ローソンが『3月のライオン』とコラボ! 川本家3姉妹をイメージした店舗が月島に出現&原作に出てきたスイーツも発売されるよ♪

羽海野チカさん原作の大人気漫画『3月のライオン』が、この夏ローソンとコラボ! 2018年7月9日から、全国のローソンでキャンペーンを展開していいます。

今回のキャンペーンを一言で言い表すならば、ずばり “コラボの嵐” 。

コラボスイーツなんてまだ序の口で、東京・月島に人気キャラをフィーチャーしたコラボ店舗が出現したり、期間限定のゲームが登場したりと、これまでにないほどコラボ尽くしとなっているんです。

【あの白玉が食べられる!】

まず紹介するのは、7月24日から発売されるコラボスイーツ、川本家の「ミルクティー白玉寒天」(税込 300円) 。

川本家とは、主人公の桐山零が足しげく通う家のこと。あかり・ひなた・モモの仲良し3姉妹とまるで家族のように団らんする姿は、原作ファンにはおなじみの光景です。

「ミルクティー白玉寒天」は漫画に出てくる「冷やし白玉シロップ」をイメージして開発されたのだそうで、このシーンをよだれを垂らしながら読んでいたファンにとってはたまらない逸品!

しかも購入すると、アニメ『3月のライオン』で川本あかり役を務める茅野愛衣さんによる、猫の「ニャー」という鳴き声が流れるのだそうですよ。なにそれ超レア!(一部決済音が鳴らない店舗もあり&一部販売していないローソン店舗もあり)

【川本家3姉妹をイメージしたコラボ店舗が月島に!】

さらに注目はコラボ店舗。7月24日から8月6日までの期間、川本家の3姉妹それぞれをイメージした店舗が都内に3つ出現するといいます。


コラボ店舗はすべて作品の舞台となった東京・月島にあって、あかりは「ローソン月島駅前店」、ひなたは「ローソンH月島四丁目店」、そしてモモは「ローソン月島勝どき店」。

各店舗ではキャラクターのコンセプトに合ったグッズや、コミック9巻の付録版に付いていた「どうぶつしょうぎ」とのコラボのミニ将棋「おでかけニャーしょうぎ」などが販売されるそうで楽しみ~! なおグッズの品ぞろえは店によって異なるそうなので、あらかじめご了承くださいね。

【キュートな将棋ゲームも気になるう!】

また、7月9日からローソンの公式LINEに登場しているミニ将棋ゲーム「ニャー将棋」には、作中に出てくる将棋の駒を擬猫化したイラストが使われていて、これだけで胸アツ。

実はローソン公式 LINEにはそもそも「あきこと将棋」という機能があって、これが “鬼のように強い” と有名だったのですが……。「ニャー将棋」は歩・角行・飛車・王将だけで構成されているということで、これならなんとか戦えるかも!?

【巡礼待ったなしです】

このように、 “コラボの嵐” 状態のローソン。きっとコアなファンのみなさんは、コラボ店舗を巡礼しちゃうんだろうなぁ……。ま、全巻読んでるわたしも、巡礼するつもりなんですけどね~!

参照元:ローソン / 3月のライオンキャンペーンローソン研究所
画像=©羽海野チカ・白泉社 ©Lawson, Inc.
※画像は全てイメージです
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

アカデミー賞ノミネート作品をパロディーし続ける3姉妹が可愛すぎる♡ 『スリー・ビルボード』や『ダンケルク』など話題作を熱演

第90回目となるアカデミー賞の発表が、2018年3月5日に行われます。

ノミネートされている数々の話題作をフィーチャー、名シーンをパロディーした写真作品を撮り続けているのは、アメリカに住む写真家のマギー・ストリーノ(Maggie Storino)さん。モデルを務めているのはマギーさんの幼い娘たち3人で、2011年からスタートした試みは今年で8年目を迎えるんです。

「Don’t Call Me Oscar」と題されたプロジェクトにはホームページと公式インスタグラムがあって、こちらから作品を見ることができます。

【作品賞にノミネートされた作品をパロディー】

2018年版として公開されているのは、最多13部門でノミネートされているギレルモ・デル・トロ監督の『シェイプ・オブ・ウォーター』に、 マーティン・マクドナー監督の『スリー・ビルボード』

Instagram Photo

日本でもヒットしたクリストファー・ノーラン監督の『ダンケルク』。アカデミー賞5部門にノミネートされたグレタ・ガーウィグ監督による青春映画『レディー・バード』

Instagram Photo

さらにはデビュー作にして全米の話題をかっさらった、ジョーダン・ピール監督のサプライズスリラー映画『ゲット・アウト』などなど、本家アカデミー賞にノミネートされている作品をテーマにしたパロディー写真がずらりと並んでいます。

Instagram Photo

【まだまだ幼い姉妹たちの名演をご覧あれ!】

ストリーノ家3姉妹の年齢は、上から7歳(ソフィアちゃん)、5歳(サディーちゃん)、2歳 (スローンちゃん)。マギーさんは「まさか8年目になるだなんて信じられない」と海外サイト「Mashable」に語っています。この3姉妹は、生まれたときからプロジェクトに参加しているわけですね。

この撮影が、すっかり “家族で過ごす休日” の恒例イベントとなっているようで、ストリーノ家にとってはこれが日常、そしてライフワーク!

【水中での撮影では苦労したみたい】

マギーさんたちが今回特に苦労したのは、『シェイプ・オブ・ウォーター』をテーマにした撮影。水の中で幻想的な写真を撮らなければならず、地元のプールを借りて水泳の練習に励んだといいます。

長女のソフィアちゃんは、占いやお告げをしてくれるオモチャ「マジック8ボール」に撮影がうまくいくかどうか相談までしていたようなのですが、結果どうなったのかは作品をご覧になっていただければ一目瞭然。完璧な仕上がりとなっております~!

個人的には、『スリー・ビルボード』に挑戦したサディーちゃんの鋭い視線がツボです。映画の主演を務めるフランシス・マクドーマンドさんにも負けず劣らずの演技を見せてくれているので、ぜひご注目を☆

参照元:Don’t Call Me OscarInstagram @dontcallmeoscarMashable
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

アカデミー賞ノミネート作品をパロディーし続ける3姉妹が可愛すぎる♡ 『スリー・ビルボード』や『ダンケルク』など話題作を熱演

第90回目となるアカデミー賞の発表が、2018年3月5日に行われます。

ノミネートされている数々の話題作をフィーチャー、名シーンをパロディーした写真作品を撮り続けているのは、アメリカに住む写真家のマギー・ストリーノ(Maggie Storino)さん。モデルを務めているのはマギーさんの幼い娘たち3人で、2011年からスタートした試みは今年で8年目を迎えるんです。

「Don’t Call Me Oscar」と題されたプロジェクトにはホームページと公式インスタグラムがあって、こちらから作品を見ることができます。

【作品賞にノミネートされた作品をパロディー】

2018年版として公開されているのは、最多13部門でノミネートされているギレルモ・デル・トロ監督の『シェイプ・オブ・ウォーター』に、 マーティン・マクドナー監督の『スリー・ビルボード』

Instagram Photo

日本でもヒットしたクリストファー・ノーラン監督の『ダンケルク』。アカデミー賞5部門にノミネートされたグレタ・ガーウィグ監督による青春映画『レディー・バード』

Instagram Photo

さらにはデビュー作にして全米の話題をかっさらった、ジョーダン・ピール監督のサプライズスリラー映画『ゲット・アウト』などなど、本家アカデミー賞にノミネートされている作品をテーマにしたパロディー写真がずらりと並んでいます。

Instagram Photo

【まだまだ幼い姉妹たちの名演をご覧あれ!】

ストリーノ家3姉妹の年齢は、上から7歳(ソフィアちゃん)、5歳(サディーちゃん)、2歳 (スローンちゃん)。マギーさんは「まさか8年目になるだなんて信じられない」と海外サイト「Mashable」に語っています。この3姉妹は、生まれたときからプロジェクトに参加しているわけですね。

この撮影が、すっかり “家族で過ごす休日” の恒例イベントとなっているようで、ストリーノ家にとってはこれが日常、そしてライフワーク!

【水中での撮影では苦労したみたい】

マギーさんたちが今回特に苦労したのは、『シェイプ・オブ・ウォーター』をテーマにした撮影。水の中で幻想的な写真を撮らなければならず、地元のプールを借りて水泳の練習に励んだといいます。

長女のソフィアちゃんは、占いやお告げをしてくれるオモチャ「マジック8ボール」に撮影がうまくいくかどうか相談までしていたようなのですが、結果どうなったのかは作品をご覧になっていただければ一目瞭然。完璧な仕上がりとなっております~!

個人的には、『スリー・ビルボード』に挑戦したサディーちゃんの鋭い視線がツボです。映画の主演を務めるフランシス・マクドーマンドさんにも負けず劣らずの演技を見せてくれているので、ぜひご注目を☆

参照元:Don’t Call Me OscarInstagram @dontcallmeoscarMashable
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら