【めっちゃ楽しい】食品サンプルが作れる「3Dドリームアーツペン」で遊んでみたら不器用さんでも楽しめた!


GWウィーク、みなさまいかがお過ごしでしたか? せっかくの休みはやっぱり一番リラックスできるお家でダラダラ過ごしたい根っからのインドア派の黒猫葵です。コンニチワ!

でもせっかくのお休みなので、いつもとは少し違うことにも挑戦したいという気持ちもなくはない……。

そこで、お家で楽しめる「3Dドリームアーツペン」で遊んでみました。なんとこれ、不器用な人でも自宅で簡単に食品サンプルが作れちゃうのですっ。

【「3Dドリームアーツペン 食品サンプルセット」】


「3Dドリームアーツペン 食品サンプルセット」には、専用インク4本(イエロー、グリーン、ホワイト、レッド)、マジカルライト、デザインシート、まぜまぜ鍋、まぜまぜスプーン、3Dプリントパーツ、トレースシート、取扱説明書が入っています。

簡単にいうと、色のついた樹脂をLEDライトで固めてつくっていきます。ジェルネイルと同じ感じと言ったらわかりやすいかもしれません。

【作れるか不安】


「対象年齢8歳以上」とありますが、箱の裏面などの作り方を読んでみると結構むずかしそう。不器用な私にもできるか不安になります。

【海老の天ぷらに挑戦】

まずは3Dプリントパーツの型を使って、海老の天ぷらを作ってみます。専用インクは幼稚園のころにお世話になった液体のりのような硬さでぶよぶよしています。

インクの太さはペン先で調節ができます。型にインクを流し込み、「マジカルライト」で1分ほど硬化させます。ちゃんと硬化すると、するんと型から外れます。ベトベトしている場合は、まだ硬化が完了していないのでもう少しライトを当てます。厚さは1mmを越えると硬化しにくくなるようです。

出来上がったのは誰がどう見ても海老の天ぷら! リアルとは言い切れないけれどとっても可愛いです。文字で説明されるよりも一度作ってみると思った以上に簡単でした。

【色を混ぜれば4色以外の色も作れるよ】

赤、緑、黄色、白の4色以外の色は、「まぜまぜ鍋」と「まぜまぜスプーン」で色を作っていきます。説明書には「茶色は赤い線を、赤1/2巻き、黄5巻き、緑1巻き」などの指示があるので何色と何色を混ざると何色になるかわからない子でも安心です。

【ハンバーガーに挑戦】

デザインシートの上に透明なトレースシートを乗せて、ハンバーガーに挑戦します。

トマトやチーズ、バンズ、パテ、レタスを作っていきます。難易度は星5つ、最もむずかしいレシピですが慣れてくるとどのパーツもすんなり作れちゃいます。

【ジェルネイル用LEDでも固まる】

試しに「マジカルライト」ではなく手持ちのジェルネイル用のLEDで硬化させてみると、30秒で固まりました。一度に硬化できるので便利ですが、公式の使い方ではないのでご内密にお願いします。

ネイルが好きな女子なら、ついホログラムやスタッドをつけたくなってしまうかもしれません。私はバンズの上のセサミとトマトの種をデコってみました。ぐっと可愛さが増してます。そしてテンションも上がっていきます。

【不器用な夫がラーメンに挑戦】

不器用な私よりも3倍くらい不器用な夫にも挑戦してもらいました。
挑戦したのはラーメン。丼、麺、スープのほかに、なるとやチャーシューなどの細かなパーツがえらく大変そうですが、出来上がった作品はスープのてりてりがすごく美味しそう!

黒の専用インクは別売りのため海苔は緑で代用しました。

【オリジナル作品「長ネギ」】

さらに、楽しくなってしまった夫氏はまぜまぜスプーンを使ってオリジナルの作品にも挑戦しました。

出来上がったのはまさかの長ネギ。そのスプーンを見て長ネギを思いつくなんて、夫はもしかして天才なのか。ピアスにしたいくらい可愛いです。

 

【べたべたはあのアイテムで取れる】

未硬化のべたべたは、アルコール入りのウエットティッシュや、アルコール消毒剤で落ちますが、ジェルネイル専用のクレンザーがあるとより便利です。

【不器用さんでも楽しめる!】


「3Dドリームアーツペン」を実際に遊んでみたらズボラで不器用な大人たち(O型とB型)でもちゃんとした作品に仕上がり、しかもめちゃくちゃ楽しめることが判明しました。

難易度的には、ネイルやアイシングクッキーなどに比べても圧倒的に簡単です。どんなことに挑戦してもあまりの不器用さに落ち込んでしまうような不器用さんにマジでおすすめ

「もしかして私ってそんなに不器用じゃないのかも?」と思い始めてしまうくらいストレスなく可愛い作品が作れちゃいますよ。

参考:メガハウス
撮影・執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら

めちゃんこリアルな食品サンプルを作れる3Dペンが発売されるよーっ! 子供よりも大人がハマりそう…

2015年11月に発売された「3Dドリームアーツペン」は、平面に絵を描く要領で立体的な物を作れる3Dペン。シリーズ累計出荷数40万個を突破したという大人気アイテムでし。

特殊樹脂入りの専用インクで絵を描いて、マジカルライトを当てるとあら不思議、さっき描いたイラストが立体的になっちゃったYO!

本日みなさんに紹介するのは、シリーズの新商品、「3Dドリームアーツペン 食品サンプルセット(4本ペン)」(税込み5184円)です。

これでリアルな食品サンプルが作れるんだとか。楽しそうーーーー!

【これはヤバイ】

2017年4月中旬に発売されるこちらの商品は、読んでそのまま、自分の手で食品サンプルを作ることができる夢のようなアイテム。ハンバーガーやラーメン、カレー、デザートなどのリアルなミニチュアの食品サンプルが、約20個も作れちゃうんですって♪

【簡単に作れちゃうみたい!】

作り方は実に簡単。付属の「デザインシート」に描かれた食品のイラストを専用インクでなぞるか、「3Dプリントパーツ」へ専用インクを投入し、各パーツを組み合わせて、マジックライトを当て固めれば、たちまち食品サンプルが完成します。

記載されているレシピどおりに色を組み合わせれば、食品サンプルでよく使われる “茶色” をバリエーション豊かに作り上げることができるので、作品の幅も広がりますよぉ!


【注:電池は別売りです】

商品の箱に入っているのは、イエロー、グリーン、ホワイト、レッドの専用インクが入ったペンが各1本。マジカルライト1本、 デザインシート1枚、3Dプリントパーツ1個。そのほかトレースシートや、インクを混ぜるためのスプーンや鍋、取扱説明書が入っているみたいです。そのほか、使用する際には別売りの単4乾電池が3本必要とのことなので、お買い忘れなく。

子供はもちろん大人もトリコ。いやむしろ、大人にこそウケそう……。1日中遊んでいられそうだし、うっかりハマったら最後、引きこもりになっちゃいそうだわっ。

参照元:メガトイプレスリリース
画像=©2016 RedwoodVentures,Ltd. iDO 3D and all trademarks are Property of RedwoodVentures,Ltd.
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら