【シュール】水中でいろんな商品を開封する動画が新世界…食べ物から歯磨き粉までいろいろ開けちゃってます

視覚や聴覚を刺激し、見ているだけで脳がとろけるような心地よさを感じる、ASMR動画。以前 Pouch では氷を食べるだけの動画についてご紹介しているのですが、今回見つけたのは、 “水中でいろんなものを開封するだけ” の動画!

水を張った透明の水槽で開封されるのは、サンドイッチにボトルコーヒー、缶入りドリンク。袋入りスナックに歯磨き粉のチューブに胃薬と、実にさまざま。

奇妙でシュールな動画ばかりなのですが、ものによってビジュアルが大きく変化する点はもちろん、パッケージの中に入っていた空気がコポコポと音を立てて漏れていく様子などが、 “ASMR” 要素満載。

1度観始めたら最後、次から次へと観てしまって、どんどん目が離せなくなってくるんです……!

【奇妙な「wet unboxing」ワールドへようこそ】

“水中でいろんなものを開封するだけ” の動画シリーズを手がけているのは、アーティストのアレックス・フロスト(Alex Frost)さん。

「wet unboxing(unboxing=開封の儀)」というタイトルのもと、身近にあるありとあらゆるものを水の中で開封。自身のYouTubeチャンネルやインスタグラムで、続々と公開し続けているんです。

Instagram Photo

【水中版、開封の儀!?】

商品を開封する様子を撮ってみんなで体験をシェアする動画は、「unboxing video」と呼ばれ、YouTubeではすでにおなじみ。

しかし場面がひとたび水中に切り替わってしまうと、その様相は一変。心地よく感じるものもあれば、そうではないものもあって、新たな発見があるんですよね。

【「ぷるっ」「とろっ」としたやつが好き】

あくまでも個人的な感想ですが、たとえばわたしが心地よく感じたのは、歯磨き粉などゼリー状のものや、とろっとした質感のものを開封する動画。

Instagram Photo

とろっとしたものだと、バリウムそっくりのアメリカ版・正露丸「Pepto Bismol」を開封した動画がおススメで、ゆっくりと折り重なるように出てくる様子が非常に美しいんです。

Instagram Photo

【あっという間に画面がカオスになる「サンドイッチ」】

逆に心地よく感じなかったのは、サンドイッチ。開封するや否や大量の気泡が音を立てて放たれ(ここまでは良い)、パンやキュウリやゆで卵が「待ってました!」とばかりに飛び出してくるのですが……。

Instagram Photo

それぞれの食材が散り散りになっていく様子は決して美しいとはいえないし、水の中があっという間ににごっていくので、正直ちょっぴり不快に感じてしまいました。

【「推し動画」を探してみよう!】

けれど、快も不快もひっくるめていろいろなことを感じられるから、貴重な体験をできることはたしかです。とにかくたくさんの動画があるので、あなたのお気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか♪

参照元:YouTubeInstagram @alx_frst
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【なぜ】「氷を食べる動画」が中国のSNSで大人気に! 氷をかみ砕く音が響き渡りだいぶシュールです

水面がチャプンと立てる音、ハイヒールのコツコツという音、本のページをめくる音……。きっと人にはそれぞれ “心地よい” と感じる音があると思うのですが、ここ数年海外を中心に流行っているのが、ASMR動画の存在です。

ASMRとは「Autonomous Sensory Meridian Response(直訳すると自律的感覚の絶頂的反応)」の略語で、 “ある音を聴くと脳がとろけるような刺激を感じる” ことを指します。

自分にとって快感な “音” を収録し、動画にしたものがASMR動画と呼ばれるものなのですが、最近中国のネットユーザーの中で人気を集めているのが「氷を食べる音」なんだとか!

【動画アプリでまたたくまに拡散!】

もともとの発端は、動画シェアアプリ「Kwai」の存在。

中国や韓国の若者の間でも人気だというこのアプリ上で、なぜか「氷を食べる動画」が大流行。「#吃冰(氷を食べる)というハッシュタグまで登場して、今ではインスタグラムに投稿動画をまとめたアカウントまで作られているんです。

【「ある層」にはめちゃくちゃハマりそうです】

またインスタグラムには現在、「#iceeating」というハッシュタグが登場中。

動画の中で氷を食べている人のほとんどが女性で、美しい女性たちが、氷を「ガリガリ」「ゴリゴリ」と食べているだけの動画はなんともシュールです。理解できない人にはおそらく「意味不明」でしかないでしょうが、刺さる人にはものっっっすごく刺さりそうだわ……!

少し気になったのは、氷にはなぜか色がついているものが多いところ。食感がパリパリしたカラフルな氷、どうやって作ってるのかも気になるところですね。

【バリエーションにもご注目】

「氷を食べる動画」を何本か見進めていくうちに気がつくのは、氷を食べる音にもさまざまなバリエーションがあるということ。

歯が氷をかみ砕く音だけでなく、歯と歯ですり合わせている音。果実をかじっているかのように、たっぷり水気を含んでいる音。水気のあるなしで好みが分かれそうですが、わたし的には水気少なめのほうが好きです。

なぜなら「ガリガリ」「ゴリゴリ」という硬質な音のほうが、聴いていてスカッとするから。実はわたしは氷をかみ砕く行為が好きなのですが、音を聴いているとあの感覚を思い出すことができて、ストレス解消したかのような気分になれるんですよね……。

あれ? もしかして自分、ガッツリこのムーブメントにハマっちゃってるかも!? 興味を持った方は、試しに動画を見てみてくださいね♪

参照元:Instagram @iceeeecravingInstagram @satisfying_iceeating_videoInstagram #iceeating
執筆=田端あんじ (c)Pouch