世界一高級なタコスが爆誕! お値段は約278万円です…って車買えるやないかーーーい!!

以前 Pouch で約23万円もする高級ピザを紹介しましたが、本日はさらにその上をゆく超、超、超高級タコスを紹介しちゃいます!

もはやファストフードと表現することさえおこがましいタコスが登場したのは、メキシコのリゾート地カボ・サン・ルカス にある4つ星ホテル「グランド・ヴェラス・ロス・カボス」。おそらく世界一高額であろうタコスのお値段は……聞いてビックリ、2万5000ドル!(約278万円)也~!!!

【「高い」とかいうレベルじゃない】

ゼロの数が間違っていやしないか何度も何度も確かめてしまいましたが、やはり価格は約278万円。日本上陸も果たした大手チェーン店「タコベル」のタコスが、1つ320円から630円。もし630円のタコスを365日毎日食べても230万円ほどですので……一体どれくらい桁違いなのか、おわかりいただけますよね!?

【材料がものすごいんです】

類を見ない超高級タコスを生み出したのは、ホテルの総料理長のジュアン(Juan Licerio Alcala)さんです。

気になるのは使用されている材料で、 ラインナップはヨーロッパアカザエビに神戸牛、黒トリュフ入りのブリーチーズ、さらには世界一高価だといわれているキャビア「アルマス・キャビ・ ベルーガ」! 

具材を包み込むトルティーヤもフツーではなく、中に24金フレークが混ぜ込まれているという徹底ぶり。タコスに添えられるドリンクは、ジャコウネコの糞から採られるコーヒー豆で作った希少なコーヒー「コピ・ルアク」で、もう一体どこまで高級志向なんですか~!

【一体どんな人が注文するのでしょうか…】

メキシコには、世界でもっとも高価なテキーラ「 Ley .925 Pasion Azteca Ultra」(1ボトル約1670万円!)が存在するので、お酒と合わせたいならこれがもっとも適しているかも!?

とはいえ実際食べるだなんて、夢のまた夢。材料があまりにもゴージャスすぎてむしろ食べる気すら起こりませんが、一体どのような人物がこのタコスを注文するのか、これ1点だけが気になるところですっ。

参照元:LOS CABOS BlogNeatoramaFacebook
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら

超高級ピザのお値段は約23万円!? 世界三大珍味と24金をこれでもかと盛り付けた成金グルメに悶絶

約22万7000円。みなさんはこの数字が何を表すものか、想像ができるでしょうか。実は……これ、ピザの値段なんです!!

アメリカNYにあるレストラン「インダストリー・キッチン(Industry Kitchen)」で販売されている超高級ピザ「24K」は、読んで字のごとく、表面を大量の24金で覆われているのが大きな特徴。

贅沢なのはこれだけでなく、ほかにはフォアグラにトリュフ、キャビアが乗っかっているんですって。ひいい、世界三大珍味、全制覇!

【金の量にご注目】

生地にイギリス原産のチーズ・スティルトンをたっぷり乗せて焼いた後、高級食材と溢れこぼれ落ちそうな量の24金、さらにはエディブルフラワー(食用花)を盛り付け完成させたピザは8等分にカットされています。

Instagram Photo

1切れあたり約2万8000円、ということ。ひとくち幾らになるのか、いちいち考えながら食べてしまいそうだわ……。

Instagram Photo

【食べてみたいような、そうでもないような】

「24K」を食べるには、来店48時間前に予約が必要とのことなので、注文する際には十分お気をつけて。

ぜいたくの極みとでも言うべきピザを注文する人は、果たしてどれくらいいるのでしょうか。物珍しさという点ではニューヨーカーにウケそうだけど、なにせ22万7000円だからなぁ。1度くらいは食べてみたい気もするけれど、庶民としては、目の前にしたら気おくれしちゃいそうですっ。

参照元:Industry Kitchen ホームページInstagram
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら