映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を4DXと2Dで見比べてみた! 4DXなら恐竜の足音や追いかけられる臨場感を体験できます

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは絶賛公開中の映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018年7月13日公開)です。公開4日間で、動員145万3,273人、興収21億677万円。前作は公開7日目で達成した20億円突破を、この連休で突破するという快挙を成し遂げ、まさに恐竜の如く他者を寄せ付けない圧倒的強さを見せつけました!!!

そんな話題の『ジュラシック・ワールド/炎の王国』。今回は2Dと4DXの両方で鑑賞して見比べてきました! どれくらいの差があるのでしょうか? ではまず物語から。

【物語】

人気テーマパーク「ジュラシック・ワールド」は恐竜たちの暴走により閉園しましたが、恐竜たちは島で生き続けていました。しかし、その島の休火山が活動を始め、このままでは噴火し、島は燃え、恐竜は絶滅してしまうという危機に……!

パークの元運営責任者のクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は、ロックウッド財団から、恐竜たちを救い出し、他の島の保護区に移してほしいという依頼を受け、元彼で恐竜の飼育係オーウェン(クリス・プラット)と共に島へ向かいます。オーウェンは、かつて自身が育てたヴィロキラプトルのブルーと再会を果たしますが、そのとき想像もしないことが起こるのです。

【4DXは恐竜の足音を感じる!】

4DXが最も本領発揮したのは、主人公たちが恐竜の島へ渡ったときから。シトシト降る雨のシーンでは顔にミストがシュッとかかりますし、暗がりで登場人物にライトがあたると、観客席も一瞬ピカっと閃光します。恐竜がドスドスと近づいてくるときの振動は、そのまま体感できるので恐怖度がアップ。また恐竜と人間が逃げまどうシーンでは、椅子ごと左右に振られるので「誰か止めて~!」と叫びたくなりました。

とにかく4DXは、観客をめっちゃ振り回すので、アトラクション感覚で楽しめると思います。ただ、あまりに振り回されるので「次はいつ揺れる?」と身構えてしまい、物語に没頭できないと感じる瞬間もありました。酔いやすい人&物語を楽しみたい人は、2Dで見る方がいいかもしれませんね。2Dでも恐竜の迫力は十分に味わえます!

【可哀想で切なくて涙が出ました】

映像は進化し、恐竜たちの暴れっぷりも迫力が増し、パワーアップが止まらないこのシリーズですが、正直、第1作目の『ジュラシック・パーク』から、物語の方向性は変わりません。バイオテクノロジーによって誕生した恐竜たちを人間がコントロールできなくなり、パニックが起こるという人間VS恐竜の物語を貫いています。

本作が他の『ジュラシック~』シリーズと違うのは、泣けることです。人間たちに翻弄された恐竜たちに、おもわず感情移入してしまうようなストーリーになっているのです。

とくに泣けるのが、火山が噴火し溶岩が襲う島で、ブラキオサウルスが1頭だけ残されてしまうシーン。人間と数頭の恐竜は船に乗って逃げ切ったものの、ブラキオサウルスだけは、船に向かって叫び続けます。だけど、助けることができない。そんな悲しい最後を映画では丁寧に丁寧に描いています。

【この物語には続きがあるかも…? ラストに注目!】

ラストでは、恐るべき真実が明らかになったり、続編に繋がるかもしれないシーンがあったり、とにかく怒涛の連続のエンディングになっています。個人的には、続編があったら、かなり恐ろしい展開になりそうな気配を感じました。もしかしたら人類の危機に直面するかも……!?

とはいえ、テーマパークのアトラクション気分でキャーキャー楽しめる映画なので、お友だちとぜひ! 4DXで見る方は、ガンガン振り回されるので、満腹状態で映画鑑賞をすると気持ち悪くなる可能性がありますから、気を付けてくださいね!

執筆=斎藤香 (c)Pouch

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
(2018年7月13日より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー)
監督:J・A・バヨナ
出演:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ジャスティス・スミス、ダニエラ・ピネダ、ジェフ・ゴールドブラム、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、レイフ・スポールほか
© Universal Pictures

続きはこちら

4D映画を観るなら話題作『レディ・プレイヤー1』が最高だよ! まるで体験型アトラクション気分なうえに恋と感動がバッチリ込められた傑作です

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今週ピックアップする映画はスティーヴン・スピルバーグ監督の最新作『レディ・プレイヤー1』(2018年4月20日公開)です。先月『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』が公開されたばかりのスピルバーグ監督作が立て続けに公開です!

そしてワタクシ、本作を最新のMX4Dで体験してきました。ではまず物語から!

【物語】

2045年の地球。街は荒れ果てて、現実の世界に喜びを見出せない若者たちは、VRワールド“オアシス”に夢中です。そこはアバターに姿を変えて、自分がなりたいものになれる世界でした。両親を亡くし、叔母の家で居候生活をする17歳のウェイド(タイ・シェリダン)も“オアシス”の世界にのめり込んでいました。

ところが“オアシス”の創始者ジェームズ・ハリデー(マーク・ライランス)が亡くなり、彼はユーザーに「自分が仕掛けた3つの謎を解き、イースターエッグの卵を見つけた者に“オアシス”の全権を譲る」という遺言を残します。ウェイドはじめ、多くの者が、そのゲームに参戦するのですが……。

【MX4Dで見て良かった~! VRワールドを体感!】

『レディ・プレイヤー1』で、まず目を引かれるのはやはりヴィジュアル。2045年の地球を描いた冒頭の近未来のシーンからめちゃかっこいい。ウェイドが暮らす集合住宅も宙に浮いているようで、不思議な世界観を見せてくれます。

そして映画は、ハリデーの仕掛けた3つの謎にウェイドが挑戦するところからテンポアップしていきます。謎を解き“オアシス”のどこかにあるイースターエッグを探す争奪戦はカーレース!

今回はTOHOシネマズ六本木に導入されたMX4Dを初体験してきたのですが……めちゃくちゃ楽しかったです!

スタートするやいなや、ものすごいスピードに仰天します。 MX4Dで見ているから、シートが揺れるし、突き上げられるし、何かが背中からぶつかってくるように感じるし、キングコングは目の前で吠えながら飛びかかってくるしで、心の中で「キャーキャー」騒ぎましたよ。まさに遊園地のアトラクション状態です。

【ヴィジュアルだけじゃない感動的な仕掛けとストーリー】

ヴィジュアルの仕掛けだけだと、次第に目が慣れて飽きてしまうのがこの手の映画の弱点なのですが、本作の凄いところは、VRのヴィジュアルに頼っていないことです。登場人物の心の葛藤と「どうなるのか」と予想できない展開がしっかりあるのです。

その鍵を握っているのが3つの謎。これには“オアシス”の創始者ハリデーの生い立ちが隠ヒントとなっています。ウェイドと仲間たちは、ハリデーの歴史がつまった場所を何度も訪れ、答えを導き出そうとするのですが、そこで描かれるハリデーの過去がとても切ないんですよ。

幼い頃から孤独で、莫大な富を生み出してからもあまり変わらない。愛する女性がいたけど、告白ができない……。「彼は幸福だったのだろうか」と、ちょっと泣きそうになりました。

またウェイドと仲間たちは力を合わせて、ハリデーの莫大な遺産を奪おうとする巨大企業IOI社に立ち向かうのですが、この仲間たちのキャラもいい! メカ職人、忍者、侍、そして紅一点のアルテミス(オリビア・クック)がおりまして、なんとウェイドは彼女と恋に落ちるんですね。ウェイドが猛烈に口説く姿はとてもかわいくて、キュンとします。

【オタクが狂喜乱舞するメカゴジラ、ガンダムなどの人気キャラ登場】

ハリデーはオタクなので “オアシス”には多くの人気キャラクターや名作映画の名シーンが登場します。たとえば、紅一点のアルテミスが乗るバイクは「AKIRA」の金田モデルだし、キャラでいえばメカゴジラ、ガンダム、アイアン・ジャイアント、T・レックス、チャッキーなど多数。オタクはもうたまらんでしょう。映画『シャイニング』の不気味な双子や幽霊ばあさんのシーンは強烈で悪夢を見そうです。


【現実を忘れるなというメッセージ】

私たちは現実に不満があると、非現実を求めることがありますよね。ゲーム、映画、漫画、アイドルなど、求める世界は様々ですが、その世界をVRで見せてくれるのが『レディ・プレイヤー1』。

でも、ハリデーは「VRは現実じゃない、現実こそがリアルなんだ」と語ります。現実を見つめて、そこで幸福を勝ち取らないとダメだよというメッセージが込められているように思えて、ハっとさせられました。

ハリデーのメッセージには納得なのですが……それでも、この映画はぜひ4D(4DX・MX4D)で見ていただきたい! ちなみに4Dは吹替え版のみです。画面がめまぐるしく、字幕で見ると酔いそうなので吹替え版の方が見やすいと個人的には思います。

執筆=斎藤 香 (c)Pouch

レディ・プレイヤー1
(2018年4月20日より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー)
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:タイ・シェリダン、オリビア・クック、ベン・メンデルソーン、サイモン・ペッグ、森崎ウィン、マーク・ライランス、ジェームズ・ハリデー
(c)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTSRESERVED

続きはこちら

【知っ得】4D映画は普通の映画と違って心の準備がいるのです! 「飲み物をぶちまける」「水しぶきの勢いがエグイ」「トイレに立ちにくい」など


みなさんはこれまで、4D映画を体験したことがあるでしょうか? 4D映画は、映画の世界を五感で味わう “体感型” の上映システムのこと。

映画のシーンに合わせて座席が動いたり揺れたりするほか、お花や煙の匂いを感じたり、嵐で水しぶきや風を受けるなどの特殊効果があるのが特徴。アトラクションのようなドキドキ感や、映画の世界に入りこんだような圧倒的な臨場感を楽しめます。

4D映画は、劇場によって上映システムに違いがあり、ユナイテッド・シネマ系列の「4DX」と、TOHOシネマズ系列の「MX4D」があります。どちらも映画の内容は同じですが、体験できる効果の数に違いがあります。(4DX:10種類、MX4D:11種類)料金は大体、3D映画料金プラス1000円です。

しかし、通常の映画鑑賞とは大きく違うところがいくつかあって、全く知らないで行くとビックリするかも?

というわけで、本日は「4D映画を観るときに注意しておきたい6つのこと」をお伝えしていきたいと思います。

【4D映画を観るときに注意しておきたい6つのこと】

その1:約2時間、ずーーーっと遊園地のアトラクションに乗る感じなので、覚悟して!

上映中は座席が上下左右に揺れるわ、地響きのように振動するわ、下から突き上げが来るわ、体に終始なにかしらの刺激を加えてくるのが4D。

わたしは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』鑑賞時に初めて「MX4D」を体験したのですが、登場人物というよりもむしろ、走っている車の気持ちになったことを覚えています。

その2:予想以上に揺れるから、食べ物や飲み物の置き方に注意しよう!

激しい揺れが起きるので、「ポップコーンをばら撒いてしまわないよう袋に入れておく」「飲み物はふた付きにしておく」といった準備はマスト。

ちなみに Pouch 編集部のMは、デートのときに、彼氏と一緒にコーヒーをぶちまけた経験があるそうです。

その3:水しぶきの勢いが予想以上にエグイ!

“水しぶき” と聞くと、軽~くパシャッとしかかからないように思うでしょう? これがね、結構な勢いなんですわ。

水でメイクや髪の毛のセットが崩れる可能性を考えて、対策を立てることをおススメします。ハンカチとちょっとした防寒着は必須。濡れた状態で風が吹くと寒いです。

なお「4DX」の場合に限りますが「ひじ掛けのスイッチでON / OFFを切り替える」と水の演出をストップできるようですよ。デートのときはこちらを利用するといいかも♡

その4:トイレに立ちにくいので、トイレが近い人は気をつけて!

座席がぐわんぐわん動くので、途中で席を立って、また座るのが難しいです。上演中は劇場内の照明が暗いので、足元にも最大限の注意が必要!

その5:「2D」×「4D」の上映スタイルだと、臨場感を味わえないかも?

4D映画は、3D映像と組み合わせて上映されるパターンが多いのですが、上映館や作品によっては「2D」映像のときがあるんです。

そういった場合、視界はいつもの映画と一緒なので、立体的な3D映像で体験できる “没入感” が少なめ。せっかくの4Dですので、3Dにしとくのが無難じゃないかと思います。

その6:ストーリーをちゃんと把握できない場合がある!

体にくる刺激が強すぎて、ストーリーをちゃんと理解できないまま鑑賞を終えてしまうことがあります。そんなわけで、わたしのおススメは「1度目は2Dで観て、2度目は4D」という鑑賞スタイル。

もし2回観るつもりがない場合は、吹き替え版を選んでおくと、4Dの刺激が強くてもストーリーを追いやすいかもしれません。

【スリル満点の映画体験ができるよーっ!】

4Dは映画館で体験できるアトラクション。この点をしっかり頭に入れて臨めば、上映中に不安になったりしないはず。

そのほかの注意点は、遊園地の乗り物と同じように「身長100cm未満の子供は利用不可」「妊娠中や年配の人、車いすを利用している人、体調の優れない人や心身ともに敏感な人、心臓や首などに障がいのある人、乗り物酔いしやすい人、そして泥酔している人は利用不可」といったものがあるので、あらかじめチェックしておくようにしましょうね。

現在4D形式で公開されている映画には、話題作『ブラックパンサー』や、ピクサーのアニメ作品『リメンバー・ミー』があります。

そのほか、『トゥームレイダー ファースト・ミッション』や『ジュマンジ / ウェルカム・トゥ・ジャングル』などが上映予定。

今回挙げた項目に注意して、4D映画タイムを心ゆくまで楽しんでくださいっ♪

参照元:ユナイテッド・シネマTOHOシネマズ
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【知っ得】4D映画は普通の映画と違って心の準備がいるのです! 「飲み物をぶちまける」「水しぶきの勢いがエグイ」「トイレに立ちにくい」など


みなさんはこれまで、4D映画を体験したことがあるでしょうか? 4D映画は、映画の世界を五感で味わう “体感型” の上映システムのこと。

映画のシーンに合わせて座席が動いたり揺れたりするほか、お花や煙の匂いを感じたり、嵐で水しぶきや風を受けるなどの特殊効果があるのが特徴。アトラクションのようなドキドキ感や、映画の世界に入りこんだような圧倒的な臨場感を楽しめます。

4D映画は、劇場によって上映システムに違いがあり、ユナイテッド・シネマ系列の「4DX」と、TOHOシネマズ系列の「MX4D」があります。どちらも映画の内容は同じですが、体験できる効果の数に違いがあります。(4DX:10種類、MX4D:11種類)料金は大体、3D映画料金プラス1000円です。

しかし、通常の映画鑑賞とは大きく違うところがいくつかあって、全く知らないで行くとビックリするかも?

というわけで、本日は「4D映画を観るときに注意しておきたい6つのこと」をお伝えしていきたいと思います。

【4D映画を観るときに注意しておきたい6つのこと】

その1:約2時間、ずーーーっと遊園地のアトラクションに乗る感じなので、覚悟して!

上映中は座席が上下左右に揺れるわ、地響きのように振動するわ、下から突き上げが来るわ、体に終始なにかしらの刺激を加えてくるのが4D。

わたしは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』鑑賞時に初めて「MX4D」を体験したのですが、登場人物というよりもむしろ、走っている車の気持ちになったことを覚えています。

その2:予想以上に揺れるから、食べ物や飲み物の置き方に注意しよう!

激しい揺れが起きるので、「ポップコーンをばら撒いてしまわないよう袋に入れておく」「飲み物はふた付きにしておく」といった準備はマスト。

ちなみに Pouch 編集部のMは、デートのときに、彼氏と一緒にコーヒーをぶちまけた経験があるそうです。

その3:水しぶきの勢いが予想以上にエグイ!

“水しぶき” と聞くと、軽~くパシャッとしかかからないように思うでしょう? これがね、結構な勢いなんですわ。

水でメイクや髪の毛のセットが崩れる可能性を考えて、対策を立てることをおススメします。ハンカチとちょっとした防寒着は必須。濡れた状態で風が吹くと寒いです。

なお「4DX」の場合に限りますが「ひじ掛けのスイッチでON / OFFを切り替える」と水の演出をストップできるようですよ。デートのときはこちらを利用するといいかも♡

その4:トイレに立ちにくいので、トイレが近い人は気をつけて!

座席がぐわんぐわん動くので、途中で席を立って、また座るのが難しいです。上演中は劇場内の照明が暗いので、足元にも最大限の注意が必要!

その5:「2D」×「4D」の上映スタイルだと、臨場感を味わえないかも?

4D映画は、3D映像と組み合わせて上映されるパターンが多いのですが、上映館や作品によっては「2D」映像のときがあるんです。

そういった場合、視界はいつもの映画と一緒なので、立体的な3D映像で体験できる “没入感” が少なめ。せっかくの4Dですので、3Dにしとくのが無難じゃないかと思います。

その6:ストーリーをちゃんと把握できない場合がある!

体にくる刺激が強すぎて、ストーリーをちゃんと理解できないまま鑑賞を終えてしまうことがあります。そんなわけで、わたしのおススメは「1度目は2Dで観て、2度目は4D」という鑑賞スタイル。

もし2回観るつもりがない場合は、吹き替え版を選んでおくと、4Dの刺激が強くてもストーリーを追いやすいかもしれません。

【スリル満点の映画体験ができるよーっ!】

4Dは映画館で体験できるアトラクション。この点をしっかり頭に入れて臨めば、上映中に不安になったりしないはず。

そのほかの注意点は、遊園地の乗り物と同じように「身長100cm未満の子供は利用不可」「妊娠中や年配の人、車いすを利用している人、体調の優れない人や心身ともに敏感な人、心臓や首などに障がいのある人、乗り物酔いしやすい人、そして泥酔している人は利用不可」といったものがあるので、あらかじめチェックしておくようにしましょうね。

現在4D形式で公開されている映画には、話題作『ブラックパンサー』や、ピクサーのアニメ作品『リメンバー・ミー』があります。

そのほか、『トゥームレイダー ファースト・ミッション』や『ジュマンジ / ウェルカム・トゥ・ジャングル』などが上映予定。

今回挙げた項目に注意して、4D映画タイムを心ゆくまで楽しんでくださいっ♪

参照元:ユナイテッド・シネマTOHOシネマズ
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【注目】1月5日からダークサイドを体感できる!! 映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』MX4Dと4DX上映でダークサイドバージョンが公開されます


2017年12月15日に日本公開された映画スター・ウォーズ/最後のジェダイ。前日(14日)に行われたプレミアムナイト上映の動員数も含めると、公開後の4日間で累計観客動員100万人を突破するという快挙を成し遂げています。これから冬休みに入るということもあって、映画館に見に行くお客さんがますます増えそう~!

2Dバージョン、3Dバージョンと上映方法がたくさんあるから、どうせなら見比べてみるのもアリ。中でもおススメなのは、各劇場で売り切れが続出している体感型アトラクションシアター「MX4D」「4DX」での上映です。

「MX4D」「4DX」は、ストーリーに応じて座席が動いたり風が吹いたりと、まるで映画の中に自分が入ってしまったような臨場感を味わえるもの。

現在は「ライトサイド(光)バージョン」が公開されていますが……光だけに焦点を当てることは不公平、ですよね?

というわけで、年が明けた2018年1月5日からは「ダークサイド(闇)バージョン」が公開に! なんとこちら、全世界に先がけて日本最速公開される新バージョンなんですって。

【まずは「ライトサイド」を体感してみよう】

今作におけるキャッチコピー「光か……。闇か……。」を意識していると思われるこの企画では、ライトサイドとダークサイドそれぞれの登場人物たちの動きや感情に合わせて座席が動き、風・水・香りなどの特殊効果が連動します。

現在上映されている「ライトサイド」では、ライトセーバーで激しいバトルを繰り広げるシーンや、レジスタンス勢力による戦闘シーンなど、迫力満点。Xウィングのアクションシーンや、BB-8やチューバッカたちの動きをよりリアルに体感できるのは、ライトサイドバージョンのみ

まるで自分も一緒に仲間に加わって行動を共にしているかのような、不思議な感覚を味わうことができるようなんです。

【 “闇” に焦点を当てた「ダークサイド」】

「ダークサイド」バージョンでは、ファースト・オーダーやストームトルーパーなど、ダークサイド側の登場人物たちの動きや感情に併せた激しい4D演出が体感できるそう。

バトルシーンや暗黒面のフォースを感じることができるそうで、ストームトルーパーの進軍シーンやBB-9Eの動きに合わせた効果などは、ダークサイドバージョンのためだけに用意されているのだそう。

また、ライトサイドバージョンよりも香りの効果がより多く使用されているそうで、そんな違いにも注目したいところですっ。

【今すぐ映画館へGO~!】

ライトサイドとダークサイド。光と闇を経験することで、きっと『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のすべてが理解できる……はず!

レイ、カイロ・レン、そしてルーク・スカイウォーカーたちは、一体どちらの方向へと向かうのか。登場人物たちの気持ちにもっと寄り添うべく、「ライトサイドバージョン」と「ダークサイドバージョン」の両方を、体感してみてはいかがでしょうか。

参照元:スターウォーズ公式Facebook
画像:(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら