何回目のデートで「キスOK」なのか調べた結果…30代だけ「1回目」だった!? 5月23日は #キスの日

本日2018年5月23日は「キスの日」♡ 1946年のこの日、日本で初めてキスシーンが登場する映画『はたちの青春』(佐々木康監督)が封切りされたことから、キスの日とされるようになったといいます。

恋人同士で交わす熱いキス。主に海外で行われる、親愛の情を込めた挨拶のキス。我が子に対する、慈愛に満ちたキス。

このように「キス」と、ひと口に言ってもその種類はさまざまですが、この世でもっとも胸キュンなキスといえば、大好きな人と初めてするキスなのではないでしょうか。

というわけで、今回ご紹介するのは、アンケートサイト「みんなの声」の「交際相手との初キス、デート何回目でする?」のアンケート結果です。

【支持を集めたのは「3回目のデートで初キス」】

付き合って初めてのデートでするのか、それとも2回目、いや3回目でするのか。世の中の人々は一体、どのタイミングで “初キス” を行っているのか気になる……。さっそくをチェックしていきましょう!

総合トップ5の結果は、次のとおり!

1位 3回目(2127人)
2位 1回目(1753人)
3位 2回目(1146人)
4位 5回目以上(910人)
5位 結婚してから(184人)

ご覧のとおり、もっとも票を集めていたのは「3回目」。男女別のランキングを見ても、男女ともに「3回目」が1位。また年代別ランキングを見ても、10代以下、20代、40代、50代、60代以上で「3回目」が1位を獲得していました。

【30代の1位は「1回目のデートで初キス」】

……さて、みなさんはお気づきでしょうか。たったいま紹介した年代別ランキングに関する説明の中に、30代が含まれていなかったことを。

実は30代でだけ1位を獲得していたのは「1回目」(57人)。2位の「3回目」(46人)と比べると票差はほんのわずかではありますが、30代だけこういった結果となった事実は非常に興味深い~っ。

またもうひとつ目を惹いたのは、40代の2位に「1回目」が食い込んでいた点です。

この結果だけみると……30代と40代は、他の世代と比べて “肉食” ってことなんでしょうかね!?

【そんなわたしも「肉食世代」です】

よく言えば、単に “スピーディーな展開の恋愛を好む” 傾向があるとも表現できますが、とにもかくにも「グイグイペース」なことは間違いありません。

かくいうわたしも、30代。正直な話、キスを急いでしまうことは否めません。自分ではこれを積極的すぎる性格のせいだと思っておりましたが……もしかしたら “そういう世代” なだけだったのかも~!?!?!?

参照元:みんなの声「交際相手との初キス、デート何回目でする?」
画像=Pouch編集部
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

女性の約半数が付き合う前にキスした経験アリ! 理想のキスのシチュエーションは「不意にされる」「エレベーターなど2人きりの空間で」など

5月23日は「キスの日」。ってなわけで、突然ですが質問です。みなさんは正式なお付き合いに至る前に、お相手とキスしてしまったことがあるでしょうか?

携帯コミックサイト「コミックシーモア」が10代以上の会員男女4384名(男性235名 女性4149名)を対象に行った「キスの日に関するアンケート」によれば、「付き合う前にキスをしたことがある」と答えたのは全体の半数にあたる51.8%

この質問に対し女性の52.5%、さらには男性の42.0%が「はい」と答えています。さてみなさんはこの数字を、どうとらえたでしょう?

【女子の理想は「不意打ちキス」♡】

ちなみに「キスの日に関するアンケート」では「理想のキスのシチュエーション」についても調査していたようで、女性にもっとも支持されたシチュエーションは「不意にされるキス」(32.5%)

続く2位は「2人きりの空間(車やエレベーター等)でのキス」(19.9%)、3位は「帰り際のお別れのキス」(14.0%)。なお男性の1位は「2人きりの空間(車やエレベーター等)でのキス」(29.3%)でした。

【「エレベーターキス」のドキドキ感はヤバい】

うんうん、どれもこれも胸キュンしちゃうよね。特にエレベーターでのキスは、ヤバイよね。あの “内緒でしてる” 感じとか、“誰かに見られるかも” というスリルが、恋する気持ちをますます高めてくれるような気がします。

イイなと思っている人と付き合う前にそんなシチュエーションでキスしたら……確実に恋に落ちるわ~!

【付き合う前に、キスしてたわ】

自分のことを振り返ってみると、お付き合いする前のキス、多いですね。覚えているかぎりでは大概、付き合う前にしているような気がするな……。

「キスしてみないとわからないことがあるし」とかなんとか頭でごちゃごちゃ考える前に体が動いちゃってるもんで、したいと思ったらしちゃう、本能的すぎるわたし。あ、もちろん「しても大丈夫」な相手にしかしませんし、決して無理やりはしませんからね!

【女友達にも聞いてみた】

気になったので、周囲の女友達にもこのあたりに関して聞き取り調査をしてみました。

「付き合う前にデートするでしょ? そのときにイイ感じになってキスすることはあるよね。キスがよくて、もっと好きになって、付き合ったことがあるよ」(30代女性)
「お酒飲んでて、ノリでしちゃうことはあります。付き合うとかそういう問題じゃなくて、ノリで」(20代女性)
「『付き合いましょう』って約束してないけど、付き合ってるっぽい。そういう時期のキスも含むんだったら、バンバンしてる」(30代女性)

最後の意見、わかるわ~~~!! 大人になるとなぜ、正式なお付き合いの申し込みを怠るようになるんでしょうかねぇ。モヤモヤするくらいなら自分から言っちゃえばいいようなものなのだけど、そんな勇気もないという…….。は~、恋って切ない。

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ / 画像=Pouch (c)Pouch

続きはこちら

私たちが今まで体験した「トラウマ級キス」について / 5月23日は #キスの日 です

みなさん、本日5月23日は「キスの日」……! そして同時に「ラブレターの日」でもあるという、ミラクルな日なのであります。

1946年、日本初のキスシーンが登場する佐々木康監督の映画『はたちの青春』が封切りされた日。そして、浅田次郎さん原作の映画『ラブ・レター』が1998年に公開初日を迎えた日なんですって。

そんなわけで、本日が「キスの日」、そして「ラブレターの日」となったそうなのですが、ロマンチックですよねぇ。せっかく恋愛ムード一色な日なんですから、思う存分ラブラブちゅっちゅしたいものですよねぇ。

【キスしたい…でもこんなキスはいやだーっ!!】

しかし! 誰しもきっと1つや2つは、キスにまつわるイヤ~な思い出があるのではないかと思うのです。もう2度とあんなキスはしたくない……と、遠い目になってしまうようなキスの思い出が……。

そこで今回、周囲の女性に聞いたトラウマ級キスを紹介したいと思います。もしも身に覚えのある人がいたら(男女問わず)、今後は気をつけたほうがいいかもよーっ!

【みんなの体験談】

その1:口付近全体を舐めまわしてくる

「くちびるを舐めたかと思いきや、そのあと口周辺、鼻、さらにはあご近くまで舐めてきた人がいた。食べられるかと思ったし、ただただ不快だった」(30代女性)

その2:舌をめっちゃグルグル回された

「なぜそんなに回すのか、途中で笑いそうになりました。でもしつこかったから、そのあとすごくイライラしました」(20代女性)

その3:唾液を入れようとしてくる

「キスしてたら唾液を注ぎ込まれたことがあります。好きっていう人もいるかもしれないけど、わたしは辛かった」(30代女性)

その4:ニオイが無理だった

「口臭がキツイとか、そういう衛生的な問題じゃなくて、その人が持つ独特のニオイが無理だったの。だから相手に罪はないんだけど、キスした瞬間『無理~~~!!!』ってなっちゃったんだよね」(30代女性)

その5:長すぎる

最後はわたしの体験談です。20歳くらいの頃に “友達以上、恋人未満” な関係になった男の子がいたのですが、彼はキスが長かった。一体どれくらい長いのかというと、かれこれ2時間ずーっとキスだけしてました。もう終わるかな……いや、まだくるんかい!の繰り返し。

キスで「口が疲れた……」と感じたのは初めてだったし、それ以降も経験しておりません。当然くちびるも腫れました。ちなみにこの男の子とは、正式なお付き合いにまで至りませんでした。

【たぶん、相性の問題もあると思うの】

キスをした瞬間すぐさま、「この人いい♡」「あ、無理だわ」と瞬時にわかる。

これは女性同士で話すと、かならず「わかる~!」と言ってもらえる「キスあるある」なのですが(わたし調べ)、ひょっとするとイヤだと感じるか否かは、匂いなどを含めて相性が大きく関わっているのかもしれません。しかし相性の問題でないのであれば、改善の余地はあると思うのです。

相手を不快にさせるキスを自分はしていないかどうか、いま1度自分のキスを振り返る、いい機会かもしれませんね♡

ちなみに……5月23日は「世界亀の日」でもあります。ご参考までに。

参考リンク:今日は何の日~毎日が記念日~
Photo:ぱくたそ
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら