【衝撃美】田中みな実さんが『anan』で上半身ヌード&「肘ブラ」ショットを公開! 大きな胸がコンプレックスだった過去も…


2014年にTBSを退社し、フリーアナウンサーとなった田中みな実さん。9月13日発売の女性週刊誌『anan』2069号の特集「美乳強化塾~おいしい胸のつくり方~」に登場。発売前からすでに大きな話題となっています。

表紙と巻頭グラビアを飾っているのですが、表紙では上半身ヌードで胸だけ肘で隠すという“肘ブラ”ショットを公開! 大胆な脱ぎっぷりと女性らしい美ボディに、男性のみならず女性も目が釘づけに……!!

さらに誌面ではグラビア8ページにわたり、キュートな表情から妖艶な表情まで、さまざまな顔を披露しています。

大きな胸がコンプレックスだった過去】

田中さんといえば、なんといっても“ぶりっ子キャラ”。それだけに「女性的な部分はすべて武器にしていきそう」というイメージがありますが、実は大きい胸がコンプレックスで、局アナ時代はもちろん、最近まで極力隠していたのだとか……意外!

しかし30歳になってパーソナルトレーニングを始め、胸への意識も変わってきたそう。「隠しても潰しても自分の胸。それならキレイに見せたほうがいい」と自分のカラダや胸を受け入れられるようになり、自分の胸を愛せるようになったといいます。

小さいにしろ大きいにしろ、女性としては自分の胸に自信がある人のほうが少ないはず。田中さんのこうしたエピソードからは、全女性がちょっとした勇気をもらえるかもしれません。

【ぶりっ子はあくまでキャラ!?】

ちなみに、私は田中みな実さんのぶりっ子はあくまでもキャラで、実際はけっこうオトコ前な性格なのではないかと思っています。

というのは、女性ファッション誌『GINGER』での田中さんの連載コラムを何度か読んでいるうちに、私の中で「もしや分析力があって自身を客観視できる理知的な人なのでは!?」という印象に変わっていったから!

今回の『anan』の撮影でも、自然な流れとしては「着ている状態」から「裸に近い状態」の順で撮影していくものだけれど、そうすると下着の跡が残ってしまう場合があるとスタッフが伝えたところ、田中さんは「じゃあ上半身裸のパターンからやりましょうか~」とあっさりと答えたそう。

そして脱ぎっぷりも潔かったらしい……やっぱりオトコ前!?

【『anan』最新号は本日発売】

『anan』2069号は税込530円。全国の書店やコンビニエンスストアなどで本日から発売となります。

ほかにも「バスト整備1か月計画」美乳を作るブラ選び、乳がんの最新レポートなど、美しい胸を手に入れる・保つために役立ちそうな記事が並んでいるようです。

参照元:マガジンハウス『anan』アットプレス
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【阿鼻叫喚】高橋一生が表紙のananが全然売っていない!? 書店に売上と在庫状況を問合せてみました

c8c6faa1531a8bbe3ba52168c4d3768f

飛ぶ鳥を落とす勢いで人気急上昇中の俳優・高橋一生さん。高橋さんが表紙になった雑誌『anan』の「官能の流儀」特集号が2017年3月1日に発売されました。

この号は、ananが毎年出している特集号にあたり、旬な男が超セクシーショットを披露するということで毎回話題になりますが、今年は高橋さん。ナイスタイミングすぎる起用です。

発売前、女性と裸で抱き合う表紙が出た瞬間、インターネットには女性たちの「最高かよ!」という悲鳴で溢れまくったのですが、発売から2日後、今度は「全然売ってないんだけど!」という悲鳴が溢れまくっているのです……。

【売ってない?】

個人的な印象ですが、ananのこの特集号ってジャニーズ事務所の男性が登場する号よりも、イケメン俳優が登場する号のほうが、脱ぎっぷりがいいというか、絡みっぷりがいいと感じています。今回の高橋一生さんも期待度大……!

というわけで待ちに待った発売日。ニヤニヤしながらコンビニの雑誌コーナーをのぞいてみると、ない……。何軒かまわったけど、ない……。なぜなんだ?

Twitter にも、購入者の興奮気味のコメントにまじって、けっこうな割合で「売ってない」と嘆く人が……!

「どこいっても高橋一生売ってない!!!」
「近所の本屋anan完売しとった…高橋一生さんすごない…」
「え、なんなの?高橋一生のananコンビニで売ってないの?やっと見つけたと思ったらネコだったんですけど」
「今日職場でお客さんが高橋一生のananを9冊買ってってうちのananは全滅しました」
「当店では何があっても売れ残るananが入荷1日目で売り切れました!!!!」

……たしかに、とにかくコンビニでは見かけないのです。

【書店に売れ行きと在庫を問い合わせてみた】

今週号の anan、そんなにバカ売れしてるんでしょうか? どこもかしこも完売続出?

高橋さんに会いたい一心で、書店に現在の売れ行きと在庫状況を問い合わせてみました。

・ジュンク堂書店 池袋本店
前号の3倍ほどの冊数を入荷しました。発売から2日で40冊近く売れたのでかなり売れてると思います。まだ在庫はあります」

・ブックファースト ルミネ新宿店
「いつもよりよく売れてはいますけど、うちはまだ在庫は2ケタありますよ」

・あゆみBOOKS 早稲田店
「在庫はありますよ、バカ売れってほどでもないですが、たしかにいつもよりは売れています」

どの書店もいつもより売れてるけど、まだ在庫はあるという回答。コンビニは売り切れが多いけど、書店にはまだある、ということかもしれません。

ちなみに、ネットでは「顔バレしてる書店では買いにくい」といった意見も。アラサー女子を男子中学生みたいにしてしまう高橋一生の色気よ……。

【ピンポイントな萌えの声】

そして、買った人たちから上がるこんな声……「意外と腕毛が濃いのが萌える」、「二の腕のハンコ注射の跡がいい」、「脇腹のほくろが……」など、ピンポイントな部分に「萌え」を感じているようなんですよね。

そして高橋さん、実際に anan をみてみると、心配になるくらい細いんですが、しっかり腹筋も割れてます。
a9b3e49499b4291dc73245fc28695216

それにしても、体つき以上に影のある雰囲気に色っぽさを感じます。私は女の人に膝枕されているカットを見ながら「ねえねえ、お金貸して」って言われたら貸してしまいそうだなと思いました。貸すお金なんかどこにもないのに……。

というわけで、欲しい方は大きめの書店に問い合わせしてみるとよさそうですよ。取材に協力いただいた書店の皆様、どうもありがとうございました!

参考リンク:マガジンハウス『anan』No.2043Twitter 検索「an an 高橋」
執筆・撮影=御花畑マリコ (c)Pouch

続きはこちら