オリンピックイヤーは節目の時!? 2020年までに「恋人を作りたい」「結婚したい」と回答している人がめちゃめちゃ多いみたい

気がつけば、もう2018年。東京オリンピックが開催される2020年まで、あと約2年となりました。

東京で開催されるのは1964年以来で、56年ぶり。日本中が熱狂に包まれることはおそらく、間違いありません。

記念すべき瞬間までカウントダウンに入った今、「東京オリンピックに関する意識調査」を行ったのは、婚活総合サービス「株式会社IBJ」。独身男女2704名を対象にしたこちらの調査で明らかになったのは、2020年を “リミット”や“節目” として仮定している人の多さです。

【あなたは「2020年までに達成したいこと」がありますか?】

注目したのは「2020年までに達成したいことはありますか?」という質問。これに「はい」と答えた人は62%で、 “達成したいこと” として挙げられていた例は、以下のとおり!

・結婚して子供をつくる!(20代 / 女性)
・人生の伴侶を見つけて結婚する。(20代 / 男性)
・仕事で英語を使えるようになりたい。(30代 / 女性)
・年収1000万円を越える!(30代 / 男性)
・ダイエットを成功させたい!(40代 / 女性)
・出世してマイホームを購入したい。(40代 / 男性)
・一緒に歩んでいける人を探す。(50代 / 女性)
・再婚して人生のパートナーを見つけたい。(50代 / 男性)

見てのとおり、仕事での成功にダイエット、さらには家を建てるという “人生の一大イベント” といった具合に、バラエティーに富んだ意見が並んでいます。

中でも注目したいのは、「恋人を作りたい」「結婚したい」という声。年代関係なく圧倒的に多かったのが「パートナーが欲しい」という意見らしく、この回答は「東京オリンピックは誰と観たいですか?」という質問の結果とリンクするんです。

【オリンピックを観戦するなら「パートナーと」】

「東京オリンピックは誰と観たいですか?」という質問で1位だったのは、「特になし」(30.9%)。ですが続く2位は「恋人」(28.8%)、3位は「配偶者」(26.8%)と続いておりまして、4位の「友人」(7.2%)の数字と比べると差が大きい~!

「なんとしてでも2020年までに愛する人を見つけて、仲良く手に手を取ってオリンピックを観るんだ!」という強い意志が伝わってくるようです。

【どっかで聞いたことがあると思ったら…】

そういえば2017年に放送され話題を集めたドラマ『東京タラレバ娘』にも、「東京オリンピックに1人はいや!」というセリフが出てきていたように記憶しています。

Pouch 編集部のアラサー女性スタッフも、そのむかし大学の友達9人と「2020年には自分の子供と旦那つれてBBQシヨウネ!」と、鳥貴族でキャッキャした思い出があるそうなのですが……。

2018年の時点で1人しか結婚していないそうですし、その夫婦に子供はいないとのこと。現実というものは、なかなか理想どおりにはいかないものです。

でも……リミットまでまだ、2年あるから! 2年あれば、人生変わるから! ただし人生も考え方も、予想だにしないほうへ転がっていくことも、多々あるのですがね(笑)。

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【未来的】でっかいシャボン玉に入って海中をお散歩!? 世界初の乗り物「海中バルーン」が2020年に実現するかも

360度方向から海の中を満喫できる新時代の乗り物、それが世界初となる「海中バルーン」です。

オーシャンスパイラル株式会社が2020年の完成に向けて動いているという「海中バルーン」のビジュアルは、読んでそのまま、海中を漂う気球(バルーン)という感じ。

全体が透明なうえ、球体のような構造をしているので、まるでシャボン玉の中に入って海の中を散歩しているかのような気分を味わえそうなんです。

【海中に「プライベート空間」を作ろう♪】

「海中バルーン」は、言うなれば “海の中のプライベート空間” 。球体部分はアクリルでできており、内径は2.5m

海中探索はもちろん、海中ウェディングに海中レストランなど、利用シーンもさまざま。個人ならば、大好きな仲間を集めて誕生会や女子会なんかを開いたら、最高に楽しめるのではないでしょうか。

【安全面は大丈夫なの!?】

アミューズメント性があって、夢もある。とっても楽しそうな「海中バルーン」ですが……ただひとつだけ気になるのは、安全面

いかんせん見た目がシャボン玉そっくりなので、一見すると、わたしのように安全面に少々不安を覚える人もいると思うんです。

【心配無用っぽいです】

しかし、世界最高レベルの技術力をもつ潜水艇メーカーが製造しているため、そんな心配は不要なよう。

アメリカ沿岸警備隊の厳格な潜水艇に求められる基準をクリアしているほか、特別な保険による商用船舶としての登録も可能らしいんです。

【ビックリ! 自動航行もできるってよ】

GPSを利用したオートパイロット機能を搭載すれば、自動航行(!)もできるという「海中バルーン」。こういった乗り物が当たり前になる日も、きっとそう遠くはないのでしょうね……!

参照元:プレスリリースオーシャンスパイラル株式会社
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【わかるかも…】2020年を意識すると憂鬱になる人が多い!? 「恋愛・結婚を考えて何となく不安な気持ち」になっちゃうそうです

2020年は、東京オリンピックの開催年。日本に暮らす人にとっては記念すべき年になるであろう2020年をテーマにアンケート調査を行ったのは、恋愛マッチングサービス「Omiai」です。

全国の「Omiai」ユーザー男女2788人を対象に「2020年を意識することはありますか?」と尋ねたところ、「よくある」「ときどきある」と回答した人は全体の約4割に。

その約4割の人々に「2020年を意識したときどんな気持ちになりますか?」と質問すると、半分以上にあたる51.0%が「何となく不安な気持ちになる」と回答していたのですっ。みんなどうして、不安になってるの~!?

【恋愛・結婚面で不安になっている人が多いよう】

不安な気持ちになっている人に “不安の種” を聞いてみると、1位は男女ともに「結婚 / 恋愛関係」(86.9%)。

次いで「仕事関係」(66.8%)、「お金関係」(42.2%)という順位となったわけなのですが、「せっかくのオリンピックイヤーなのに1人はいや!!!」ってことなのでしょうか。そういや日本テレビ系で放送されていたドラマ『東京タラレバ娘』にも、そんなセリフが出てきたような……。

【結婚を意識している人は7割におよぶ】

また対象者に「2020年までに結婚を意識するか」と尋ねたところ、「とても意識する」「まあまあ意識する」と回答した人は全体の7割近くにあたる68.3%

「意識する」理由の第1位は「ちょうど良い年齢だから」(45.1%)、続く2位は「いまから交際を始めるとちょうど良いタイミングだから」(23.8%)で、2020年は今から3年後に当たるわけだから、たしかにちょうどいいかも?

キリのいい数字でもありますし、「節目の年だから」(14.6%)と思っている人も少なくなかったみたいです。

【20代女性スタッフ「私も不安になってきた」】

そもそも結婚願望のない私としては、なぜみんながそんなに焦っているのか、いまいちピンときません。しかし Pouch 編集部の20代女性スタッフも、アンケート対象者の一部と同じように「不安になっている」らしいのです。

「いつかは彼氏ができると思って、結婚できると思って、なんとか生きているのに……。“2020年を意識すると恋愛面で不安になる人がいる” なーんて聞いちゃったら、私も一気に不安になってきちゃいましたよ」(スタッフ談)

そうか、そういうもんなのか。そもそも “うっすら不安” だから、「みんな不安だよ」という言葉を聞くと一気に、気持ちがマイナスな方向へ引っ張られてしまうのかもしれませんねぇ。

ですが目標を達成するには、リミットを設けることも大切です。2020年という年を意識することは、婚活を考えている人にとっては、やる気の元につながるのかも!?

参照元:プレスリリース
画像:Pouch編集部
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら