年賀状にもARの波がやってきた! スマホをかざすだけで来年の干支「犬」が浮かび上がってくるんだって

最近よく耳にする、「AR(拡張現実)」という言葉。わたしたちの生活にどんどん入ってきているこの「AR」が、なんと年賀状業界に新風を巻き起こしているようなんです。

デザイン文具・雑貨ブランド「リプラグ」が販売を開始したのは、ずばり「AR年賀状」(1枚180円から)。

アプリをダウンロードをする必要は一切なし。スマートフォンのカメラで年賀状を写すだけで、2018年の干支「戌(犬)」が現れて歩いたり動いたりするんですって!

【現れる犬は「年賀犬」っていうんだって】

ハガキをスマホのカメラで読み込むと、年賀犬(ネンガケン)と名付けられた、ARの白いワンコが現れます。

年賀犬は3DCGではなく素朴なタッチのイラストで表現されていて、なんでも「元日から1カ月だけ人里に降りてくる犬」だそう。三角形の立ち耳とぷりっとしたお尻、まるまった尻尾がチャームポイントです。

【ゲームしたりツーショット写真を撮ったりできるよ】

歩いたりするだけでなく、スマホの画面に現れる「呼」ボタンをタップすると、年賀犬が近づいてくる! 一緒に写真を撮ったり、ゲームをしたり、ツーショット写真を撮ったりもできるそう。

撮影した写真をSNSへ載せたら「いいね」をたくさんもらえそうだし、「年賀状が届いたよ~」という報告にもなって一石二鳥かもしれません♪

【3種類のデザインがあるよ】

「AR年賀状」は全3種類のデザインがラインナップされていて、そのうちの2つ「ごえん」「ごうん」は、江戸時代に流行した「当て絵」ゲームがモチーフとなっています。

「ごえん」は「ますます広がるご縁」、「ごうん」は「ますます上がる運」と読むらしく、お正月らしくて縁起が良い~!

もう1つの「ごちそう」は、美味しそうな骨付き肉がデザインされていて、お肉の部分を切り抜いて遊ぶことができちゃうんです。指をはめて「ごちそう」に見立てることができるので、年賀犬の興味をひくことができるかも?

ちなみに……「ごうん」の当て絵となっているのは、「う〇こ」です。送り先に小さな子供がいたら、大ウケしてくれること間違いなしですね(笑)。

ARが対応しているOSとブラウザは、iPhone6以降(OS:iOS11.0以降、ブラウザ:Safari)、Android(OS:Android7以降、ブラウザ:Chrome)となっています。そのほか購入については公式サイトにてご確認ください。

参照元:プレスリリースAR年賀状
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

橋本環奈が別人に!! 『ar 12月号』の表紙で口を半開きにしたアンニュイフェイスを披露しました

“奇跡の1枚”と呼ばれたイベント出演時の写真をきっかけにブレイクし、 “1000年に1人の美少女” と言われる女優で歌手の橋本環奈さんが、新たな魅力を開花させているようです。

新たな一面を見せたのは、2017年11月10日発売の女性雑誌『ar 12月号』の表紙。

いつもの “ザ・アイドル” な雰囲気は完全封印。「りりしい眉」「憂いのある “引き算” アイメイク」といった具合にメイクをがらりと変えて、全体的にヌーディーな印象に。表情もいつもの “アイドルスマイル” ではなく、口を半開きにしたアンニュイフェイスで、一見しただけでは橋本さんと分かりません~っ!

【照れた感じのコメントに萌えます】

『ar』、そして橋本さんのインスタグラムで表紙画像を見ることができるのですが、橋本さんは「初めて表紙をさせて頂きました。まさかのセクシー号。笑」とコメントを寄せるなど、ちょっぴり照れている様子。

Instagram Photo

テレビなどでよく見かけるのですっかり忘れていたけれど、橋本さん、まだ18歳なんだもんね……。普段見慣れない “オトナの女性の自分” と対面したら、嬉しい反面、恥ずかしさでくすぐったくなっちゃいますよね♡

【公開後、たちまち話題に!!】

レアすぎるショットが公開されるや否や、ネットは大反響。橋本さんのインスタグラムには、「教えてもらわないと誰かわからん」「昭和の美女みたい」「別人の様です」「セクシー」「誰?大人っぽい♡」といった具合に、たくさんの声が寄せられていました。

【「口半開き」ショットは橋本さんの好み、なのかも!?】

『ar 12月号』には橋本さんへのインタビューも掲載されているのですが、その中で「セクシーな表情」について尋ねられた際、次のように答えています。

「人によってツボが違うと思うけど、私自身は口元が少し開いている表情にドキッとします。やっぱり唇フェチだから口元を見ちゃうのかも(笑)」

だから今回も、口を半開きにした表情が目立つのかしら? いずれにせよ、「これまで誰も見たことのない橋本環奈」を、目の当たりにできそうな予感がしますね……!

【根本は変わっていないようでちょっぴり安心】

橋本さんにとって初の “お色気” ショット、そのデビューの場が女性誌というところもたまりません♪ 『ar』のインスタグラムでは自ら動画に出演し、キュートに告知をしてくれているので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

ちなみにこの動画で橋本さんは、服装こそややセクシーテイストなものの、表情はいつもの “アイドルスマイル” でした。その様子にほんの少し安心してしまった私は、完全に “親戚のおばちゃん” 目線なのかも!?

参照元:ar webInstagram @kanna399Instagram @ar_magazine
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

IKEAの家具をお部屋に「試し置き」できちゃう! Appleと共同開発したARアプリが超未来的です

季節の変わり目、部屋の模様替えを考えている方もいるかもしれません。

新しい家具を取り入れる時って、サイズを間違えたり、部屋にマッチしなかったり……といったトラブルが起こることは少なくないもの。

でも、IKEAがAppleと共同で開発したAR(拡張現実)アプリ「IKEA PLACE」があれば、そんな失敗をすることが少なくなりそうなんです♪

【家具を「試し置き」できるアプリです】

YouTubeに投稿されている動画を観れば、このアプリがいかに便利なのかがよくわかります。

家具を置いてみたい場所にスマートフォン(以下、スマホ)をかざして、気になる家具をアプリ上のカタログからチョイス。すると、自分の部屋にその家具が置かれている映像がスマホに映る、という仕組みになっているみたい。

【大きさをリアルに反映】

海外メディア「Metro News」によると、家具の大きさは正確に測られており、画面にきちんと反映されるそう。アプリは2017年10月の「iOS11」アップデートに伴ってリリースされる見込みとのことです。

【以前からARを取り入れていたIKEA】

IKEAは、2014年版カタログでもAR技術を取り入れていたようです。

2013年7月26日に公開されたYouTubeの映像では、アプリでカタログ冊子のページをスキャンするか、スマホやタブレットで、IKEAのデジタルカタログを閲覧。その後、家具を置きたい場所にカタログ冊子を置くと、スマホやタブレット端末の画面に反映される、という仕組みだったようです。

映像を観るかぎりでは、新アプリ「IKEA PLACE」では「カタログを置く」というひと手間がなくなるのかもしれません。家具選びがより楽しくなりそうだし、「サイズを間違えて返品」なーんてことも避けられそうだし、リリースされたらぜひとも利用してみたいものです!

参照元:YouTube [1] [2]Metro News
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

お墓参りもスマホでする時代!? お墓の資金を貯めたい人の「仮のお墓」にも最適な「スマ墓」

お盆休みにお墓参りに行かれた方も少なくないでしょうが、本日紹介するのは月額500円で利用できるサービス「スマ墓」です。

株式会社良心石材が始めた「スマ墓」は、故人の遺骨を15年間預かってくれ、なおかつ遺族の好きな場所をお墓に設定できるサービスなのだそう。

場所は日本国内だけでなく、世界中どこでも可能。よく遊びに行った場所や思い出の旅行先などのGPS情報を登録しておくと、その場所に訪れた際に、スマートフォンを通じて、拡張現実(AR)によって再現された故人の姿と共にメッセージ告げてくれる仕組みとなっているんですって。

【お墓の資金が溜まるまで預けることもできます】

写真や動画は、あらかじめ設定しておくことが必要。申込者が存命の場合は、自分自身の手で様々なメッセージを残すことができます。

このサービスのありがたいところは、お墓を建てたくても、懐事情のせいですぐには建てられない人の助けになってくれる点です。また、じわじわと増加しつつある、お墓を必要としない人、あるいはお墓がなくて自宅にお骨を置いておくしかない人にとっても便利なサービスかもしれません。

お骨は最大で15年間預かって保管してくれるらしく、いつでも返却可能。お墓を建てる資金が貯まったら受け取りに行けるので、それまで安心して “仮のお墓” として利用できるんです。なお15年以降は、合葬されるのだそうですよ。

【ひとまず預けておける場所があると安心かも】

また、遺族がお墓を急に用意しなければならない精神的、経済的な負担を減らすために、生前に申し込んでおくと、死後1年目は月額500円が無料になるとのこと。

大切な人が亡くなったという事実を受け止めるだけでも精一杯なのに、お墓や、それに伴うお金について考えなければならないというのは、なかなか大変なことです。しかしこのサービスがあれば、焦ることなく、心が落ち着くまで待つことができるのではないでしょうか。

いやはやそれにしても、すごい時代になったものです。お墓参りも、ここまで来たのか……!!!

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

iPhoneがポラロイドカメラに早変わりする「PRYNT POCKET」がアツいっ♪ 撮った写真をその場でプリントしてAR動画も楽しめるよ

近頃若い世代の間で流行っている、インスタントカメラ「写ルンです」。30代のわたしとしましてはこのリバイバル、かなり胸アツに感じております。再ブレイクって、いつなんどきやってくるかわからないものですねぇ。

本日紹介するのは、あなたのスマホがインスタントカメラになるアイテム「PRYNT POCKET」。クラウドファンディングサイト「Makuake」に登場中のこちらでは、インスタントカメラのような撮影はもちろん、AR(拡張現実)動画も楽しめるのだそう。

レトロでありながらも、大変未来的なようなんです……!

【iPhoneに取り付けるだけ!】

PRYNT POCKET」はフランス生まれ、ポケットサイズのプリンターです。スマホに取り付けてシャッターを押したら、20秒足らずで写真をプリント。さらに、10秒間のムービーも一緒に収めてくれるのです。

対応しているのはiPhoneのみで、機種は「iPhone 5/5s/SE」「iPhone 6/6s」 「iPhone 6/6s Plus」「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」のいずれかとなっています。

これらにPryntアプリをインストールしてドッキング、本体へ「PRYNT POCKET」を取り付けたら準備は完了! 細かい設定などもなく、ただシャッターを押すだけで写真がするするーっと出てくるので、不器用さんでも難なく扱うことができるようですよ。

【一眼レフカメラみたいなデザインがいいね♪】

バッテリー内蔵なのでiPhoneからの電源供給は不要。充電は付属のmicroUSBケーブルを使用し、約180分の充電で満タンになる仕組みなのだとか。なおフル充電1回で20枚の写真をプリントすることができるみたいです。

本体にはグリップ、シャッターとズームダイヤル、そしてストラップホールが付いており、手に良く馴染む形になっています。

重さはペーパーカートリッジ込みで210g、一眼レフカメラのようなデザインと質感をしているそう♪ 専用ペーパーでインクいらずだというのも、嬉しいですよねぇ。

【動画も楽しめちゃうよ】

「PRYNT POCKET」もう1つの特徴は、プリントした写真をPryntアプリでスキャンすると、ARによる動画再生が可能になる点。写真をプリントできるうえ、ちょっとした動画も楽しめるだなんて、お得感満載~!

カラーラインナップは「Cool Gray(明るいグレー)」「Graphite(濃いグレー)」「Mint(ミント)」の3色。商品をゲットできる支援コースは税込み1万5900円からとなっておりますので、さっそくチェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:Makuake
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら