【豪華すぎない?】マジで付録に見えないんだが…sweet 7月号についてくる「snidel」特製ベビーピンク × ブラックのバイカラーミニボストン


6月12日に発売される宝島社の雑誌『sweet』7月号の付録は、「snidel」のピンク×ブラックのバイカラーミニボストン

モテ女の代表格ブランドながら、これまで数々の付録として登場してきた「snidel」で「史上最高の出来」と噂されている、この夏ぜひ注目したい豪華な付録です。

今回は発売前に特別に送っていただいたので、その「最高の出来」がいかほどなのかチェックしてみたいと思いまーす♪

【「レザーのバッグ」付録は警戒しちゃう】

ところで皆さん、付録目当てで雑誌を購入するときに気をつけていることはありますか? 

私は雑誌の付録が大好きでしょっちゅう本屋さんでチェックしているんですが、正直にいうとバッグの付録、特にレザーのやつをめちゃくちゃ警戒しています。理由は布製だとあまり感じないけど、レザー風の付録バッグは安っぽく見えてしまうものが多いからです。さて、今回の付録はどうでしょうか?

【付録と思えぬ豪華さ、手触りもしっかり】


実際に手に取ってみると、手に持った感じがとてもしっかりした印象を感じます。手持ち部分に綿か何かが詰められて立体になっています。素材は上質なレザー風で、少し厚みがありました。

本体の色は白に近いベビーピンクで、縁にブラックのバイピングが施されているのでアラサーが持っても甘すぎないデザインになっています。

【ファスナーもスムーズ、ストラップの跡がちと気になる】


付録にありがちな縫い目もほつれもなく、ファスナーの開閉もスムーズ。


取り外しできるストラップが付いてきますが、畳まれた跡がついてしまっているのがちょっと残念。個人の好みによりますが私はつけないで使うほうが好きかも。

【収納力バツグン】


バッグとしては小さめな大きさですが、マチがあるので見た目以上の収納力があります。二つ折り財布、ハンカチ、小さめのポーチを入れてみてもかなりの余裕が。あとは文庫1冊とスマホぐらいなら入りそうです。

今まで付録のバッグでは、「ちょっとそこまで」要員以上はもとめていなかったけれど、こんなにしっかりしている作りなら、フツーに「スタメン」。電車にのってお出かけできます。

【ちびっこのお出かけ用にどうかな?】

小さめのミニボストンなので、肩掛けタイプをうんと短くすれば、ちびっこの女の子でも使えそうです。たとえば、5歳児が普段使いでsnidel使ってるとちょっとアレかもしれませんが、特別なお出かけ用に使えば、すっごくカワイイと思うんだけど……どうかな?

【まとめ:2000円前後で売っててもおかしくない】


「最近の雑誌についてくる付録はマジで豪華」というのはすでに皆様はご存知だとは思いますが、今回の付録は豪華さに磨きがかかっておりました。

どれくらい豪華かというと「しまむら」などのお店で1900円で売ってたら迷わず買うレベルです。雑誌の本体のお値段は1000円切るし、しかもこれあくまで付録なのだからすごいよね! 『sweet』7月号は6月12日発売です。いいなと思った方はぜひゲットしみて。

参照元:宝島社 sweet
撮影・執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら

可愛いのに実用的だなんてズルい♪ InRed7月号についてくる「リトルミイ 夏トート & 保冷ポーチ」は絶対買い!


2017年6月7日(水)に発売される宝島社『InRed』7月号には、「アダム エ ロペ ル マガザン」の「リトルミイ 夏トート & 保冷ポーチ」がついてきます。

リトルミイの可愛いイラストが描いてあるキャンバス地のトートと、トートにすっぽり入る保冷ポーチ。デイリーユースでも可愛く使えちゃいますが、エコバッグとしてとても優秀なのです! 付録でこの大きさはとても助かりますね!

【使えるエコバッグの条件4つ】

エコバッグが好きで、様々なサイズの素材のエコバッグを10数枚ほど持っていても、実際に主戦力として使用しているのは2、3枚といったところ。私が一番よく使うエコバッグたちの特徴を見ていると4つの共通項がありました。

・安価(汚れても気にならない)
・丈夫(たくさん入る)
・大きすぎない(たくさん入れても重くなりすぎない)
・たためる(バッグに入れられる)

雑誌のお値段は税込み880円。付録なので、安価という条件はまずはクリア。さて、その他はどうでしょうか?

【ミイとニョロニョロのイラストがかわいい】


まずはバッグのデザインと素材からチェック。

キャンバス地のトートに描かれているリトルミイは、ニョロニョロの体から電気をわけてもらい、電球を灯しています。実はニョロニョロって電気エネルギーを蓄えておけるんだって知ってた? ニョロニョロしてて可愛いだけではなかったなんて、ちょっと驚きですよね。

そして、手持ち部分はロープになっていて、つかんだ感触がとってもやわらかい。一瞬、間違えてロールパンつかんだかと思っちゃいました。イライラしている時にこのバッグを持てば気持ちがほぐれそうだわ。長時間持ってても手や肩に食い込んで痛くなったりしなさそうです。

 

【自立するマチが便利!】


次に、大きさは高さ25×底幅26×マチ13㎝。マチがしっかりついているので、見た目以上に収納力があります。しっかりマチがついていると、自立するので、食材などを購入した時にカゴから入れ替えやすいです。これは平べったい形のエコバッグにはできないこと。意外とポイント高いです。

また、この大きさなら大根やキャベツなどのヘビー級野菜を目一杯詰め込んでもちゃんと持って帰れます。

【保冷ポーチで可能性広がる】


もちろんトートはそのままでもデイリーユースできますが、中にすっぽり入る保冷ポーチを入れると、冷たいドリンクやアイスを買った時に重宝しそうです。

イラストはミムラねえさんとミイの姉妹で、500mlのペットボトルなら4本。缶のドリンクなら8本入ります。バッグの内側には保冷剤を入れられる内ポケットがついています。ビーチや夏フェスでも便利そうですね。

【たたんでみた→まあ合格】


最後にたたんでみて、別のバッグに入れられるくらい小さくなればエコバッグとして合格!

比較的厚手の生地なので、たたんでみてもそこまでコンパクトにはなりませんでしたが、これくらいは許容範囲内です。

【買いです】


可愛いのに実用的! エコバッグとしてこの夏主戦力になってくれちゃいそうです。ぜひゲットしてみてください。

参考:宝島社
撮影・執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら