【日本初上陸】24時間表示のアナログ時計!? 北欧生まれの「オーカーフォーク」は60年代ヴィンテージ風デザインで美しくて実用的☆

アナログ時計の文字盤は、普通は12進法。だけどスウェーデン生まれの腕時計「Åkerfalk(オーカーフォーク)」の文字盤は、24の数字が並んでいるんです。

クラウドファンディングサイト「Makuake」に登場した「オーカーフォーク」は、60年代のヴィンテージ時計にインスパイアされたという、24時間表示の腕時計。1日ぶんの時間をぐるりと1周、正確に刻んでくれるといいます。

【あっ、秒針がない~!】

通常の時計は午前と午後で “一区切り” 。12時になった時点で一旦リセットされるものですが、こちらは24時間なので午前と午後で読み替える必要はありません

注目したいのは秒針がないことで、このひと工夫がせわしなさを排除しているんだとか。なんでも、時間に追われる感覚を味わうことなく、1日をゆったりと過ごすことができるんですって。

【24時間で時間を把握したい人に◎】

また “24時間” で時間を見られることは、忙しい人にとっても大きな利点

たとえば海外出張の多いビジネスマンや起業家、旅行業や鉄道関係者、医療従事者。さらには消防や警察の方々など、特殊な生活スタイル上、24時間で時間を見た方が時間を把握しやすいという人には、ピッタリなのではないでしょうか。

【丸みを帯びたデザインの美しさに魅了されます】

時計は時間を見るだけでなく、アクセサリーとしての機能も。「オーカーフォーク」はデザインの美しさでも突出しています。

60年代風ヴィンテージ感を醸し出すのは、文字盤のミネラルガラス(クリスタルガラス)。ダブルになって割れにくくなったミネラルガラスは、緩やかなドーム型アーチにデザインされていて、よく見れば分針も湾曲しています。

なめらかな曲線の美しさに魅了されますし、ドーム型ダイアルがまた、たまらなくクラシカル……!

ストラップはTPOや好みに付け替えることができる(好きなタイプを1つ選べます)から違った表情を楽しめそうだし、いくつになっても愛用できる、普遍的な美しさがあるんですよね。それにユニセックスに使えるところも、ポイントが高い~っ。

【長く使うにはもってこいだゾ☆】

そのほか肌に密着する部分には、サージカルステンレスと呼ばれる強度が高くてさびにくい素材が使用されているなど、長~く使えそうな予感。

このクラウドファンドは申し込んだ時点で売買契約が成立するもの。支援コースは、超早割の税込み3万1800円から。一生ものの時計として、自分へプレゼントしてみてはいかがでしょうか♪

参照元:Makuake
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら