イケア「レトロデザイン」家具の第2弾は70~80年代コレクション! カラフルで大胆なデザインのアイテムがそろっています

2018年8月23日から販売が開始された、イケア創業75周年を記念した限定コレクション

過去75年間のうちにイケアで人気を集めた商品を復刻。第1弾は1950~60年代、第2弾は1970~80年代、第3弾は1990~2000年代と3期に分けて全世界で限定発売されるのですが、10月18日にいよいよ第2弾の70~80年代コレクションが登場。

大胆でカラフルで、部屋の雰囲気がぱあっと明るくなるような家具が、たくさんそろっているんです。

【お買い物は即断即決で!】

ラインナップされているのは、家具や照明、テーブルウェアなど。すべて数量限定での発売となるため、ピンとくるアイテムと出会えたら、早めにゲットした方がいいかもしれません。

【クッションカバーがめっちゃカラフル】

70~80年代のイケア商品は、レッドにイエローと、とにかくカラフル。それでいて北欧テイストもしっかりと感じられるデザインがそろっているわけなのですが、その多くを手がけたのは、当時イケアを代表するデザイナーとして活躍していたÅsa Gray氏。

今回復刻されたクッションカバー「MOSAIKBLAD/モサイクブラード」(各799円)もGray氏の作品で、ビビッドな色使いやユニークな模様が超ポップ! 50x50cmといった比較的小ぶりなサイズでありながらも、主役級の存在感を放っています。

【70~80年代といえばこのソファでしょ】

一方で「イケアの人間にとってコレなしで70~80年代を語れない!」と言われているのが、2人掛けコンパクトソファの「KLIPPAN /クリッパン」(9990円)。

四角いフォルムと鮮烈なレッドが印象的で、「 “遊ぶ” という人間のニーズに耐えられるソファを作ろう」という発想から生まれたものだといいます。

そんな「KLIPPAN /クリッパン」について、イケアのクリエイティブ・リーダーであるKarin Gustavssonさんは、

綿入りジャケットのような布地がたまりません。カッコよくてカラフル。お手頃価格ソファの先駆けでもあって、その意味でもあの時代のイケアを代表する商品です」

とコメント。今回のコレクションでは、先に紹介したレッドのほか、イエローとコバルトブルーという新色カバーもお目見えするそうで、非常に楽しみです♪

【こんなにオシャレなのにリーズナブルでありがたい】

そのほかにも、メッシュ素材を使用することでクッション材や布地なしに座り心地のいいアームチェアを追求した「RÅANE / ローアネ」(5999円 / 1983年の発売当時の呼び名は「JÄRPEN/イェルペン」)など、魅力的な家具がいっぱい。

ひとつひとつのアイテムが安心の “イケア価格” なので、いっそのこと、お家にある家具を総とっかえするのもありかもしれませんよ!?

参照元:プレスリリースIKEA
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

「マロンクリームカフェ」が新宿・京王百貨店にオープン! ピンクを基調にした料理やドリンクにアラサー女子の胸キュンが止まりません


皆さん、お菓子作りが得意なうさぎの女の子「マロンクリーム」をご存じでしょうか? 並みいるサンリオキャラの中では少々地味な存在に思えますが、30代女子にとっては子どものころに文房具や雑貨でおなじみだった、なつかしのキャラクターだと思うんですよね。

そのマロンクリームとコラボした「マロンクリームカフェ」が2018年8月2日、京王百貨店新宿店8階にあるコロンバンのサロンにオープン! ちょっとレトロなカントリーテイストそのままに、見て楽しい、食べておいしいオリジナルフードが提供されるそう。こりゃ30代女子ホイホイだわ……!!

【オリジナルメニューは全9種類】

オープニングにあわせて用意されるのは全9種類のメニューの中で、注目したいのが次の2品。

・マロンクリームの麦わらパイとももいろシチューハンバーグ(税込1620円)
茶飯でできたマロンクリームが、ポテトサラダ入りの麦わら帽子パイを持ってピクニックに。ワンピースの袖の下にはハンバーグが隠れているそう。パイとシチューとハンバーグの組合せがカントリーっぽさ満点! 麦わら帽子をパイで表しているのも見た目が似ていていい感じ。

・マロンクリームが作るタルトチェリープレート(税込1458円)

お菓子作りが得意なマロンクリームが作ったタルトチェリーに、クッキーやマカロン等のミニスイーツを飾ったデザートプレート。よーく見るとお皿の上にマロンクリームが乗ってる~! これは絶対写真撮っちゃうやつです。


このほかにも

・お星さまと一緒にオヤスミ☆ピンクカレー
・ふわふわピンクの雲でティータイム♪お花畑の冷製パスタ
・マロンクリームのふわふわ ベリーとローズのパンペルデュ
・ちょっぴり贅沢おしゃれにピンクのドレスでおでかけベリーパフェ


・お花摘みにおでかけ♪カラフルタピオカ入り♡ラブリ~苺ラッシー
・ピンクの泡あわ仕立てのサマーパッションドリンク
・お花がいっぱい♡くり~むホット苺みるく

といったメニューが並びます。どのメニュー名もほんわかしてて、そこはかとなく80年代テイストがただよってますね。

【コースターのノベルティも!】

ちなみに、キャラクタードリンクを注文した人には1品につき1枚、コースターがノベルティとしてプレゼントされるとのこと。これがまたピンクの小花が散りばめられてて可愛いったらありゃしない! マロンクリーム世代だった某Pouch編集女子によると「30代女子を完全にロックオンしておる」とのこと……わかるわー。


というわけで、同世代の友達同士で行くと盛り上がりそうな「マロンクリームカフェ」。なつかしの80年代カントリーな世界にタイムスリップして、子ども時代の話に花を咲かせてみては?

参照元:京王百貨店新宿店
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【きゃわ♡】資生堂の新ブランド「アイスクリームパーラーコスメティックス」がポップ&キュート! 80年代ぽいレトロデザインがたまりません


資生堂が、ファッションのトレンドや流行の兆しをタイムリーに捉えた期間限定ブランドを開発するプロジェクト「COSMETIC PRESS(コスメティック プレス)」を新たにスタートします。

このプロジェクトでは、開発される全てのブランドが期間限定・売り切り型になるそうで、若年層がターゲット。その第1弾となるブランド「アイスクリームパーラーコスメティックス」が、資生堂の美容サイト「ワタシプラス」で発売されます。

2018年3月20日からの一般販売に先がけて、2月21日には特製セット品の先行予約がスタート。モチーフは、ポップ&キュートなアイスクリームです!

【アイスクリームモチーフがキュートです】

ブランドのテーマは、2018年のトレンド「フォトジェニック」「パステル&ヴィヴィッドカラー」。これらを意識して、メイクアップの色調やデザインを設計しているそうです。キャンディーみたいにカラフルな色で、とっても可愛い♡

デザインだけでなく、機能面でも気になるところがたくさん。日本初となる「くわえて塗布できるカード型のリップ」や、「肌をトーンアップして色白に見せるベースクリーム」などが登場するんですって。

口にくわえて塗る、カード型のリップって……なにそれ、めちゃくちゃ気になるんですけども~!

【カード型のリップってどういうこと!?】

3月20日に発売される全4品目の中から、まずは珍しすぎるカード型リップ「リップカード」からご紹介しちゃいます。

もっとも気になるのはリップの塗りかた。まず、ふたを開けたらカードの折れ線部分を山折りに。折れ線部分に唇を直接あてて塗布し、最後に指でポンポンとなじませれば、自然な発色が完成するんですって。

【上唇と下唇でカラーが異なるリップも】

「リップカード」は、しっかりフィットし、1度で高い発色を叶えてくれる点が大きな魅力だそう。

全部で6色あるなか、「ホットピンクブレンド」と「マンダリンピンクブレンド」の2色は、上唇に “引き締めるカラー” 、下唇には “ボリューミーにみせるカラー” を配置し、自然なぷっくり唇を実現してくれるそうなんです。

【下地クリームはバニラアイスの香り!】

そのほか同時発売されるのは、もともと色白であるかのようにトーンアップできる下地クリーム「トーンアップベース」(1種)。アイスクリームみたいなビビッド&パステルカラーがそろった「アイシャドウ」(全6色)と「ネイルカラー」(全6色)。

すべての商品パッケージはアイスクリームモチーフになっていて、下地クリームからは、ほんのりバニラアイスクリームの香りがするそうですよ♡

【見てるだけで元気出るわ~】

アイスクリームのデザインはどこか80年代を思わせるレトロ感があって、懐かしい雰囲気。自分が幼かったころを思い出して、ふんわり甘酸っぱい気持ちがよみがえります。

持っているだけでワクワク楽しい気持ちになれそうだし、ポーチからちらっと見えるだけで一気に元気をチャージできそうですね♪

参照元:プレスリリース資生堂ワタシプラス(PC版)(スマホ版)
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【OKバブリー!】80年代ディスコパーティが「グランドハイアット東京」で開催されるよ! 石黒賢似のイケメン探さないと★

年末といえばパーティー! この時期になると都内各所でさまざまな音楽イベントが行われているわけなのですが、今回わたしが注目したのは、六本木にある高級ホテル「グランドハイアット東京」で2017年12月27日に開催される80年代ディスコミュージックイベント「We ♥ 80’s Disco」

開催されるたびに人気のようで、今回が第4弾。ホテルというゴージャスな空間の中でスパークリングワインや食事を楽しみながら、懐かしの80年代ディスコミュージックを夜通し堪能できちゃうそうなんです♪

【その1:会場がスゴイんです】

「We ♥ 80’s Disco」の会場となるのは、「グランドハイアット東京」の3階にあるグランド ボールルーム。夜20時にオープン(最終入場は23時30分)で、深夜まで開催されるそう。

今年9月にリノベーションしたばかりの空間らしく、日本のホテルでは初となる2400個の特注ペンダントライトが、天井照明として導入されているのだそう。また大型LEDスクリーンを含む全3面のスクリーンも設置されているらしく、迫力ある光と映像の演出が期待できそうです。

【その2:音楽は80年代のヒット曲ばかりなんです】

イベント最大の要となるのは、やはり音楽。登場するのは30年以上のキャリアを持つDJ OSSHYです。

流れるのはおもに80’sのヒットチャート。世界的に売れまくった名曲を中心にセレクトするようで、当時よく聴いていたという世代はもちろん、「これ聴いたことある!」といった具合に若い世代も大いに楽しめるのではないかと思うんです。

【その3:「フリー」尽くしなんです】

ドレスコードはフリーで、フリードリンクフリースナック(スナックは22時30分までのブッフェスタイル)。ドリンクは先ほど挙げたスパークリングワインをはじめ、ビールにワインにウィスキーにスピリッツにと、ほぼなんでも取り揃えてある模様。

入場料は高級ホテルという場所柄ゆえ、税・サービス料込みで1万3000円とちょっぴりお高めです。

しかしせっかくの年末ですし、これくらいぜいたくしちゃってもいいのではないでしょうか。六本木という土地柄、年齢や国籍問わずさまざまな人との出会いも期待できそうですし、思いっきりオシャレして出かけてみるとイイコトがあるかもしれませんよ☆

参照元:グランドハイアット東京Facebook
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

昔『マイバースディ』読んでた女子たち~! TRAPSペンダントなど大人気だった「魔女っこグッズ」が今も買えるって知ってた?


アラフォーの皆さん、ティーンのころに流行した『My Birthday(マイバースデイ)』なる占い雑誌を覚えているでしょうか?

1979年4月創刊の『マイバースデイ』ですが、とくに80年代から90年代にかけての人気はすさまじく、読者会員向けに「魔女っこグッズ」と呼ばれるおなじないグッズが通販で販売されたり、「魔女っこハウス」なるリアル店舗までできたりも……。

雑誌自体は2006年に休刊してしまいましたが、あのころ人気だったペンダントなどのグッズ。実は今も買えるって知ってた?

【少女たちに大人気だった「TRAPS魔方陣ペンダント」】

『マイバースデイ』のおまじないグッズが買えるのは、おまじない&占いSHOP「ハピタマ!」という通販サイト。

たとえば、当時の女子たちに絶大な人気を誇ったアイテム「TRAPS魔方陣ペンダント」も「ハピタマ!」で購入可能です。

魔法陣やダビデの星が刻印されているシルバーのペンダントですが、約30年前に『マイバースデイ』で紹介され、「TRAPSを身につけてから嬉しいことが次々起きるようになった」「ピンチを救ってもらった」などのおたよりが相次ぐようになったそう。

今も昔も人気ナンバーワンの魔法グッズであるこちらのペンダント。お値段は税込1646円。あのころはお母さんに「ダメ!」って言われて買えなかったものも、大人になった今ならすぐにでも買えちゃうよぉーっ! ああ、大人になるって素敵。

【他にも懐かしのアイテムいろいろ】

ほかにも「ハピタマ!」では「~コボルトさんからの贈り物~幸せのお守りペンダント」「ユニコーンペンダント」「太陽のタリズマンキーホルダー&ネックレス」など、当時人気だったグッズを多数販売中。

眺めていると、タロット占いとか魔法陣とか“西洋の神秘”みたいなものに憧れた少女のころが思い出されて、なんともいえない懐かしい気持ちになれました。当時『マイ バースディ』ファンだた女子はぜひともチェックしてみて!

いま母親になっている方は娘さんに「お母さんが子供のころに流行ったペンダントなんだよー」とプレゼントしてあげるなんていうのもいいですね。

参照元:おまじない&占いSHOP「ハピタマ!」
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【懐かしキュン】「ハローキティ レトロポップデザイン」シリーズが発売中♡ 70年代から80年代に登場した「横向きキティちゃん」だよ〜!

サンリオキャラクター界における “ドン” 、ここ数年では仕事を選ばない「コラボの鬼」としても名をはせるハローキティは、1974年生まれ。

登場から間もない70年代から80年代に販売されていたグッズに、女の子たちはみんなトリコになったものです。

そして2017年7月20日、全国のサンリオショップおよびサンリオオンラインショップに「ハローキティ レトロポップデザイン」が登場したのですが、これがまさに、この時代のグッズをモチーフにしたシリーズ。レトロなタッチやカラーのオンパレードで、当時を知る者にとっては胸キュンものなんです!

【あの頃のキティちゃんに会える!】

ラインナップされているグッズの数は、全部で21。

1975年にハローキティグッズとして初めて発売された、小さなビニール製の小銭入れ「プチパース」や、1978年に流行したハンディケース。また80年代に入って発売された電話機やポケットカメラなどの家電類など、その種類は多岐に渡っています。横向きのキティちゃん、懐かしすぎぃ!

【ポケットカメラ→iPhoneケースに】

と、ここまで聞いて「そんなものまで再現&販売してくれてるの!?」と思ったみなさん。

わたしも初めはビックリしたのですが、「プチパースは同じデザインのクッションに」「ハンディケースはパスケースに」「ポケットカメラは iPhone7ケースに」といった具合に、今の時代に合わせてデザインもバージョンアップされているようですよ。ま、そりゃそうだよねぇ。

【そうそう、こういう色味だったよね…】

しかしながら赤や白、ポイントに青や黄色が使われたシンプルな色味はまさに、80年代生まれのわたしが子供の頃に慣れ親しんでいたキティちゃんです。現在の洗練された雰囲気とはやや違っているけれど、この素朴な感じ、いい意味での “古さ” が、たまらなく好っき~~~!!

実際に目にしたら、きっと手に取ってしまうに違いないっ。懐かしすぎてすでに悶絶しているというみなさんは、あの頃のキティちゃんに会いに、お店へレッツゴー♪

参照元:プレスリリース、サンリオ ハローキティレトロポップデザインシリーズ
画像= (c)1976, 2017 SANRIO CO., LTD
執筆=田端あんじ (c)Pouch

 

続きはこちら