「ガングロ、忘れてない?」 日本女性のファッションの歴史を振り返る動画に視聴者からツッコミが!

イギリスのファッション雑誌「Glamour」がYouTubeで公開していたのは、『日本のファッションの100年(100 Years of Japanese Fashion)』という動画です。

タイトルそのまま、過去100年間に日本で流行した女性のファッションを紹介していて、見ごたえたっぷりなのですが……。

一部の視聴者から、共通の “ツッコミ” コメントが寄せられていたんですよね。

【100年…というか、100年以上ありますね!】

……と、 “ツッコミ” コメントに関してはひとまず置いておいて、はじめにどんなファッションが紹介されているのか、かけ足で見ていくことにします。

1860年から1910年(桜田門外の変が起こった安政7年から明治43年まで!)にかけて女性たちが身にまとっていたのは、着物。1910年から1950年もやはり着物がフィーチャーされていますが、同時に洋服を好んで着る人の割合が増えてきたのも、このあたりからです。

60年代から70年代にかけては、レトロなフラワープリントのミニドレス。80年代は川久保玲さんのブランド「コムデギャルソン」を代表とするアバンギャルドなファッション

90年代は「ゴシック」と「ロリータ」、2つの異なる要素を混ぜ合わせた「ゴスロリ」ファッション。そして2000年代は、パステルカラーを基調とした「フェアリー系(Fairy Kei)」と、個性豊かなラインナップとなっていましたが、全体的にはざっくりとした印象。

【視聴者「あれ? ガングロどこいった」】

さて、本題はここから。90年代のファッションに関して、海外の視聴者から次のような声が挙がっていたんです。

「ガングロが入ってなくて寂しい」
「ガングロスタイルを忘れてるよ!」
「ガングロは90年代の終わりから2000年代にかけてめちゃくちゃ人気だった」
「ギャルファッションがないなんて信じられない」
「え、なんで? 90年代はギャル&ガングロスタイルでしょ!」

うん、言われてみればあの頃は、ギャルファッションもガングロも流行っていたよね~! もちろん全員がやっていたわけじゃなくて、一部の人のみだったけれど……。それにしても、みんな日本のトレンドに詳しくてビックリしてしまいます。

【「デコラちゃん」や「ビジュアル系」を挙げる人も】

また90年代から2000年代に関しては、「デコラちゃん」ファッションや「ビジュアル系」ファッションを挙げている人がいたのも印象的でした。

ちなみに「デコラちゃん」とは、ストリートファッション誌『FRUiTS』でよく見られた、派手な色使いとデコラティヴ(装飾過剰)なアクセサリーでキメたスタイルのこと。かつて篠原ともえさんが行っていた “シノラー” みたいなファッション、といえばわかりやすいかもしれません。

改めてこの時代を振り返ってみると、まさに “カオス” と呼ぶにふさわしい(笑)。でもだからこそ、本当に面白い時代だったんだな~と実感した次第ですっ。

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

現役女子高生は15年以上前に流行した「ギャル文字」を読めるか調査 → 問題以前にめっちゃ笑われた件


80年代は「女子大生ブーム」、90年代は「女子高生ブーム」と呼ばれ、ゼロ年代から現在にかけては、JK(女子高生)やJC(女子中学生)のティーン世代が独自の流行を生み出しています。

90年代のどまんなかに女子中高生だったわたしにとって、未知の領域なのが「ギャル文字」

Pouch 編集部の20代女子スタッフいわく、女子高生の間でギャル文字がもてはやされるようになったのは2001年から2003年頃らしいので、まったくノータッチなんですよね……。

【高度すぎてむしろ知性を感じる…!】

ギャル文字という言葉自体は知っているし、テレビなどでちらっと目にしたこともあるけれど、詳しいことはよくわからない。そんなわたしに20代女子が教えてくれたのは、次のようなギャル文字でした。

「ァタシゎ、コレカゞ限界ナ=〃」(わたしはこれが限界だ)
「ハoィ十ッフo|レ」(パイナップル)
「キょぅゎ、カレーε食ヘ〃ナニョ!」(きょうは、カレーを食べたよ!)
「ァナ=∪大女子キナょ丿ヮラ」(あたし大好きなの 笑)
「ァレ」カ゛㌧」(ありがとう)
「н@ρρч в|ятнDÅч т○ ч○∪」(HAPPY BIRTHDAY TO YOU)

……なんじゃこりゃあああああ!! 最後なんて、見た目がロシア語みたいになっちゃってるんですけども!?

パッと見、なんとなく意味がわかるようなわからないようなこの感じは、完全に暗号ですね。ってかこれ、入力するのめちゃめちゃメンドくさそう~!!

【20代女子「覚えるのが大変だった」】

ギャル文字が流行ったのは、Pouch編集部の20代スタッフが中学生のときだったらしく、当時は難しすぎてなかなか覚えられなかったのだそう(わかる)。メールはもちろん手書きで書く手紙も、総じてギャル文字だったんですって。

【現役JKに「ギャル文字」をどう思うか聞いてみた】

さて、この難解なギャル文字を現代の女子高生はどう感じるのでしょうか? 20代女子の知り合いだという現役JKちゃんに見せて、正直な感想を聞いてみました。

JKちゃんはギャル文字を見て大爆笑。

「わざわざめんどくさいって思いますwwwwwwwww だってこれ打つの大変ですよね!?」と返答が。

そして、わたしの「小さい文字をあえて使う感じやる?」という質問には「わ、を小ちゃくするのあんまりwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」と。

けれども、すべて解読することはできたようで、全文制覇するまでにかかった時間は1分30秒ほどでした。

ちなみに「かわいい」と言ってもらえたのは「ァレ」カ゛㌧」(ありがとう)。「それ逆にいいですねwwww可愛いですwwww」とのことでした。

うん、30代半ばのわたしも、唯一これだけは可愛らしいと思ってましたよ。「㌧」てじわじわくるよね。これ生み出した人のセンス、個人的にめちゃめちゃ好きです。

執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら