2017年にもっとも飲まれたウイスキーランキングが発表されたよ / 1位のボウモアはチョコレートとの相性が最高です♡

ここ数年で、日本のみならず世界中で、ウイスキーの人気が上がっているようです。飲食店などでもハイボールを注文する女性が増えたように思いますし、ウイスキー好きの私としては、仲間が増えて嬉しいかぎりです♪

ウイスキーにはたくさんの種類があるので「美味しさに目覚めた」という人にとっては、どれを飲んだらいいのかわからなくなることもあるでしょう。

そんなときに参考になりそうなのが、日本最大級のバー&ウイスキー愛好家アプリ「HIDEOUT CLUB」が発表した「2017年にもっとも飲まれたウイスキーランキング」

【日本のウイスキー3種がトップ10入り】

アプリユーザーたちが2017年に飲んだウイスキーがずらりと公開されているので、ウイスキーに興味がある人にとっては参考になるはず。名前を覚えておいて、バーなどでひととおり試してみるのも面白いのではないかと思います。

今回取り上げるのは、トップ10に入ったウイスキーの数々です。昨年愛好家たちによく飲まれ、愛されてきたウイスキーは……こちら☆

1位 ボウモア(スコットランド)
2位 ラフロイグ(スコットランド)
3位 アードベッグ(スコットランド)
4位 マッカラン(スコットランド)
5位 ブラックニッカ(日本)
6位 グレンリベット(スコットランド)
7位 イチローズモルト(日本)
8位 バランタイン(スコットランド)
9位 ジョニーウォーカー(スコットランド)
10位 山崎(日本)

【1位は別名「アイラの女王」と呼ばれるウイスキーでした】

1位のボウモアはスコットランド西岸沖のアイラ島で造られており、 “アイラの女王” と称されるウイスキー。スモーキーさとフルーティーさを併せ持つ1品で、わたしはこちらの12年ものが好きです。チョコレートをおつまみにすると、至福の時を味わえますよ♡

【そのほかのウィスキーはどんな味がするの?】

2位以下のウィスキーの印象は、上位から順番に、一言で表していってみることにします。なおすべてわたしの個人的感想ですので、あしからず~!

ラフロイグは「ウイスキー界のパクチー」、アードベッグは「ずばり、スモーキー」、マッカランは「12年ものが香り高すぎて脳が溶ける」

ブラックニッカは「定番&安心の味」、グレンリベットは「クリーミーでバランス最高」、イチローズモルトは「口当たりがよく芳醇」

バランタインは「まろやか&バニラ香好きにはたまらない」、ジョニーウォーカーは「スパイシーなのに甘~い」、山崎は「男の中の男!」

……え~、ちなみにラフロイグを表す「ウイスキー界のパクチー」というのは、「とにかくクセがすごいのだけど、好きな人はドはまりする味」という意味ですっ。これだけじゃわかりにくいとは思いますが(笑)、よろしければご参考に~!

【わたし的おススメは「バランタイン」と「グレンフィディック」】

ちなみに私が好きでよく飲むのは、8位にランクインしたバランタインと、19位にランクインしたグレンフィディック

スコットランド産のグレンフィディックは世界で1番売れているシングルモルトともいわれており、なめらかな口当たりとフルーツを想わせる上品な香りが特徴。ロックにしてもハイボールにしても美味しいですよ~。

山崎の骨太さと比較すると、グレンフィディックは「深窓の令嬢」とか「若き貴婦人」ってところでしょうか。すごく飲みやすいので、興味を持った方は、ぜひ試してみてください!

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

今年いちばん流行った料理は韓国の「チーズタッカルビ」!? 2017年「食のトレンド大賞」が発表されたよ!


先日クックパッド株式会社が発表した、2017年「食のトレンド大賞」。今年を代表する料理のトレンドのキーワードを選出したものなのですが……皆さんは何がいちばん注目を集めたと思う?

2017年の大賞に選ばれたのは、「チーズタッカルビ」! 韓国で人気の「タッカルビ」にチーズをのせたこちらの料理、ブームとなったのにはちゃーんと理由があるみたい。

【ブームのヒミツは……?】

鶏肉と野菜に甘辛い味噌を和え、鉄板で焼き、そこにチーズをのせた「チーズタッカルビ」。おいしいのはもちろんのこと、リーズナブルな鶏肉を使うことで家計にも優しいことや、調理工程が少なく“時短ニーズ”に応えてくれるといった点も人気となった理由だといいます。

たしかに“時短”は日々忙しい私たちにとっては気になるワード。このほか準大賞に選ばれた「ワンパン料理」も、フライパンひとつで簡単に作れるという点で“時短料理”といえそうです。

【“インスタ映え”だって外せない!】

また、2017年流行語大賞にも選ばれた“インスタ映え”も今年はずせないトレンドワード。食卓では見栄えに何かの特徴をかけ合わせた、“インスタ映え×◯◯”が注目を浴びる傾向として浮かび上がってきたのだそう。

大賞をとった「チーズタッカルビ」もシズル感のあるインスタ映えする料理です。インパクトのある見た目はもちろん、チーズがぐつぐつ煮えているおいしそうな“シズル感”がリアルに感じられるSNS投稿が目立ったそうで、これも人気の一因となったようです。


さらに、準大賞も餃子やタルトを薔薇の花の形にする「薔薇◯◯」「トーストアート」もまさに“インスタ映え”する料理。“インスタ映え×アレンジ”として、料理で自身の個性を表現できるということで実践してみた人も多かったとか。

このほか、2017年の食トレンドには「低糖質」「寿司ドーナツ」「シャカシャカクッキー」「無限〇〇」などのワードも選出されています。……うんうん、たしかにどれも聞いたことのある言葉ばかり!

【2018年の食トレンドはコレ!】

そして2018年の食トレンド予測としては、「和食(和菓子)」「ビスケットブラウニー」「オープンパンケーキ」「キャンプ飯」「ゆるベジタリアン」「中東料理」「バインミー」「フードロス」「ギー」「あと出しごはん」の10ワードがピックアップ。オリンピックムードの高まりとともに、ごはん・スイーツ問わず幅広く「健康」が色濃く出る年になるとの予測が立てられています。

2017年「食のトレンド大賞」と2018年のトレンド予測についてさらに詳しく見てみたい方は、クックパッドのホームページでどうぞ!

それにしても、「チーズタッカルビ」が今年そんなに流行っていたとは。まだ1度も口にしたことがないので、これを機に食べに行ってみようかしら……なーんて思った私でした。

参照元:クックパッドPR TIMES
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

6月30日は1年の半分を意味する「ハーフタイムデー」だよ / 2017年上半期で起きた印象的なニュースを振り返ってみよう

気づけばもう6月も終わり! ということは2017年も半分が過ぎようとしているわけで……ぎゃー、日が経つのって本当に早い!! 

ちょうど1年の折り返し地点ということで、6月30日は「ハーフタイムデー」と呼ばれているそうです。これを機に、一度立ち止まって、2017年前半について振り返ってみるのもいいかもしれません。

そういえば今年が始まってからこれまでに、どんなことがあったっけ……?

【2017年前半のおもな出来事】

2017年1月~6月にかけての大きな出来事としては、次のようなことがありました。

1月

・ドナルド・トランプ氏が第45代アメリカ合衆国大統領に就任
・箱根駅伝で青山学院大学が3連覇。史上4校目の3冠に
・藤村俊二さん(俳優)、松方弘樹さん(俳優)死去

2月

・北朝鮮第2代最高指導者の金正男氏が殺害される
・日米首脳会談
・女優・清水富美加さんが宗教団体「幸福の科学」に出家
・映画『ムーンライト』がアカデミー賞作品賞受賞
・女優・堀北真希さんが芸能界引退
・プレミアムフライデーがスタート
・谷口ジローさん(漫画家・代表作『孤独のグルメ』)、鈴木清順さん(映画監督)、ディック・ブルーナさん(グラフィックデザイナー&絵本作家・代表作『ミッフィー(うさこちゃん)』)死去

3月

・学校法人「森友学園」が小学校の設置認可申請を取り下げ
・天皇皇后両陛下、ベトナムを訪問
・ムッシュかまやつさん(ミュージシャン)、渡瀬恒彦さん(俳優)死去

4月

・パリ・シャンゼリゼで銃撃テロ
・福岡で3億8000万円が強奪される
・女子フィギュアスケート選手の浅田真央さんが現役引退を発表
・京唄子さん(女優)、ペギー葉山さん(歌手)、大岡信さん(詩人)死去

5月

・眞子さま、大学時代の同級生とご婚約へ
・イギリス・マンチェスターで自爆テロ
・明治のスナック菓子「カール」東日本での販売終了へ(9月以降は関西以西のみ)
・与謝野馨さん(政治家)ロジャー・ムーアさん(俳優・代表作『007』シリーズ)死去

6月

・小池百合子都知事が「都民ファーストの会」代表に就任
・俳優の小出恵介さんが女子高生との淫行疑惑で無期限活動休止
・元SMAPの香取慎吾さん、草なぎ剛さん、稲垣吾郎さんがジャニーズ事務所退社へ
・日本将棋連盟の藤井聡太さんが公式戦29連勝、歴代単独トップに
・小林麻央さん(フリーアナウンサー)、野際陽子さん(女優)、マイケル・ボンドさん(童話作家・代表作『くまのパディントン』)死去

【皆さんの2017年前半はどんなだった?】

あっという間の半年でしたが、こうして見てみると実にいろいろとありましたね。世の中のことだけでなく、皆さん自身の身の回りや心の中でも、いろいろな出来事や心境の変化、出会い、別れなどあったことと思います。

意識しないとせわしなく毎日を過ごしてしまいますが、「ハーフタイムデー」をきっかけに、2017年前半を振り返り、その気づきを後半に活かしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに「ハーフタイムデー」ですが、以前 Pouch で記事にしたように、6月30日ではなく7月2日という考え方もあるそう。どちらととるにせよ、気を引き締めて2017年後半を過ごしていきたいですね。

Photo:ぱくたそ
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら