ハイクオリティーな3Dラテアートを作っているのは…17歳の現役女子学生! 始めてからまだ1年にも満たないとはとても思えませんっ

シンガポールに暮らす17歳の女子学生、ダフネ(Daphne)さんの趣味は、3Dラテアート。インスタグラムでたくさんの作品を公開しているのですが、これが可愛いのなんの! ミニオンに猫、クマさんなどどれもこれもラブリーで、いったん見始めたら最後、スクロールする手が止まりません~っ。

ダフネさんに話を聞いてみたところ、3Dラテアートを始めたのは2016年12月、とのこと。

ってことはスタートしてからまだ1年にも満たないということになりますが、どこからどう見てもプロのラテ職人が手がけたとしか思えないっ。きっとそもそも、ラテ職人としての才能を持って生まれてきたのでしょうね……!

【学校のプログラムで出会う→方法を家でネット検索!】

ラテアートを始めたきっかけは、学校のプログラムの一環で行われた、コーヒーに関するワークショップだったと語ってくれたダフネさん。ラテやカプチーノのフォームがどのように作られるのかに興味を持って、その方法を家に帰ってからネットで検索したのだそうです。

調べていく中で3Dラテアートに出会ってからは、一気にフォーリンラブ。フレンチプレスを体験し、カップの上に乗るようなしっかりとしたフォームを作るためのメソッドを見つけ出したんですって。

【スプーンと竹串で成形しているんだって】

現在は、フォーム作りにネスプレッソ(Nespresso)のミルク泡立て器を使っているらしく、自分なりのスタイルを確立しているよう。

フォームに描いたり色を付けたりするのには、天然の甘味料であるキャロブパウダーや、食紅などを使っていて、成型には2本のスプーンと1本の竹串を使っているのだそうですよ。


【注文してコレが出てきたらテンション爆上がりですよね】

インスタグラムに紹介されている3Dラテアートは、どれも泡がしっかりと立っていて、揺らすとプルプルっと動くのが可愛いっ♪ 動物モチーフが多いので、大人はもちろん、子供たちにも大いに喜ばれそうです。

ちなみに完成までにかかる時間についても質問してみたのですが、「複雑さにもよりますが、完成にはだいたいいつも10〜20分かかります」とのことでした。めっちゃ早い! 17歳でこれだけハイレベルとは……想像しただけで末怖ろしいですっ。

参照元:Instagram @periperipeng
画像=periperipeng used with permission
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら