「愛」を表現した高級腕時計の加工方法がダイナミック! 人工カミナリをわざと直撃させて表面の色を変えているんだって

以前、Pouchでは “本物の蝶の羽” を使用した時計を紹介しましたが、その時計を手がけたスイスのブランド「アーティア(ArtyA)」が、今度は “愛” をテーマにしたコレクションを発売するみたい。

「Son of Love」と名付けられたこのコレクションは、文字盤に真っ赤なハートが描かれていたり、パステルピンクやブルーに淡く染められていたりと、まさしく “愛” って感じ! 身につければ、恋愛運まで上昇しちゃいそうなパワーを感じられるんです。

【深紅のハートが鮮烈!】

コレクションの中でも印象的なのは、文字盤を手掛けるハウスアーティスト、ドミニク・アルパ-シプカさんが手がけた新作4本。

直径3cmにも満たない時計の文字盤というキャンバスに、現代絵画の技法を駆使して制作されていて、ひときわ珍しいのは深紅のハートが浮かび上がる「Heart 2」

文字盤の背景が黒と金なので、よりハートが際立つデザイン。大胆なタッチが目を引きます。

【人工カミナリを直撃させて加工】

驚くべきは文字盤よりも、その周りを囲む “ケース” と呼ばれる外側部分テスラコイルと呼ばれる放電装置で、10~100万ボルトの人工のカミナリを作ってケースに直撃させる(!)という “ライトニング加工” を施しているそうなんです。

カミナリによって変色・変形させ、他にはないユニークなケースを作るための「アーティア」だけの加工技術らしいのですが、それにしてもカミナリ直撃て! 激しい愛、ですねぇ!

また、ハートの周りに淡い色彩のペイントを施した「Sweet Love 5」にも、同じようにライトニング加工されたケースが使われているそうです。

【あなたはどの「愛」を選ぶ?】

ほかにも、コラージュという技法で描かれたピンクのハート「Sweet Love 3」に、白いキャンバスにピンクやブルー、グリーンの淡い色彩が抽象画のように描かれた「Sweet Love 4」と、多様な “愛” がラインナップされています。

【世界に1つしかない時計です】

時に激しく、時に穏やかに愛を表現する「アーティア」の「Son of Love」コレクション。

お値段は税抜きで52万6500円と目ん玉飛び出ちゃいそうですが、それもそのはず、4本の時計はすべて世界限定1本とのこと。誰かに愛を贈りたい、または贈られたいというみなさんは、愛の証としていかがでしょうか♡

参照元:プレスリリースArtyA
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

いやにリアルな蝶だと思ったら…本物やないかーい! 蝶の羽を文字盤に取り入れたスイスの高級時計

同じデザインは世界に2つとない、世にも珍しい時計が存在する。そんな声を耳にして私がチェックしたのは、数多くの人気ブランドをプロデュースしてきた時計デザイナー、イヴァン・アルパ(Yvan Arpa)さんが手がけるスイス時計のブランド「アーティア(ArtyA)」のウェブサイトです。

注目は「バタフライ」と名付けられた時計。文字盤をよく見ると蝶の羽の模様が施されていて、夢のように綺麗です~♪

でも、あれれ? ずらりと並んだ「バタフライ」シリーズの時計、どれもこれもいやにリアルなような……。

【本物やないか】

それもそのはず、文字盤の上に美しく輝いているのは本物の蝶の羽。モルフォ蝶という種類の蝶が使われていて、角度によってブルーやターコイズ、紫など、いろいろな色に見える特徴があります。

蝶の羽には鱗粉(りんぷん)がついていて、精密機械である時計とは相性が悪いように思えますが、特殊な技法でうまく取り入れることに成功したのだそう。

【庶民には手出しできない金額ですっ】

「バタフライ」シリーズとしてラインナップされている時計のなかでも、「Butterfly Set 1」は2016年のジュネーブ時計グランプリにノミネートされたモデル。文字盤には蝶の羽と、金箔があしらわれているんですって。

【こんな時計ほかにないかも】

ほかにも「バタフライ」シリーズはダイヤモンドが224個がついたものもあり、恐ろしくゴージャス! 100万円の大台を超えているものが少なくなく、もっとも安いもので54万円します。庶民にはそうそう、手が出せない金額ですわね……。

冒頭で述べた「同じデザインは2つとない」というのは、蝶の羽を用いているからこそ実現できたスペック。家で飾るための「インテリア標本」は見たことがあるけれど、時計は前代未聞だわ~!

参照元:プレスリリースArtyA
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら