台湾の食べ物でよく見かける謎の言葉「軟Q」「QQ」って何? 日本人も大好きな食べ物にも「Q」は存在するらしい!


安くておいしいものが盛りだくさんの台湾! 観光やショッピングはもちろんのこと、夜市やB級グルメをお目当てに台湾へ出かける人も多いと思います。

B級グルメを求めて台湾の街中を歩くと、不思議な日本語に出くわすこともしばしば。以前、ポーチでお伝えした「果肉が餅から吹き出します!」や「カレーたつまき」など、思わずぷっと吹き出してしまうキャッチコピーも少なくありません。

そんな台湾のお店でよく見かける、摩訶不思議な言葉のひとつに「Q」そして「軟Q」というものがあります。

私はてっきり、小学生の頃に観ていたアニメ「オバケのQ太郎」をもじったものかと。またしても日本語のパクリかよッ! と思ったのだけれど……どうやら違うみたいなんです。

【Qの正体や、いかに?】

現地の夜市やベーカリー、はたまたスーパーやコンビニのお菓子コーナーなんかでも目立つ「Q」の文字。

ベーカリーで見つけた月餅風のスイーツは「金Q餅」という名前だし、台北の温泉街で出会ったお菓子店の店先にも「温泉Q蛋和菓子舗」と書かれたのれんがかかっています。

コンビニの商品にも「QQ」あるいは「軟Q食感」とパッケージに書かれているし……。いったい何なの、このQって!?

【Qとはアジアのアルデンテ】

台湾の友人に聞いてみたところ、「Q」とは「弾力のある食感」という意味だそうで、QもQQも同じ意味。ちなみにオバQとは一切関係ないみたい。

Q、あるいはQQというのは台湾独自の表現だそうですが、中華系の人なら誰でも知っているとのこと。

そこで、中華系マレーシアの友人に尋ねてみたところ、「弾力のある食感だよね。ちょっとカッコよく言えば、アルデンテだよね」との回答が。マレーシアにもアルデンテがあるんだ! とツッコミたくなりましたが、本題から逸れるので今はやめておきます。

【台湾人はQの食感が好きです】


先の台湾人の友人によると、QおよびQQの食感を和菓子に例えるなら「わらび餅や大福」だそうです。確かに台湾は、マンゴーやピーナッツなど日本では見かけない大福のフレーバーも存在するぐらい、大福の人気が高いんですよね!

百聞は一見に如かず。いや、百聞はひとくちに如かず? 台湾に行く機会があれば、みなさんもQの食感を試してみてくださいね。

取材・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

続きはこちら

オランダのお寿司は赤ちょうちんが目印!? アムステルダムの超巨大マーケット「マルクトハル」のグルメに舌鼓【オランダ旅行2】


近未来的な外観と、美術館のような内装が際立つオランダの屋内マーケット「マルクトハル」。食に興味のある人、食べることが大好きな人にとってはたまらないフードパラダイスです。

宙に浮いたカフェがユニークなフードホール編に続いて今回は食欲を刺激する、屋台・フード編です。

【屋台と飲食店が100店舗以上】


大規模なマーケット内には、総勢116軒の屋台や飲食店がずらり! 下の階にはスーパーマーケットが、上のフロアには階下を見下ろすレストランやカフェがちらほら。オリーブ専門のデリに、中東スタイルのデリなど、ありとあらゆる世界のグルメに出会えるのが楽しいです。

【チーズにハム、お酒がほしくなる〜っ!】


オランダといえば、チーズ。マーケット内にはオランダや世界のチーズを扱うお店が6軒あります。歩き進めていくと、ゴーダチーズの専門店がありました。ゴーダはオランダを代表するチーズで、マルクトハルのあるロッテルダムにほど近いゴーダ村生まれ。ミルキーな味で、日本のプロセスチーズの風味は、このチーズがモデルになっているんですよ!


プレーンタイプから、熟成期間が長く旨味が凝縮されたもの、クミンシード入りのものなど種類も豊富! もちろん試食もできますよ。


さらに、店頭に吊るされた生ハムが目を引く、イベリコ豚の加工品のお店も。サラミにソーセージなど、シャルキュトリー好きにはたまりません! チーズにシャルキュトリー、お酒が飲みたくなってきた!!

【オランダB級グルメ】

そろそろお腹が空いてきたので、何かオランダらしい食べ物を購入することに。


実は取材前に、2階にパブエリアのあるリカーショップ「World of Drinks」でビールを飲んでいたワタクシ。パブではフードを扱っていないこともあり、屋台で購入したフードの持ち込み可能です。


そのときに親切な店員さんがすすめてくれた、「Bram Ladage」というお店でマヨネーズとケチャップを添えたフリッツ(※フライドポテト)を購入して、お店にカムバック! 店員さん曰く「チェーン店なんだけど、ジャガイモの下ごしらえをお店で行っているから、おいしいフリッツが味わえる」とのこと。


「マヨネーズをたっぷりつけて食べるから、手がベトベトになっちゃうし、カロリーも高いんだけど……。オランダを代表するB級グルメ。食べ始めたらやめられなくなるおいしさ!」という店員さんの言葉どおり、カリッと揚がったフリッツは確かにウマイ! オランダのマヨネーズは私には少し甘めだったけれど、生ビールのつまみには最高でした。スモールじゃなくて、日本人の感覚からするとデカいミディアムにしておけばよかった。

ちなみにフリッツを頼むと、通常はポテトの上にマヨネーズがドバッとかけられてしまいます。手がベトベトになるのを避けるために、今回は別添えにしてもらいました。

【SUSHI屋があった!】

そんな中、歩き進めていくと、赤ちょうちんを発見!! なんと、このお店はすし屋でした! マルクトハルでは、オランダはもちろん世界各国のおいしいものが味わえるとは聞いていたけれど……。


店名は、ええっ? 九州? ももかわ?  日本酒の桃川じゃ青森だし、佐賀県の桃川駅ってこと!?!? すしって九州の名物だっけ? いやそんなことないよな……と、頭の中で自問自答。でもきっと、そんなこと、海外の人たちにはどうでもいいんですよね。

カウンター式のお店のショーケースには、鮮やかな色をしたネタが目をひくパック入りのSUSHIが並びます。そしてソフトドリンクが目立つ場所に置いてありました。

さらに階下のスーパーでもSUSHIを発見しました。握られたお寿司ではなく、トレーの中に酢飯(?)と魚のたたき、野菜が入っていて、どちらかいえば日本のお弁当のような印象でした。

 

スイーツ、お土産編に続く。

参考リンク:Markthal
取材・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

続きはこちら