【名字の日】魚や野菜に関する珍しい名字ランキングが公開されたよ!「 鯖」「鱧」「鮫」と魚系がトップ3を占めていました

本日9月19日は「名字の日」です。

江戸時代では、名字を名乗ることは “武士の特権” で、一般庶民は禁止されておりましたが、明治に入って全ての国民が許されるように。それ以後「地域の名称」、「歴史上の有名な人物(織田信長や赤穂浪士)」、「煎茶の銘柄」、「職業」、「魚や野菜の名前」などから、名字をつけられたケースがみられるのだそうです。

今回紹介するのは、ウェブサイト「名字由来net」が発表した「魚や海の幸、野菜や穀物に関する珍しい名字」ランキング。人数が極めて少ない、珍しい名字は何なのか。1位から10位までの気になる結果を、それではさっそくご覧いただきましょう!

【栄えある1位は「鯖(さば)」さん!】

1位 「鯖(さば)」
2位 「鱧(はも)」
3位 「鮫(さめ)」
4位 「豆(まめ)」
5位 「大豆(おおまめ)」
6位 「鰡(ぼら)」
7位 「鰯(いわし)」
8位 「金魚(きんぎょ)」
9位 「鰹(かつお)」
10位 「茄子(なす)」

1位から7位までにランクインしたのはそれぞれ、全国でおよそ10名しかいないと見られる名字。全国順位が低いほど、上位に位置しています。8位から10位の名字もそれぞれ20名しかいないらしく、どれも押しなべて “レア名字” であることがわかりますよね。

【魚とつく名字って少ないのね…】

魚に関する名字は10位以内に7つもあって、11位以下から30位までを見ても、そのうち12が魚もしくは海の幸関連の名字。「烏賊(いか / 11位)」、「鰆(さわら / 14位)」、「蛸(たこ / 15位)」、「鯰(なまず / 17位)」などがランクインしていました。

一方の「野菜や穀物に関する名字」だと、「青菜(あおな / 16位)」、「胡麻(ごま / 19位)」、「瓜(うり / 18位)」、「蕪(かぶ / 21位)」といった顔ぶれ。こちらも負けず劣らず、聞いたことのない名字ばかりです!

【成り立ちが気になる!】

人数が少ないだけあって、私はトップ10はおろかトップ30にランクインした名字の人と、1度も出会ったことがありません。

「テレビで観たことのある芸能人」も入れていいのであれば、13位にランクインした「鰻(うなぎ)」さんのみ。そうです、お笑いコンビ「銀シャリ」の鰻和弘(うなぎ かずひろ)さんのことです!

先祖代々好きな食材だったのか、それとも自ら育てていたのか。由来はそれぞれ異なるのでしょうが、ぜひとも成り立ちを知りたくなってしまう名字ばかりですね♪

参照元:プレスリリース、名字由来net
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

2017年上半期に検索された名字TOP10を発表♪ 第1位は「八月一日」さんでした【9月19日は名字の日】

本日9月19日は「名字(苗字)の日」。1870年のこの日、戸籍整理のため、太政官布告により平民も名字を名乗ることが許されたのだそうです。

ただしみんななかなか名字を名乗ろうとしなかったらしく、1875年2月13日に全ての国民が姓を名乗ることが義務づけられたという歴史があるのだとか……。

「名字の日」にお送りするのは、ウェブサイト「名字由来net」にて発表された「2017年上半期にもっとも検索された名字ランキング」です。

【1位からさっそく読めない…】

トップ10にランクインした名字のラインナップは、よく見知ったものから全く読めないものまでさまざま。特に1位を獲得した名字の珍しさは群を抜いていて、多くの人が検索してしまった気持ちもよ~くわかります。

それではさっそくまいりましょう。検索された名字ランキングのトップ10は、こちら☆

1位 八月一日(ほずみ、はっさく、やぶみ、ほづみ)
2位 佐藤(さとう etc)
3位 鈴木(すずき etc)
4位 勘解由小路(かでのこうじ)
5位 田中(たなか etc)
6位 一番合戦(いちまかせ、いちばんがせ、いちばんかせ etc)
7位 神(かみ、かなえ、じん、しん etc)
8位 小鳥遊(たかなし)
9位 筒香(つつごう)
10位 籠池(かごいけ)

【10位には世間を騒がせたアノ人がランクイン】

佐藤さんや鈴木さん、田中さんは、名字において超メジャー。読めない人は皆無といっても過言ではなさそうですし、10位の籠池さんも、2017年に世間を騒がせていた方の名字なので納得のランクインです。

しかしそのほかの名字は、どれもこれも全く読めない! 7位の「神(かみ)」さんと9位の「筒香(つつごう)」さんだけはなんとな~く読み方の予想がつくけれど、それ以外は絶対の絶対に無理~~~!!

【「小鳥遊」と書いて「たかなし」と読むのか!】

「八月一日(ほずみ)」さんも「勘解由小路(かでのこうじ)」さんも「一番合戦(いちまかせ)」さんもかなり珍しいと思うのですが、個人的に意外性を感じたのは8位の「小鳥遊(たかなし)」さんでした。

よく見知った「たかなし」さんの漢字は「高梨」。そのためまさか「小鳥遊=たかなし」だとは想像だにできなかったよ~!

参照元:今日は何の日名字由来net
執筆=田端あんじ (c)Pouch