【まさかライフハック】職場で好感度を上げたいならデニムが正解!? 「親しみやすい」「クリエイティブな印象」と評判が上がるらしいよ★


10月26日は「デニムの日」。岡山県倉敷市児島の児島ジーンズストリート推進協議会が制定したそうで、その由来は、10と26で「デ(10)ニム(26)」と読む語呂合わせからきているんだそうですよ。

ところでみなさんは、ビジネスシーンでデニムを穿いている人のことをどう思うでしょうか。アリ? それともナシ? この点について全国の20歳から59歳男女1000人へ意識調査を行ったのは、おなじみ「ユニクロ」です。

【デニム出社は「なんとなくダメな気がする」という人多し】

調査対象者に「デニムを穿いて出社してみたいか」どうか聞いてみると、「してみたい」と答えた人は47.3%。およそ半数の人がデニム出社に憧れていることが判明しました。

ところが、実際に着ているかどうかを尋ねてみると、「穿いている」と答えたのは約2割にあたる24.4%とわずか。

「穿いていない」と答えた人たちにその理由を聞いてみたところ、「なんとなく」が20.6%で1位。続く2位は「着てはいけない雰囲気があるから」で、19.6%でした。

【デニムに対する印象は「良い」ことが判明!】

面白いのは「なんとなく穿いてはいけないような気がする……」と大方の人が思っているのに、その反面、8割近くにあたる 75.6%の人が「就業時にデニムを穿いてもよい」と答えている点!

また「職場で上司がデニムを穿いていた場合の印象」を聞いたところ、半数近くの48.5%が「カジュアル」だと感じると回答。

続いて多かったのは、「親しみやすさ」(26.1%)、その次は「クリエイティブ」(14.3%)で、実際の「オフィスでデニム」に対するイメージはかなりポジティブなものであることがわかったのですっ。

【わたしも「オフィスでデニム」肯定派です】

わたし自身、スーツではなくカジュアルな服装で勤務するスタイルの友人のほうが多いため、「オフィスでデニム」になんら抵抗はありません

ダメージがありすぎるタイプのデニムは控えたほうがいいような気がしますが、パリッと綺麗なものであれば、親しみやすさを感じてより話しやすくなるような気さえします。

【Pouch 女性スタッフ「デニム男性の印象がめっちゃ良かった!」】

また、Pouch編集部の女性スタッフは、「スーツを着ている人に慣れていないわたしから見ると、スーツを着ている人よりデニムを穿いている人のほうが、本当のことを言っている気がして信頼できた」そう。

女性スタッフの話によると、それは取引先の、役職のある男性と会食をしたときのこと。その男性がデニムを穿いてやってきたので「職場でデニムはOKなのですか?」と尋ねたところ、「問題ないですよ。それに印象いいでしょ(笑)?」と言われたのだそう。その男性の言うとおり、たしかにめちゃくちゃ印象がよかったんですって!

また「デニムは穿いていたけれど、髪型は清潔感たっぷりなビジネス仕様。きちんと磨かれた革靴を着用し、洗練されたカバンを持っていたので、より好印象だったのかも」とも話していました。

清潔感があって、なおかつ持ち物がしっかりと手入れされたものであれば、デニムで抜け感を出すことでかえって、 “こなれ感” が出るような気がします。仕事ができそうな印象も与えそうだし、男女問わずモテそう~! そうやって考えていくと「オフィスでデニム」、大いにアリですね♪

参照元:ユニクロ プレスリリース一般社団法人 日本記念日協会
執筆=田端あんじ (c)Pouch / 画像=Pouch (c)Pouch

続きはこちら