【3日間の超限定】みんな大好き「雪印コーヒー」がお風呂になったよー! お湯だけでなく壁画も特別仕様なんだって

ふとしたとき無性に飲みたくなる、ふんわりとしたコーヒーの香りと優し~い甘み。みんな大好き「雪印コーヒー」が、2017年に発売から55周年を迎えました。

これを記念して2017年4月から1年を通して行われているのが、とことん “5” にこだわり抜いたキャンペーン!

第5弾として開催されるのは、なんと “コーヒーのお風呂” 。ウソみたいだけどガチ、「世界初!? 入れる “雪印コーヒー” の湯」が、2018年2月16日から18日までの3日間限定で開催されるそうなんです。

【ロケ地で人気の銭湯が「コーヒー湯」に】

今回のお風呂企画でタッグを組んだのは、ドラマや映画のロケ地としても有名な、東京都大田区南雪谷の「明神湯」。昔ながらの宮造りの外観や高い天井、富士山のペンキ絵など、レトロな雰囲気が魅力の銭湯です。

期間中は通常のお湯に加えて、この企画のためだけに徹底再現されるという「雪印コーヒー」の湯が出現。

とはいえ本物の「雪印コーヒー」が入っているわけではなく、「雪印コーヒー」をイメージした入浴剤を使用しているとのこと。肌触り、色合い、香りは本物の「雪印コーヒー」そっくりらしく、コーヒーに全身を包まれているかのような気分になれるはず……!

【銭湯絵師が手がける壁画にもご注目】

見どころはお湯そのものだけでなく、のれん、さらには壁画まで「雪印コーヒー」仕様になるらしいんです。

特に壁画は要注目で、手がけるのは全国で3名しかいないという銭湯絵師、丸山清人さん。職歴58年、繊細な画風の丸山さんは一体どのような壁画を描くのか。これを見るだけでも足を運ぶ価値がありそうです。

【風呂上りはやっぱり「雪印コーヒー」ですよね☆】

壁画を眺めながらお湯に浸かって、身も心もすっかり癒されたら、お風呂上がりに「雪印コーヒー」♪ 数量限定で無料配布されるコーヒーをごくごく飲みながら、風呂上りのリラックスタイムを過ごす時間はまさに、至福のとき……。

会場には、発売55年記念キャンペーンを振り返る「 “55” づくしの特別展示」もあるそうで、なにもかもが「雪印コーヒー」一色です。営業時間は16時から23時半まで、子供から大人まで楽しめると思いますので、家族みんなで出かけてみるといいかもしれませんね。

参照元:世界初!? 入れる “雪印コーヒー” の湯、プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

親世代の恋愛事情がわかるかも!? 「人を好きになる」という普遍性を描いた雪印コーヒーのウェブ限定ムービーが素敵

誰かを好きになる気持ちは、今も昔も変わらない。「恋に落ちる」という人間の普遍性を改めて実感させてくれる動画作品をYouTubeで公開したのは、雪印メグミルクの「雪印コーヒー」です。

2017年に発売55周年を迎えた「雪印コーヒー」。ウェブ限定ムービー『Now & Then|人は昔から知っている』は、今も昔も変わらずに愛されている「雪印コーヒー」に、時代が変わっても変わらない “好きな人を思う気持ち” を重ね合わせた、心をキュンとさせてくれる作品なんです。

【今も昔も変わらない「人を好きになる気持ち」】

好きな人へ気持ちを伝える方法は手紙からLINEへと変化しましたが、「返事が来ない」とポストをのぞいたり「既読したなら返信してよ!」と何度もスマホの画面を見たりと、不安でヤキモキする気持ちはおんなじ

スマホでツーショット写真を撮りためる時間も、窓ガラスに相合傘を描く時間も、どちらも大切な2人のひととき。待ち合わせでタイミングが合わなくなって残念に思うのも、「この人と何かを共有したい!」と願うのも、相手を想う心があるからこそなのです。

【「窓に小石を投げる」とか、今ではなかなかないもんねぇ】

ウェブムービーを観て思ったのは、今と比べるとやや不自由に感じられる昔のほうが、あらゆる場面がドラマチックだったのではないかということ。

プロポーズのシーンにおいて、現代の場面は「自宅で2人、映画を観ながら」といったシチュエーションでしたが、昔の場面では、男性が「窓ガラスに小石を投げる」ところからスタート。

電話をするわけでもなく、わざわざこんな方法で彼女を窓辺に呼び出して大声で「結婚してくれ!」と叫ぶシーンは、まるで映画のワンシーンのようです。

でも当時はこういうこと、映画の世界だけではなく現実にもあったのでしょうね。ちょっぴり恥ずかしいけれど、一生の思い出になりそう!

【人は欲張りな生き物、だけど…】

もうひとつ、私が感じたのは、昔はささいなことにも “満足” していたのではないかということ。

たとえば電話をしている際、現代の場面において、女性は「会えたらいいのに……」と今会えていないことを残念に思っています。

しかし場面が昔に切り替わると、男性は「声が聞けるだけで嬉しい」と電話でつながるありがたさを実感しているんです。

恋愛における “大切なこと” を改めて思い起こさせてくれるウェブムービーは必見です。今恋をしていないという人も観ればきっと恋をしたくなるし、恋愛中の人は、相手をもっと大切にしようと思うことでしょう♪

参照元:プレスリリース雪印メグミルク株式会社YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら