【ハンパないって!!】12歳で身長200cm超えの少年がバスケ試合に参加した様子がスゴすぎる…相手チームも戦意喪失しちゃってます

スポーツに青春を捧げる若者を見ているだけで胸がじーんとしてしまうのは、ミドサーという年齢になったからなのでしょうか。汗を流し奮闘する姿は、たとえ泥臭くてカッコ悪かったとしても、それだけで輝いて見えるものです。

だけど正直、今回紹介する動画を観たときだけは、感動というよりも驚きのほうが大きかったんですよね。

だって動画の中でバスケしている少年たちの中に、1人だけ2m超えの選手が混じっていたんですもの……!

【こんな簡単にダンク決める12歳いないっしょ】

カナダ生まれの12歳、オリバー・リウー(Olivier Rioux)くんは、バスケットボールチーム「Frenchy Phenoms」に所属するプレイヤー。身長2.13mという圧倒的に恵まれた体を武器に、次々とダンクシュートを決める様子が、YouTubeで公開されています。

見たところ、子供用でゴールが低く設定してあることもあり、とにかく身長が高いオリバーくんは、ダンクシュートといっても、ほとんどジャンプはしておらず “置きに行っている” だけ。まるで棚に物を置くかのごとく、「ポン」とシュートしている姿が、目に焼き付いて離れません~っ。

【ディフェンスだってお手のもの】

ダンクシュートのみならずロングシュートも華麗に決めるオリバーくんは、ディフェンスも大得意。『スラムダンク』に出てくる “ハエ叩き” よろしく、バシーン!とボールを手で跳ね返し、いとも簡単にゴールを死守しているんです。

【相手チームの表情にじわじわ】

活躍に次ぐ活躍で、オリバーくんを追いかけるディフェンス陣の表情がことごとく “死んでいる” のがちょっとかわいそうかも。でもここまで規格外な選手を目の当たりにしたら、まあ、こんな顔になっちゃうわな~。

もしもわたしがオリバーくんと対戦することになったら、あまりにも勝ち目がなさすぎて、試合前に戦意喪失することでしょう。オリバーくんが今後バスケ選手としてどのような成長を遂げるのか、非常に楽しみです……!

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

12歳から真顔の自撮りを続けてきた青年がめでたく結婚! この時だけは笑顔を公開しました

カナダに暮らす男性ヒューゴ・コーネリアー(Hugo Cornellier)さんは、12歳の時からの自撮り写真を「セルフィープロジェクト」として撮りためています。

コーネリアーさんの「セルフィープロジェクト」をPouchで紹介したのは、2016年5月のこと。それから月日は流れて2017年9月5日、新たなセルフィー動画がYouTubeで公開されました。

『12 YEARS OLD TO MY WEDDING DAY』と名付けられた動画には、12歳の頃から、結婚式を迎えた(!)現在まで、毎日撮影したセルフィーが収録されていて見ごたえ抜群。再生回数は189万回超にもおよんでいて、注目度の高さがうかがえます。

【顔だけでなく周りの景色も観てほしい】

あどけない顔の少年に、日が経つごとにヒゲが生え、表情がどんどん大人びてきて、やがて精悍な顔つきに。髪型も顔も変化し、時間の流れとともに周囲にいる友人や知人の姿もどんどん変わっていきます。

ひとりの人間の歴史はこれほど奥深いものなのだと、改めて実感せずにはいられません。

2分38秒という短い時間の中に、コーネリアーさんの人生がギュッと凝縮されているのかと思うと、感動で胸が熱くなります。

【愛する人との歴史でもある】

わたしが注目したのは、動画の後半部分。コーネリアーさんの傍らに毎回のように現れるひとりの女性が登場。おそらく大切な人なのであろうことが、よく見てとれるんです。

一緒に過ごす日々を重ねて、とうとうたどり着いたのは結婚式という人生の大舞台。見知らぬカップルなのに、ずっとそばで2人を見てきたかのような気分になるから不思議……そしてなぜだか、泣けてくるううう!

「セルフィープロジェクト」において、コーネリアーさんは終始真顔なのですが、結婚式の写真では笑顔を見せていたのが印象的でした。願わくば今後も、このプロジェクトを続けてほしいものですね♪

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら