【懐かし】ローリーズファームとタキシードサムがコラボ! 80年代テイストを今っぽくアレンジした全6アイテムがレトロかわゆいっ!!


タキシードサムといえば1979年に誕生したサンリオのキャラクター。南極のタキシードアイランドからやってきたというおしゃれなペンギンの男のコなんですが、80年代に少女時代を過ごした乙女であれば彼のことを知らない人はまずいないはず!

そんな懐かしのサンリオキャラと人気ファッションブランド「LOWRYS FARM(ローリーズファーム)」がコラボ! 80年代のテイストを今っぽくアレンジしたポップなデザインのシリーズになっていて、見ているだけで胸がキュンとときめいてしまいますっ!!

【レトロ&ポップなのが逆に新鮮!】


タキシードサムとローリーズファームのコラボアイテムは全6種類。デザインや色使いで80年代当時の雰囲気を再現しているこれらのアイテム。たとえば、iPhoneケース(全3色 各2500円)などにはタキシードサムとともにカセットテープ二段重ねのアイスクリーム、ダンベルなどのモチーフが描かれていますが、レトロかつポップで今見ると逆に新鮮味が感じられます。


腕時計(全2色 各3500円)はベルトの淡い色合わせもお見事。トレンドとして続いている80年代コーデのアクセントとして活躍してくれること間違いナシではないでしょうか。

【大人買いしちゃう!?】

購入は全国のローリーズファーム店舗、公式オンラインショップ、ZOZOTOWNでどうぞ。それにしても今またタクシードサムグッズと出会えるとは! 子どものころならできなかった大人買いも、大人になった今なら好きなようにできそうですね。

参照元:SLASH MAG. BY LOWRY’S FARMサンリオ
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【’80sレトロ】「カセットデッキ」や「レコードプレーヤー」をかたどった可愛い手作りウッドオブジェ♪ クリスマス用のオーナメントもあるよ

デジタル化がどんどん進む昨今、音楽業界にじわじわ浸透しているのが「アナログブーム」

渋谷や新宿などにアナログレコードの専門店ができたり、人気アーティストがカセットで音源をリリースしたりと、「古臭さ、めんどくささが、逆に新しい!」と若い世代にも支持されているようなんです。

バブリーダンスがメディアを賑わせたりと1980年代の文化が人気のいま、お部屋に飾って楽しみたくなる「’80sオブジェ」を制作・販売しているショップを見つけちゃいました。

【なにこれめちゃめちゃかわいい】

海外ショッピングサイト「Etsy」内ショップ「1980who」にずらりと並んでいるのは、木材で作られたカセットデッキレコードプレーヤー

アメリカ・カリフォルニア州在住のショップオーナー、イーサン(Ethan)さんが手がけたこれらのオブジェは、音楽プレーヤーとして使用できるわけではありません。しかしそのビジュアル、80年代に出回っていたアイテムそのまんまで、かわいらしくも懐かしい! 特に長~いアンテナがついたカセットデッキなんか、もう懐かしすぎて涙が出そうっ。


レコードプレーヤーに至ってはそのままレコードをかけたくなってしまうほどリアルでして、回転数セレクトボタンからアーム後方のバランスウェイト(おもり)など細部に至るまできっちり再現していくこだわりようが見てとれます。

【かなり小さめなようです】

そのサイズは、カセットデッキが高さ約4.8cm、幅約9.5cm。レコードプレーヤーが幅10cmと、もとになった各種機器の実サイズから考えればミニチュアサイズです。

【レトロデザインのよさを再発見】

ほかにも、カセットテープやラジカセをかたどったオーナメントとして飾れるオブジェもあるようです。クリスマスツリーに飾るのにもぴったり、ですね。

価格はオブジェが6250円、オーナメントが1705円から2273円(いずれも税込み)となっています。若者から80年代をリアルタイムで知っている世代まで、幅広~い人たちの心にヒットすること確実ですよぉ!

参照元:1980who(Etsy)
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

な、懐かしい~っ♡ 80年代のサンリオ人気キャラ「タキシードサム」の期間限定カフェが渋谷にオープン!


タキシードサムといえば、皇帝ペンギンのサンリオキャラクター。1980年代にはキティちゃんやキキララなどとともに少女たちから絶大な人気を誇りましたよね。私もハンカチやノートなどグッズを持っていたなぁ……。

そんなタキシードサムのカフェが2017年7月14日から渋谷ヒカリエ内に期間限定でオープン! かわいいメニューが用意されているのはもちろんのこと、併設のショップではここでしか買えない限定グッズの販売もあるんだって♡

【タキシードサムをモチーフにしたメニューの数々】

お料理メニューはご飯系からデザート系、ドリンクまでいろいろ。ご飯メニューの「タキシードサムカレー」(1274円)は、なんとライスが青い~!! 付け合せのサラダにもさわやかブルーのドレッシングがかけられています。


デザートのオススメは「爽やかな青が映えるマリンパフェ!?」(1166円)。ブルーのゼリーが涼しげで暑い季節にピッタリ! 真ん中で顔をのぞかせる立体的なサムもとってもキュートですね。


ほかにもタキシードサムをモチーフにした料理や飲み物を楽しむことができます。タキシードサムカラーの水色がとっても涼しげ〜。

【ここでしか買えないグッズも♡】

また、カフェには限定グッズのショップも併設。「ガチャガチャ アクリルキーホルダー」(全4種 400円)やボールペン(540円)、クロスハンカチ(864円)などさまざまなグッズが並びます。カフェで働くサムくんモチーフでかわいい〜! ショップはカフェを使わない人でも利用できるので、気軽に立ち寄ってみて。

【オリジナルノベルティがもらえるよ】

さらに、カフェを利用すると、タキシードサム カフェ限定のオリジナルステッカーももらえるとのことです。

子どものころタキシードサムが好きだった人にとっては、懐かしさもひとしお。思い出話にも花が咲きそうですね!

参照元:THE GUEST CAFE DINER
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【違和感ゼロ】ジュリ扇を振るブルゾンちえみ!! 80年代バブルを追体験したブルゾンちえみwithBの様子をご覧ください


2017年、キャリアウーマンネタで大ブレイク。現在、バラエティ番組に引っ張りだこで女優デビューも決定したお笑いタレントのブルゾンちえみさん

彼女がブリリアン(with B)とともに、1980年代バブルを追体験したらどうなる……?

そんなワクワクさせられる特集企画が、女性ファッション誌『VOGUE JAPAN』5月号に登場! バブルカルチャーとブルゾンちえみ(with B)、どちらも強すぎる個性を持っているだけに、これはすごい化学反応を起こしちゃいそう!!

【80年代バブル×ブルゾンちえみ】

『VOGUE JAPAN』5月号では、90年代生まれのヴォーグのアシスタントエディターが80年代バブルを追体験するという特集を企画。

その一環として、ブルゾンちえみさんがディスコのお立ち台で踊ったり、貸切リムジンでのナイトクルーズを楽しんだりする姿を見せています。

カッチリしたバーガンディのジャケットを着こなし、ジュリ扇を振るブルゾンちえみさん、リムジンの車内でガールズたちとシャンパンで乾杯するブルゾンちえみさん……どれもめちゃくちゃハマっててカッコよすぎ!

【スペシャルムービーも公開中】

また、女らしさを表現するポイントや、ファッション・メイクについて答えるスペシャルムービーも『VOGUE JAPAN』のウェブサイトに公開中。

「お立ち台に立つ、人を上から見下ろすというのは乗ってみないとわかんない。女には必要ですね、ときに」「口を少しだけ開けるのを女らしさのポイントにしてる。目線は2キロくらい先を見てます」など、今回も彼女ならではのちえみ語録が炸裂しています。

【『VOGUE JAPAN』5月号は本日発売!】

『VOGUE JAPAN』5月号は3月28日(火)発売。いつもとはひと味ちがう、バブルなブルゾンちえみさんを見たい人はぜひとも手にとってみて。バブルの時代を知っている人も知らない人も、あのキラキラ感を自分も体験してみたくなっちゃうかも!

参照元:VOGUE JAPANプレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら