【新生活】1人暮らしをしてみてわかった「マジでいらないもの」8選 / トイレブラシ、掃除機、お風呂のフタなど


新生活のスタートを機に、家を出て1人暮らしを始める方も少なくないことと思います。

新しく1人暮らしを始めるときって、なにかと物入りなもの。備え付けの家具や家電がある物件なら話は別ですが、生活に必要なものをひととおり買い揃えなければなりません。

「それは十分わかっているけれど、正直どんなアイテムをチョイスしていいのかわからない」というみなさん、あれこれ買う前に、どうか落ち着いて!

今回は1人暮らし歴15年のわたしが身を持って知った、「1人暮らしをしてみてわかったマジでいらないもの8選」をお届けしちゃいます。あくまで個人の感想ではありますが、よければご参考に~☆

【1人暮らしに必要なかったものはコレ!】

その1:トイレブラシ
トイレブラシには雑菌がいっぱいなので、清潔に保ちたいなら使い捨てタイプを使うのがベスト。掃除が苦手という人にも合っていると思います。

その2:掃除機
それほど広くないワンルームなら、クイックルワイパーで対応可能。粘着式クリーナー(コロコロ)もあれば、なおよし。

その3:お風呂のフタ
フラットタイプならまだしも、溝があるタイプはどんどん汚れていくのでケアが面倒。ただただ邪魔で、最終的には処分してしまいました。

その4:置き時計・壁掛け時計
時間は、スマホやPCでも確認できるから。ホコリがたまりやすいのも気になります。

その5:固定電話
使う機会がない。スマホがあればよし。

その6:筋トレグッズ
やる気があるのは最初だけ。大きな器具だと処分に困るし、バランスボールも結局あまり使わなかったなぁ……。

その7:大量の皿やグラス
人がよく来るようになったら買い足せばいいだけで、最初は「皿1枚、お茶碗1つ、コップ1個」(あと箸やスプーン)さえあれば、十分事足りるはず。「実家にあった引き出物」のような食器セットは、確実に持て余します!

その8:テレビ
そもそも観ないという人は不要かと。わたしは昔ラジオ好きだったので、壊れたのを機にテレビを処分。それ以後、テレビのない生活を5~6年経験しましたが、なんの不便もありませんでした。

その後、ワールドカップやオリンピックなどのスポーツ観戦をリアルタイムでしたくて、結局買い足したんですけどね。

【注意!物が多すぎると色々お金がかかるよ】

ちなみに、引っ越しが好きでバイトまでしていたPouch編集部の百村いわく、「物が少ないと工夫するけど、物が多いと混乱して整理ができなくなるから危険。おまけに金がかかる!」とのことですが、これはマジでそのとおり!

なんとなく必要かと思って買ったイケアやニトリの家具は、いざ処分しようとすると超お金がかかる。イケアやニトリのなどのプチプラ家具は、リサイクルショップなど買取を取り扱っている店舗はほぼ皆無。粗大ゴミシールを貼ればいい!と思っても、家具をゴミ捨て場に運ぶのもかなり大変。だからといって業者に以来すると、かなり高額に。

つまり、物が多いということは、罪深いことなのです。日頃の整理は大切です(今できていないけど)!

【「1人暮らしに必要なもの」はコレ☆】

ちなみに、わたしが「1人暮らしの必需品」だと思っているものは「カーテン」「冷蔵庫」「洗濯機」「炊飯器」「電子レンジ」「ベッド(もしくは布団)」「テーブル」の7点。収納がない場合は、これに「棚」と「簡易クローゼット」がプラスされます。

料理をしない人なら「冷蔵庫」「炊飯器」「電子レンジ」は不要かもしれませんが、洗濯機がない生活は本当にツライです。

それから、テーブルがないのも想像以上に不便! そして寝具とカーテンは、なにはなくともまずゲットしておきたい2点です。特にカーテンは、防犯対策としても欠かせないもの。この2点さえあれば、ひとまず寝泊まりできますのでね!

執筆=田端あんじ / 画像=Pouch (c)Pouch

続きはこちら

ひとり暮らしを体験して不要だったものランキングが意外な結果に!? 「冷蔵庫」「炊飯器」が上位に食い込んでました


春は “始まりの季節” 。新生活をスタートさせるべく引っ越しを予定しているという人も、少なくないことでしょう。「この春に初めて1人暮らしをする」なーんて方も、ひょっとしたらいるのでは?

もしもいま「1人暮らしをするにあたり、どんなものを買い揃えたらいいのかわからない」と悩んでいるのであれば、ベルメゾンが行った「1人暮らしの準備調査」のアンケート結果を参考にしてみるといいかもしれません。

調査に協力したのは、これから一人暮らしを始める人(104名)と、1人暮らしを始めて3年以内の20代男女(310名)の合計414名。「1人暮らしを始める前に1番必要だと感じていたもの」「購入したが正直いらなかったもの」について回答していて、これが非常に興味深い内容となっているんですよ。

【寝具とカーテンは間違いなく必需品】

まず注目したのは、「1人暮らしを始める前に1番必要だと感じていたもの」。

もっとも多かったのは「ベッド」(38.6%)という声で、次いで「カーテン」(15.9%)、「布団」(13.0%)という順になっています。

【いらなかったものの上位が意外】

続いて注目してみたのは、一人暮らしをしている人が回答した「購入したが正直いらなかったもの」。

1番票を集めたのは「特にない」(69.0%)だったのですが、次に多かったのは「冷蔵庫」(5.8%)。

その後は「炊飯器」(5.5%)、「電気ポット」(3.5%)、「ピーラー」(3.5%)と続いておりまして、実家のキッチンにありそうな家電や雑貨をあげる声が多く見られたんです。

【男女で意見が分かれています】

けれども、この数字は男女あわせた全体の結果で、男女別にみると大きく異なっております。

男性のいらなかったアイテム上位は「冷蔵庫」「炊飯器」「電気ポット」。一方、女性の上位は「ピーラー」「電気ポット」「アイロン」で、共通しているのは「電気ポット」だけ!

いらなかった理由を見てみると、「冷蔵庫」をあげた男性は「外食が多い」と回答。また「電気ポット」をあげた女性は「やかんでお湯を沸かせるから」と答えています。

【約3人に1人は買ったアイテムを後悔】

Pouch 編集部の男性スタッフKも、今回の調査と同様に「冷蔵庫……あって困らないけどいらなかったな。あと炊飯器も(いらなかった)」と話していましたが、個人的には「冷たい飲み物飲みたいとき、どうするのかな……」とかなんとか考えちゃいました。

料理を日常的にするわたしは、冷蔵庫も炊飯器もピーラーも超・必需品だから目からウロコ。あ、だけど「電気ポット」だけは、わたしも “いらない派“ です。お湯が必要な時は、やかんがあれば十分かなと思うのですが……皆さんはどうでしょうか?

今回のアンケートによると、約3人に1人(31.0%)が引っ越す前に購入したアイテムを後悔しているそうです。もし新しく購入を考えているものがあったら、これを機にじっくり検討してみるといいかもしれませんね。

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら