【絶対観る】『田中圭24時間テレビ』をAbemaTVにて放送決定! 24人のゲストとドラマを作り上げる「24時間耐久ドラマ製作」に挑戦

テレビ朝日系深夜ドラマ『おっさんずラブ』をきっかけに大ブレイク。ドラマはもちろんバラエティー番組にも引っ張りだこの俳優・田中圭さんが、なんと24時間生放送に挑戦するというビッグニュースが入ってまいりました。

番組のタイトルは、ずばり『田中圭24時間テレビ』。2018年12月15日夜21時から16日夜21時まで、AbemaTVのAbemaSPECIAL 2チャンネルで放送されるそう。

「24人の特別ゲストと一緒に、24時間かけて1本のドラマを作る」という驚きの内容で、座長を務める田中さんがどのように奮闘するのか非常に気になります。というか、24時間ず~~~っと田中さんの姿を見ていられるというだけで、十分眼福だわ~♡

【脚本が豪華すぎる】

興味深いのは、共同で脚本を担当するのが、放送作家の鈴木おさむさんと漫画家の東村アキコさん(!)という豪華すぎるメンバーであること。制作側のスタッフがこれだけ大物ぞろいなのですから、ゲストとしてやってくる俳優陣も非常に気になるところです。

【ゲストが超気になります】

会見によると、生放送の中で撮影するシーンは全部で24。

24シーンはすべて連続したストーリーとなっているらしく、1時間で1シーンを撮影するほか、1シーンごとに異なるゲストが登場するといいます。

この会見で田中さんは、来てほしいゲストとして吉田鋼太郎さんや小栗旬さんの名前を挙げておりまして、なにがなんでも実現してほしいと願わずにはいられません。あと吉田さんを呼ぶのなら、絶対に林遣都さんも呼んでほしい……!

【入浴シーンもあるかも!?】

しかし誰が登場するかは、放送当日にならないとわかりません。また脚本を担当する鈴木さんは

「お腹空くじゃないですか、お風呂も入りたいじゃないですか。お風呂、どうぞ入ってください。ただ撮影しますけど(笑)。そういうのもドラマのワンシーンで」
「見たいシーン、みなさんありますよね。リクエストも受け付けますから」

ともコメントしております。普段の妄想を実現することができちゃうかもしれないので、思い切って鈴木さんにリクエストしてみるといいかも?

【いろんな「田中圭」を堪能できそう】

生放送ということで、これまで目にしたことのない田中さんの姿を拝めそうなことも、番組を視聴する醍醐味。

序盤はりきって盛り上げる田中さん、ゲストのみなさんに気を遣う田中さん、演技を作り込んでいく真剣な田中さん、時間が経つにつれて疲れたような表情を見せる田中さん……。

24時間のうちに一体どれだけ表情の変化を楽しめるのか妄想するだけで、幸せな気持ちになっちゃいますよね。そして個人的には “仕事で疲れている男性の顔” が好きなので、疲れた顔、いっぱい見せてほしいな……!

参照元:AbemaTVAbemaTIMES
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【絶対観る】『田中圭24時間テレビ』をAbemaTVにて放送決定! 24人のゲストとドラマを作り上げる「24時間耐久ドラマ製作」に挑戦

テレビ朝日系深夜ドラマ『おっさんずラブ』をきっかけに大ブレイク。ドラマはもちろんバラエティー番組にも引っ張りだこの俳優・田中圭さんが、なんと24時間生放送に挑戦するというビッグニュースが入ってまいりました。

番組のタイトルは、ずばり『田中圭24時間テレビ』。2018年12月15日夜21時から16日夜21時まで、AbemaTVのAbemaSPECIAL 2チャンネルで放送されるそう。

「24人の特別ゲストと一緒に、24時間かけて1本のドラマを作る」という驚きの内容で、座長を務める田中さんがどのように奮闘するのか非常に気になります。というか、24時間ず~~~っと田中さんの姿を見ていられるというだけで、十分眼福だわ~♡

【脚本が豪華すぎる】

興味深いのは、共同で脚本を担当するのが、放送作家の鈴木おさむさんと漫画家の東村アキコさん(!)という豪華すぎるメンバーであること。制作側のスタッフがこれだけ大物ぞろいなのですから、ゲストとしてやってくる俳優陣も非常に気になるところです。

【ゲストが超気になります】

会見によると、生放送の中で撮影するシーンは全部で24。

24シーンはすべて連続したストーリーとなっているらしく、1時間で1シーンを撮影するほか、1シーンごとに異なるゲストが登場するといいます。

この会見で田中さんは、来てほしいゲストとして吉田鋼太郎さんや小栗旬さんの名前を挙げておりまして、なにがなんでも実現してほしいと願わずにはいられません。あと吉田さんを呼ぶのなら、絶対に林遣都さんも呼んでほしい……!

【入浴シーンもあるかも!?】

しかし誰が登場するかは、放送当日にならないとわかりません。また脚本を担当する鈴木さんは

「お腹空くじゃないですか、お風呂も入りたいじゃないですか。お風呂、どうぞ入ってください。ただ撮影しますけど(笑)。そういうのもドラマのワンシーンで」
「見たいシーン、みなさんありますよね。リクエストも受け付けますから」

ともコメントしております。普段の妄想を実現することができちゃうかもしれないので、思い切って鈴木さんにリクエストしてみるといいかも?

【いろんな「田中圭」を堪能できそう】

生放送ということで、これまで目にしたことのない田中さんの姿を拝めそうなことも、番組を視聴する醍醐味。

序盤はりきって盛り上げる田中さん、ゲストのみなさんに気を遣う田中さん、演技を作り込んでいく真剣な田中さん、時間が経つにつれて疲れたような表情を見せる田中さん……。

24時間のうちに一体どれだけ表情の変化を楽しめるのか妄想するだけで、幸せな気持ちになっちゃいますよね。そして個人的には “仕事で疲れている男性の顔” が好きなので、疲れた顔、いっぱい見せてほしいな……!

参照元:AbemaTVAbemaTIMES
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【本日放映】『24時間 宇多田ヒカル』を放送! 全ミュージックビデオにライブ映像5本一挙放送など早朝から目が離せません

12月9日は、宇多田ヒカルさんのデビュー日。1998年のこの日にデビューして以後、 “比類なき天才” として、広く愛され続けてきました。

20周年イヤーの皮切りとなる2017年12月9日に「MUSIC ON! TV(エムオン!)」で放送されるのは、『M-ON! 20th Anniversary 24時間 宇多田ヒカル』

ドキュメンタリーやライブコンテンツ、さらにはミュージックビデオ特集など、24時間ず~っと “宇多田ヒカル尽くし” 。開始時間は朝の6時なので、土曜日だからってうかうか朝寝坊していられませんよ~!

【見どころしかない24時間】

スタートを飾るのは、宇多田さんのこれまでの楽曲を歌詞付きで振り返ることができる「ミュージックビデオ特集」

続いて8時30分から放送されるのは、2017年7月28日に発売された楽曲『Forevermore』MVの撮影に密着したドキュメンタリー特番で、始まって早々、情報密度が濃い~!

その後もファーストライブを含む全5本のライブ映像カラオケランキング、さらには最新楽曲『あなた』のMVドキュメンタリー特番といった具合に、盛りだくさんな内容となっているんです。

【タイムテーブルあります】

当日のタイムテーブルの詳細は、『M-ON! 20th Anniversary 24時間 宇多田ヒカル』特設サイトをチェック。宇多田さんの20年間にどっぷりと浸り、その底知れぬ魅力をたっぷりと堪能できるこの機会は、ファンならずとも必見ですよ♪

【ポスターが当たるキャンペーンも!】

また番組放送を記念して12月2日から12月31日まで行われているのが、スペシャルポスターが当たるツイッター投稿キャンペーンです。

参加方法は簡単で、まずは「エムオン!」公式Twitterアカウントをフォローし、続いて『24時間 宇多田ヒカル』の中で1番見たい番組名を、ハッシュタグ「#24時間宇多田ヒカル」を付けてツイートするだけ。

ツイートを投稿した人の中から抽選で200名に当たるのは、「M-ON! 20th Anniversary×宇多田ヒカル『あなた』コラボレーションスペシャルポスター」です。当選の知らせはダイレクトメッセージで届くそうなので、忘れずにチェックするようにしましょうねっ。

参照元:プレスリリースM-ON! 20th Anniversary 24時間 宇多田ヒカル
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

建築用3Dプリンターで家を建てると…たったの24時間で完成しちゃった! その様子をごらんください

いつかは建てたいマイホーム。だけどお金もそれなりに必要だし、時間だってかかります。ところがアメリカ・サンフランシスコに拠点を置く会社「アピスコー(Apis Cor)」にお願いすれば、かかるコストは約113万円わずか24時間で家が完成してしまうというのだからすごい!!!

「Apis Cor」は世界初の移動建設3Dプリンタを開発する会社で、建設に要する時間は24時間でも強度はバッチリ。なんと最高で175年間もつ(!)という3Dプリンタ製の家を、モスクワのストゥピノという街に完成させました。その製作の様子がYouTubeに公開されています。

【3Dプリンタの大きさは比較的コンパクト】

一面の銀世界にたたずんでいるのは、円形にほど近い黄色の建物。「Apis Cor」社特製の建設用3Dプリンタで作られたもので、ホームページによれば、建物の面積は38平方メートル。中にはホール、バスルーム、リビングルーム、コンパクトなキッチンを備えているんですって。

3Dプリンタの大きさは、アームが4m、高さが1.5m、重さが2トンと、建築機材としてはコンパクト。必要に応じて伸び縮みし、目的地まではクレーン車で運ばれるそう。アームは最長で8.5m、高さは最高で3mにもなるのだそうです。

【コンクリートも混ぜるよ】

3Dプリンタのなかにはコンクリートを混ぜるためのミキサーが内蔵されていて、1台で1日あたり最大100平方メートルの建物を出力することが可能。ホームページによると、必要とする人員は事業管理をする人と材料供給をする人、合計2人だけなんですって。

【色を塗ったり窓をはめ込んだりするのは人間のお仕事】

インストールとセットアップにかかる時間は、だいたい30分。必要とする電力は電気ポット5台を同時に使用するのと同じ、800kw。回転式アームですいすい基礎から着工、内装外壁屋根のすべての製作を3Dプリンタが担当します。

おおかた完成したら、今度は人間の出番。壁を塗り、屋根に耐久シートを張り、壁面に断熱材を注入。窓などを取り付け家具を入れたら、3Dプリンタハウスの完成で~す!

【こうして時代は変わっていくのね…】

これまでにも建築に3Dプリンタは用いられてきましたが、作られていたのは家全体ではなく部品のみ。組み立ては人間が行ってきましたが、「Apis Cor」の3Dプリンタはその過程をすべてやってのけてしまうというのだから前代未聞です。

正直なところ、どれだけ「丈夫です!」と言われても不安が消えないことは否めませんが、24時間でできるという特性は災害時などに役立ちそう。コストも人手も最小限で無駄なし。3Dプリンタの家が主流になる未来が、すぐそこまでやってきているのかもしれません。

参照元:Apis CorYouTube
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら