海外で「黙々と勉強し続けるだけ」の動画が大人気の理由が深かった…「勉強する気になる」「学校に行けなくなった子の居場所になる」「勉強する気になる」など

ただ机に向かってひたすら勉強をする。そんな光景が約1時間ほど続く動画をYouTubeで公開していたのは、18歳の女子高校生ジェイド・ボウラー(Jade Bowler)さん。2018年4月5日に公開されたこの動画の再生回数が、7万8000超にまで達しています。

ジェイドさんが「UnJaded Jade」という名前で動画を公開し始めたのは、今から2年前のこと。それから定期的に映像を投稿し続けて、フォロワー17万人超を誇る人気者へと成長したというのです。

特に人気があるのは『Study With Me』というシリーズで、読んでそのまま “一緒に勉強している” かのような動画。冒頭で触れた作品もこのシリーズのひとつで、多くのファンがいるようなんです。

【勉強に特化したコミュニティーがあるみたい】

海外サイト「Mashable」によれば、ジェイドさんは10代の若者たちによる “勉強ヴロガー” コミュニティーの一員。ヴロガーとはビデオブロガーの略で、ブログのように自分のライフスタイルを動画で発信している人のこと。

ジェイドさんは動画というツールによって、何十万人といる “同志たち” に向けて、勉強に関するアドバイスをしたり勉強のモチベーションアップをしているのだといいます。

“勉強ヴロガー” と、ひと言で言っても種類はさまざまで、ただ静かに勉強している様子を動画に撮って流すだけの人もいれば、日頃のルーティンや心に持っている夢や希望をカメラに向かって語る人もいるよう。

勉強のヒントを与えるだけでなく、学校で孤立している人たちが “集まる場” も同時に提供してくれているようなんです。

【みんな「安心できる場所」を求めてる】

ジェイドさんは「Mashable」のインタビューに対し、「『Study With Me』は、勉強を続ける動機を与えることができるものだと考えています」とコメント。また試験へ挑む際、他人がどのように対処しているかを知ることで安心感を得られるのではないか、と話しています。

イギリスでは試験のシステムが変わって前よりさらに難易度が高くなったことから、10代にかかるストレスとプレッシャーが高まっているというジェイドさん。そんな気持ちを分かち合い、慰め合い、互いに高め合っていくことができるから、 “勉強ヴロガー” コミュニティーにやってくる若者が後を絶たないのかもしれません。

【「勉強を共有する」って、今や世界共通なのね…!】

ジェイドさんはまた、自分をさらけ出すことで「完璧な人など誰もいない」ということを共有しあうべく、ベストを尽くしたいとも話していました。

ちょっと調べてみると、日本のYouTubeユーザーの中にも、ジェイドさんが公開したような “黙々と勉強する動画” を投稿している人が少なくないようです。

つい最近 Pouch で紹介した勉強用スケジュール帳「スタディプランナー」に関する記事で、自分が勉強していることをSNSで共有する人が増えていることについて触れましたが、この流れは世界的なものなのだと改めて実感しました……!

参照元:YouTubeMashable
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【スゴイけど無茶しよる!】ティーンのドライブ映像がめちゃくちゃバズった! その理由とは?

10代のツイッターユーザー、ジェレミー(Jeremy Wiegman)さんのとある動画が、現在バズりにバズっている模様。2018年3月12日に投稿されてからわずか5日間で、リツイート数は4万8200超、「いいね」の数は12万9000超と、とにかく大人気なんです。

いったいなぜそんなにも、人気を集めているのか。そのことは動画を観れば一目瞭然!

ジェレミーさんが挑戦していたのは、「指先に何かを置いて車の窓から出すと、風の抵抗のおかげで落っこちない」というチャレンジ。

コインにお菓子、ケチャップの袋といった小さなものからスタートし、ハンバーガーやスマートフォン(!)など大きなものまでネタにしているから、驚きを隠せません~っ。

【そんなものまで指に張り付けちゃうの!?】

スピードをあげる車の中で、開いた窓へと指を差し出すジェレミーさん。指先にあるコインは風を受けることでピッタリと張り付き、落ちる気配は微塵もありません。

これは、お菓子でもケチャップの袋でも同じこと。続いてトライしたのはなんと履いていたビーチサンダル(!)だったのですが、こちらも難なく成功していて、思わず声をあげちゃいましたよ。

なお見たところ、ビーチサンダルのように大きなものの場合は、指は1本ではなく2本というのが鉄則のようです。

【スマホって…無茶するなぁ~】

その後、スマホやハンバーガーでトライするジェレミーさん。

結論から言うとどちらもまさかの成功を収めるのですが、何がスゴイかって、落ちて壊れてしまうかもしれないのにスマホを使っちゃうところ~! もしかしたら壊れてもいいものを使ったのかもしれないけれど、そうじゃないなら肝が座りすぎです。

【失敗シーンもありました】

ちなみに動画の最後のほうには、 “失敗シーン” も。ハンバーガーは指が突き抜けてしまい上全部が落ちちゃう、スマホはぴゅーんと飛ばされていく……やはりそう簡単なことではないんですねぇ。

ジェレミーさんはツイッターで “落としたものはきちんと拾った” と説明。「ボクたちだってポイ捨ては嫌いだからね」とのことで、ワタクシちょっぴり安心しました。そうそう、ポイ捨てダメ、絶対!

(……しかしみなさん。言うまでもありませんが、こんな危険なこと、決してマネしてはいけませんよ)

参照元:Twitter@JeremyWiegman
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【二度見】広末涼子の女子高生姿が時空を超えている! 「CHINTAI」の新CMで10代〜30代の広末涼子を演じています


現在37歳で、3児のママ。いくつになっても驚くほどの美貌と透明感を保ち続けている女優の広末涼子さん。男性はもちろん、女性にとっても憧れの存在です。

2018年1月4日から放送されている「CHINTAI」のCMでは、新しいイメージキャラクターとして広末さんが抜擢され、なんとCMの中で20年ぶりに女子高生姿を披露しているのです!

これがもうね、信じられない可愛さなんですよ。10代の頃に撮影した映像を使っているんじゃないか? と見まがうほどで、2度見・3度見・4度見と、何回もリピート再生しちゃいましたよ本当に。

【10代〜30代の物語を15秒に凝縮】

今回作られたCMは「お部屋探しには、ドラマがある。」というコンセプトにちなんだもの。

学生のお部屋探しサイト「ガクセイCHINTAI」、カップルで部屋探しができるアプリ「ぺやさがし」、女性専用お部屋探しサイト「Woman.CHINTAI」、この3つのサイトに関連するストーリーがわずか15秒間に盛り込まれているんです。

広末さんはCMの中で、女子高生役のほか、遠距離恋愛中の20代女性、そしてキャリアウーマンの30代女性と、合計3役を演じています。

【世代の違う女性を熱演】

なにより注目すべきは、世代の異なる女性を、広末さんが見事に演じ分けている点。

冒頭でも触れましたが、女子高生役を演じている広末さんは完全に女子高生そのものですし、20代女性も違和感ゼロ。そして30代のキャリアウーマン役は、そのまま1本ドラマを作れてしまいそうな仕上がり。すべてのシーンに圧倒され、魅了されてしまうんですよね。

【制服姿で照れるヒロスエ、可愛すぎるのですが~!】

ちなみに広末さん、久しぶりに学生服を着た感想を聞かれた際には「恥ずかしかったですが、ウケました(笑)」とコメントしていたみたい。

YouTubeに公開されているメイキング映像には、恥ずかしそうにはにかみながら制服姿でスタジオ入りする様子が映されておりますので、ぜひあわせてご覧になってみてくださいね。確実に、萌えますので……!

参照元:プレスリリース、YouTube[1] [2]ネットでCHINTAI
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

10代の恋愛調査がひたすらに切ない! 甘酸っぱい調査結果を元に作られた「告白ムービー」は大人も切なくなります


30代のわたしが10代だった頃、告白の定番は、手紙か電話か呼び出し(たいてい体育館裏)。当時は女子中高生の通信手段がポケベルから携帯電話へと移行していく最中だったので、まだまだ紙に書いたラブレターが主流だったような記憶があるんです。

そうして時代は移り変わって、現代の女子中高生の連絡手段はもっぱらLINEのよう。しかし世の中がいくら変わろうとも、人を好きになる気持ちは昔も今も変わらないみたいです。

【「10代の恋愛」調査結果が…ひたすらに切ない!】

LINEが10代のLINEユーザー3881名を対象に行った調査によると、「いま好きな人がいる」という人は全体の7割(2701名)。その中で「片想い」の人は約6割(57%)で、「両想い」(43%)を上回る結果となっていました。はー、切ない。

そしてわたしが注目したのは、「好きな人に告白したいですか?」という質問。ここでは約7割の人が「自分から告白したいが、勇気がない」(67%)と回答していたようです。もう、わかりみしかない……年をとっていても、これは変わらない気がしますよね。

【調査結果から作られた「告白ムービー」は、さらに切ない~!】

この調査の結果を踏まえて作られた動画が、『【告白ムービー】好きなんて、言えるわけない。』。YouTubeでの再生回数は43万8000回を超えていて、調査結果同様に大人の心にも深く沁みる内容となっています。

主人公は、仲の良い同級生の男子に恋をしている女子高生・夏菜子。意を決してクリスマスの予定をLINEで尋ねてみるも、返ってきた言葉は「彼女ができた」という残酷な一言でした。

【LINEにメッセージを書いては消し…コレ大人でもやっちゃうわ】

「好きな人に彼女ができた、しかもうまくいっている」という事実を受け止めつつも、自分の気持ちを伝えたいという夏菜子の気持ちは高まるばかり。

LINEに「よかったね」と打ち込んでは消し、「ばかばかばか!」と打ち込んでは消し。「ずっと好きだったよ」と打ち込んでは消し。毎日がその繰り返しだったけれど、夏菜子はついにLINEではなく直接会って告白する決心をして、好きな人を呼び出すんです。

【恋っていいものですよね】

ストーリーの結末は、ぜひその目でたしかめてみてください。人を好きになるってとことん切ないけれど、その想いはいじらしく尊く、代えがたいほどに素晴らしいものなのだと、心から実感できる1本となっておりますよぉ!

また、この動画のLINEのシーンで、一番最初に出てくるキーワード「クリスマスなにしてるの」を、12月25日(月)の期間中にLINEのトークルームにて送信すると、何かが起こる仕掛けがあるそう。気になる人との会話のきっかけになるかもしれませんよ。

参照元:プレスリリースYouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

10代女子の2017年の流行ワードいくつ知ってる? 「熱盛」「〜ンゴ」「バブい」「すこ」全部言えたらちょっとすごいかも

いつの世も、流行は若い世代から生まれるもの。特に女子中学生や女子高生から生まれる流行ワードには独自性があって、わたしたちを驚かせたり、楽しませたりしてくれます。

2017年は果たして、ティーン女子の間でどんな言葉が流行っていたのでしょう?

参考までに10代女子向け総合メディア「マイナビティーンズ」による調査「2017年ティーンが選ぶトレンドランキング」をチェックしてみたところ、耳馴染みのあるものもあれば、「?」なワードもあって、とっても興味深いんですよね……!

【ぶっちぎりの1位は「インスタ映え」!】

調査対象となっていたのは、13歳から19歳の女性1006人。「モノ」「コト」「コトバ」「ヒト」の4ジャンルについてアンケートを取っています。まずは、「コトバ」部門の結果はこちらです☆

1位「インスタ映え」(75.1%)
2位「熱盛 」(52.9%)
3位「〜ンゴ」(28.2%)
4位「〜な説」(17.1%)
5位「オーマイゴッドファーザー」(14.0%)
6位「BFF」(13.6%)
7位「ありよりのなし」(11.3%)
8位「良きき」(10.5%)
9位「バブい」(5.4%)
10位「すこ」(4.9%)

1位の「インスタ映え」についてはもはや、文句なし! メディアで何度も取り上げられている言葉ですし、流行語大賞にもノミネート済みですものね。若い世代のみならず、幅広い世代に馴染みがあるのではないでしょうか。

【ネットでよく見た言葉多め】

3位の「〜ンゴ」は、「わろた “ンゴ” 」「泣いた “ンゴ ”」といった具合に語尾に付けて楽しむワード。ネットで多く目にしたので、30代のわたしでもかろうじてわかりました。

そのほか「BFF」(Best Friend Foreverの略)や、「ありよりのなし」( “あり” と思ったけどやっぱり “ない” )。「良きき」( “良き” の進化系)、「バブい」(赤ちゃんぽい)なども、普段SNSを見ている方なら、大方の意味を予想できたのではないでしょうか。

またテレビをよく観ている人なら、「〜な説」(TBS系『水曜日のダウンタウン』でよく使われる言葉)や、「オーマイゴッドファーザー」(お笑い芸人・フースーヤのギャグ)を聞いて、ピンと来たかもしれません。

【「熱盛」って、つけ麺のことじゃないのね】

正直なところ、わたしは「〜な説」と「オーマイゴッドファーザー」がわからなかったのですが、もう1つわからなかったのは2位の「熱盛」

調べてみたところテレビ朝日系『報道ステーション』の放送事故がきっかけで流行した言葉なのだそうで、「熱くなるほど盛り上がっている」という意味なんですって。みなさん、ご存知でしたでしょうか?

【年の瀬が迫っていることを実感するランキングです】

ちなみに、流行っているコトの1位はTTポーズ、流行っているモノの1位は「チーズタッカルビ」、流行っているヒトの1位は竹内涼真さんでした。詳しくは参照サイトをご覧下さい!

さて2018年はどんな言葉が流行するのでしょうね。どうでもいいけど、こういったランキングを目にすると、「ああ、今年ももう終わりなのか……」と実感します。1年過ぎるの、早すぎ~~~!!

参照元:プレスリリースマイナビティーンズラボ
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

10代の頃にやりがちな「黒歴史」90連発! 身に覚えがありすぎて穴があったら入りたくなるMV『だがそれでいい』が話題です


ヒップホップMCのR-指定さんとDJ松永さんによるユニット「Creepy Nuts」のMV『だがそれでいい』が、多くの人々を黒歴史時代にタイムスリップさせているみたい!

2017年11月8日に発売されたアルバム『高校デビュー、大学デビュー、全部失敗したけどメジャーデビュー』に収録されている、『だがそれでいい』。

この曲が歌詞に取り上げているのは、誰もが持ってる10代の頃の “黒歴史” ……! 4分42秒に渡るMVには、なんと90もの黒歴史ワードが登場するんです。

【幅広~い世代で楽しめます】

「短ラン」「パラパラ」「ハンドスピナー」が同じ舞台に上がっているあたり、ターゲットを1つの世代に絞っているわけではない模様。

さまざまな世代が「恥ずかしい」「身に覚えがある……」と震え上がることができるので、きっとあなたも歌詞に共感できるはず~っ。

【ぎゃー! わかりみ~~~!!】

「夏休みだけブリーチ」、「自作漫画」、「鍵付き日記」なんて、まだまだ序の口。

「プリ帳」に「大量ストラップ」、「アヒル口(ぐち)」に「ギャル文字」なんて、多くの女子が共感しすぎて首がもげそうになるワードですし、「拾ってきたエロ本」や「割って分けたエロ本」の昭和感にはむしろほっこりしてしまいます。

【このタイプのTシャツ、よく見かけたわ…】

また「これ見たことある~~~!!」と膝を叩いてしまったのは、「英字プリント」「胸元に紐Tシャツ」など、10代の頃に着てしまいがちな “ちょいダサTシャツ” が連続して登場するシーン。

後半、R-指定さん自ら「胸元に紐Tシャツ」を着て出てくるので、こちらも見逃さないようにしてくださいね。

【ちょっと男子~! な歌詞、多めです♡】

男性2人からなるユニットだからなのでしょうか、登場する “黒歴史ワード” の目線は、やや男子寄り

これまでに挙げた「エロ本」や「ちょいダサTシャツ」も男子向けですし、そのほかにも「いきすぎた腰パン」「バレンタインデーのそわそわ」「短髪なのにヘアゴム」なども出てきて、刺さる人には刺さりまくる映像のオンパレード~!

「10代男子の性」についてイジったシーンもわんさか出てきますので、楽しみにしていてください。女性でも絶対、クスッと笑ってしまうと思うので。

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【衝撃】イマドキの10代は昔流行ったものをどれくらい知っているの? 「あいのり」も「小室ファミリー」も認知率3割程度ってマジ…!?

その時代にはその時代ならではの流行があり、ナウなヤングたちにとってそれは日常生活に欠かせないものだったりします。年齢を重ねると若い子のトレンドってあんまり分からないのですが……今は何が流行っているのかしら?

マクロミルは、全国の15~19歳の男女1000名を対象に10代の間で今流行っているものを調査。「10代の “流行りモノ” ランキング」として発表しました。

それに加えて「イマドキの10代は過去の流行をどれだけ知っているのか」についても調査したそうなのですが……この結果がなかなか衝撃だったのです。

【10代の間で流行っているのはコレだ!】

まず「10代の “流行りモノ” ランキング」トップ10は次のようになりました。なお、同調査の「流行っているもの」とは、ハマっているもの、夢中になっているもの、よく利用するもののこととしています。

1位:LINE
2位:YouTube
3位:Twitter
4位:それな
5位:Instagram
6位:SNOW
7位:メルカリ
8位:みやぞん
9位:Shimeji
10位:クルトガ

めっちゃ横文字! めっちゃSNS! めっちゃアプリ! でも全部分かるし、私の心もまだまだ若いもんには負けない的な自信がついた……のですが……もう1つの調査結果に衝撃を受けてしまいました。

【10代は昔のトレンドを知ってるの?】

マクロミルは、さらに「イマドキの10代は過去の流行をどれだけ知っているのか」についても調査。現在20~50代の1000名を対象に「10代だったころに流行ったもの」を調査し、それぞれの年代でトップ10になったものについての10代の認知率を探ったのです。

20代の「10代だったころに流行ったもの」には、「エンタの神様」や「プリクラ」、「ポケットモンスター」、「ガラケー」、「あいのり」などがランクイン。

30代の「10代だったころに流行ったもの」は、「たまごっち」や「小室ファミリー」、「アムラー」、「プリント倶楽部」、「マジカルバナナ」などとなりました。

【「あいのり」を知らない若者がいるらしい】


で、これに対するイマドキ10代の認知率はというと、「プリクラ」や「ポケットモンスター」、「たまごっち」などは現在でも提供されている商品やサービスなので知っている人は7割を超えていました。

しかし、「あいのり」や「小室ファミリー」、「アムラー」などはわずか3割程度の認知率……。え、「あいのり」とかつい最近じゃないの!? ってか「小室ファミリー」とか当時知らない人はいないほどブームだったけど!?

うーん、認知率が低いものほど、会話してるときにジェネレーションギャップを感じやすいってことになりそうですね。

ちなみに、40代の「10代だったころに流行ったもの」のトップは「オレたちひょうきん族」、50代のトップは「ピンクレディー」だったようです。年齢差だけで考えると、今の10代にとっての「小室ファミリー」は、今の30代にとっての「ピンクレディー」みたいな感じなのかな。時間って、ちゃんと流れてるんですネ!

画像=ぱくたそ
参照元:プレスリリース
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

続きはこちら

【いつのまに】ディズニーヴィランズに子供がいてしかも海外で大人気だと!? 親とそっくりな子供たちの様子をご覧ください


「眠れる森の美女」のマレフィセントや「101匹わんちゃん」のクルエラなど、ディズニー作品のヴィランズに子どもがいて、その子たちがティーンエイジャーだったとしたら……?

悪役たちの子孫、ディセンダントを主人公にした奇想天外ストーリー、オリジナル青春ミュージカル映画『ディセンダント』の続編『ディセンダント2』の全米でのテレビ放送が決定しました

2017年7月21日より、ディズニー社傘下の5つの放送局(ディズニー・チャンネル、ABC、ディズニーXD、Freeform、Lifetime Plus)で同時放送。さらに、各放送局が持つデジタル配信プラットフォームでも番組配信がスタート。つまり、アメリカでの無料放送、有料放送、デジタル配信がすべて同じ日に始まるんですって!

【10代ならではな葛藤と恋愛模様にキュン】

全世界で1億人以上が視聴(!)した前作『ディセンダント』に出てくる主要キャラクターは、『眠れる森の美女』マレフィセントの娘・マルに、『白雪姫』の継母の娘・イヴィ。『101匹わんちゃん』クルエラの息子・カルロスに、 『アラジン』ジャファーの息子・ ジェイの4人です。

Instagram Photo

物語のなかで4人は、つまづきながら「自分探し」をし、今後どう生きていくべきなのか、親と同じ道を歩むべきなのかそれとも自分で道を切り開いていくべきなのか……と葛藤。

友人関係や、ヴィランズではない人間との恋愛を通して成長していく若者たちに、自分を重ねて見る人も少なくないはず!

Instagram Photo

【ベルと野獣の息子も登場しているよ】

『ディセンダント』にはそのほか、『美女と野獣』のベルと、元・野獣でオラドン合衆国の国王になったアダムの息子・ベンも登場。また、親であるベル&野獣カップルや、ヴィランズの面々はもちろん、『シンデレラ』のフェアリー・ゴッドマザーなども出演しているんですって。

Instagram Photo

オリジナル作品へのオマージュがふんだんに盛り込まれていたという前作。その待望の続編ともなれば、おのずと期待も膨らんじゃいます。日本で放送される日が、今からと~っても楽しみですよね♪

Instagram Photo

【新キャラにも注目してみてね!】

ちなみに『ディセンダント2』では、前作からのキャスト4人に加えて、新たに2人のディセンダントが登場する予定。その1人は『リトル・マーメイド』アースラの娘・ウマと、もう1人は『ピーター・パン』フック船長の息子・ハリー

なかなか期待が持てそうな顔ぶれですので、日本で公開されるその日まで、首を長~くして待つことにいたしましょう! 詳しくはディズニー・チャンネルを見てみてね。

参照元:プレスリリースディズニー・チャンネルInstagram @disneydescendantsTwitter @disneychanneljp、Youtube [1][2]
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら