どうして30代の恋愛って難しいの? 「結婚前提の壁が厚すぎる」「好意自体が迷惑じゃないかと不安に」


恋に落ちたその瞬間から、グイグイ攻める。100%オフェンスな恋愛をするわたしの辞書に、「待つ」という文字はありません。いやもちろん、多少はあったほうがいいとは思ってるんですけどね……。

そんなわたしですが、ある日 Pouch 編集部で恋バナをしていた女性スタッフ2名の発言が気になりました。

それは「30代になると『好き』という気持ちを気のせいだと流してしまうほど臆病になる」「30歳を過ぎると、恋愛のモチベーションが上がらないしキープができない」というもの。

【30代スタッフに真意を聞いてみた】

タイプが真逆すぎて真意が分からなかったので、わたしは30代のスタッフに、とことん気持ちを聞いてみることにしました。

すると……真逆だと思っていたスタッフの恋愛観が、実はよ~く理解できるものばかり「あ~~~、それな~~~!!!!!」と一緒になって頭を抱える結果となってしまったのでした。は~~~、誰かこの子に酒を、酒を持ってきてやってくれ~~~!

【わかりみが強すぎて…しんどみ~~~!!!】

その1:30代になるとどうしても結婚を意識してしまう

「ぶっちゃけ“三十路の恋は結婚前提”が暗黙の了解になると思うんです。こちらに結婚願望がなくても、相手に結婚願望があるかもしれないし。本人の性格だけでなく、年収や仕事、ライフスタイル、家族関係、自分が相手に釣り合うかとかを考えてしまうんです。そこをクリアしてやっとゴーサインが出る感じ」

その2:男も女もそれなりに過去の恋愛トラウマがある

「30代で独り身だと、過去に立ち直れないくらい辛い恋の経験をしている場合が多い。婚約破棄とか、二股をかけられたとか、不倫とか……この年でまたあんな辛い想いをしてダメになったら立ち直れない、と積極的になれないです。お互いに石橋を叩きまくって慎重になった結果、音信不通になることも」

その3:加齢による容姿の衰えなどで自信がない

「あと、20代に比べると30代はどうしても肌や髪の艶、ボディラインが崩れますよね。そして世間的に言われている “30代の女はおばさん” という言葉の呪いが脳裏をちらついて『若い子のほうがきっといいよね』って遠慮しちゃって、前みたいにドーンとアプローチできなくて……」

その4:恋愛パターンが見えて恋心が冷める

「30過ぎても好きになるタイプって、だいたい同じ。『ああ、こういう人と付き合うとこうなってああなって、最終的にボロボロになるんだよな……』と過去の恋愛と重ねちゃって、自然と恋のテンションが下がることもあります」

その5:相手に変なクセがないか疑ってしまう

「『いい男はみんな早くに結婚してるはず』って、これも一般論による “呪い” なんですけど。自分も独り身のくせに、相手が独身なのはなにか理由があるんじゃないか……なんて心のどこかで疑う気持ちも出てきます。自分だってそんな風に思われてたら嫌なのに……」

その6:この歳で恋に浮かれるなんて……と自分ツッコミ

「恋って友達に話してるうちに盛り上がる部分もあると思うんですけど、同世代の友人は結婚や子育て、仕事の昇進、家のローンの話とかしてるのに、自分は片思い。どうやってアプローチしたら……とか言ってるのが子供っぽく思えて話せなかったり。恋バナできる相手が減るのも、テンション下がる一因なのかな……と」

【経験が~~邪魔をする~~~♪】

思い返せば、彼女が挙げてくれた例はどれもこれも、同世代からよく聞く話です。

結婚を前提に相手を選ぶとするなら慎重になるのは当然ですし、1度ついた心の傷はなかなか癒えないもの。 “30代の女はおばさん” という言葉の呪いにしたって、聞きたくないしホントは気にしたくもないのだけれど、気がつけば心に巣食ってしまう……。

何も始まっていないのに恋愛パターンを勝手に予想しては落ち込むのも、「いいトシして恋に浮かれてどうすんの!」と自虐モードに入ってしまうのも、相手の人格をつい疑ってしまうのも、酸いも甘いも経験してきたからこそなのではないでしょうか。

走り出す前に、ふと考える。大丈夫だと思って足を踏み出しても、また迷ってしまう。経験値が高いせいでがむしゃらになれないというのは、 “30代あるある” 、そして “大人あるある” なのかもしれません。

執筆=田端あんじ / 画像=Pouch (c)Pouch

続きはこちら

20代と30代の恋愛は何がちがうの? 行動や好きなタイプの変化を聞き取り調査した結果

20代の Pouch 編集女性スタッフとお酒を酌み交わしていたところ、30代の私は突如、こんな質問をされました。

「20代と30代で恋愛観がめちゃめちゃ変わる! って本当ですか?」

う~ん……言われてみれば、変わったかも? いや改めて振り返ってみると、かなり変わった気がするな~!

たとえば20代の頃は「もっとドキドキしたい! ヒリヒリしたい!」と思っていたけれど、30代になると一変「そばにいて安心できる人がいいな……」という考えにシフトしてしまったのだから、人間変われば変わるものです。

これを機に、友人知人の話を聞き取り調査。さらには自分自身の経験を踏まえて、20代と30代の恋愛における行動パターンを比較「理想の男性像」「恋愛に対する姿勢」の変化を調べてみることにしました。

【その1:理想の男性像がガラリと変わる】

理想の男性像:「ドキドキ」から「ほっこり&ゆったり」へ
20代…遊び人や変わった人など、一緒にいてドキドキするちょっぴり危険な香りのする人に惹かれてしまう。恋愛にスリルを求めがち。
30代…一緒にいて楽で、ホッとできる。いつだって “素の自分” でいられる、無理しないで済む相手を選ぶようになる。

そのほか、私的に面白かった変化は、なぜか30代になった途端に、健康的で生命力の強そうな人に惹かれるようになったことです。昔はバンドマンみたいな、不健康そうな細身体型が好きだったのに……。

今はそういったタイプより、プロレスラーのような厚みのある胸板、盛り上がる腕の筋肉に、思いっきり反応するようになりました。ちなみにこの意見に賛同してくれた30代&40代の女友達の割合は、7人中4人。決して少なくありませんでしたよ。

【40代の「理想の男性像」とは?】

そのほか周囲の40代女友達の1人(既婚)から出てきたのは、「20代には全然眼中になかったようなタイプの人を、(40代以降になると)選ぶ人は多い」といった意見。

「子供を可愛がってくれそうな人。見た目はホントにどうでもいいから、心根が優しくて経済力がある人がいい」

その日集まっていた40代女性は4名だった(全員既婚、または結婚経験あり)のですが、満場一致でこんな結論が出ていました。結婚経験者だからこその意見でもあるとは思うのですが、一緒に生活すると仮定したらたしかに、大切な要素かもしれませんねぇ。

【その2:恋愛に対する姿勢もガラリと変わる】

恋愛に対する姿勢:「かっこつけてやせ我慢」から「素直」へ
20代→イイ女ぶってかっこつけちゃう。嫌われるのが怖くて、素直に自分を表現できない。無理して自分の気持ちを押し殺して、だんだん自分というものを無くしていっていた気がする。
30代→肩の力が抜けて、素直に相手と向き合えるようになった。カッコ悪い姿も見せられるし、言いたいこともしっかり言うようになった。

昔は「好意を見せたら負け」だと思って駆け引きもしていた私(自分からは絶対に電話しない! とか)。だけどその結果、「無理がたたる→爆発→その恋愛から逃げる」というパターンが常態化。別れ話するのさえもイヤで、音信不通に持ち込んだりしていました。我ながらヒドい女です。

しかし今現在は、好きだと思ったらすぐ「好き!」って言っちゃうし、別れ話もしっかりとするように(当たり前)。逃げるという選択肢を選ばなくなり、むしろ挑むようになりました。

【20代→30代になる中で、肩の力が抜けるのかも?】

30代の友人(未婚バツイチ)からは、「30代になったら、ある程度諦められるようになった」という意見がありました。「こうでなきゃイヤ!」という強いこだわりを相手に押し付けることがなくなって楽になったと、すがすがしい笑顔で語ってくれましたよ。

30代になると一気に肩の力が抜けて、 “気張りすぎなく” なった。私含めそんな風に感じている30代の友人は少なくなく、そういった心の変化も、恋愛に大いに関係してくるのではないかと感じました。

結婚したいのか、それとも恋愛関係のままでいいのか。ゴールをどこに設定するかでも、男性の理想像や恋愛に対する姿勢は変わってくるのかもしれません。欲しいものやなりたい自分が年齢を重ねるごと変化していくのと同じように、きっと恋愛観も、刻々と姿を変えてゆくのでしょうね。

イラスト=テリーヌ富士子
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【仲間いた】女性は30年前に比べて飲める人が増加中!? 理由は「誘われる頻度」「普段の生活でのストレス」など

だんだん暑くなってきたこの頃。外でお酒を飲むのが楽しい季節ですね。日本酒造組合中央会が全国の20歳から79歳の男女3000人を対象に実施した「日本人の飲酒動向調査」によると、30年前と比べて、お酒を飲む女性の割合はグンと増えたのだそう。

1988年と2017年の飲酒率を比べてみると「飲む」または「飲めるがほとんど飲まない」という女性の割合は、52.6%から72.9%とおよそ20%近く増加しておりまして、気軽にお酒を楽しむ女性は増加傾向にあるようです。

しかしその内訳を見てみると、「飲む」と答えている女性は1988年が31.6%、2017年が32.9%で、それほど大きな変化はありませんが、数が一気に増えたのは「飲めるがほとんど飲まない」という層で、21.0%から40.0%と2倍近く増加しています。推測するに、気分転換やお付き合いの一環としてお酒を楽しんでいる女性が多いのかしらね?

【飲酒量が増えた理由は「誘われる」「ストレス」】

また男性の飲酒率は、「飲む」と「飲めるがほとんど飲まない」と回答した人の割合は30年前と変わらないものの、「飲む」人は70.7%から53.6%、「飲めるがほとんど飲まない」という人は12.7%から30.0%に増加。お酒を日常的に飲んでいる人は減少傾向にあるようです。

そして、対象者に聞いた「飲酒量が増えた理由トップ3」は「誘われる頻度が変わった」(14.4%)、「普段の生活でのストレス程度が変わった」(8.1%)、「遊び相手・食事をする相手が変わった」(7.3%)。

「普段の生活でのストレス頻度が変わった」に注目してみると、男性では30と50代女性では20代と40代が、こう回答している人の割合が大きかったようです。

うんうん、お酒でストレスを解消するというその気持ち、わかります。呑まなきゃやってらんない!! って日、あるよね。

【飲酒量が減った理由は「健康」「弱くなった」「節約」】

反対に「飲酒量が減った理由トップ3」は、「体調や健康を気にするようになった」(21.9%)、「お酒に弱くなった」(18.6%)、「節約するようになった」(11.0%)。

年を重ねていくにつれて健康のありがたみがわかってくるし、安定しない時代ですので節約したいというのも納得。こうしてみると、どちらの理由にも深く頷かざるを得ないわ~。

【20代は「お酒離れ」していない!?】

こちらの調査でもう1つ興味深かったのが、20代は1回あたりの飲酒量が多い傾向があり、ビール以外のお酒を飲む量は、他の年代に比べて最も高いという結果。

また、年が若いほど新しいお酒へのチャレンジ意欲が高く、銘柄指名買いをしない傾向も明らかになったのだそうで、思わず出た感想が「わかる~」でした。

だってお酒デビューして間もない20代は、好奇心とチャレンジ精神が旺盛。怖いものなしだし体力もあるから、おのずと酒量は多くなるでしょうし、アレコレ試してみたくなって当然。極めるにはまだ時間が足りないから、「好きな銘柄」が決まっていないというのも当然といえるのではないでしょうか。

なにはともあれ、ほどほどのお酒は人生の楽しみであり、幸福のエッセンス♪ 体の声とお財布事情をうまく擦り合わせながら、上手に付き合っていきたいものですね。

参照元:日本酒造組合中央会 プレスリリース
執筆=田端あんじ / 画像=Pouch (c)Pouch

続きはこちら