台風で傷がついた柿を「種なし台風柿」として販売! 荒天でも木から落ちなかった強~い柿なので縁起も良さそうです

今年2018年も、たびたび大型台風に見舞われている日本。こういったとき被害に見舞われるのは、人間だけではありません

台風で傷ついた “柿” を販売し、被災した生産者を応援しようと立ち上がったのは、食品宅配の「Oisix(オイシックス)」です。

9月4日に西日本を縦断した台風21号の影響で傷ついてしまった奈良県産の “種なし柿” を、「種なし台風柿」と命名。10月4日からインターネットで、翌5日からは東京・恵比寿三越店の実店舗で、販売をスタートしました。

【「ふぞろい野菜」の応用編!】

奈良県産の種なし柿は、元々「Oisix」の人気商品だったもの。台風21号によって人的被害はなかったものの、全体の2割ほどの柿に傷がつくなどの影響が出てしまったといいます。

この現状を知った「Oisix」は、普段自社で販売している「ふぞろい野菜」に注目。

規格外として廃棄されたり、加工品用に廉価で買い取られたりする商品を「ふぞろい野菜」として販売するという試みで、これにならって「種なし台風柿」の販売を決定したようです。

【味は美味しい&縁起も良さげ♪】

「種なし台風柿」は、傷がついているせいで見た目はあまり良いとは言えません。

しかし味は保証付きで、届いたときにはサクサク、そして時間をおくとトロッとやわらかくとろけるような食感が楽しめる “2度美味しい柿” なのだとか。また強烈な台風を耐えた “落ちない柿” ということで、なにやら縁起も良さそうなんです。

【受験を控えているみなさんはぜひ】

10月は、幼稚園や小学校の受験シーズン。その後には、中学、高校、大学受験シーズンが控えています。

生産者への応援としてはもちろん、縁起をかつぐという意味でも、購入する価値があるのではないでしょうか。

「種なし台風柿」のお値段は、1袋3~4個入り、500g相当で税抜き330円となっています。この機会に旬の美味しい柿を、存分に味わっちゃいましょう♪

参照元:プレスリリースOisix
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【#食べて応援】収益は全額寄付! カップ麺「キング軒 広島式汁なし担担麺」を食べて豪雨災害の支援につなげよう

ここ数年で、広島を代表するご当地グルメとして全国的に知られるようになった「汁なし坦々麺」。中でも東京進出まで果たした人気店が「キング軒」なのですが、このたびツイッターやフェイスブックを通じてあることを発表しました。

それは、現在販売中のカップ麺「キング軒 広島式汁なし担担麺」の収益全額を「平成30年7月豪雨」への寄付にするというもの。

収益の一部ではなく全額……! なんとも思い切った決断ですが、そこにはキング軒の熱い広島愛があふれていることがわかります。

【キング軒はなぜ全額寄付を決めたのか?】

キング軒のツイッター、フェイスブックに書かれているのは次のような文章。

私たちは「広島」という冠をつけて商売をさせていただいております。常に地元広島への貢献を意識しています。キング軒監修の汁なし担担麺が商品化された一番の理由は地元の方々の応援のおかげだと思っておりますので、今回は微力ながらこのような形をとらさせていただきました。

自分のお店の商品が世間で受け入れられ、カップ麺まで販売されるようになったのは、地元・広島の人たちの応援があったからこそ。であれば、今度は自分たちがそのお返しをしたい。キング軒のそのような思いがひしひしと伝わってきますね。

ツイッターではこの報告に「見つけたら買います!」「明日の昼飯は決まった」「素晴らしい行動力だなー」「この担々麺、めっちゃ美味しいんです。カップ麺とは思えない!」といった声が続々と集まっています。

【私たちもカップ麺を買って応援!】

キング軒がこうした方法をとったことは、私たちにとってもありがたい! なぜなら、このカップ麺を買って食べることで、私たちもまた豪雨災害に遭った人たちの支援にかかわることができるのだから。

カップ麺「キング軒 広島式汁なし担担麺」は現在、全国のローソンにて販売中だそう。これなら近所のローソンからでも簡単に寄付につなげることができますね!

先日、広島のアンテナショップで汁なし担々麺を実際に食べたPouch編集部の百村モモによると「クセになる味ですっごくおいしかった!」とのこと。それを聞いて、ご当地の味を再現したこのカップ麺もがぜん食べたくなってきちゃいました! 次にローソン行ったら絶対買おうっと。

被災地支援として身近にできることから。そのひとつとして、皆さんもカップ麺「キング軒 広島式汁なし担担麺」を買ってみては?

参照元:汁なし担担麺専門 キング軒FacebookTwitter @tantanmen16ローソン
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

愛媛県&香川県のアンテナショップ「せとうち旬彩館」の “鯛めし” が絶品だった! 小鉢の品数の多さにも大満足です #食べて応援

西日本の広い範囲を襲った「平成30年7月豪雨」。なんとか少しでも支援をしたい、と考える方も多いのではないかと思います。

募金やボランティアなどの他に、日常生活の中で被災地域を支援のひとつとして広まりつつあるのが被災地域の特産品などを「買ってor食べて応援」する方法です。これなら、日々にそんなに余裕がなくても小さな支援ができる!

ということで、Pouchでは被害の大きかった地域のアンテナショップをピックアップ、全国的に知られてはいないけれど魅力的な商品や食べ物をご紹介することにします。

今回ご紹介するのは東京・新橋にある香川県と愛媛県のアンテナショップ「せとうち旬彩館」。2階にあるレストラン「かおりひめ」で、東京ではなかなかお目にかかれない瀬戸内の郷土料理を楽しむことができます。

【一風変わった宇和島の鯛めし】

「かおりひめ」店内に入ると、ちょうどランチタイムということもあり、すごい賑わい。どうやら新橋のサラリーマンやOLに人気のお店のようです。

取材中に「せとうち旬彩館」の館長にすすめられたのが「南予の鯛めし」。今回の豪雨の中でも大きな被害を受けた愛媛県の宇和島市など、県南に位置する南予地方の郷土料理です

鯛めしというと、鯛と炊き込んだご飯や、熱いお茶をかける鯛茶漬けのようなものを想像しますが、南予の鯛めしは鯛のさしみに醤油、みりん、生卵、出汁をかけて、熱いご飯といただくのだそう。

今回は鯛めしに加えて瀬戸内の名産品が並ぶ「鯛定食」(1240円)、そして愛媛で穫れるという「じゃばら」というすっぱい柑橘を使った「じゃばらソーダ」(400円)を注文することに。

【鯛定食の豪華さが半端じゃない】

注文してしばらくして、提供された「鯛定食」のおぼんを見ると……おかずの数が半端じゃない! なんだこの豪華さ! 鯛めしのほかに、鶏のから揚げ、ミニうどん、かまぼこ、冷奴に香の物までついてきます。うどんとご飯が一緒に出てくることに「関西でお好み焼きがご飯と一緒に出されるような感じなのかな」と思いつつ、いただきます!

まずは鯛めしからいただきましょう。……鯛なんかこのまま刺し身で食べてもいいくらい美味しそう。これを卵の入った出汁と一緒に食べるなんて……どう考えても美味しいでしょう。

思い切って鯛を全部ご飯にのっけて、出汁をかけて、パクっとひとくち! なんですかこれは……。甘めの出汁の味と、鯛のプリプリ感がたまりません!! めちゃくちゃ美味しい!! これなら食欲のない夏でもするすると食べられそう。

【小鉢類も絶品じゃああ】

鶏のから揚げも、かまぼこも、固めで豆の味がしっかり感じられる冷奴も全部美味しいです。出汁で炊かれたかまぼこの甘みがなんだかホッとします。

ミニうどんも、麺が太めでコシが強くて、出汁は薄味でツルツルっといけました。この、品数が多くてうどんまで出てくる感じ、田舎のおばあちゃん家に行ったら「たくさん食べなさいよ〜と次から次に料理が出てくるのを思い出しました。なんだかとってもノスタルジック。

【じゃばらソーダがすっぱくて美味しい】

そして一緒に注文した「じゃばらソーダ」が大正解。飲んだ瞬間、頬の内側がキュッとなるくらい酸っぱくて、ほのかに苦味があるんですけど、その酸味がくせになります。料理の合間にひとくち飲むと、口の中がいい感じにリセットされて、食が進みました。食欲がなくなりがちな夏にぴったりです。

取材中、とにかく印象的だったのは、次から次にひっきりなしにお客さんがやってくること。そして、近くの席の人たちが食べていたものがどれもこれも美味しそうで、会社の近くにあったら通ってしまいそう。

今まで、四国を訪れたとはなかったのですが、いつか旅行で行ってみたい……と思いました。個人でできることはささやかかもしれませんが、その土地のものを食べたり、購入したりすることが少しでも被災地域の力になりますように。1日も早く、元の生活に戻れることを願います。

【今回訪れたお店】
せとうち旬彩館 せとうち料理かおりひめ
住所:東京都港区新橋2-19-10 新橋マリンビル2F
営業時間:11:00~23:00(LO.22:00)
定休日:年中無休(年始を除く)

※2018年8月中旬から10月初旬までリニューアルのため休館予定。詳しくはHPなどをご確認ください

参照元=せとうち旬彩館
執筆=御花畑マリコ (c)Pouch

★コチラもどうぞ → 「Pouch食べて応援シリーズ

続きはこちら

岡山県&鳥取県が手がける「ももてなし家」の「岡山白桃パフェ」が超贅沢!上から下までぎっしり旬の桃がつまってます #食べて応援

西日本の広い範囲を襲った「平成30年7月豪雨」。多数の犠牲者を出した災害の爪あとは大きく、未だ被害の全貌がつかめていない状態です。

募金やボランティアなどの他に、日常生活の中で被災地域を少しでも支援したいと考える人におすすめしたいのが、被災地域の特産品などを「食べて応援」すること。

とはいっても何をどう買えばいいのかわからない……そんなときに大いに役立つのが、自治体直営の「アンテナショップ」です。県が展開するアンテナショップには、その地域ならではの名産品や土地のものを使ったグルメがずらりと並んでいます。それまで知らなかった魅力あふれる各県の産物をいただく、それが支援になるのであれば素晴らしいことでしょう。みなさまもぜひ、アンテナショップに足を運んでみてください。

今回紹介するのは、岡山県と鳥取県のアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」。東京・新橋にあるこのお店の2階、カフェ・レストラン「ももてなし家」の「岡山白桃パフェ」が素晴らしい! 東京じゃなかなかお目にかかれないほどの、それは贅沢なパフェなのです!

【旬の桃を使ったパフェが1280円!】

岡山県の特産品である白桃は、いままさに旬の果物。「とっとり・おかやま新橋館」でも白桃フェアを大々的に展開していて、店内に入った瞬間、みずみずしい桃の香りがふわっと鼻腔をくすぐります。

2階にあるカフェ・レストラン「ももてなし家」でも、2018年7月4日から「白桃アイスクリーム」に「MOMOモヒート」など白桃を贅沢に使ったデザートやドリンクを期間限定で提供中。

中でも目を引くのが看板メニューの「岡山白桃パフェ」! 上から下まで桃づくしで、それはもうめちゃめちゃ豪華です。しかもお値段は1280円とリーズナブル。パフェ専門店でフルーツをふんだんに使ったものを注文すると2000円近くするのでかなり破格です。これぞ、アンテナショップ価格。

【岡山県の食がギュッとつまった桃のパフェ】

さっそく注文すると……とんでもなくお上品でかわいらしいパフェがキターーー! 本当に上から下まで桃だらけ!  白桃の淡いイエローと、淡いピンクのジュレ、白いソルベやヨーグルトの色合いがなんとも涼しげです。

一番上に載っているのが、ミントと桃のソルベ。しゃりっとした食感と、桃のほのかな甘さとミントの清涼感が夏にぴったりです。この日の気温は30度越え。ひとくち目から涼を感じられます。

そして薔薇の花びらのように幾重にも飾り付けられた白桃。じゅわっとジューシーで、上品な甘さがたまりません。食べても食べてもいっぱい出てくる……。ちなみに、桃の種類は日替わりだそうです。

【ヨーグルムースやアクセントに入ったお菓子も岡山県産品】

真ん中の層には、桃のジュレと、これまた岡山の「蒜山(ひるぜん)ヨーグルト」のムースが。このヨーグルトムースの濃厚さとほどよい酸味が桃とぴったりマッチしているのです!

さらに、中には岡山銘菓の「きびだんご」(桃味)や「シガーフライ」というビスケットが隠れています。桃味のきび団子はトロトロ感が白玉みたいでパフェによく合ってましたよー!

【最後のひとくちまで爽やかで美味しい】

そして、一番下には桃のジュレと一緒に桃のコンポートが。缶詰にありがちな強烈な甘さではなく、果実のジューシーさを残した味わいにうっとり……。最後のひとくちまで美味しく完食でした。

桃のみずみずしさってアイスや生クリームに合わせると負けてしまうこともありますが、このパフェはどこを食べても絶妙なバランスで桃の美味しさを最大に生かす逸品になっています。桃の美味しさを知り尽くした岡山ならではなのではないでしょうか! 夏にピッタリの桃のパフェ。何度も言いますけど、これで1280円はお得すぎます。 桃好きの方には全力でおすすめです。

同店の方いわく「桃が旬の間は全力で推していく」ということでしたので、お近くに行った際にはぜひ立ち寄ってみてください。

【今回訪れたお店】
とっとり・おかやま新橋館 ビストロカフェ ももてなし家
住所:東京都港区新橋1-11-7 新橋センタープレイス2階
営業時間:11:00-22:00 (LO21:00)
定休日:年中無休(年末年始を除く)

参考リンク=とっとり・おかやま新橋館
執筆=御花畑マリコ (c)Pouch

★コチラもどうぞ → 「Pouch食べて応援シリーズ

続きはこちら