【#寿司の日】全国各地の郷土寿司を集めた人気ランキングが発表されたよ! 2位の「蝦夷前寿司」て知ってる?

本日2018年11月1日は「寿司の日」。新米の季節であり、ネタになる海や山の幸が美味しい時期でもあることから、全国すし商環境衛生同業組合連合会が1961年に制定したといいます。

そんな「寿司の日」にちなんでミツカンが発表したのは、その名も「全国郷土寿司人気ランキング」

全国に住む20~69歳の人たち2820名を対象に行ったアンケートが元になっているわけなのですが、順位以上に「ニッポンにはこんなにもたくさんの郷土寿司があったのか……!」と、ただただ感心してしまう内容となっているんですよね。

【知っている&食べてみたい郷土寿司はこれ!】

とはいえ順位も気になると思うので、まずは郷土寿司の「知っているランキング」「食べてみたいランキング」のTOP5を発表しようと思います。さてさて、あなたの出身地のお寿司はランクインしているかな~!?

・知っているランキングTOP5
1位 サバ寿司(京都府)
2位 江戸前にぎり寿司(東京都)
3位 マス寿司(富山県)
4位 柿の葉寿司(奈良県)
5位 フナ寿司(滋賀県)

・食べてみたいランキングTOP5
1位 江戸前にぎり寿司(東京都)
2位 蝦夷前寿司(北海道)
3位 前沢牛の寿司(岩手県)
4位 手こね寿司(三重県)
5位 大阪寿司(大阪府)

こうしてみると、「知っているランキング」には、タイトルどおりおなじみの郷土寿司が並んでいるように思えます。

たとえば、サバ寿司は今やコンビニでも販売されるほどメジャーになってるし、関西方面に行くたびに柿の葉寿司を購入しているという人だって少なくないと思うんです。

【「蝦夷前寿司」とは…?】

一方で「食べてみたいランキング」をチェックしてみると、1位の「 江戸前にぎり寿司」以外はあまり聞き覚えがないことに気がつきます。

個人的には2位に入った北海道の「蝦夷前寿司(えぞまえずし)」が気になったので調べてみたところ、トラベルブックのウェブサイトに

・東京の江戸前鮨に対して蝦夷前寿司がある
・江戸前鮨はネタの旨味を引き出したり、見栄えを良くしたり、職人の細工が魅力だが、蝦夷前寿司は新鮮なネタが命

といった情報を発見。また、北海道出身のライターに聞いたところ「別にこれが蝦夷前って定義はないと思うけど、基本すべて生。ホッキとかニシンとかサンマとか北海道以外ではあんまり見ないようなネタがあるのが特色かなあ」とのこと。

手をかけることなく “新鮮でおいしいものを生で味わう” という、北海道らしさを堪能できるお寿司のようですね。

【気になるお寿司がありすぎる~!】

北海道にはほかにも気になる郷土寿司があって、それは生のししゃもを使った「ししゃもずし」。ししゃもというとこんがり焼いたものしか食べたことがないので、これはぜひとも食べてみたいゾ……!

そのほかの地域の郷土寿司も軒並み美味しそうで、東北・宮城県の「フカヒレのすし」に、関東甲信越・新潟県の「サケの飯ずし」。東海北陸・岐阜県の「ホオ葉ずし」に、近畿・兵庫県の「アユずし」

中国四国・岡山県の「ばらずし」に、九州沖縄・熊本県の「馬肉の握りずし」などなど、目移りしてしまうこと必至。

う~~~ん、どれもいつか絶対に食べてみたいっ!

参照元:プレスリリース[1][2]トラベルブック今日は何の日~毎日が記念日~
寿司写真=Pouch編集部
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

散歩中にゴロンと寝転んだ柴犬を置いて少しずつ離れてみると…起きあがったと思ったら即寝ちゃったよ!

11月1日は「ワンワンワン(111)」で「犬の日」。犬についての知識を身に着け、犬を可愛がる日ということで、ペットフード工業会等6団体が1987年に制定したそうです。ツイッターにはたくさんのワンコ写真や動画が投稿され、多くの人の心を癒してくれていました。

中でもひときわ人気が高かったのが、リツイート数6万3000超、「いいね」の数15万超という驚異的な数字をたたき出した、柴犬・優(ゆう)たんのツイッター。

「飼い主が離れても、横になり続けるのか実験してみました」

こちらのつぶやきとともに投稿されていたのは、路上に寝転ぶ優たんの姿。まるでお家にいるかのようにゴロンとして、くつろいでいます。

【どこでも寝ころんじゃうワンコに、ドッキリを仕掛けてみた】

映像では、そんな優たんを置いて、そのまま飼い主さんだけがどんどん遠ざかっていく様子が写っています。どこでも横になってしまうという優たんは、果たしてどんな反応を見せてくれるのでしょう?

【なんやその落ち着きっぷりは】

優たんは、最初こそ余裕を見せていたものの、どんどん離れてゆく飼い主さんに多少焦りを感じたのでしょうか。途中でびくっと起き上がり、しばらく辺りをキョロキョロしています。

やがて離れたところで見ている飼い主さんを視界に入れると、優たんもじーっと見つめ続けておりましたが、しばらくすると再びコテン! またおんなじ姿勢に戻り、横になってしまったではありませんか。

【そんなところがとびきり可愛いです♡】

優たんの可愛いお顔に浮かぶのは、余裕の表情。置き去りにされる不安なんて、少しも感じていないように見えます。

リードでしっかりつながっていることに気がついて安心したのか、それともただのマイペースなのか。いずれにせよ自分の確固たる思いを貫きとおす優たんが、心の底から愛おしいよおおおおお!!!

参照元:Twitter @always_with_yu
画像= always_with_yu used with permission
執筆=田端あんじ (c)Pouch

【意外すぎ】紅茶の国イギリスには「アイスティー」が存在しない!? アイスティーは英国ではなくアメリカ生まれなんだって

本日11月1日は、「紅茶の日」です。こんな日は美味しい紅茶でも入れて、ほっこり優雅なティータイムを楽しみたいものですよね♪

ところで……紅茶の国と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、ティータイム文化のあるイギリスなのではないでしょうか。けれどティーはティーでも、ホットではなくアイスティーは、イギリスではなくアメリカ生まれらしいのです。

アイスティーはアメリカ生まれ

この件に関して書かれているのは、「日東紅茶」のホームページ。

なんでもアイスティーが生まれたのは1904年、アメリカのセントルイスで開かれた博覧会とのこと。あるイギリス人がインド紅茶普及のためホットティーを提供していたところ、猛暑のためかホットティーに関心を持ってくれる人がいなかったのだそうです。

そこでグラスに氷を入れてホットティーを注いでアイスティーに作りかえたところ、たちまち大盛況に。これが、アイスティーの始まりだといわれているんですって。

【イギリスに住んでいた人に聞いてみた】

アイスティーは、イギリスではなくアメリカ生まれ。これに関して、イギリスに住んでいたことのある友人Aに話を聞いてみたところ、次のような答えが返ってまりました。

「そういえばイギリスに住んでいたときは、アイスティーを見かけなかったなぁ。イギリスで “紅茶を頼む” って言ったら、ホットしかない。わざわざアイスティーを頼んだこともない」

ほうほう……見かけなかった、ですか! やはりイギリスの方にとっての認識は「紅茶=ホットティー」なのかもしれませんね。

【ついでにフランス在住の人にも聞いてみた】

参考までに、イギリスのご近所・フランス在住の友人Bにも話を聞いてみたのですが、「フランスではアイスティーはおろか、アイスコーヒーも見かけないかも」という返答が!

B曰く、「フランスは夏でも平均気温が30度以上にならない、比較的涼しい地域。ひょっとすると、こういった気候が影響しているのかも?」とのことでしたが、果たして真相はどうなのでしょうか。

【続報を待て】

Pouch編集部では現地の詳しい紅茶事情について、イギリス人に引き続き調査中です。アイスティーのことをどう思っているのか? 暑い日は何を飲んでいるのか? などなどわかり次第お伝えします!

参照元:日東紅茶
画像:Pouch編集部
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

地域によって人気の寿司ネタに変化が! 中国・四国地方では「えび」、九州・沖縄は「えんがわ」など【11月1日は すしの日】


本日11月1日は「すしの日」。ちょうど新米の季節であり、ネタになる海や山の幸が美味しい時期であることから、「全国すし商環境衛生同業組合連合会」が1961年に制定したのだそうです。

ところでみなさんは、おすしのネタで何が好きでしょうか? 

わたしはというと、子供の頃はマグロと海老と煮アナゴ専門。大人になってからは “えんがわ” の炙ったの、 うに、しめ鯖といった具合に、年齢を重ねるにつれてずいぶん変わっていったような気がします。

【男女ともにモテモテなのは「まぐろ」&「サーモン」!】

「すしの日」にちなみ、京樽が20~59歳の男女1000名を対象に行った「すしに関する調査」によると、男性人気が最も高かったのは「まぐろ・中とろ」(56.4%)。

次いで「まぐろ・赤身」(50.0%)、「サーモン」(41.0%)となり、まぐろが熱烈に支持されていることがわかったようなんです。

そして、女性の1番人気は「サーモン」(52.6%)。2位が「いくら」(46.8%)、3位が「まぐろ・中とろ」(47%)という結果となっています。

こうしてみると男女ともに、「まぐろ」と「サーモン」の人気が異様に高いことが見て取れますよねぇ!

【地域ごとに支持されるネタが分かれてるっ】

もうひとつ注目したいのは、地域別の結果です。こちらでも「まぐろ」および「サーモン」は全国的に人気が高く、どの地域でもランキングの上位に入っています。

けれども、中国・四国では「えび」(53.6%)や、「はまち」(44.9%)、「甘えび」(43.5%)が支持されていたり、九州・沖縄では「えんがわ」(45.8%)が支持されていたりと、好みが分かれていたネタも!

【「うに」と「ほたて」が北海道で支持されてるの、なんかわかるわ】

また個人的に気になったのは、北海道・東北では「うに」(38.6%)と「ほたて」(34.2%)が支持されていた点です。

どちらも鮮度が命、獲れたてだからこそ美味しいネタだと思うので、魚介の産地・北海道を含む地域で多くの票を集めたこともうなづけます。

は~、おすしの話ばっかりしていたら、なんだかものすご~くおすしが恋しくなってきちゃいました。せっかくの「すしの日」、今日のディナーはおすしにしましょうかね。みなさんも、ぜひ♪

参照元:プレスリリース今日は何の日~毎日が記念日~
画像:ぱくたそ
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

地域によって人気の寿司ネタに変化が! 中国・四国地方では「えび」、九州・沖縄は「えんがわ」など【11月1日は すしの日】


本日11月1日は「すしの日」。ちょうど新米の季節であり、ネタになる海や山の幸が美味しい時期であることから、「全国すし商環境衛生同業組合連合会」が1961年に制定したのだそうです。

ところでみなさんは、おすしのネタで何が好きでしょうか? 

わたしはというと、子供の頃はマグロと海老と煮アナゴ専門。大人になってからは “えんがわ” の炙ったの、 うに、しめ鯖といった具合に、年齢を重ねるにつれてずいぶん変わっていったような気がします。

【男女ともにモテモテなのは「まぐろ」&「サーモン」!】

「すしの日」にちなみ、京樽が20~59歳の男女1000名を対象に行った「すしに関する調査」によると、男性人気が最も高かったのは「まぐろ・中とろ」(56.4%)。

次いで「まぐろ・赤身」(50.0%)、「サーモン」(41.0%)となり、まぐろが熱烈に支持されていることがわかったようなんです。

そして、女性の1番人気は「サーモン」(52.6%)。2位が「いくら」(46.8%)、3位が「まぐろ・中とろ」(47%)という結果となっています。

こうしてみると男女ともに、「まぐろ」と「サーモン」の人気が異様に高いことが見て取れますよねぇ!

【地域ごとに支持されるネタが分かれてるっ】

もうひとつ注目したいのは、地域別の結果です。こちらでも「まぐろ」および「サーモン」は全国的に人気が高く、どの地域でもランキングの上位に入っています。

けれども、中国・四国では「えび」(53.6%)や、「はまち」(44.9%)、「甘えび」(43.5%)が支持されていたり、九州・沖縄では「えんがわ」(45.8%)が支持されていたりと、好みが分かれていたネタも!

【「うに」と「ほたて」が北海道で支持されてるの、なんかわかるわ】

また個人的に気になったのは、北海道・東北では「うに」(38.6%)と「ほたて」(34.2%)が支持されていた点です。

どちらも鮮度が命、獲れたてだからこそ美味しいネタだと思うので、魚介の産地・北海道を含む地域で多くの票を集めたこともうなづけます。

は~、おすしの話ばっかりしていたら、なんだかものすご~くおすしが恋しくなってきちゃいました。せっかくの「すしの日」、今日のディナーはおすしにしましょうかね。みなさんも、ぜひ♪

参照元:プレスリリース今日は何の日~毎日が記念日~
画像:ぱくたそ
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

カルディから「紅茶の日バッグ」が11月1日に発売されるよ! 紅茶やお菓子やトレイが可愛いトートバッグに入ってます

発売されるたびに飛ぶように売れる、「カルディ」(カルディコーヒーファーム)の限定バッグセット。

以前ポーチでは、珈琲の日(10月1日)に発売された「コーヒーの日バッグ」を紹介しましたが、今度は11月1日の「紅茶の日」にちなんだ「紅茶の日バッグ」が数量限定で発売されるんですって。

紅茶はもちろん、紅茶に合うお菓子やトレイがオリジナルトートバッグに入ったセットで、紅茶好きなら見逃せないっ!

【カルディで人気の紅茶が入ってるよ】

気になるセットの中身は、まずフランスの紅茶ブランド「ジャンナッツ(JANAT)」の「アソートメントティーボックス」

5種類のブレンドのアソートセットで、茶葉はアールグレイ、ウバのほか、ダージリンにシトラス系フルーツ&ローズで香りを付けた「ジャンナッツブレンド」や、フランス風の甘い焼きりんごをイメージした「ポムダムール」、キャラメルクリームなどのフレーバーティーもあるそう。各フレーバーがそれぞれ2個ずつ、合計10個入っています。

【紅茶に合うお菓子とトレイが付いてくるんだって】

紅茶といえば、やっぱり甘いものが欲しくなります。「ブールドネージュ」は独特のサクサク、ほろほろ感が紅茶にぴったりの焼き菓子。

レモン・バナナ・チョコ・きなこの4種類の味があって、それぞれ2粒ずつ、合計8粒入ってます。どの紅茶に合いそうか、組み合わせを考えるのも楽しそう。

そして、ゴールドカラーがキラキラまぶしい「ジャンナッツオリジナル ステンレストレイ」も入っています。

ティーバッグやお菓子をのせるのに便利な、カップの横に置きやすいサイズ。ひとつ持っていたら何かと使いやすそう! ひとりのティータイムもリッチな気持ちになれそうです。

【イチ押しはオリジナルのトートバッグです】

これらすべてがトートバッグに入れられているのですが、このバッグがまた可愛いのなんの! ティーカップやポット、動物たちのイラストがデザインされたオリジナルのトートバッグで、サイズは幅25cm、高さ23cm、マチ8.5cm。

スナップボタンまで付いているので、ちょっとしたお出かけ、あるいはお弁当入れにと重宝しそうなんですよね♪

【完売する前にゲットするべし☆】

お値段は税込1500円。オンラインショップで販売されるのは限定800セット。販売開始は午前10時ですので、出遅れないようお気をつけて!

ちなみにカルディでは、11月1日から30日まで「ジャンナッツキャンペーン」を開催。「ジャンナッツ」のさまざまな紅茶をキャンペーン価格で購入できるそうですよ。紅茶好きのみなさんは、合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリースカルディコーヒーファームカルディ公式オンラインショップ
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら