トリックアートのような3Dタトゥーにびっくり! 「ホントに飛び出してる!?」と二度見しちゃうこと必至です

以前に比べると、日本でも取り入れる人が増えているタトゥー。小さなワンポイントのものから、手の込んだデザインのもの、さまざまなデザインがありますが、今回紹介するのはトリックアートのような3Dタトゥーです。

アメリカ・ニューハンプシャー州のタトゥーアーティスト、Jesse Rix(ジェシー・リックス)さんが専門としているのは、立体的に飛び出して見えるような工夫が凝らされた入れ墨。目の錯覚で見る人をおおいに惑わせてくれます。

【自然の美しさがインスピレーションの源に】

2005年以来、タトゥーを彫っているというリックスさん。旅行やハイキングなどアウトドアが好きだそうで、そうした先でインスピレーションを受けた自然や幾何学模様などが彼のタトゥーには反映されています。
Instagram Photo

【まるでトリックアート! ハチの巣の3Dタトゥー】

たとえばある人の太ももに入れられたタトゥーはハチの巣のよう。六角形がいくつも並んでいますが、まるで本当に凹凸があるかのように立体的に見えるというデザイン。これは初めて目にする人は二度見、三度見しちゃうこと間違いなしでしょう!
Instagram Photo

【スピリチュアルな世界観も特徴】

こうした立体感ある図柄と曼陀羅などのスピリチュアルなモチーフなどを組み合わせるのも、リックスさんお得意の手法のひとつ。立体感があるだけになおさら、絵の中の世界に引き込まれてしまいそうです。
Instagram Photo

【インスタで作品の数々をチェックして】

とってもユニークなジェシー・リックスさんの3Dタトゥー。自分の身体にこんなタトゥーを入れるのはかなり勇気がいるけれど、見ているぶんにはとっても興味深い!

リックスさんのインスタグラムには作品が随時アップされていますので、ぜひ皆さんもアート写真を見る感覚でのぞいてみて。もはやこれは芸術作品です!

参照元:Instagram @jesse_rix
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

子供が描いた絵をパパがリアルに再現! 個性的な世界観が溢れる画像の数々にパパの愛を感じます…

小さな子どもが描く絵って、大人にはけっして真似できないですよね。子どもの目を通して見た世界や想像の産物が現れていて、「どうかその感性をいつまでも失わないで……!」なんて思ってしまいます。

そんな子どものお絵描きを3次元の現実世界に生まれ変わらせるべく、素敵なデジタルアートにして残しているパパがいます。それがAl(アル)くん、Dom(ドム)くんという二人の男の子の父親、Tom(トム)さん。

お絵かき大好き兄弟が描いたライオンやウサギ、恐竜、ロボットなどがトムパパの手にかかるとどんなふうになるか……皆さん、どうぞご覧あれ!

【ロケットがまさかの巨人襲来に!?】

Instagram Photo
アルくんが描いたロケット。噴射炎を出しながら今にも宇宙へと飛び立とうとする様子が描かれています。それをパパがデジタルアート化すると……。

Instagram Photo
わーお! まさに宇宙ロケット発射の瞬間です! 線や形が子どもらしいいびつなまま残っていて、ティム・バートンの映画のワンシーンのような独特のおもしろさがありますね。

Instagram Photo
ところがこのロケットを稲妻が走っている真っ赤な空と組み合わせると……今度はまったくちがったイメージに! ロケットの巨人の襲来を、子どもたちが呆然と見つめているような作品に仕上がっています。何この終末感……!

【ライオンやパンダの絵を3D化する動物シリーズ】

Instagram Photo
ほかには、ライオンやウサギ、トラなどドム君が描いた動物を3D化するというシリーズも。自分が描いた動物をそのまま現実世界に出現させてくれるだなんて、こんなパパがいたらうれしすぎる……!

【この世界観、素敵すぎます】

ときにキュートで、ときにユーモラス。そしてときにちょっと不気味さも感じられるアルくん、ドムくんとパパ・トムさんのコラボアート。

Instagram Photo
インスタグラムは13万5000人ものフォロワーを持つ人気アカウントとなっており、2017年には書籍化もされています。ぜひ皆さんも彼らのアートをインスタグラムでチェックしてみて。

息子たちの描いた絵をリアルな世界に生まれ変わらせたいというパパの気持ちがあふれていて、クスリと笑いがこぼれるとともに温かな気持ちになれるはず!

参照元:Instagram @thingsihavedrawnboredpanda
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【流行ったらヤバい】メイク道具はレーザービームやバブル!? メイクとデジタルアートを組み合わせた「3Dメイク」が未来的です

映画を3Dで鑑賞するのは今や当たり前となりましたが……どうやらメイク業界にも、3Dの波が到来したようです!?

今回みなさんにご紹介するのは、フランス・パリを拠点に活動する、3Dアーティストのイネス・アルファ(Ines Alpha )さんによる3Dメイク。肌の上で水滴のようなものや球体がうごめいたり、宝石がキラキラ光ったりと、そのビジュアルは摩訶不思議で前代未聞!

実際のメイクとデジタルアートを組み合わせた作品というのは珍しいせいか、奇妙さと新しさに、度肝を抜かれてしまうんです。

【アートディレクターとして活躍】

イネスさんは、フランスでもっとも狭き門のひとつとされるファッションエリート校「IFM(Institut Francais de la Mode)」の卒業生。その後はアートディレクターとして活躍し、商品パッケージや広告ビジュアルを3Dで制作する仕事をして、腕を磨いてきたみたい。

【SF映画にありそう~!】

SNSを中心に人気を集めている3Dメイクは、イネスさんにとってのパーソナルワーク。

インスタグラムやフェイスブックには秀作がずらりと並んでいて、SF映画にでも出てきそうな近未来的なメイクから、1秒たりとも目が離せなくなってしまうんです。

【マーメイドメイクの美しさに胸を射抜かれました♡】

中でもわたしが特に好きなのは、マーメイドをイメージしたという3Dメイク。

Instagram Photo

額や頬、アゴの上で波状の線がキラキラと輝く様子は美しく、その艶やかさは水がたゆたうかのよう。しかしその様相は自然というよりもどこかメタリックで、柔らかさと同時に硬質な印象も与えてくるところに、近未来要素を感じます。

Instagram Photo

【こんなに尖ったメイク、見たことないっ!】

そのほかにも、バルーンキャンディーをイメージした作品やエイリアンをイメージした作品、他アーティストたちとコラボした作品などなど、脳を刺激される3Dメイクがたくさん公開されているので要チェック。

デジタルならではのエッジが効いたデザインは、超必見ですよ☆

参照元:Ines MarzatFacebookInstagram @ines.alphatumblr
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【天才】超リアルに猫の絵を描く人がいるぅぅーーっ!! …アレ、動いたような? もしかして生きているの?

少し前から、手描きなのに本物のように見える絵がSNSで人気ですよね。コンピューターグラフィックスが全盛の時代だからこそ、逆に“手描きなのにめっちゃリアル”というのは見る人の心をぐっとつかむのかもしれません。

今回ご紹介するのは、真っ白な紙に筆で猫の絵を描く動画。有名なイラストレーターさんなのでしょうか、やはりこの人が描く猫もまるで生きているみたいにリアル。躍動感があふれ出して、今にも猫が動きそう……え、動いた!? 今、猫が動いたように見えたの私だけ……?

【絵なの、それとも本物なの?】

Instagram Photo
インスタグラムにYves(イヴス)という名前の猫の画像や動画をアップしている、ユーザーアカウント@yves_the_catさん。今回の動画では、真っ白な紙にイヴスちゃんの顔があり、そこに絵の具の筆を走らせる様子が写っています。

最初はじっとしているイヴスちゃんですが、だんだんと目を開けたり耳をピクピクさせ出すあたりから、これはイラストではなく本物であることを見ている人も確信するはず。やだ~、あまりにおとなしいから一瞬、イラストが動き出す幻覚でも見たのかと思っちゃったわ……!

【気持ちよさそうなニャンコの表情にも注目☆】

それにしても、イヴスちゃんの気持ちよさそうな顔といったら! 筆でやさしく顔をなでられて、うっとりした表情を浮かべるのがたまらなく可愛いですね♡

インスタグラムには「なんてキュートなの」「本物みたい」「これまで見た中でいちばん美しい絵画だわ」なんてコメントが集まっていて、世界中の人たちがこのイヴスちゃんにメロメロな様子。この愛らしさ、ぜひ皆さんもご覧あれ!

参照元:Instagram @yves_the_cat

執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

香箱座りしたニャンコが可愛すぎ―っ!! 誰でも簡単に3Dニャンコケーキが作れちゃうシリコン型を発見!


カップケーキやパウンドケーキなどを作るときに重宝するシリコンの型。焼いたあとに取り出しやすい、洗って何度も使えるなど便利ですよね。

最近ではさまざまな形のシリコン型がありますが、今回海外サイト「Bored Panda」から紹介するのはニャンコ型! そう、このシリコン型を使えば誰でも簡単にニャンコケーキが作れてしまうのです。……考えた人、天才かっ!!

【香箱座りのニャンコケーキが作れるよ!】


まず素晴らしいのは、型にケーキの生地を入れて焼くだけで、立体的なニャンコケーキが作れるところ。

しかもこの猫、香箱座りなのーーーっ!! 画像で見ると、ニャンコのサイズは手のひらに載せられるくらい。

ちなみに香箱座りとは、ニャンコが前足をむぎゅっと折り曲げている、あの座り方。そんな形に焼きあがるところがまた可愛いんですよね。

【自分好みにデコレーション】

もうひとつのよいところは、焼いたあとにコーティングや飾り次第で好きなニャンコにできちゃうところ。チョコで覆って茶色ニャンコにするもよし、ヒゲをつけてさらに猫っぽくするもよし。好みに合わせていろいろなニャンコにできそうですね。

【すでに米Amazonで販売中】

すでにアメリカのAmazonでは販売されており、お値段はシリコン型4個セットで19.87ドル(2200円程度)。もし日本で売っていたら、ニャンコ好きの皆さんは買う? ……ってこんなの可愛すぎて、作っても食べる気になれないかもね!

参照元:Bored PandaAmazon
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

気分は考古学者♪ チョコレートで立体ティラノサウルスの化石が作れるシリコン型が超楽しそう!


チョコレート作りが楽しくなっちゃいそうなシリコン型「チョコレートコンストラクション」がクラウドファンディングサイト「DISCOVER」で販売中。

溶かしたチョコレートを流しこんで固めるだけでチョコレートでできた立体のティラノサウルスがつくれちゃうんだよ〜!

【考古学者じゃなくても組み立てられるよ】


シリコン型には鋭い歯を持つ頭蓋骨と長く湾曲した背骨など、9つの骨型が組み込まれています。

それぞれ骨には番号がふってあるので、考古学者じゃなくても簡単に立体ティラノサウルスを組み立てられちゃいます。

【指紋がちょっと心配だけど】


組み立てている間に指紋がベタベタついてしまいそうなのはちょっとだけ心配ですが、ホワイトチョコレートならより骨っぽく、指紋も目立ちにくくなるのかな?

【お誕生日ケーキの上にのせたい!】


シリコン型をゲットできる支援は2980円から。出来上がったティラノサウルスは高さ15.2センチ。作ったそばから恐竜界最強のティラノサウルスにかぶりつくのもまた楽しいですが、ケーキのデコレーションに使えばこれまたすごい迫力が出そうです。

参照元:DISCOVER プレスリリース
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら

ツヤツヤ&うるうるで3Dみたいに見える! ディズニー・プリンセスを塗り直したら…めちゃ立体的なアートが完成したよ♪

実写映画『美女と野獣』の大ヒットもあって、ますます人気が高まっているディズニー・プリンセス。

いくつになっても憧れちゃうし、いくつになってもときめいちゃう。来世では、なんとかプリンセスになれますように……。

さて、そんなディズニー・プリンセスをテーマにしたあるイラストが注目を集めています。2Dなんだけど3Dに見えて、ツルッツルでうるっうるなんだからっ!

【映画のワンシーンをリメイク】

話題になっているのは、フリーランスのイラストレーターでイサベル・ストウブさんの作品。ディズニー・プリンセスが登場する映画のワンシーンを切り取り、それを自分流に塗り直しています
Instagram Photo
Instagram Photo

イサベルさんは、小さいころからディズニー・プリンセスが大好きだったそうです。自分ならではのスタイルでディズニー・プリンセスを表現してみようと思い立ち、趣味でこのシリーズを制作し始めました。

【自己流で塗り直すと立体的に!?】

主に「コーレル・ペインター」というペイントツールで着色しており、最後の仕上げにフォトショップも使用しているのだとか。1つの作品を仕上げるのに、8~12時間もかかるんだって!

そうして仕上がったディズニー・プリンセスたちは、平面的なイラストなのに立体的。オーロラ姫も、ベルも、アリエルも、いつもより潤いが8割増しって雰囲気です。かっわいいーーー!
Instagram Photo
Instagram Photo

今後は、リクエストのあったディズニー・ヴィランズに挑戦するなんて計画もあるようです。

ツヤツヤ&うるうるのアースラとか、いろんな意味でおいしそうかもしれない……楽しみですネ♪

参照元:Instagram @isabelle_staubboredpanda
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

続きはこちら

ぬいぐるみのような「クマの3Dちぎりパン」が完成するはずだったのに…謎のキャラクターが錬成されてしまう事態に

いろんなレシピをインターネットで簡単に検索できちゃう今日このごろ。かわいいスイーツなんかのレシピを見つけたら、作ってみたくなるのがオトメ心ってもんです。

Twitterユーザーのまたじさんの奥さんも、インターネットで見掛けたレシピにチャレンジしてみたもよう。しかし、完成したのは……作った本人もびっくりの謎のキャラクターだったのです。

【「クマの3Dちぎりパン」にチャレンジ!】

またじさんの奥さんは、まるでぬいぐるみのようにかわいい「クマの3Dちぎりパン」にチャレンジしてみることにしました。参考にしたのは、さまざまなキャラや動物の “ちぎりパン” を作っている「うみさん」のレシピです。

【表現しようのないキャラクターが完成】

「うみさん」のレシピ動画を見ると、かわいいクマたちが輪になって遊んでいるみたいな3Dちぎりパンが出来上がっています。うん、これは文句なしにかわいいし、食べるのがもったいないビジュアルです。

またじさんの奥さんも、同じものが出来上がると信じていました。しかし……どど~ん!

どこをどう間違えたのか、謎のキャラクターの3Dちぎりパンが完成してしまったのです。クマじゃないどころの騒ぎじゃない……な、なんだ、なんなんだ!?

【きっと二度目は上手くできるはず!】

これについて、Twitterユーザーからは「錬成に失敗した模様」や「カエシテ……カラダヲカエシテ……」、「味がよければ、全てよし」などの声があがっています。

またじさんに直接お話を聞いたところ、奥さんは見本通りにかわいく作りたかったらしく、リベンジに燃えているそうです。でも、「もっと簡単なものから作りたいといっていました」とのことです。

またじさんは「見本の通りの出来上がりを想像していたので、オーブンから出てきた何かを見た瞬間、固まってしまいました(笑)」と、当時の衝撃を語ってくれました。

ちなみに、味はとてもおいしかったようで、記念撮影をした後に二人で仲良く食べたのだとか。う~ん、きっと二度目は上手くいくはず!……だけど、これはこれでよく見るとかわいいかも……?

参照元:Twitter @beppumatajiInstagram @pecolly_official
Photo:またじさん,ペコリ by Ameba, used with permission
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

続きはこちら

めちゃんこリアルな食品サンプルを作れる3Dペンが発売されるよーっ! 子供よりも大人がハマりそう…

2015年11月に発売された「3Dドリームアーツペン」は、平面に絵を描く要領で立体的な物を作れる3Dペン。シリーズ累計出荷数40万個を突破したという大人気アイテムでし。

特殊樹脂入りの専用インクで絵を描いて、マジカルライトを当てるとあら不思議、さっき描いたイラストが立体的になっちゃったYO!

本日みなさんに紹介するのは、シリーズの新商品、「3Dドリームアーツペン 食品サンプルセット(4本ペン)」(税込み5184円)です。

これでリアルな食品サンプルが作れるんだとか。楽しそうーーーー!

【これはヤバイ】

2017年4月中旬に発売されるこちらの商品は、読んでそのまま、自分の手で食品サンプルを作ることができる夢のようなアイテム。ハンバーガーやラーメン、カレー、デザートなどのリアルなミニチュアの食品サンプルが、約20個も作れちゃうんですって♪

【簡単に作れちゃうみたい!】

作り方は実に簡単。付属の「デザインシート」に描かれた食品のイラストを専用インクでなぞるか、「3Dプリントパーツ」へ専用インクを投入し、各パーツを組み合わせて、マジックライトを当て固めれば、たちまち食品サンプルが完成します。

記載されているレシピどおりに色を組み合わせれば、食品サンプルでよく使われる “茶色” をバリエーション豊かに作り上げることができるので、作品の幅も広がりますよぉ!


【注:電池は別売りです】

商品の箱に入っているのは、イエロー、グリーン、ホワイト、レッドの専用インクが入ったペンが各1本。マジカルライト1本、 デザインシート1枚、3Dプリントパーツ1個。そのほかトレースシートや、インクを混ぜるためのスプーンや鍋、取扱説明書が入っているみたいです。そのほか、使用する際には別売りの単4乾電池が3本必要とのことなので、お買い忘れなく。

子供はもちろん大人もトリコ。いやむしろ、大人にこそウケそう……。1日中遊んでいられそうだし、うっかりハマったら最後、引きこもりになっちゃいそうだわっ。

参照元:メガトイプレスリリース
画像=©2016 RedwoodVentures,Ltd. iDO 3D and all trademarks are Property of RedwoodVentures,Ltd.
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら