高橋一生が歌いながら帰りを待っている姿にキュン / にっこり笑顔の「おかえり♡」で、さらにズッキュンです

以前 Pouch で紹介した、高橋一生さん出演のドコモの25周年ムービー。出会いと別れ、再会。そして結婚、出産、子育て。紆余曲折を乗り越えてきた親子のその先のストーリー「娘の帰り」篇が、スピンオフCMとして2017年8月28日より全国放映されています。

駅前で音楽を聴きながら、17歳の娘(清原果耶さん)の帰りを待つ父(高橋さん)。イヤホンから流れてくるのはMr.Childrenの名曲『抱きしめたい』で、ぼんやりと口ずさんでいるとやがて目の前に娘が現れる、といった内容となっています。

【父と娘の微笑ましいやり取りにほっこり】

反抗期の娘に反発されながらも、静かに見守り続けてきた父。

そんな父の気持ちを知っているからこそ、「過保護だなぁ」と呆れつつも嬉しさを隠しきれない娘。

思春期の父娘ならではな微妙な距離感、照れくささを交えた娘のなんともいえない表情に、観ているこちら側も心が和んでしまいます。

【『抱きしめたい』の歌詞は「娘を想う父親の気持ち」!?】

高橋さんの慈愛に満ちた笑顔にも、またほっこり。2人のやりとりを眺めていたらふと、こんな考えが浮かびました。

「ひょっとすると父の歌う『抱きしめたい』には、 “娘を抱きしめたい” という意味が込められているのかも……?」

そもそも恋愛を歌ったバラードとして知られているこの楽曲ですが、見方によっては、娘をずっとそばで見つめてきた父親の目線のようにも感じられるのです。

高橋さんが口ずさんでいる「抱きしめたい 溢れるほどの 想いが こぼれてしまう前に」というフレーズしかり、クライマックスにある「もしも 君が 泣きたい位に 傷つき 肩を落とす時には 誰よりも素敵な 笑顔を 探しに行こう」然り。

だんだんと、大きな愛を持って娘を見守る父の気持ちを代弁しているかのように思えてくるから不思議なんですよねぇ。

【メイキングやインタビュー記事も必見です☆】

テレビではなかなか観ることのできない30秒篇CM、そして撮影の裏側をとらえたメイキングムービーを観たいという方は、YouTubeもしくはウェブサイト「dヒッツ」からチェック。

また「dヒッツ」には、スペシャルコンテンツとして高橋さんと清原さんの特別インタビューが掲載されているので、こちらもぜひご覧になってみてください。

参照元:プレスリリースYouTubedヒッツ
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

高橋一生がミスチルを歌う姿も…ドコモの25周年ムービー本編が公開 / 懐かしいあの瞬間が続々と登場します

デビュー25周年を迎えるドコモとMr.Childrenがタッグを組んだ、高橋一生さん出演の新CM予告編『25年前の夏』の本編、『25周年ムービー』が、2017年7月18日にとうとう公開されました。

今から25年前の夏、高校生のときに出会った男女が、どのような恋愛をして、別れを経験し、再び出会って結婚したのか。そして結婚後、子供が生まれてから現在まで、どのように歩んで来たのか。家族3人の軌跡を、およそ4分間の動画で観ることができます。

【いちど別れていた父と母】

父(高橋さん)と母(黒木華さん)は、高校を卒業してからも仲睦まじく過ごしていたけれど、父は当時すごくモテる人でした。

ほかの女性と遊ぶことも多かった父に嫌気がさして、ある日2人は別れてしまいます。

だけど母は、父の番号を携帯電話から消去することができなかったんです。

【奇跡が重なって…再会】

時は流れ、別れから2年半後。 車のラジオからふたりの思い出の曲、ミスチルの『花 -Mémento-Mori-』が流れてきたとき、父はふと思い立って母に電話をかけました。

父からの電話に出ることを戸惑った母でしたが、意を決してかけ直したことで、再びふたりの恋がスタートするのです。

いくつかの小さな奇跡が重なったことで、ついに結婚、子供が生まれるに至ったふたり。

彼らの日々にはいつもポケベル、携帯電話、スマートフォンがあって、娘を撮影した写真や動画も、時代を追うごとに美しく変化していきます。

【高橋さんのカラオケシーンは必見です】

動画ではCDコンポや雑誌、アナログテレビなどの家電や小物類だけでなく、街を行く人々の服装や、バックに流れるミスチルのヒット曲にも時代がよく反映されているので、そのあたりにもぜひ注目してみてください。

それから、高橋さんがミスチルを歌うシーンもあるので、この部分も必見ですよ~!

【自分の父と母を思い浮かべてしまう】

最近めっきり涙もろくなったわたしは、4分の動画にすっかり泣かされてしまいました。

思春期&反抗期真っ盛りの17歳の娘(清原果耶さん)よりも、父と母の心情に心を重ねてしまうのは、そういう年齢になったってことなのかな……。

まるで、ドラマや映画を観終わったかのような満足感を得られる『25周年ムービー』。エンディングに流れる曲はデモ音源だそうですが、とてもいい曲なので、ぜひとも完成形を聴いてみたいものです♪

参照元:プレスリリース、NTTドコモYouTube
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら