イケア「レトロデザイン」家具の第2弾は70~80年代コレクション! カラフルで大胆なデザインのアイテムがそろっています

2018年8月23日から販売が開始された、イケア創業75周年を記念した限定コレクション

過去75年間のうちにイケアで人気を集めた商品を復刻。第1弾は1950~60年代、第2弾は1970~80年代、第3弾は1990~2000年代と3期に分けて全世界で限定発売されるのですが、10月18日にいよいよ第2弾の70~80年代コレクションが登場。

大胆でカラフルで、部屋の雰囲気がぱあっと明るくなるような家具が、たくさんそろっているんです。

【お買い物は即断即決で!】

ラインナップされているのは、家具や照明、テーブルウェアなど。すべて数量限定での発売となるため、ピンとくるアイテムと出会えたら、早めにゲットした方がいいかもしれません。

【クッションカバーがめっちゃカラフル】

70~80年代のイケア商品は、レッドにイエローと、とにかくカラフル。それでいて北欧テイストもしっかりと感じられるデザインがそろっているわけなのですが、その多くを手がけたのは、当時イケアを代表するデザイナーとして活躍していたÅsa Gray氏。

今回復刻されたクッションカバー「MOSAIKBLAD/モサイクブラード」(各799円)もGray氏の作品で、ビビッドな色使いやユニークな模様が超ポップ! 50x50cmといった比較的小ぶりなサイズでありながらも、主役級の存在感を放っています。

【70~80年代といえばこのソファでしょ】

一方で「イケアの人間にとってコレなしで70~80年代を語れない!」と言われているのが、2人掛けコンパクトソファの「KLIPPAN /クリッパン」(9990円)。

四角いフォルムと鮮烈なレッドが印象的で、「 “遊ぶ” という人間のニーズに耐えられるソファを作ろう」という発想から生まれたものだといいます。

そんな「KLIPPAN /クリッパン」について、イケアのクリエイティブ・リーダーであるKarin Gustavssonさんは、

綿入りジャケットのような布地がたまりません。カッコよくてカラフル。お手頃価格ソファの先駆けでもあって、その意味でもあの時代のイケアを代表する商品です」

とコメント。今回のコレクションでは、先に紹介したレッドのほか、イエローとコバルトブルーという新色カバーもお目見えするそうで、非常に楽しみです♪

【こんなにオシャレなのにリーズナブルでありがたい】

そのほかにも、メッシュ素材を使用することでクッション材や布地なしに座り心地のいいアームチェアを追求した「RÅANE / ローアネ」(5999円 / 1983年の発売当時の呼び名は「JÄRPEN/イェルペン」)など、魅力的な家具がいっぱい。

ひとつひとつのアイテムが安心の “イケア価格” なので、いっそのこと、お家にある家具を総とっかえするのもありかもしれませんよ!?

参照元:プレスリリースIKEA
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【昭和レトロ】象印のヒット商品「花柄ポット」柄の壁紙と便せんが無料でダウンロードできるって知ってた?


「昭和レトロなデザインがたまらなく好き!」という方は、象印の公式サイトにある「GARARY(ガラリー)」を今すぐチェックしてみてほしいんです。

「GARARY」にずらりと並んでいるのは、1967年に誕生してから大ブームを巻き起こした「象印 花柄ポット」の “柄” の数々! 昭和世代ならば、きっと実家や親せきの家、友人宅などで見かけたことがあるのではないでしょうか。

現在すべての生産が終了している「象印 花柄ポット」ですが、赤に黄に青と、目にも鮮やかな花柄ポットの “柄” だけならゲットできるってこと、ご存知でした?

【「花柄ポット」デザインの壁紙&便せんをゲットできちゃう☆】

「GARARY」のサイトを見たとたん、目に飛び込んでくるのは、花・花・花の洪水~! 歴代花柄ポットのデザインをモチーフにした壁紙便せんがダウンロードできるようになっており、嬉しいことにすべてが無料なんです。

【年ごとに花柄のテイストに変化が】

この「レトロ花柄」は、同じような柄に見えても年代によって少しずつ変わっているところが見どころで、1970年の「花雲」や、1972年の「花だん」「花化粧」は、カラフルではあるものの全体的に上品なテイスト。

ところが翌年「メロンブーケ」からはポップな要素が目立ってきて、ふんわりとした色使いからハッキリとした色使いへと変化。そうして1977年「ルナフラワー」からは再び一転、これまでのビビッドなカラーとは違った淡く儚い色とデザインへ変わっていきます。

こういったデザインの変遷は眺めているだけで楽しく、わくわくするものですよね。

【便せんにツボる人は少なくないはず】

壁紙も便せんも同じラインナップとなっているので、気に入ったものがあればぜひ、あわせてゲットしてみてください。特に便せんは、手紙を書く習慣がなくとも手に入れたくなる可愛さです!

紙に直接メッセージをしたためる、ということをすっかり行わなくなった今だからこそ、目に映るデザインすべてが新鮮。いっそこれをいい機会として、大切な人に手紙を書いてみるのもいいかもしれませんね♪

参照元:象印
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【懐かしキュン】「ハローキティ レトロポップデザイン」シリーズが発売中♡ 70年代から80年代に登場した「横向きキティちゃん」だよ〜!

サンリオキャラクター界における “ドン” 、ここ数年では仕事を選ばない「コラボの鬼」としても名をはせるハローキティは、1974年生まれ。

登場から間もない70年代から80年代に販売されていたグッズに、女の子たちはみんなトリコになったものです。

そして2017年7月20日、全国のサンリオショップおよびサンリオオンラインショップに「ハローキティ レトロポップデザイン」が登場したのですが、これがまさに、この時代のグッズをモチーフにしたシリーズ。レトロなタッチやカラーのオンパレードで、当時を知る者にとっては胸キュンものなんです!

【あの頃のキティちゃんに会える!】

ラインナップされているグッズの数は、全部で21。

1975年にハローキティグッズとして初めて発売された、小さなビニール製の小銭入れ「プチパース」や、1978年に流行したハンディケース。また80年代に入って発売された電話機やポケットカメラなどの家電類など、その種類は多岐に渡っています。横向きのキティちゃん、懐かしすぎぃ!

【ポケットカメラ→iPhoneケースに】

と、ここまで聞いて「そんなものまで再現&販売してくれてるの!?」と思ったみなさん。

わたしも初めはビックリしたのですが、「プチパースは同じデザインのクッションに」「ハンディケースはパスケースに」「ポケットカメラは iPhone7ケースに」といった具合に、今の時代に合わせてデザインもバージョンアップされているようですよ。ま、そりゃそうだよねぇ。

【そうそう、こういう色味だったよね…】

しかしながら赤や白、ポイントに青や黄色が使われたシンプルな色味はまさに、80年代生まれのわたしが子供の頃に慣れ親しんでいたキティちゃんです。現在の洗練された雰囲気とはやや違っているけれど、この素朴な感じ、いい意味での “古さ” が、たまらなく好っき~~~!!

実際に目にしたら、きっと手に取ってしまうに違いないっ。懐かしすぎてすでに悶絶しているというみなさんは、あの頃のキティちゃんに会いに、お店へレッツゴー♪

参照元:プレスリリース、サンリオ ハローキティレトロポップデザインシリーズ
画像= (c)1976, 2017 SANRIO CO., LTD
執筆=田端あんじ (c)Pouch

 

続きはこちら