「美しさとは?」0歳から100歳の女性が登場する海外のスキンケアCM / 100歳の女性が見せる “何かを悟った” かのような視線に惹きつけられます


0歳から100歳までの女性が100人出演している1分間の動画『A lifetime in 60 seconds』には、あらゆる世代が持つ、その年齢ならではな美しさが映し出されているように思えます。

この動画はノルウェーの薬局チェーン「Vitus Apotek」が制作したスキンケアについて訴える広告ですが、メイキング動画によると、なんとレタッチは加えられていないんですって。

肌の色や状態も、体のラインも、すべてがすべて生まれ持った “ありのままの姿” 。けれども、どの年代の女性の表情もイキイキと輝いて見えるのが印象的で、見惚れている間に1分という時間があっという間に過ぎ去ってしまうんです。

【20代まであっという間…!】

ぷるぷるで透明感のあるお肌がまぶしい0歳児からスタートし、あっという間に10代、そして20代へと移行してゆく様子は、動画サイト「Vimeo」で見ることができます。

青春時代を駆けぬけたその後は30代、40代と年齢が徐々に上がっていき、加齢に伴いしわやシミなども目立つように。こうして見ていると、 “若者” と呼ばれる期間は人生において本当に短いのだと、痛感せざるを得ません。

【シミもしわも愛おしく思える】

しかし目元に刻まれたしわも、頬に浮かび上がったシミも、それぞれの女性たちが生きてきた証なのだと思うと、すべて愛おしく思えてくるから不思議。変化のひとつひとつがチャームポイントに見えてくるので、年齢を重ねるのもなかなかいいものだなと、素直に思えるんです。

【100歳女性の「尊い表情」は必見】

人生が続くかぎり、肌の変化は続く。だからこそ、その時々にあうケアをして、ありのままの自分を愛していってほしい。動画には、そんな思いが込められています。

個人的には肌やボディーラインの変化だけでなく、表情の変化にもぜひ注目してほしいところ。

年を重ねるごと “余裕” のようなものが見え始めていくのは興味深いですし、特に100歳の女性が見せる “何かを悟った” かのような視線には惹きつけられます。一見の価値ありですよ。

参照元:Vimeo [1][2]
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

これがホントの双子コーデだ! ブラジルの双子姉妹が100歳の誕生日を祝って撮影した記念写真がラブリーすぎる♪

お友だちや恋人とお揃いの服を着る双子コーデって、きゃわゆいですよね! まるで双子のようにも見えるファッションなワケですが、リアルに双子が、しかも100歳の双子姉妹が双子コーデにチャレンジしたら……めちゃめちゃラブリーなんですけど!

【今月100歳になるブラジルの双子姉妹】

ブラジルの双子姉妹、マリアさん(Maria Pignaton Pontin)とポーリーナさん(Paulina Pignaton Pandolfi)は、今月後半に100歳の誕生日を迎えるそうです

写真家のカミラさん(Camila Lima)は、地元のニュース番組で、このおめでたいニュースを耳にしました。そして、マリア&ポーリーナ姉妹に連絡をとり、ぜひとも記念写真を撮らせて欲しいと依頼。二人は快く承知しました。

【約2時間かけて記念写真を撮影】

カミラさんが得意としているのが、年配のカップルをヤングな雰囲気に撮影すること。100歳の双子姉妹をどんな風にコーディネートするのか……腕が試されます!

撮影は5月15日、ヴィトーリアのイーリャ・ド・フラーデで行われました。要した時間は、ヘアメイクや着替えなども合わせて2時間ほど。姉妹は疲れを見せることなく、とても楽しんでいる様子だったとのことです。

【ブルーとピンクのコーデがラブリー!】

完成した写真が、カミラさんのFacebookアカウントにて公開されているのですが……う、うお、めちゃめちゃラブリーです! ファッションも小物もパステルカラーのブルーとピンクでコーディネートされていて、メルヘンチックなイメージです。双子姉妹の表情も、まるで少女のように愛らしくて、双子による双子コーデの本気を見た気がします

ちなみに、マリア&ポーリーナ姉妹は大家族だそうです。ポーリーナさんは6人の子ども、19人の孫、16人のひ孫がいて、マリアさんには5人の子どもと12人の孫、7人のひ孫がいるんだって、スゴイ! 5月20日に家族で100歳のお誕生日をお祝いするらしく、幸せいっぱいって感じですネ♪

参照元:Facebookboredpandaabc NEWS
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

続きはこちら

もうすぐ100歳のおばあちゃんが死ぬまでに叶えたい夢は「牢屋に入ること」 そのとき警察が動いた……!

「死ぬまでにやってみたい〇〇個のリスト」みたいなものを誰でも1度は考えると思います。「どこそこに海外旅行に行きたい」みたいな、実現しようと思えばできそうなことから「バケツいっぱいプリンを食べたい」みたいな馬鹿げたものまで願い事はいろいろでしょう。

しかし、オランダに住む、御年99歳(!)のアニーさんの願い事はかなり独特でした。アニーさんの願いは、なんと「警察に逮捕されて牢屋に入ること」だったのです……!

99歳といえばかなりのお年。そこまで長生きできたこと自体がすごいですし、失礼だけど、天国への階段が近づくお年頃です。できればその願いを叶えてやりたい……だけど、できるの⁉︎

【警察の協力で願いが叶った】

「警察に逮捕されて牢屋に入る」なんて突拍子もない願いごと、普通だったら「ダメです」のひと言で却下されて諦めるか、したくもない人殺しや強盗をして無理やり叶えるしかありません。

ところが、アニーさんの姪が地元のナイメーヘン=ズイド警察にかけあったところ、もうすぐアニーさんが100歳の誕生日を迎えることの前祝いとして、特別に許可がおりたそうです。すごい! 長生きはするものですね。

【おばあちゃん、牢屋に入って大喜び】

ナイメーヘン=ズイドの警察がBuzzfeedの取材に答えたところによると、当日はパトカーでアニーさんを迎えにいったそう。夢の叶え方がなんとも本格的です。「我々は普通はこんなことはしませんが、例外です」……そりゃそうですよね。

そんなこんなでアニーさんは念願かなって独房の中へ。独房の中にいたのは、たった2分ほどだったそうですが、ナイメーヘン=ズイド警察のフェイスブックには、満面の笑みで手錠をかけられ、独房の中からうれしそうに手錠のついた両手を見せるアニーさんの姿が……。なんというか、その笑顔は最高としか言いようがありません。

【私もくだらないまま年を取りたい】

さて、もし自分がアニーさんだったとして、100歳の誕生日を迎える前に、こんな願い事を口にすることができるだろうか……と考えてしまいました。日々、くだらないことばかり考えていますが、さすがに馬鹿みたいと思われそうとか、おとなげないと思われそうで、自分だったら言えない気がしたのです。

年を取れば、自然と大人らしい思考になるものだと思っていたのですが「三つ子のたましい百まで」というくらいですし、意外と変わらないのかもしれません。牢屋に入って大喜びするアニーさんの姿と、自分の姿がなぜか重なり、私も自分の中のバカバカしいマインドを忘れないようにしたいな……などとこっそり思いました。

参照元:BuzzfeedFacebook
執筆=御花畑マリコ (c)Pouch

続きはこちら