キャンメイク新作「クレヨンマットリップ」は30代女子も使える万能アイテム! 「アンティークブラウン」がオススメだよ

近ごろ流行している、クレヨンリップ。

読んでそのまま “クレヨンのかたちをしたリップ” のことで、ペンシルタイプだから使いやすいし、リップライナーいらずだしで、人気が出るのもよ~くわかります。

プチプラブランド「キャンメイク」も、2018年10月1日に新商品「クレヨンマットリップ」(税抜き 各600円)を発売。

カラーは3色で、レディーな印象の「No.01 ミステリアスワイン」、肌なじみの良い「No.02 アンティークブラウン」、そしてビビッドな「No.03 クイーンレッド」といったラインナップとなっています。

【全種コンプリートして使ってみました】

クレヨンリップといえば、プチプラでも1000円以上はする印象

それが600円で買えるというだけでもラッキーですし、「なめらかな塗り心地」「高発色でマットな仕上がり」「繰り出し式でシャープナーいらず」「UVケアもカバー」と魅力が満載。

キャンメイクから実物が送られてきたので実際にはどのような質感なのか、試してみることにしましたよ。

【小ぶりなサイズ感がイイね☆】

手に取ってみてまず感じたのは、全体的にサイズが小ぶりだということ。とはいえ小さすぎるということはなく、スリムなフォルムなので手に握りやすいっ。化粧ポーチに入れて持ち歩くにも、ちょうどいいサイズ感です。

【塗り心地なめらか&リップラインを描きやすい!】

続いて肝心の “使い心地” をチェック。

いざ使ってみると、塗り心地は非常になめらかでスムーズ。そしてとにかく扱いやすいサイズ感なので、リップラインを描くのも思いのまま。

先端が細くなっているので繊細なラインを描きやすく、“クレヨン” と名がついてはいるものの、色鉛筆で描いたかのような細い線が描けることに感動しました。

「細い線が描きやすい」と聞くと「逆に色が塗りにくいのでは?」と思う方もいるかもしれませんがそんなことはなく、なにせなめらかな塗り心地なので、ぬり絵を楽しむかのようにすいすい色を塗布していくことができましたよ。

【3色塗ってみました】

ということで、3色を全部塗ってみました。どれもものすごく発色がよく、質感はちょいマット。だけどツヤも感じられる絶妙なリップです。これで600円とはありがたい。

・No.01 ミステリアスワイン
ピンクを感じる鮮やかな発色です。少々派手かなとも感じますが、華やかさもあり、だけど発色のわりには落ち着いたピンクを感じられていい感じです。

・No.02 アンティークブラウン
3つの中でもっとも使いやすい色でした。ブラウンが入ることで、少し落ち着いた印象でオフィスでも使いやすい色に。派手な色のリップに抵抗がある人には、迷わずこちらをおススメします。

「No.03 クイーンレッド
3色のうちもっとも鮮やかと言ってもいいくらいの発色の良さで、少し青みがかった “ザ・レッド” な色味がまぶしい~! 赤リップに抵抗があるかないかで好みが分かれそうですが、使いやすく安価なお値段なので、赤リップ入門編にはちょうどいいのではないでしょうか。

【30代でも使いやすいのはブラウン!】

3色使用してみていちばん「日常で活躍してくれそう!」と感じたのは、「No.02 アンティークブラウン」です。

もちろん好みの問題もあるのでしょうが、ビビッドな色だと日常的に挑戦しにくく思ってしまう30代のわたしにとっては、ブラウンがもっとも「しっくりくる」といった印象でした。これ、買いですよ!

リップライナーと口紅の両方の役割を担ってくれるクレヨンリップの便利さに、これからズブズブとハマってしまいそうです。流行りのアイテムでもありますし、1本持っておいて損はないと思いますよぉ!

参照元:キャンメイク
撮影=Pouch編集部
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

キャンメイク新作「クレヨンマットリップ」は30代女子も使える万能アイテム! 「アンティークブラウン」がオススメだよ

近ごろ流行している、クレヨンリップ。

読んでそのまま “クレヨンのかたちをしたリップ” のことで、ペンシルタイプだから使いやすいし、リップライナーいらずだしで、人気が出るのもよ~くわかります。

プチプラブランド「キャンメイク」も、2018年10月1日に新商品「クレヨンマットリップ」(税抜き 各600円)を発売。

カラーは3色で、レディーな印象の「No.01 ミステリアスワイン」、肌なじみの良い「No.02 アンティークブラウン」、そしてビビッドな「No.03 クイーンレッド」といったラインナップとなっています。

【全種コンプリートして使ってみました】

クレヨンリップといえば、プチプラでも1000円以上はする印象

それが600円で買えるというだけでもラッキーですし、「なめらかな塗り心地」「高発色でマットな仕上がり」「繰り出し式でシャープナーいらず」「UVケアもカバー」と魅力が満載。

キャンメイクから実物が送られてきたので実際にはどのような質感なのか、試してみることにしましたよ。

【小ぶりなサイズ感がイイね☆】

手に取ってみてまず感じたのは、全体的にサイズが小ぶりだということ。とはいえ小さすぎるということはなく、スリムなフォルムなので手に握りやすいっ。化粧ポーチに入れて持ち歩くにも、ちょうどいいサイズ感です。

【塗り心地なめらか&リップラインを描きやすい!】

続いて肝心の “使い心地” をチェック。

いざ使ってみると、塗り心地は非常になめらかでスムーズ。そしてとにかく扱いやすいサイズ感なので、リップラインを描くのも思いのまま。

先端が細くなっているので繊細なラインを描きやすく、“クレヨン” と名がついてはいるものの、色鉛筆で描いたかのような細い線が描けることに感動しました。

「細い線が描きやすい」と聞くと「逆に色が塗りにくいのでは?」と思う方もいるかもしれませんがそんなことはなく、なにせなめらかな塗り心地なので、ぬり絵を楽しむかのようにすいすい色を塗布していくことができましたよ。

【3色塗ってみました】

ということで、3色を全部塗ってみました。どれもものすごく発色がよく、質感はちょいマット。だけどツヤも感じられる絶妙なリップです。これで600円とはありがたい。

・No.01 ミステリアスワイン
ピンクを感じる鮮やかな発色です。少々派手かなとも感じますが、華やかさもあり、だけど発色のわりには落ち着いたピンクを感じられていい感じです。

・No.02 アンティークブラウン
3つの中でもっとも使いやすい色でした。ブラウンが入ることで、少し落ち着いた印象でオフィスでも使いやすい色に。派手な色のリップに抵抗がある人には、迷わずこちらをおススメします。

「No.03 クイーンレッド
3色のうちもっとも鮮やかと言ってもいいくらいの発色の良さで、少し青みがかった “ザ・レッド” な色味がまぶしい~! 赤リップに抵抗があるかないかで好みが分かれそうですが、使いやすく安価なお値段なので、赤リップ入門編にはちょうどいいのではないでしょうか。

【30代でも使いやすいのはブラウン!】

3色使用してみていちばん「日常で活躍してくれそう!」と感じたのは、「No.02 アンティークブラウン」です。

もちろん好みの問題もあるのでしょうが、ビビッドな色だと日常的に挑戦しにくく思ってしまう30代のわたしにとっては、ブラウンがもっとも「しっくりくる」といった印象でした。これ、買いですよ!

リップライナーと口紅の両方の役割を担ってくれるクレヨンリップの便利さに、これからズブズブとハマってしまいそうです。流行りのアイテムでもありますし、1本持っておいて損はないと思いますよぉ!

参照元:キャンメイク
撮影=Pouch編集部
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

「マロンクリームカフェ」が新宿・京王百貨店にオープン! ピンクを基調にした料理やドリンクにアラサー女子の胸キュンが止まりません


皆さん、お菓子作りが得意なうさぎの女の子「マロンクリーム」をご存じでしょうか? 並みいるサンリオキャラの中では少々地味な存在に思えますが、30代女子にとっては子どものころに文房具や雑貨でおなじみだった、なつかしのキャラクターだと思うんですよね。

そのマロンクリームとコラボした「マロンクリームカフェ」が2018年8月2日、京王百貨店新宿店8階にあるコロンバンのサロンにオープン! ちょっとレトロなカントリーテイストそのままに、見て楽しい、食べておいしいオリジナルフードが提供されるそう。こりゃ30代女子ホイホイだわ……!!

【オリジナルメニューは全9種類】

オープニングにあわせて用意されるのは全9種類のメニューの中で、注目したいのが次の2品。

・マロンクリームの麦わらパイとももいろシチューハンバーグ(税込1620円)
茶飯でできたマロンクリームが、ポテトサラダ入りの麦わら帽子パイを持ってピクニックに。ワンピースの袖の下にはハンバーグが隠れているそう。パイとシチューとハンバーグの組合せがカントリーっぽさ満点! 麦わら帽子をパイで表しているのも見た目が似ていていい感じ。

・マロンクリームが作るタルトチェリープレート(税込1458円)

お菓子作りが得意なマロンクリームが作ったタルトチェリーに、クッキーやマカロン等のミニスイーツを飾ったデザートプレート。よーく見るとお皿の上にマロンクリームが乗ってる~! これは絶対写真撮っちゃうやつです。


このほかにも

・お星さまと一緒にオヤスミ☆ピンクカレー
・ふわふわピンクの雲でティータイム♪お花畑の冷製パスタ
・マロンクリームのふわふわ ベリーとローズのパンペルデュ
・ちょっぴり贅沢おしゃれにピンクのドレスでおでかけベリーパフェ


・お花摘みにおでかけ♪カラフルタピオカ入り♡ラブリ~苺ラッシー
・ピンクの泡あわ仕立てのサマーパッションドリンク
・お花がいっぱい♡くり~むホット苺みるく

といったメニューが並びます。どのメニュー名もほんわかしてて、そこはかとなく80年代テイストがただよってますね。

【コースターのノベルティも!】

ちなみに、キャラクタードリンクを注文した人には1品につき1枚、コースターがノベルティとしてプレゼントされるとのこと。これがまたピンクの小花が散りばめられてて可愛いったらありゃしない! マロンクリーム世代だった某Pouch編集女子によると「30代女子を完全にロックオンしておる」とのこと……わかるわー。


というわけで、同世代の友達同士で行くと盛り上がりそうな「マロンクリームカフェ」。なつかしの80年代カントリーな世界にタイムスリップして、子ども時代の話に花を咲かせてみては?

参照元:京王百貨店新宿店
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら