どうして30代の恋愛って難しいの? 「結婚前提の壁が厚すぎる」「好意自体が迷惑じゃないかと不安に」


恋に落ちたその瞬間から、グイグイ攻める。100%オフェンスな恋愛をするわたしの辞書に、「待つ」という文字はありません。いやもちろん、多少はあったほうがいいとは思ってるんですけどね……。

そんなわたしですが、ある日 Pouch 編集部で恋バナをしていた女性スタッフ2名の発言が気になりました。

それは「30代になると『好き』という気持ちを気のせいだと流してしまうほど臆病になる」「30歳を過ぎると、恋愛のモチベーションが上がらないしキープができない」というもの。

【30代スタッフに真意を聞いてみた】

タイプが真逆すぎて真意が分からなかったので、わたしは30代のスタッフに、とことん気持ちを聞いてみることにしました。

すると……真逆だと思っていたスタッフの恋愛観が、実はよ~く理解できるものばかり「あ~~~、それな~~~!!!!!」と一緒になって頭を抱える結果となってしまったのでした。は~~~、誰かこの子に酒を、酒を持ってきてやってくれ~~~!

【わかりみが強すぎて…しんどみ~~~!!!】

その1:30代になるとどうしても結婚を意識してしまう

「ぶっちゃけ“三十路の恋は結婚前提”が暗黙の了解になると思うんです。こちらに結婚願望がなくても、相手に結婚願望があるかもしれないし。本人の性格だけでなく、年収や仕事、ライフスタイル、家族関係、自分が相手に釣り合うかとかを考えてしまうんです。そこをクリアしてやっとゴーサインが出る感じ」

その2:男も女もそれなりに過去の恋愛トラウマがある

「30代で独り身だと、過去に立ち直れないくらい辛い恋の経験をしている場合が多い。婚約破棄とか、二股をかけられたとか、不倫とか……この年でまたあんな辛い想いをしてダメになったら立ち直れない、と積極的になれないです。お互いに石橋を叩きまくって慎重になった結果、音信不通になることも」

その3:加齢による容姿の衰えなどで自信がない

「あと、20代に比べると30代はどうしても肌や髪の艶、ボディラインが崩れますよね。そして世間的に言われている “30代の女はおばさん” という言葉の呪いが脳裏をちらついて『若い子のほうがきっといいよね』って遠慮しちゃって、前みたいにドーンとアプローチできなくて……」

その4:恋愛パターンが見えて恋心が冷める

「30過ぎても好きになるタイプって、だいたい同じ。『ああ、こういう人と付き合うとこうなってああなって、最終的にボロボロになるんだよな……』と過去の恋愛と重ねちゃって、自然と恋のテンションが下がることもあります」

その5:相手に変なクセがないか疑ってしまう

「『いい男はみんな早くに結婚してるはず』って、これも一般論による “呪い” なんですけど。自分も独り身のくせに、相手が独身なのはなにか理由があるんじゃないか……なんて心のどこかで疑う気持ちも出てきます。自分だってそんな風に思われてたら嫌なのに……」

その6:この歳で恋に浮かれるなんて……と自分ツッコミ

「恋って友達に話してるうちに盛り上がる部分もあると思うんですけど、同世代の友人は結婚や子育て、仕事の昇進、家のローンの話とかしてるのに、自分は片思い。どうやってアプローチしたら……とか言ってるのが子供っぽく思えて話せなかったり。恋バナできる相手が減るのも、テンション下がる一因なのかな……と」

【経験が~~邪魔をする~~~♪】

思い返せば、彼女が挙げてくれた例はどれもこれも、同世代からよく聞く話です。

結婚を前提に相手を選ぶとするなら慎重になるのは当然ですし、1度ついた心の傷はなかなか癒えないもの。 “30代の女はおばさん” という言葉の呪いにしたって、聞きたくないしホントは気にしたくもないのだけれど、気がつけば心に巣食ってしまう……。

何も始まっていないのに恋愛パターンを勝手に予想しては落ち込むのも、「いいトシして恋に浮かれてどうすんの!」と自虐モードに入ってしまうのも、相手の人格をつい疑ってしまうのも、酸いも甘いも経験してきたからこそなのではないでしょうか。

走り出す前に、ふと考える。大丈夫だと思って足を踏み出しても、また迷ってしまう。経験値が高いせいでがむしゃらになれないというのは、 “30代あるある” 、そして “大人あるある” なのかもしれません。

執筆=田端あんじ / 画像=Pouch (c)Pouch

続きはこちら

20代と30代の恋愛は何がちがうの? 行動や好きなタイプの変化を聞き取り調査した結果

20代の Pouch 編集女性スタッフとお酒を酌み交わしていたところ、30代の私は突如、こんな質問をされました。

「20代と30代で恋愛観がめちゃめちゃ変わる! って本当ですか?」

う~ん……言われてみれば、変わったかも? いや改めて振り返ってみると、かなり変わった気がするな~!

たとえば20代の頃は「もっとドキドキしたい! ヒリヒリしたい!」と思っていたけれど、30代になると一変「そばにいて安心できる人がいいな……」という考えにシフトしてしまったのだから、人間変われば変わるものです。

これを機に、友人知人の話を聞き取り調査。さらには自分自身の経験を踏まえて、20代と30代の恋愛における行動パターンを比較「理想の男性像」「恋愛に対する姿勢」の変化を調べてみることにしました。

【その1:理想の男性像がガラリと変わる】

理想の男性像:「ドキドキ」から「ほっこり&ゆったり」へ
20代…遊び人や変わった人など、一緒にいてドキドキするちょっぴり危険な香りのする人に惹かれてしまう。恋愛にスリルを求めがち。
30代…一緒にいて楽で、ホッとできる。いつだって “素の自分” でいられる、無理しないで済む相手を選ぶようになる。

そのほか、私的に面白かった変化は、なぜか30代になった途端に、健康的で生命力の強そうな人に惹かれるようになったことです。昔はバンドマンみたいな、不健康そうな細身体型が好きだったのに……。

今はそういったタイプより、プロレスラーのような厚みのある胸板、盛り上がる腕の筋肉に、思いっきり反応するようになりました。ちなみにこの意見に賛同してくれた30代&40代の女友達の割合は、7人中4人。決して少なくありませんでしたよ。

【40代の「理想の男性像」とは?】

そのほか周囲の40代女友達の1人(既婚)から出てきたのは、「20代には全然眼中になかったようなタイプの人を、(40代以降になると)選ぶ人は多い」といった意見。

「子供を可愛がってくれそうな人。見た目はホントにどうでもいいから、心根が優しくて経済力がある人がいい」

その日集まっていた40代女性は4名だった(全員既婚、または結婚経験あり)のですが、満場一致でこんな結論が出ていました。結婚経験者だからこその意見でもあるとは思うのですが、一緒に生活すると仮定したらたしかに、大切な要素かもしれませんねぇ。

【その2:恋愛に対する姿勢もガラリと変わる】

恋愛に対する姿勢:「かっこつけてやせ我慢」から「素直」へ
20代→イイ女ぶってかっこつけちゃう。嫌われるのが怖くて、素直に自分を表現できない。無理して自分の気持ちを押し殺して、だんだん自分というものを無くしていっていた気がする。
30代→肩の力が抜けて、素直に相手と向き合えるようになった。カッコ悪い姿も見せられるし、言いたいこともしっかり言うようになった。

昔は「好意を見せたら負け」だと思って駆け引きもしていた私(自分からは絶対に電話しない! とか)。だけどその結果、「無理がたたる→爆発→その恋愛から逃げる」というパターンが常態化。別れ話するのさえもイヤで、音信不通に持ち込んだりしていました。我ながらヒドい女です。

しかし今現在は、好きだと思ったらすぐ「好き!」って言っちゃうし、別れ話もしっかりとするように(当たり前)。逃げるという選択肢を選ばなくなり、むしろ挑むようになりました。

【20代→30代になる中で、肩の力が抜けるのかも?】

30代の友人(未婚バツイチ)からは、「30代になったら、ある程度諦められるようになった」という意見がありました。「こうでなきゃイヤ!」という強いこだわりを相手に押し付けることがなくなって楽になったと、すがすがしい笑顔で語ってくれましたよ。

30代になると一気に肩の力が抜けて、 “気張りすぎなく” なった。私含めそんな風に感じている30代の友人は少なくなく、そういった心の変化も、恋愛に大いに関係してくるのではないかと感じました。

結婚したいのか、それとも恋愛関係のままでいいのか。ゴールをどこに設定するかでも、男性の理想像や恋愛に対する姿勢は変わってくるのかもしれません。欲しいものやなりたい自分が年齢を重ねるごと変化していくのと同じように、きっと恋愛観も、刻々と姿を変えてゆくのでしょうね。

イラスト=テリーヌ富士子
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

「恋しちゃったかも…♡」恋愛ご無沙汰30代が恋に落ちたら心がけたいこと6つ

愛だの恋だので “わちゃわちゃ” する毎日からしばらく距離を置いていたのに、ある日突然、うっかり恋に落ちてしまった。

みなさんはそういった経験があるでしょうか? わたしは、ありまぁす!

予期せぬ恋。浮かれまくる心に戸惑いながらも、毎日が嬉しい! 楽しい! 大好き! 状態。「高校生じゃないんだから」と自分にツッコみつつも、1度火が点いた恋心はもう止められません。

というわけで今回のテーマは、「30代、久しぶりの恋で心がけたい6つのこと」。素直に気持ちを伝えるべきなのか。その前にすべきことはあるのか。お付き合いが始まったら、どんなことに気をつけたらいいのか。自分、そして周囲の女友達の経験談を踏まえて、チェックポイントを導き出してみました。

【1. 相手にパートナーがいるかどうか、まず最初にたしかめよう】

30代で好きになる相手ともなると、年齢的に、パートナーがいる確率がグンと上がります。

恋人がいるというだけならまだしも、既婚者となると厄介。恋の深みにどっぷりハマってしまったら最後、「不倫関係まったなし」です。始めにこの部分をハッキリさせておきましょう! 最初の段階なら、傷も浅くて済むと思います。

【2. 年齢を気にしすぎるのは損】

私自身は、恋愛をするうえで年齢を気にしたことはありません。ですが周囲には少なからず「イイ年して恋愛で浮かれるなんてみっともない」「笑われるんじゃないか」と気にしてしまう大人の女性がいます。

いいじゃないですか、浮かれたって! だって誰にも迷惑かけてないんだし! 人生は1度きりしかありません。周りの目を気にしすぎて窮屈な恋するなんて、もったいないと思うんです。おじいちゃんとおばあちゃんが手を繋いでいる姿を微笑ましいと思う人は少なくないでしょうに……30代、40代、50代だとおかしいだなんて変だと思うのです。

【3. 「友達以上恋人未満」のドキドキ感を味わいつつ、相手の本気度を見極める】

恋愛関係になる直前のなんともいえないドキドキ感は、 “恋” をする過程の中でもっとも至福の時かもしれません。ただし、年を重ねるごとに、気楽な「大人の関係」だけを求める人がいるのも事実。相手も自分に真剣な好意があるのかどうか見極めることも重要かもしれません。

口ではなんとでも言えるので、見るべきは行動です。夕飯を食べるほんの小一時間でもこまめに時間を割いて会ってくれるとか、どうにか連絡しようと努力してくれるとか……。

グッときたのは「今仕事がこんな状況で、忙しくて数時間しか会えない。無理はしてほしくないけど、僕は会えたら嬉しいです」というメッセージをもらったとき。今の自分の状況を素直に話してくれたこと、ムリを強いないけど、ちゃんと会いたいと意思表示してくれたところに真剣味を感じました。

【4. 気持ちは素直に伝えよう】

相手が完全フリー、しかも自分に対してハッキリとした好意があるとわかれば、ためらわずにアプローチしてしまえばいいと、私は思っています。

恋のチャンスが目白押しだった20代と比較すると、30代以降はそういった機会が減少傾向に。だからそもそも、恋に落ちることができただけでラッキー♪ 好きだという気持ちを自覚しているのなら、まっすぐ目を見て「好きです」と伝えたほうがいいです。かけひきも要りません。人間、素直が1番! 素直は可愛いし最強!

【5. 忍耐力を鍛えよう】

さて、せっかくお付き合いが始まっても、恋がご無沙汰だと自分に自信を持てない人も多いよう。つい “相手を試す” ような言動や行動をしがちだと、私含め周囲の友人たちを見ていて感じます。好きだと気持ちが暴走してしまいがちだけれど、相手を置き去りにしてしまっては恋愛とは言えないなぁと思うんです。

自分のペースばかり押し付けるのではなく、相手のペースを考慮して「待つ」結論を急ぎすぎない。焦らない。試さない。

過剰な無理はしないほうがいいけれど、恋愛ではある程度の忍耐力も必要なんじゃないかと思うんです。

【6. 依存しすぎない、精神的に自立しよう】

久しぶりに恋に落ちると、「彼がこの世のすべて♡」になりがちです。ですが依存しすぎては、恋愛以外に目を向けられなくなってしまう怖れがあります。

そして「○○くんの好きなほうでいいよ」「任せるよ」などと、意思決定をすべて相手にゆだね過ぎないことも大切な気がするんです。「私はこうしたい」「私はあれが好き」とハッキリ言える、芯のある女性。自分の足だけでしっかりと立っている女性であることで、2人の関係がもっともっと豊かなものになるのではないかと思いました。

イラスト=テリーヌ富士子
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら