本日11月1日が、最終日。 “紅茶の日” でもあるこの日行われるのは「店内メニューのすべての単品TEAが111円になる」というイベントで、最後を飾るにふさわしい超太っ腹な企画~!

実は紅茶の日にちなんだ111円企画は2017年にも行われているのですが、このときも大変注目を集めていました。イマドキ111円で美味しい紅茶が飲めるんですから、そりゃみんな色めき立ちますよね……!

【セット商品でも利用可能です】

1人1回の入店で1回だけ利用できるという、111円企画。

ホットはカップにたっぷり2杯半楽しめるティーポットで提供されるほか、お茶付きのセット商品をすると2杯目の注文が111円になるそうで、あまりのお得さにクラクラめまいがしそうですっ。

【店舗によっては対象メニューが異なる場合も】

冒頭でもお伝えしたとおり、対象となるのは店内メニューのすべてのTEAですが、一部店舗においては対象メニューと運用が異なるそう。また数量限定となっているので、売り切れてしまう可能性もあるそうなので、足を運ぶ際にはお早めに。

【スイーツとのペアリングを楽しむのも◎】

111円企画をとことん楽しむにあたって、アフタヌーンティーの公式サイトでは “スイーツとのペアリング” がおすすめされています。

たとえば、いちばん最初に提案されているのは、「アフタヌーンティーブレンド×アップルパイ」といった、人気ナンバーワン同士のペアリング

ほかにも「アッサム」「アールグレイ」「ダージリン」といった定番の紅茶とぴったりなスイーツが挙げられているので、この機会に試してみるといいかも♪

【フルーツティーやチャイも111円】

そのほかにもカフェインが気になる人にとっては嬉しい「ディカフェ」メニューや、フルーツティーやチャイといった「Crafty」メニューも対象となっているようなので、どれにしようか迷ってしまうこと必至。

Instagram Photo

朝晩特に冷えるこの季節、体の芯から温まりそうなチャイをチョイスしてみるというのも、悪くないのではないでしょうか。

そのほか111円企画の詳細については、公式サイトをチェック。こんな機会はめったにないので、ぜひとも足を運んでみましょう☆

参照元:Afternoon TeaInstagram @afternoontea_official
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

タグが黒猫ちゃんで萌える! 希少な “和紅茶” を使った「ね紅茶」で五感から癒されよう♪

秋冬は、温かい紅茶が美味しい季節。わたしがいま気になっているのは、ヴィレッジヴァンガードの公式通販サイトで予約販売されている「ね紅茶」という名前の商品なんです。

こだわりの立体ティーバッグに入っているのは、静岡県産の希少な “和紅茶” 。自社工場焙煎でおいしく仕上げたという紅茶の味も魅力的ですが、まず目を奪われるのは、ティーバッグについたタグ

タグの部分が愛らしい黒猫の切り絵になっていて、なるほど、だから「ね紅茶」なのね! 6枚ひとつひとつ、ぜ~んぶデザインが違うところも、たまらなく愛しいのですが~~~!

【このタグは捨てらんないわ】

黒猫たちは自由気ままで、後ろ足で顔を掻いたり、丸まったり、逆毛を怒ったりと、フォルムだけでも豊かな表情が伝わってくるようです。

それぞれのタグをよく見ると目や口元が切り抜かれていて、こちらも表情豊か! 捨ててしまうのがもったいなくって、タグ部分だけ切り取って、大事に取っておきたくなりそうです。

【こだわりを持った製茶問屋が手がけています】

「ね紅茶」を生産しているのは、静岡県静岡市にある製茶問屋の「山壽杉本商店(やますすぎもとしょうてん)」。

お茶の「淡白な味」に疑問を抱いていたという若き三代目は「香りがよくメリハリの効いた力強いお茶」を目指している方のようで、見た目だけでなく味にも期待が持てそうです~♪

【贈答用にも良さそう!】

自分用にはもちろん、ちょっとしたお持たせやプレゼントにも最適な「ね紅茶」のお値段は、税込み1080円。お取り寄せ商品となるため、発送予定日は2018年10月上旬から中旬になるとのことです。

見れば見るほど愛着が湧いてくるので、猫好きさんは要チェックですよ。それにしても黒猫って、ホント画になるわぁ~!

参照元:ヴィレッジヴァンガード公式通販サイト山壽杉本商店
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

童話モチーフのハーゲンダッツ新作「白雪姫の林檎」と「アリスの紅茶」を食べてみた♪ フタを開けた瞬間から乙女チック気分になれるよ

みんな大好き、ごほうびアイスのハーゲンダッツから2018年10月2日に発売されたのは、童話モチーフの「ストーリータイム」シリーズ!

『白雪姫』をイメージした「白雪姫の林檎~カスタードとともに~」と、『不思議の国のアリス』をイメージした「アリスの紅茶~クッキーを添えて~」の2種類で、どちらも名前からして乙女心をくすぐりますよねぇ〜! さらにこの新商品、これまでのハーゲンダッツにはない、かわいらしいデコレーションがあしらわれているとか……。

さてどんなお味なのかしら? 2種類どちらも買って、食べてみましたよ。

【白雪姫の林檎~カスタードとともに】

まずは、白雪姫をイメージした「白雪姫の林檎~カスタードとともに~」から。なんだかコース料理のデザートみたいなネーミングで期待が高まります。

フタを開けると、まず飛び込んでくるのは赤いリンゴソースに、白いミルクソースでハートが描かれたデコレーション。かわいい〜! このつややかさは、魅惑的……。

ひと口食べてみると、甘〜いカスタードアイスに、リンゴソースの酸味、中に入ったリンゴのシャキシャキした触感がたまらない! カスタードとリンゴってなんて合うのかしら……。

中のリンゴの果肉は存在感たっぷり。なんでも、リンゴの酸味をいかすために、ザクロ果汁に漬けてあるのだとか。このひと手間加えてる感じがちょっと魔女の「毒リンゴ」を思わせるかも。こんな毒リンゴなら毎日食べちゃいますけどね〜。

アリスの紅茶~クッキーを添えて~

さて、お次はアリスのお茶会をイメージしたという「アリスの紅茶~クッキーを添えて~」。アリスのお茶会って、呼ばれるとエライコッチャなんですけど、絵本のさし絵なんかもかわいくて、憧れますよね。

こちらは練乳みたいな白いミルクソースに、ピンクのカシスソースでハートが描かれてます。パステルカラーの組み合わせが胸キュンなかわいさ!

さて、ひとくち食べてみると、口の中にダージリンティー香りが漂い、甘みは上品。中にはバター風味のクッキーもゴロリと入ってます。

そしてよーく見ると、ダージリンティーのアイスと、マスカルポーネチーズ入りのアイスが渦を巻いているではありませんかっ。これは、アリスが穴に落ちていく時空の歪みを表してるんだとか。芸が細かい〜!

しかし全体的に甘く、ミルク風味の素材が多いせいか、美味しいミルクティーのアイスという印象。ピンクのカシスソースの香りや、マスカルポーネアイスの風味などはあまり感じられなかったのが正直なところです。

【個人的には白雪姫推し】

ふたつとも、ビジュアルにも素材にもこだわっていて、物語の世界にうっとりとひたれるようなアイスでした。個人的には、リンゴの酸味とシャキシャキ感が楽しめる「白雪姫の林檎~カスタードとともに~」のほうが好みかも。

甘い物やかわいいものって不思議な癒やしの力があると思います。この童話シリーズのハーゲンダッツは「誰か私を甘やかしてくれい!」ってときや、「大人の事情の板挟みで疲れた……」なんてときにオススメです。ほんのひととき、童心に戻れると思いますよ〜。

アリスと白雪姫だけじゃなく、別の童話のアイスも作ってほしいです!

参考リンク=プレスリリース
撮影・執筆=御花畑マリコ (c)Pouch

続きはこちら

【ジブリ】トトロとキキの世界観を表現したオリジナル茶葉缶がルピシアとコラボで登場♪ もみじが入ったお茶や花びら入りの紅茶も!


秋もだんだんと深まり、あたたかなお茶でほっとひと息つくのが愛しい季節がやってきました。

2018年10月13日から発売されるのは、世界のお茶専門店「ルピシア」とコラボした「となりのトトロ」と「魔女の宅急便」のオリジナル茶葉缶

それぞれの作品の世界観を表現した茶葉だけでなく、レトロさと秋らしさが感じられるオーバル型のデザイン缶にも注目です!

【トトロ缶はもみじを散らした豆入りのほうじ茶】

「焙じ茶 大トトロとメイ」(税別1800円)の缶は茶色で彩られていて秋気分満点! トトロとメイのツーショットが見る人の心を楽しい気持ちにさせてくれます。

中に入っている茶葉は、国産大豆、黒豆とほうじ茶がベースの甘くて優しい味の豆入り茶。もみじを散らしたブレンドになっているというのがめずらしい! 飲んでいると、トトロが住んでいる森の秋が思い浮かんできそうです。

【キキの缶は切なく甘いフレーバーティー】

「紅茶 キキの横顔」(税別1800円)は、缶にキキの横顔が。肩ひじをついた物憂げな様子からも、年ごろの女の子の繊細さが伝わってくるかのようです。

中の茶葉は、一人立ちをした後のキキの切ない気持ちと新しい生活にわくわくする甘い気持ちをバニラ・ストロベリー・ミラベル(すもも)の香りで表現しているそう。ヒースフラワーの花びらもブレンドされているのが可憐でかわいい。

【作品を鑑賞しながら味わいたい!】

販売は全国のどんぐり共和国オンラインショップそらのうえ店でのみ(および数量限定でルピシアオンラインストアでも取扱い予定)。オンラインショップそらのうえ店は10月の発売に向け、9月下旬より先行予約を開始するそうです。

秋のティータイムを楽しむのにぴったりな茶葉缶「焙じ茶 大トトロとメイ」「紅茶 キキの横顔」。ぜひ作品を鑑賞しながらゆっくりと味わいたい! そして茶葉がなくなったら空き缶をどんなふうに使うか考えるのも楽しいひとときになりそうです。

参照元:プレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

続きはこちら

【台湾茶スタンド】「CoCo都可(ココトカ)」はフルーツ系から独創系までメニューがすんごい豊富☆ 看板・タピオカミルクティーもいいけどオリジナル系を飲んでみて〜っ!


昨年あたりから日本進出が相次いでいる台湾発の「ティースタンド」。台湾茶の人気を一気に押し上げた”タピオカミルクティー”を筆頭に、本格的な台湾茶やさまざまなアレンジティーをテイクアウトで気軽に楽しむことができるスタイルで注目を集めています。

以前「一芳(イーファン)」をご紹介しましたが、今回ご紹介するのは渋谷・新宿などに出店し、店舗数をグングン増やしている「CoCo都可(ココトカ)」。

CoCo都可の魅力は、なんといってもその豊富なメニューの数! フルーツ系の品揃えはもちろん独創的なフレーバーのものまで、台湾の街角にあるドリンクスタンドを思い起こさせるバリエーションの豊富さに嬉しくなっちゃいます☆

【タピオカミルクティーのCoCo都可】

台湾発のタピオカドリンクスタンド「CoCo都可(ココトカ)」。創業20年を超える老舗で、台湾国内だけでなく世界中に店舗を広げているんですって。

今回は、その日本1号店となった渋谷センター街店に行ってきました。店舗そのものは小さいのですが、オレンジの外観が遠くからでも目を引きます。

開店直後の店舗前は人もまばらですが、これがお昼ごろをすぎるともう大行列になるんですよね。すっかりセンター街のランドマーク的なお店になりました。

炎天下でなるべく並ばずゲットしたい方は、午前中が狙い目です☆

【大きめサイズでたっぷり味わえる!】

注文の際は、左側の列に並びます。氷の量と甘さはカスタマイズOK。番号入りのレシートを渡されるので、呼ばれたら受け取る仕組みです。

注文はさんざん迷ったのですが、タピオカ入りが飲みたい! と思い「パッションフルーツ紅茶 with タピオカ」を買ってみました。

Mサイズでもたっぷり入っています! 日本の感覚だと、これがLサイズくらいの大きさだな〜。ペットボトルの飲み物でもあっという間に飲み干しちゃうような暑い日には、ありがた〜い大きさです。

そして肝心のお味はというと、パッションフルーツの南国感あふれる香りが紅茶にしっかりマッチ。思わずゴクゴクいっちゃいます。中に入っているタピオカもモッチモチでおいしい! 他店に比べると甘さもサイズも控えめな印象ですが、その分しっかり味わえてイイ感じ。タピオカにこだわりのある方、ぜひ食べていただきたいです。

【品数の多さが魅力です】

さて、CoCo都可の魅力はなんといってもそのメニュー数の豊富さにあります。並んでいると手元にメニューを渡してくれるのですが、その品数なんと40種類以上! ちょっと見ただけでは選べないよ〜っっ!

一応「○○シリーズ」と分類されていますが、「乳酸菌生グレープフルーツ」とか「ミックスジュース塩クリーム」などの商品名を見ても、まったく味の想像がつきません。……しかーし! このカオスな感じがまさに台湾ぽい!

現地のドリンクスタンドも、常時このくらいのメニューを用意しているところが多いんです。一体これはどんな飲み物なんだ……と思いながらエイヤと指差しで注文する台湾での楽しみを、そのまま再現して味わえるのがCoCo都可のいいところ☆

【変化球ドリンクにも挑戦してみて♪】

たくさんのメニューの中、個人的にオススメしたいのが「乳酸菌緑茶」です。これ実は、ヤクルトを使ったドリンクなんですよ〜っっ。

英語ではYogurtと書いてあるので「ヨーグルト味」だと思いきや、漢字を見てみると「養樂多」と書かれているんですよね。これがヤクルトのこと。そう言われてみるとなんとなくヤクルトっぽく読める気がしてきません?(笑)

「乳酸菌緑茶」=ヤクルト緑茶、なかなかお味が想像しづらいと思います。が、スッキリ爽やかな甘さで美味しいんです、ほんと。今回は「タピオカ入り」から選んだので買いませんでしたが、台湾でもリピするほどのお気に入りメニュー! だまされたと思って飲んでみて☆

ほかにも、日本ではちょっとお目にかかれないような独創的なドリンクがたくさんあります。それを味わえるのがCoCo都可の楽しみでもあると思うので、ぜひぜひ普段とは違うメニューにも挑戦してみてくださいね♪

【今回訪れたお店】

店名:CoCo都可(ココトカ) 渋谷センター街店
住所:東京都渋谷区宇田川町29-3 渋谷センター街
営業時間:平日11:30〜22:30 土日祝 11:00〜22:00
定休日:なし

参照元: CoCo都可
撮影・執筆=森本マリ (c)Pouch

続きはこちら

【本日から】ミニストップから濃厚マンゴーが入った「ゴロッと果実のマンゴーティー」と3種のフルーツが入った「フルーツソーダ」が発売されるよーっ!


ミニストップから、ゴロンゴロンにフルーツが入ったドリンク2種が発売されます!

アップルマンゴーの果肉たっぷりの「ゴロッと果実のマンゴーティー」と、3種のフルーツがカラフルな「フルーツソーダ(ミックス)」。どちらもトロピカルでおいしそう! う〜ん、これは今すぐ飲みたいやつ♡

【マンゴーたっぷり「ゴロッと果実のマンゴーティー」】

今年の4月から、スイーツ感覚で楽しめるフルーツ紅茶の販売をはじめたミニストップ。第1弾の「ゴロッと果実のピーチティー」は、SNSでの反響も高く、女性からも人気なんですって!

その第2弾として販売されるのが、夏のフルーツとして人気のマンゴー果肉、マンゴーソースと紅茶を組み合わせた「ゴロッと果実のマンゴーティー」です! その名の通り、果実がゴロゴロと入ってる〜♡

さわやかな柑橘の香りでアイスティーにぴったりな茶葉「アールグレイ」と、アップルマンゴーの果肉、さらに4種のマンゴーを使ったソースを組み合わせたゼータクなドリンク。

果肉をそのまま食べたり、ストローでつぶして紅茶と一緒に飲んだり、さまざまな飲み方が楽しめますよ♪ 価格は税込み290円です。

【とってもカラフル「フルーツソーダ(ミックス)」】

さらに、いちご・キウイ・みかんの3種のフルーツと炭酸を組み合わせた「フルーツソーダ(ミックス)」も数量限定で発売! 価格は税込み230円。

赤・オレンジ・緑のカラフルなフルーツに、炭酸のシュワシュワがとっても涼しげ。トロピカルな風味で、暑さを和らげてくれそう☆ 見た目にも可愛いって、やっぱり大事だわ〜!

【期間限定販売ですよ〜!】

「ゴロッと果実のマンゴーティー」と「フルーツソーダ(ミックス)」は、いずれも8月3日(金)から、全国のミニストップで期間限定販売です。

どちらの商品も、さわやかな飲み物と一緒に手軽にフルーツが食べられるのが嬉しいところ。ドリンクとしてもスイーツとしても楽しめるのも良い!

暑〜い夏の、心強い味方になってくれそうです☆

参照元: プレスリリース
執筆=森本マリ (c)Pouch

【台湾茶スタンド飲み比べ】「一芳(イーファン)」のおすすめはフルーツティー! カットフルーツがそのまま入っているのです☆


ここ数年で、台湾発の「ティースタンド」が続々開店しているのをご存知ですか?

台湾茶というと「タピオカミルクティー」が有名ですが、台湾茶のスタンドで売られているのは「タピオカ入り」ばかりではありません。

台湾産の高級茶葉を使った本当においしいお茶を、お店ごとの個性で堪能できるメニューがたっくさんあるんです。これを味わわなきゃもったいない!

ということで今回は、浅草にあるフルーツティーが売りの「一芳(イーファン)」をご紹介します!

【一芳台湾水果茶(イーファン)】

昨年末、浅草に1号店を開いた「一芳(イーファン)」。水果=フルーツのことで、水果茶のとおり、フルーツがたっぷり入ったフルーツティーが人気のドリンクスタンドです。

メニューには「冬瓜レモン玉露」や「龍眼ナツメ茶」などの文字が並んでいて、一体それはどんな味なの!? と思わず気になっちゃう。

一方で、日本人が開発した高品質の紅茶として知られる「日月潭(にちげつたん)紅茶」など、ストレートに茶葉のおいしさを味わえるメニューもあります。

本場台湾と同じように、注文時には甘さと氷の量が選べるというのも嬉しい〜!

【生のフルーツが入っています☆】

いろいろメニューがあって目移りしますが、台湾の夜市でもよく飲んでいてお気に入りの「愛玉ゼリーレモンティー」を注文しました。

輪切りのレモンが入っていて、見るからに夏テイスト♡ ひとくち飲むと、さわやかなレモンと茶葉のスッキリとした香り、マイルドな酸味が口の中に広がります。これこれ〜!!

ちなみに「愛玉」は、「愛玉子(オーギョーチ)」というデザートで知られる、植物由来の柔らかなゼリー。ツルンとした食感がイイんですよね。

ほかにも公式インスタグラムでは、パッションフルーツティーやローゼルレモンティーなど、一芳ならではのフルーツティーが紹介されていました。

Instagram Photo

これからの暑くなる季節に、水分&糖分&ビタミンをまるごと補給しちゃえそうなアイスティーの数々、ぜひトライしてみてください☆

【お茶派待望の台湾茶スタンド!】

今回訪れた一芳浅草店にはイートインがありません。実は台湾では「テイクアウト専門」のティースタンドが街中にあるのが普通なんです。

その数は、日本の「自販機」の代わりにティースタンドがあるくらいの密度。ひょっとすると、もっと多いかも?ペットボトルよりも、スタンドで購入したドリンクのカップを持って歩いている人のほうがよく見かけるほどです。

日本だと、気軽に立ち寄れるコーヒー店はあちらこちらにあります。でもお茶の専門店となると、ちょっと敷居が高いお店が多い印象がありました。

でも、台湾茶スタンドのブームのおかげで、その敷居はグッと下がったように思います。しかも台湾茶の守備範囲は、紅茶・緑茶・中国茶と広い!

お茶派の皆さん、これからは台湾茶スタンドでバンバンおいしいお茶、飲んじゃいましょ☆

【今回訪れたお店】
店名:一芳台湾水果茶 浅草店
住所:東京都台東区浅草1丁目29-5
営業時間:10:00〜21:00

参照元: Instagram @yifangtea.jpFacebook
撮影・執筆=森本マリ (c)Pouch

続きはこちら

【台湾茶スタンド飲み比べ】「一芳(イーファン)」のおすすめはフルーツティー! カットフルーツがそのまま入っているのです☆


ここ数年で、台湾発の「ティースタンド」が続々開店しているのをご存知ですか?

台湾茶というと「タピオカミルクティー」が有名ですが、台湾茶のスタンドで売られているのは「タピオカ入り」ばかりではありません。

台湾産の高級茶葉を使った本当においしいお茶を、お店ごとの個性で堪能できるメニューがたっくさんあるんです。これを味わわなきゃもったいない!

ということで今回は、浅草にあるフルーツティーが売りの「一芳(イーファン)」をご紹介します!

【一芳台湾水果茶(イーファン)】

昨年末、浅草に1号店を開いた「一芳(イーファン)」。水果=フルーツのことで、水果茶のとおり、フルーツがたっぷり入ったフルーツティーが人気のドリンクスタンドです。

メニューには「冬瓜レモン玉露」や「龍眼ナツメ茶」などの文字が並んでいて、一体それはどんな味なの!? と思わず気になっちゃう。

一方で、日本人が開発した高品質の紅茶として知られる「日月潭(にちげつたん)紅茶」など、ストレートに茶葉のおいしさを味わえるメニューもあります。

本場台湾と同じように、注文時には甘さと氷の量が選べるというのも嬉しい〜!

【生のフルーツが入っています☆】

いろいろメニューがあって目移りしますが、台湾の夜市でもよく飲んでいてお気に入りの「愛玉ゼリーレモンティー」を注文しました。

輪切りのレモンが入っていて、見るからに夏テイスト♡ ひとくち飲むと、さわやかなレモンと茶葉のスッキリとした香り、マイルドな酸味が口の中に広がります。これこれ〜!!

ちなみに「愛玉」は、「愛玉子(オーギョーチ)」というデザートで知られる、植物由来の柔らかなゼリー。ツルンとした食感がイイんですよね。

ほかにも公式インスタグラムでは、パッションフルーツティーやローゼルレモンティーなど、一芳ならではのフルーツティーが紹介されていました。

Instagram Photo

これからの暑くなる季節に、水分&糖分&ビタミンをまるごと補給しちゃえそうなアイスティーの数々、ぜひトライしてみてください☆

【お茶派待望の台湾茶スタンド!】

今回訪れた一芳浅草店にはイートインがありません。実は台湾では「テイクアウト専門」のティースタンドが街中にあるのが普通なんです。

その数は、日本の「自販機」の代わりにティースタンドがあるくらいの密度。ひょっとすると、もっと多いかも?ペットボトルよりも、スタンドで購入したドリンクのカップを持って歩いている人のほうがよく見かけるほどです。

日本だと、気軽に立ち寄れるコーヒー店はあちらこちらにあります。でもお茶の専門店となると、ちょっと敷居が高いお店が多い印象がありました。

でも、台湾茶スタンドのブームのおかげで、その敷居はグッと下がったように思います。しかも台湾茶の守備範囲は、紅茶・緑茶・中国茶と広い!

お茶派の皆さん、これからは台湾茶スタンドでバンバンおいしいお茶、飲んじゃいましょ☆

【今回訪れたお店】
店名:一芳台湾水果茶 浅草店
住所:東京都台東区浅草1丁目29-5
営業時間:10:00〜21:00

参照元: Instagram @yifangtea.jpFacebook
撮影・執筆=森本マリ (c)Pouch

続きはこちら

働く女性をサポートする茶葉が一週間日替わりでセットに! 毎日に必要な機能を備えたドリンク「テトテ」

毎日忙しくって、なかなか自分に手をかけていられない! という女性のみなさん。そんなあなたにピッタリのドリンクがあるようなんです。

クラウドファンディングサイト「Makuake」に登場したのは、オフィスドリンク「thé to thé (テトテ)」をゲットできるプロジェクト。

「テトテ」は “働く女性の1週間をサポートしてくれるティーバッグ型のハーバルドリンク” で、月曜日から金曜日までのウィークデーと週末のぶん、それぞれの日に必要な機能を備えたドリンクがセレクトされています。

【自分へのご褒美ドリンクに】

宇治茶の最高級品を生み出す産地といわれる京都・京田辺市で、老舗の茶農家として知られる西川家・北川家。両者がタッグを組んで誕生した「テトテ」は、頑張る女性が “自分へあげるご褒美” をイメージして作られたそう。

【「気分をアゲたい」「疲れている」など毎日の状態に応じたお茶】

「テトテ」には、ウィークデイをサポートする5種と、週末のリラックスを促すフレーバー5種があります。

気分が落ち込みがちな月曜は、まろやかな味わいでありながらもやる気を目覚めさせてくれる「玉露」。やる気が出てくる火曜は、リフレッシュしたいときにちょうどいい「煎茶」

疲れが顔に出やすい水曜は、優しい甘さとストレス対策のポリフェノールが含まれた「紅茶」

疲労でイライラしがちな木曜は、テアニンのリラックス効果を取り入れた「碾茶(てんちゃ)」。そして走り切った金曜には、疲れた体をゆったりいたわってくれる「ほうじ茶」がセレクトされています。

【週末にはリラックスできるフレーバーティーを】

そして、週末は西川茶園の宇治煎茶がベースとなった5種のフレーバーティーがラインナップ。ミント・オレンジ・ジンジャー・シナモン・カモミールの5種にはそれぞれハーブやフルーツが実際に入っているので、 “香りづけしただけ” のものとは違った、フレッシュな味わいを楽しむことができるようなんです。

【美味しさが「8時間持続」するらしい!】

美味しくて、体に良くて、飲み飽きない。そしてなおかつカロリーがないドリンクというのは、女性にとってありがたいかぎり♪

作り方はとってもお手軽で、「テトテ」を1袋、マイボトルの中へお水かお湯と一緒に入れるだけ。

ティーバッグの中に入っている茶葉はなんと8時間もの間美味しさを保ってくれるらしく、冷たくてもぬるくても温かくても、その味はダレることなくフレッシュなまま。出勤中もずっと、手元に置いておけるんです。

【始めに入れるのは「お水かぬるま湯」が◎】

「テトテ」プロジェクトの支援コースは、税込み2000円から。申し込んだ時点で売買契約成立となります。

ちなみに……「テトテ」の美味しさのヒミツは、一般的なティーバッグの4倍もの量となる茶葉。1日中美味しく味わうには、初めに入れるのはお水かぬるま湯がいいそうです。ご参考までに☆

参照元:Makuake
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら