【謎ベルト】デニムのウエストをちょん切ったみたいなベルト!! 確かにおしゃれだど…自分でも作れそうな気が…

Pouch でしつこくお届けし続けている、 “攻めすぎダメージデニム” シリーズ。

海外の攻め方は日本のそれとは比べものにならず、遠くから見るとふんどしにしか見えないお尻が完全に見えちゃってるなど、セクシー度数120%だから目のやり場に困ります。

そして今回紹介するのは、もはやセクシーはやり尽くしてしまったのか、「なぜ、そこだけ?」と首を傾げざるを得ないデニム。

【ずいぶん思い切ったデザインだな~~~?】

というか……デニム生地でできているのでデニムと呼んでみましたが、その形状というか種別?はパンツではなくベルト

「デニムのウエスト部分をハサミでちょん切ってつけてみました」的なデザインが斬新すぎて、2度見してしまうことウケアイなんです~~~っ!

【ってか、自分でつくれるよコレ】

イギリスのファッションブランド「ASOS(エイソス)」が約2600円で販売しているデニムベルトの商品名は、「Weekday Limited Collection Denim Waistband」。

先ほども言ったように、本当にデニムパンツのウエスト部分をちょん切ったようにしか見えないビジュアルをしているので、 “ウエストバンド” という響きがやたらとしっくりきます。そしてコレ、クローゼットに眠っているデニムをちょん切ればいいだけだって考えると、自分でも作れそうだなーとしか……。

【ベルト・オン・ベルトができます】

ウエストに装着するとはいえ、ベルトのようにパンツが落ちないよう固定できるわけではないというのも、この商品の大きな特徴(?)。

なにせデニムのウェスト部分をちょん切ったデザインなので(しつこい)、本物のデニム同様、ボタンで留めて固定するという仕組み。

どうしてもベルトがしたい場合は、こちらのアイテムにあらかじめ備え付けられたベルトを通すための “ベルトループ” に通せば身に着けることはできますが、ますます斬新なスタイリングになってしまうことは否めないでしょう。

【今回のアイテムもやっぱり「攻めて」ました】

「なぜ、そこだけ?」という思いと、「ってか、コレ必要?」というツッコミが心の中で交錯してしまう「ASOS」のデニムベルト。

ある意味攻めているので、デニムの新たな可能性を追求したいというファッショニスタのみなさんは、さっそく取り入れてみてはいかがでしょうか。

参照元:Asos
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【謎ベルト】デニムのウエストをちょん切ったみたいなベルト!! 確かにおしゃれだど…自分でも作れそうな気が…

Pouch でしつこくお届けし続けている、 “攻めすぎダメージデニム” シリーズ。

海外の攻め方は日本のそれとは比べものにならず、遠くから見るとふんどしにしか見えないお尻が完全に見えちゃってるなど、セクシー度数120%だから目のやり場に困ります。

そして今回紹介するのは、もはやセクシーはやり尽くしてしまったのか、「なぜ、そこだけ?」と首を傾げざるを得ないデニム。

【ずいぶん思い切ったデザインだな~~~?】

というか……デニム生地でできているのでデニムと呼んでみましたが、その形状というか種別?はパンツではなくベルト

「デニムのウエスト部分をハサミでちょん切ってつけてみました」的なデザインが斬新すぎて、2度見してしまうことウケアイなんです~~~っ!

【ってか、自分でつくれるよコレ】

イギリスのファッションブランド「ASOS(エイソス)」が約2600円で販売しているデニムベルトの商品名は、「Weekday Limited Collection Denim Waistband」。

先ほども言ったように、本当にデニムパンツのウエスト部分をちょん切ったようにしか見えないビジュアルをしているので、 “ウエストバンド” という響きがやたらとしっくりきます。そしてコレ、クローゼットに眠っているデニムをちょん切ればいいだけだって考えると、自分でも作れそうだなーとしか……。

【ベルト・オン・ベルトができます】

ウエストに装着するとはいえ、ベルトのようにパンツが落ちないよう固定できるわけではないというのも、この商品の大きな特徴(?)。

なにせデニムのウェスト部分をちょん切ったデザインなので(しつこい)、本物のデニム同様、ボタンで留めて固定するという仕組み。

どうしてもベルトがしたい場合は、こちらのアイテムにあらかじめ備え付けられたベルトを通すための “ベルトループ” に通せば身に着けることはできますが、ますます斬新なスタイリングになってしまうことは否めないでしょう。

【今回のアイテムもやっぱり「攻めて」ました】

「なぜ、そこだけ?」という思いと、「ってか、コレ必要?」というツッコミが心の中で交錯してしまう「ASOS」のデニムベルト。

ある意味攻めているので、デニムの新たな可能性を追求したいというファッショニスタのみなさんは、さっそく取り入れてみてはいかがでしょうか。

参照元:Asos
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

オトナ可愛い「ハローキティ」水着を見つけたよ~! ワンピース型でクールな印象だから挑戦しやすそうです♪

今年の水着はワンピース型が流行りだと聞きます。ワンピース型ならビキニと比べて露出も控えめ、気になるお腹部分も隠れますし、オトナ女子でも挑戦しやすいのではないでしょうか♪

イギリスのファッションブランド「ASOS」で見つけたのは、 “仕事の鬼” ことハローキティさんをモチーフにしたワンピース水着「Hello Kitty x ASOS DESIGN frill swimsuit」。

こちらの水着は、ブラックカラーのみ。胴体部分にはキティさんの顔のパーツが描かれていて、Vラインの部分には真っ赤なフリルがあしらわれています。

【kawaiiけれどクールな印象も】

キティさんといえば真っ白なイメージが強いですが、赤と白の組み合わせの水着だったら、ちょっぴり子供っぽい印象を抱いてしまいそう。

だけどブラックならば一気に大人な雰囲気になりますし、バックスタイルもスポーティーな “Yバック” 。腰部分にさりげな~く記された「Hello Kitty」というロゴも控えめで、全体的にクールな仕上がりとなっているんですよね。

【露出が苦手という人にも◎】

フリルもめいっぱいついているのではなく控えめですし、露出が苦手な人にとってはおそらく、安心感すら感じちゃうデザインとなっているのではないでしょうか。

この水着ならば、大人キティラーでもハードルが低いでしょうし、これまで水着を着るのをためらっていたという人でも受け入れやすい気がします。

お値段は48ドル(約5300円)と、比較的プチプラ! 可愛らしさとクールさを兼ね備えたキティさん水着で、今年のプール&海ライフを思いっきり満喫してみてはいかがでしょうか。

参照元:ASOS
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

海外で完売したダメージデニムが完全にワカメちゃん状態! 上下に分かれてるけど後ろから見るとパンツが丸見えです…

これまで Pouch では、数多くのダメージデニムをご紹介してまいりました。

その多くは “過激派” とでも称したくなるものばかりで、「目のやり場に困る」というのがお約束。

そんな過激派ダメージデニムをこれでもかというほど見てきたわたしが思わず笑ってしまったのが、イギリスのファッションブランド「ASOS」が発売している “穿いてるようで穿いてない” デニムなんです。

【100%見えとるがな】

“穿いてるようで穿いてない” とは一体どういうことなのか。その謎は、問題のデニムの商品写真をご覧いただければ一目瞭然!

なんとこちら、腰からVラインくらいまでと、太ももから足首までとに分かれる構造となっておりまして、上下がオシャレなチェーンでつながっているんです。

驚くのは、チェーンはデニム前面に1つずつしか付いていないこと。さらに、上部分はショートパンツではなくスカート仕様であること。そしてそのスカートが極端に短くって、下に穿いているアンダーウェアが丸見えなこと~!

【お尻なんて丸見えやがな】

もはや “穿いている” というよりも、 “腰回りに装着している” と表現したほうがいいように思えるこのデニム。

しかもスカートの部分、前面こそアンダーウェアは “チラ見せ” レベルなのですが、視点をくるっと変えて後ろを見ると、その長さは腰のやや下までしかないんです。お尻ぜ~んぶ、完全に見えちゃってるんですよ。

【アンダーウェア、何を穿くのが正解なの!?】

サザエさんのワカメちゃんも真っ青になるレベルの “全部見せ” は、ある意味潔いとも言えましょう。でも、だけど、これ一体どういうときに穿けばいいんですか~~~!

そして過激派ダメージデニムのもうひとつの “お約束” といえば、なぜかソールドアウトしているという点です。こちらのデニムもお値段60ポンド(約8800円)にもかかわらず、もちろん(?)ソールドアウトしておりまして、どんな人が購入したのか気になって仕方がありません。

気になる部分はたくさんあれど、やはり1番の悩みどころはアンダーウェア。どんなものを選べばいいのか、誰か正解を教えてほしいものです~っ。

参照元:ASOS
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

まるで本物みたい! アメリカの老舗クレヨンメーカー「クレヨラ」からコスメが登場♪ カラフルで発色も抜群です


クレヨンやマーカーペンなどを製造しているアメリカの会社crayola(クレヨラ)

最近クレヨラがイギリスのファッションブランドasos(エイソス)とコラボして販売を始めたのがコスメライン! リップ&チーク、フェイスクレヨンなどその数なんと58種類だそう。これまで色にこだわって商品を開発してきたクレオラらしく、発色よい鮮やかなカラーのアイテムがそろっています♪

【実際のクレヨンのネーミング&色味も採用】

日本ではぺんてるがカネボウ化粧品とコラボしてマスカラやアイライナーを販売していますが、「色を塗る」「描く」「線を引く」ことから文具メーカーとコスメは結びつきやすいのかもしれません。

コラボアイテムの数々は現在エイソスの通販サイトで販売中ですが、とにかく色が豊富! ブラックやレッドなどベーシックなものもありますが、ターコイズブルーダンデライオン(タンポポ)、エッグプラント(ナス)、アウタースペース(宇宙空間)などは実際にクレヨラのクレヨンに使われている色味と名前なんです。

【塗って描いて、クレヨン型のアイテムたち】

そしてもうひとつユニークなのは、リップ&チークやフェイスクレヨンの形が実際のクレヨンに似ているところ! ぐりぐりとお絵描き気分でメイクが楽しめて、幼少のころを思い出せそう。

そして、パッケージも実際のクレオラのクレヨンに似せているんです!


たとえば3本セットになっているものは、緑のロゴが描かれた黄色い箱に入っていて、これまたクレヨラのクレヨンで育った乙女たちからすればなつかしい気分になれてグッと来るみたい。

【asosのオンラインショップで購入可能】

クレヨンらしい発色のよさと独特の色味でいつものメイクに刺激を与えてくれそうなクレヨラのコスメライン。エイソスはまだ日本未上陸ですがオンラインショップで購入可能なので、試してみたい方は注文してみては?

参照元:asosMashable
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら