千鳥ノブも絶賛したBBQ芸人「たけだバーベキュー」のレシピ動画が簡単おいしそうで超参考になります

気がつけば、夏休みも後半戦。

しかしまだまだアウトドアシーズンは終わりませんし、少し涼しくなった秋にこそ、お外でわいわいご飯を食べたりお酒を楽しんだりしたくなりますよね。

アウトドアの定番といえば、キャンプやBBQ。いつものBBQに飽きてしまったというみなさんは、日本で唯一のBBQ芸人・たけだバーベキューさんのレシピ動画を参考にしてみるといいかもしれません。

【たけだバーベキューさんってどんな人?】

たけだバーベキューさんのBBQ歴は10年以上。BBQのことだけを綴ったブログがきっかけでレシピ本が出版されると、これを機にメディアへの露出が激増しました。

キャンプインストラクターの資格やお肉検定1級、スパイス&ハーブ検定2級も取得するなどかなりの本格派で、冬場には “ハンターたけだ” となるべく狩猟免許と銃砲所持許可を所持。なぜかカナダのアルバータ州政府からは「カナダアルバータ州BBQ大使」に任命されているという、いわゆる “ガチ” の方なんです。

【美味しそうなYouTubeにチェックイン☆】

必見なのは、たけだバーベキューさんの公式YouTubeチャンネル。

アルミホイルだけで作れる「アクアパッツァ」「スペアリブトマト煮込み」、スキレットで作る「アヒージョ」、さらには超簡単に作れるという「イタリアントマト焼きそば」など、家でも挑戦したくなる珠玉のメニューが豊富にそろっています。

【今すぐトライしてみたい簡単「アクアパッツァ」】

個人的に挑戦してみたいと思ったのは、白身魚とアサリ、プチトマトとアスパラガスを使った「アクアパッツァ」。カットする必要があるのはアスパラだけなので、アウトドアでも手間いらずなんです。

広げたアルミホイルの上に、塩コショウした白身魚やアサリなどすべての材料を置いていって、白ワインやにんにくチューブ、アンチョビチューブを混ぜ合わせて作った調味液を回しかけたら準備は完了。しっかり包んだら、後は火にかけるだけ

たったこれだけの作業で、今すぐかぶりつきたくなるほど美味しそうな「アクアパッツァ」が完成するんですよ~!

【味は千鳥ノブさんのお墨付きです】

そのほかにも、東北人のソウルフード・芋煮をカレーうどんにアレンジしたレシピや、缶詰の焼き鳥で作る「焼き鳥缶のオニオンチーズ」など、美味しそうなメニューがいっぱい。

ちなみに、たけだバーベキューさんの料理の腕前については、千鳥のノブさんも太鼓判を押すほど。

Instagram Photo

「#この夏何回も会いたい #全部唸るくらい美味い #技術の塊」といった具合にインスタグラムで大絶賛しているので、きっと味は間違いないんじゃないかと思いますよぉ!

参照元:たけだバーベキューオフィシャルウェブサイトYouTubeInstagram @noboomanzaishi
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【ぼっちの夏休み】ひとりでも楽しめる「ナイトプール」「BBQ」「流しそうめん」など9選 #ステキなぼっちの日


ぼっちの夏がやってきたぞぉおお! ブフォオオオオ(ほら貝の音)

「みんなで」という呪いに解放されて、夏を自由に楽しめるのは「ぼっち」という選ばれし人間だけ。そんな「ぼっち」を全力で応援してきたのが、Pouchの「ステキなぼっちの日」シリーズです。

Pouch編集部は全員独身。「ひとりでも楽しく生きていこう…可能性広げてこう…」ということで始まったガチ企画ももうすぐ1年経ちます。

そこで今回はお盆休み特別企画として、夏にオススメしたい「ひとりで行ける夏のイベント」をリンク集としてまとめました。実際に体験してきた本音もまとめてあるので、ぜひ参考にしてね★

・これまでにアップされた【#ステキなぼっちの日】リンク集

01:女ひとりナイトプール

リア充の聖地・ナイトプールに三十路の女がぼっちで果敢に挑んだ結果、羞恥の視線にさらされて……!?
ぼっち度:★★★★★
快適度:★★
勇気度:★★★★★★★★★★

02:女ひとりBBQ

ウェイ系の専売特許かと思ったBBQに、意外な聖地を発見! ここならぼっちでBBQを楽しめるぞ!
ぼっち度:★
快適度:★★★★★
オススメ度:★★★★★★

03:女ひとり寝台列車

仕事も都会もイヤになって、勢いで寝台列車のチケットを購入。女性客は少ないけどそこで出会った未知なる体験とは……。沢木耕太郎もびっくりの深夜特急ルポ。

ぼっち度:★
快適度:★★★★★★
オススメ度:★★★★★★

04:女ひとり上野動物園(シャンシャン)

夏休みのシャンシャンの行列は!? 炎天下の中、パンダをみるためにひとり並んだところ、穴場の時間帯を発見!
ぼっち度:★★★
暑い度:★★★★★★★★★★
かわいい度:★★★★★★★★★★★★∞

05:女ひとり花火大会

ひとりで花火大会て寂しいかと思ったら…むしろ最高だった!
ぼっち度:★★★★
快適度:★★★★★
思い出度:★★★★★★★★★★

06:女ひとり流しそうめん

夏のグルメ、流しそうめん。ひとりで流してひとりですくって食べて……。人気のおもちゃ「そうめんスライダー」を使った実験。
ぼっち度 ★★★★★★
慌ただしい度 ★★★
ウェイ度 ★★★★★★

07:女ひとりホストクラブ(はとバスツアー)

夏は冒険したくなるもの、例えば「ホストクラブ」とか…! 「はとバスツアー」のホストクラブ体験ツアーに参加した体験記。
ぼっち度:★
快適度:★★★★★
異次元度:★★★★★★

08:女ひとり夜の遊園地

ひとりで行きたくないランキング上位の遊園地、ひとりで行ってみると意外と楽しくて……!?
ぼっち度:★★★★
勇気度:★★★
絶叫度:★★★★★★★★★★★★★★

09:女ひとり焼肉

ひとりで行けない外食の代名詞「焼き肉」。ひとりで行ったらDJ焼き肉状態に……?
ぼっち度:★★★
我を忘れる度:★★★★★★
満腹度:★★★★★★★★★★★★★★

──以上、全部で9記事です。これからもひとりで楽しめる可能性を広げるべく頑張ります!

画像・執筆:百村モモ (c)Pouch

続きはこちら

【穴場】ヒルトン東京ベイのプールサイドで楽しめるハワイアンBBQが最高すぎる! デザートビュッフェつきでナイトプールも素敵です


夏のレジャーといえば、バーベキュー(BBQ)! でも、この酷暑のなか、昼間から屋外でBBQを楽しむ気にならない……。そんな人も多いのではないでしょうか。そこでオススメしたいのが、暑さが和らいだ夕暮れ時から、涼しげなプールサイドで楽しむBBQ。

今回ご紹介するのは、都心から30分ほどで行ける舞浜のヒルトン東京ベイで開催している「ハワイアン・プールサイド・バーベキュー」です。ライトアップされたガーデンプールを眺めながらのBBQは、リゾート感たっぷり。

先日足を運んでみたところ、想像以上に楽しい夜が過ごせました! 本日はその様子をレポートします。

【ハワイアン・カクテルで乾杯!】

パラソルやデッキチェアに囲まれたプールサイドは、南国リゾートさながらのオシャレな雰囲気。こんな素敵なところでBBQができるなんて、テンション上がる〜ッ!!

リゾート気分を満喫すべく、まずはカクテルで乾杯。ココナッツの実でサーブされるホワイトラムベースの「ハワイアンビューティーボール」(2300円)、ココナッツミルク入りのクリーミーな「ハワイアンピニャコラーダ」(1000円)、鮮やかなブルーキュラソーが夏の夕暮れを美しく彩る「ブルーハワイアン」(1000円)をオーダーしてみました。


キリッと爽やかなハワイアンビューティーボールは、器に飾られたフルーツをドリンクの中に入れたり、ライムを絞って飲むとフルーティーに。量がたっぷりなので、2人で仲良く飲むのにぴったりです。

【サラダ&デザートブッフェ付き】

お待ちかねのBBQ……! の前に、サラダバーへ。ビーフ・ポーク・チキンがそろう3つのコースのBBQは、どれもサラダバー&デザートブッフェ付きです。


ギリシャ風サラダにパスタサラダ、コールスローに枝豆などのほか、カレーライスや焼きそば、マッシュポテトなどの軽食が揃います。


デザートはレインボーチーズケーキにストロベリーシャルロット、フルーツタルトレットなど、色鮮やかでかわいいものがずらり。

【BBQはボリューム満点】

ブッフェを味わっている最中に、BBQの用意が整いました。私がオーダーしたのは、ビーフリブステーキ(100g)、ポークバックリブ(150g)、チキンレッグ(80g)、海老といか(100g)に2種類のソーセージと野菜などがついた「ワイキキビーチ」(5500円)。こちらを甘辛いハワイアンバーベキューソースでいただきます。


女性3名のグループなら、BBQのセットは2人前で十分かもしれません」(ヒルトン東京ベイ広報部の永田さん)と言うぐらい、サラダ&デザートブッフェと合わせたら、女性ひとりで食べきれるか心配になるぐらいのボリューム感。こんなにたくさん食べられるなんて、幸せ!!


プールサイドのテーブル席の隣に用意された炭火焼のBBQグリルで、肉を焼いていきます。心地よい潮風を感じながらのBBQは最ッ高! 夕方の時間帯だから、暑さはそれほど感じないのもいいッ!!


ジューシーなお肉はどれも、口の中でとろけるほどの柔らかさ。ハワイアンバーベキューソースとよく合う♪  海老といかはぷりっぷり、箸休めのナスや味噌田楽大根も想像以上のおいしさでした。


お腹パンパンだけれど、食後のデザートブッフェは別腹! 美しいナイトプールを眺めながら味わうデザートにうっとり……。

【お得感のあるお値段】

プールサイドでラグジュアリーなひと時が過ごせる、ハワイアンバーベキュー。4500円、5500円、7500円(税金・サービス料別)の3つのメニューが用意されていて、どれもサラダ&デザートブッフェ付きです。

9月2日までの平日は17:30〜21:00まで、土・日・祝日、8月12日〜15日は2部制(17:30〜/20:00〜)、9月3日〜9日は17:30〜21:00までとなっています。貸切パーティーなど休業日もあるので、訪れる前に公式ウェブサイトで確認を!

【泳ぎたい人必見! ナイトプールもあるよ】

17:30〜21:30の時間帯は「ハワイアン・ナイトプール」も楽しめます。首都圏のホテルの中では、最大級のスケールを誇るヒルトン東京ベイのプール。日中も南国感があって素敵だけれど、ライトアップされた夜はロマンチックな雰囲気です。


私が訪れたのは金曜日の夕方でしたが、自撮りする人よりもカップルや家族でのんびりしている人が多かったので、ゆったりしたプールタイムが過ごせました。平日はビジター料金2500円で、生ビールやカクテルなどから選べるワンドリンク付きという価格設定も魅力。(土日祝日・お盆期間は3500円)

【一夜限りのスペシャルイベントもチェック】

8月10日にはBBQと飲み放題のお酒を楽しみながら、プールにも入れる1日限りのスペシャルイベント「ハワイアン ナイトプール パーティー」(18:00〜21:00/ 8500円〜)が開催されるそうです。当日はDJやハワイアンダンサーも登場するというから盛り上がること間違いなし!!

汗だくになりがちなBBQだけれど、ハワイアン・プールサイド・バーベキューなら優雅にリラックスしながら楽しめますよ。良心的な価格設定もいいですよね。女子同士はもちろん、デートにも自信をもっておすすめします!

取材協力:ヒルトン東京ベイ
撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

続きはこちら

「はらぺこあおむし」の本格的なアウトドアグッズがロゴスから登場! ワンタッチのサンシェードや保冷機能付きランチパックなど

夏はアウトドアの季節☆ 山に海にBBQにと、休日のたびにあちこちお出かけしているという人も少なくないかもしれません。

そういったアウトドアシーンにぴったりなのが、アウトドアブランドの「LOGOS(ロゴス)」が展開しているはらぺこあおむし』シリーズ

派手すぎず地味すぎない絶妙なデザインなので、うまく自然に溶け込むことは確実。子供はもちろん、大人のハートにもグッと刺さるアイテムばかりがそろっているんです。

【大人気絵本をフィーチャー】

『はらぺこあおむし』は、アメリカの絵本作家エリック・カールが1969年に出版した絵本。世界各国で累計1億2800万冊販売されている大人気絵本なので、きっとみなさんもご存知のことと思います。

お話自体も魅力的ですが、素朴なタッチの色鮮やかな絵も、多くの人を惹きつけて止まない要素。そんな『はらぺこあおむし』のオリジナルテキスタイルを使用しているというアウトドアグッズは言うまでもなくすこぶる可愛くって、ぜ~んぶ集めたくなること必至なんです。

【新商品3つをご紹介】

チェアにテーブル、防水シート、海などで日よけとして使えるポップアップサンシェード。

アウトドアブランドらしいツボを押さえたラインナップのなかに今回新たに加わったのは、「トートバッグ」(2900円)、「ランチバッグ」(2300円)、サンシェード「はらぺこあおむし Q-TOP フルシェード」(1万5500円 / すべて税別)の3商品です。

【トートバッグはタウンユースにも◎】

開口部が広くて使いやすいというトートバッグは、アウトドアシーンだけでなく、日常的にも使えるアイテム。

ジッパー付きで耐久性に優れた厚めの生地を使っているなど機能性もバッチリなので、子育て中のみなさんなら “マザーズバッグ” として使用するのもいいかもしれません。

【飲みものやお弁当を冷たく保ってくれるランチバッグ】

長時間保冷力を保つ断熱材を採用したソフトクーラーバッグも。中には保冷剤を入れるポケットまで付いているので至れり尽くせり、夏から秋にかけて大活躍してくれそうです。

【簡単組み立てのフルシェード】

最後にご紹介する「フルシェード」は、ワンタッチで設営と撤収ができる日よけ用のテント。ロゴス独自の “Q-TOPシステム” を取り入れているため、約30秒で組み立てることができるといいます。

入り口を全て閉めることができる “フルクローズタイプ” なので、着替えをしたいときなどにとっても便利なんです。持ち運びに便利な収納バッグも付いてくるのですが、これがまためちゃくちゃ可愛いのでぜひご注目を。

アウトドアブランドが取り扱っている品だから、機能性もバッチリ。『はらぺこあおむし』を愛してやまない人は、一目見たらきっと、恋に落ちてしまうこと必至ですよ~♡

参照元:プレスリリースLOGOS
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【今日から】ゆめかわいい酒フェスがすんごい! カラフルなわたあめを使った「コットンキャンディーカクテル」などふわふわ祭です♪

ワインに日本酒、ビール、さらにはジンなど、ここ数年のあいだに “お酒の魅力を堪能できるイベント” が増えた気がします。

2018年6月15日から6月17日に東京・芝浦にある「BBQ Lounge CRIB」で開催されるのは、日本初となるコットンキャンディーカクテルを楽しむイベント「コットンキャンディーの酒フェス」。

聞きなれない言葉に感じるかもしれませんが、コットンキャンディーとはわたあめのこと。

【アミューズメント感のあるカクテルです】

わたあめと “ジントニック” などのカクテルを組み合わせたお酒「コットンキャンディーカクテル」は、フォトジェニックなだけでなく、ぱちぱち弾ける音いつもよりシュワシュワ感が増すらしく、想像するだけで可愛くって楽し~い♡

日本ではあまり見かけませんが海外ではメジャーな存在なのだそうで、今回のイベントでは、ピンク・イエロー・ブルー・グリーン4種類のコットンキャンディーと様々なカクテルを自由に組み合わせることができるといいます。

合わせ方次第では30種類前後の「コットンキャンディーカクテル」ができあがるらしく、腕が鳴りますねぇ!

【飲みすぎには注意してね】

会場には「コットンキャンディーカクテル」以外にも、ビール・ハイボール・ウーロンハイといった、普通のカクテル。さらにはオリジナルのサングリアやスパークリングワインも用意されるため、飲みすぎ注意報発令です。

ドリンクだけでなくフードも充実しているようで、チキンがメインのBBQや、焼きそばなどのビュッフェが食べ放題。晴れた日には流しそうめんも行われるそうで、夏のお楽しみ要素を一気に味わえそうです。

なお嬉しいことに、持ち込みも自由にできるそうですよぉ!

【追加開催が決定したようだゾ~!】

これだけの内容で、料金は税込み3500円。しかもSNS割引特典があるだというのだから、太っ腹すぎます。前売りチケットはただいま発売中ですが、時間帯によっては売り切れているようなので絶対行きたい!という人は早めにチェックを。

ちなみに「コットンキャンディーの酒フェス」、好評のため6月29日から7月1日の追加開催も決定しておりまして、こちらには新たにタピオカのカクテルが登場するとのこと。

満20歳以上なら誰でも参加できますので、ひと夏の思い出を作りに出かけてみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリースコットンキャンディーの酒フェス
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

女ひとりでBBQしたら孤独で死にそうになるかと思いきや…天国! 「浅草花やしき」の手ぶらBBQはぼっちの味方があふれていました


ゴールデンウイーク真っ只中! 気候的にも暑すぎず、寒すぎず絶好なお出かけ日和ですよね。たとえぼっちでも、屋外でスペシャルな時間を過ごしたいな★

毎月1のつく日(1日、11日、21日だけ)は「ステキなぼっちの日」です。

Pouchでは担当ライターが体を張ってぼっちの限界に挑み、ぼっちの可能性を広げるべく、世の中のさまざまな場所でぼっちでも楽しく過ごせるかどうかを誠心誠意、検証しています!

ということで、今回は初夏にぴったりなBBQ(バーベキュー)にひとりで挑戦。しかし…! ぼっちBBQ、最初から大きな壁が立ちはだかったのです。

【“おひとりさま”のお断りが多すぎる】

そもそも、BBQをほとんどやったことがない私。なので、道具とか肉とかなにを準備すればいいのか、皆目見当がつきません(白目)。

そこで、最近みかける「手ぶらBBQ」にしようと決意。読んで字のごとく、何も準備せずとも、お店が全て用意してくれる素晴らしいBBQスタイルです。

しかし……! 探せど探せど「おひとりさまOK」な手ぶらBBQが見つからない。どこもかしこも「おふたりさまから」ばかりなのです。ひえ〜! ぼっちは屋外で肉焼いたらいかんのかぁ〜!

【まさかの遊園地がOKくれた】

しかし、ぼっちの女神が微笑んでくれたのか、意外なお店がおひとりさまOKだったのです。それは浅草にある遊園地「浅草花やしき」

「浅草花やしき BBQガーデン」は、夏だけではなく1年中BBQが遊園地の中で楽しめるお店。ネットで事前予約すれば、花やしきの入場料もセットになっているのです。

だけど、ちょっと前にPouchで紹介した「ぼっちで行きたくない場所ランキング」では遊園地がダントツの1位だったのが若干気になるけど……。

と、とりあえず「1名」で予約して、お店に向かいました!

【アトラクションの真下にBBQが!】

専用の入り口からスタッフに案内され中へ入ると……アトラクションの真下にBBQセットがあるではありませんか!

アトラクションの真下なので、日陰だし雨でもOK。視界にはメリーゴーランドなどがあり、楽しそうな悲鳴が聞こえてくるたびにワクワクします。まだ肉焼いていないのに!

【マイペース、最高】

BBQコンロにスタッフさんが火をつけてくれたら、ビールを片手に、ぼっちBBQの宴がスタートです。

今回は、サーロイン肉150グラム、豚バラ肉100グラム、浅草ハム製ソーセージ1本、季節のお野菜3種盛がセットになった「ランチBBQ(2500円)」と、追加で「厚切サーロイン(850円)」「アルコール飲み放題(1000円)」を注文しました。

普通のBBQって野菜が炭になったり、焦げて小さくなった肉が回されたりと、なんとも寂しい思いをしてしまいます。ですがぼっちなら、自分の好きなタイミングで焼く! そして食べる! 味付けももちろん自分好み! とにかく食が充実してたまらないのです。

厚切りサーロイン美味しい〜! これそれにしても外で飲むビールってなんでこんなに格別なんでしょ? 今日はスペシャルな日確定です。

【孤独感を感じないのは“遊園地”のおかげ】

あっという間に60分のBBQタイムは終了。幸せにとろけそうな時間を過ごすことができました。これまた行きたい。

ふと、あることに気がつきました。全然、寂しくないのです。

その理由は、きっと私がぼっちに慣れているから〜ではなく、遊園地という環境のおかげ。

周りのBBQ席の話し声も、アトラクションの音や楽しそうな悲鳴でかき消されて、ほとんど聞こえません。そして視界は楽しそうに遊園地を満喫しているひとばかり。遊園地って乗り物に乗らなくても、楽しい気分になるんだなと知りました。

【総括:ぼっちBBQは花やしき最高】

土日の昼、何かしたい、でもみつからない!と思ったら私は迷わずここをオススメしたい。

毎日の悩みも、遊園地にきたら別世界。そして美味しいお肉とビールがあれば天国へ。間違いなくスペシャルな日になるはずです!

孤独度:★
快適度:★★★★★
オススメ度:★★★★★★

参考リンク:浅草花やしき BBQガーデン
撮影・執筆=百村モモ (c)Pouch

続きはこちら

自動スライダーでそうめんが流れてゆく~! 「大人の流しそうめん」が夏のホームパーティやBBQにピッタリなんです♪

春がかけ足でやってきたと思ったら、初夏の気候もあったりで、体と気持ちが追いつかないっ! しかしこうも暖かいと、冷たい食べ物が恋しくなってきますよねぇ。

これからの季節のホームパーティーに重宝しそうな商品を新発売するのは、株式会社ドウシシャ。見た目にも華やかな、スライダー付きの流しそうめん器「大人の流しそうめん」が、2018年4月上旬より全国の量販店などで販売されます。

【大人のために開発されたマシン】

この「大人の流しそうめん」は、世界流しそうめん協会公認商品なんですって。一体なぜ “大人の” と銘打っているのかというと、実際に “大人に向けて” 開発された商品だからなんです。

市場に出ているスライダー付きの流しそうめん器はどうしてもオモチャのイメージが強いし、サイズも大きい物が多く、大人が楽しめるものが少ないというのが現状。

そこで生まれたのが、今回新発売される「大人の流しそうめん」。上部には「そうめんポケット」が6つ設置してあり、ここにそうめんをひと口分ずつ置いて、スイッチを押します。

するとポケットが回転し、そうめんが間隔を置いて、自動でスライダーに運ばれる仕組みとなっています。

【冷水でさらに美味しく♡】

「そうめんポケット」の上には、氷を入れておけるポケットが鎮座。これによって、セットしたそうめんに冷水をダイレクトにかけ流すことができるんですって。そうめんは冷やすとさらに美味しくなるから、この点はポイント高いですよねぇ♪

他にもいろいろな工夫があり、スライダーは360度どの角度からもそうめんをキャッチできる仕様になっていたり、桶の部分でも水流が回っているところがポイント。

上からスライダーで流すのはもちろんのこと、下で回るそうめんをゆっくりと味わうこともできるわけで、流しそうめんの醍醐味を味わうにはもってこいのマシンなんです。

【乾電池で動くから外でも楽しめます】

持ち運びやすいコンパクトサイズで、単2形アルカリ乾電池4本(別売り)で動くので、気軽に外に持っていけるというのも嬉しいっ。BBQやキャンプなどのアウトドアシーンに持参したら、大いに盛り上がりそう!

掃除用ブラシが付いてきてお手入れが簡単にできるところも、 “お片付けする側” の大人にとってはありがたいかぎり。そうめんを愛するみなさんは、一家に一台いかがでしょうか。

参照元:プレスリリースドウシシャ
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

春は出会いの季節♡ 桜がテーマの街コンが開催されるよー! クルージングやお花見BBQでロマンティックな気分に浸れそう


もうすっかり春ですねぇ。美しく咲き誇る桜を見ているとロマンチックな気分に駆られる人も多いのでは? あー、新たな出会いが欲し~い!

そんな皆さんにオススメしたいのが、2018年4月1日と4月7日に開催される「エンタメ春コン」! これ、桜をメインテーマにしている街コンなんです♡

【桜がテーマの街コンイベント】

「エンタメ春コン」は、桜をメインテーマに遊園地・クルージング・ダイニングバーで開催されるというエンタメ感あふれる街コンイベント

4月1日・7日ともにおしゃれな場がセッティングされていて、どちらも出会いの場としては申し分なしです。

【桜クルージングコン】


4月1日は横浜・みなとみらいを船上から眺めることができるクルーザーを貸し切って開催される「桜クルージングコン」。ドレスコードがあるそうで、当日は船上の華やかな雰囲気を味わうことができそう。

【お花見BBQコン】


4月7日は西武園ゆうえんちを舞台に開催される「お花見BBQコン」。桜の木の下でおいしいお肉に舌鼓を打ちながら、参加者同士での交流を楽しめます。


日にち的に桜はすでに見頃を終えていそうですが、アウトドアでのバーベキューは今の時期格別なはず!

【春だし新たな出会いに期待☆】

身近ではなかなか出会いがないという人も、こうした場なら肩ひじはらずに自然に親しくなれそう。「エンタメ春コン」の参加資格は20~39歳の独身男女となっていますので、気になる方は気軽に参加してみては?

詳細は参照元からご確認くださいね!

参照元:エンタメ春コン公式サイトプレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

続きはこちら

原宿で人気の「超巨大わたあめ」を自宅で作れる! ホームパーティーや子供の誕生会にもってこいですよ~

東京・原宿や大阪のアメリカ村で販売されている、大きくてカラフルな “わたあめ” 。

小さな子供はもちろん大人まで胸がワクワク躍る、“わたあめ” をお家でも作れるマシン「ジャンボわたあめ屋さん」がクラウドファンディングサイト「Makuake」に登場。現在いくつか支援コースを設けて、先行予約販売を行っています。

ひとつ家にあったらホームパーティーにBBQ、子供の誕生会と、大いに重宝しそうです~!

【こんなにデカいわたあめが作れるなんて…!】

「ジャンボわたあめ屋さん」で作ることができるのは、サッカーボールよりもさらにひと回り大きい、直径30センチ以上はありそうな特大の “わたあめ” 。

プロジェクトの実行者で、商品を取り扱う株式会社ピーナッツ・クラブによると、今回の商品は従来品と比較して約6センチ大きく作られているのだとか。

家庭用わたあめ機としては最大級のトレイを開発した結果、業務用機でしか作れなかった大きいわたあめが作れるようになったんですって。

【ビッグサイズな「わたあめ棒」が付いてくるっ】

「ジャンボわたあめ屋さん」1台につき1本付いてくる “わたあめ棒” は、巨大なわたあめを支えられるように、ビッグサイズに作られています。「Makuake」での販売以降は、ピーナッツ・クラブのホームページで販売予定とのことなので、棒を追加で買うこともできそうです。

【キャンディでもわたあめが作れるよ】

わたあめの材料はザラメが使われていますが、普通サイズは市販のキャンディでも作れるそう。コーラ味やコーヒー味など、お店では見かけない味のわたあめも作れるんですって。

ただしキャンディで “わたあめ” を作る場合、中に粉末やリキッドが入っているキャンディだと、うまく“わたあめ” にならないことがあるそうなのでご注意を。ちなみに…… “巨大わたあめ” を作る場合は、キャンディでは難しいので、ザラメの用意が必要だそうですよ!

【お手入れラクチン&収納もコンパクト】

あめが付いて汚れやすいトレイ部分は取り外して洗えるので、お手入れラクチン。トレイをたたむとコンパクトになり、場所をとらないから収納も便利です。そして、わたあめの製造コストは1個あたり10円と、お財布にも優しい~♪

申し込んだ時点で売買契約が成立するこのプロジェクト。もっとも安価なのは4980円(以下すべて税込み価格)のコースで、なんと45%オフの価格で本体をゲットできるのだとか♪

個人的におススメなのは、機械とザラメ1キロがセットになっていて、すぐに使える5980円のコースです。2018年5月中には届くようなので、行楽シーズンに向けて購入を検討してみてはいかがでしょうか。

参照元:Makuake
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

アトラクションみたい☆ あらゆる方向にグルングルン回転してお肉を焼くバーベキューグリルマシン

夏の暑さもおさまってきて、これから待ちに待った食欲の秋。バーベキューが楽しい季節となりました。バーベキューの主役はやっぱりお肉! 味も香りも格別です。

かたまり肉でも、カットされたお肉でも、バーベキューなら網焼きが定番。そんな網焼きの常識を思いっきりくつがえす斬新なマシンが、いま話題になっています。

【こんな焼き方……いままで1度も見たことがないよ!!!】

メキシコで開かれたバーベキュー選手権「グリルマスター2017」で、このマシンを見かけたという、動画をインスタグラムに投稿したエリソンド(Gualberto Elizondo)さん。「初めて見たよ」とコメントしたエリソンドさんと同じく、私も初めて。

Instagram Photo

お肉をはさむ2枚の丸い網をふたつの大きなリングが支え、網がアトラクションか何かみたいに全方位に回転! ジャイロスコープを思わせるバーベキューグリルマシンです。

【合理的な焼き方かも?】

ケバブ屋さんで見かける回転肉焼き機も画期的ですが、このマシンではお肉はあらゆる方向にゆるやかに回転し、炭火でじっくり焼かれていきます。お肉の中心まで、まんべんなくしっかり火がとおって、「外側は火が通っているけど中は生のまま」「火を中まで通そうとして表面は黒こげ」なーんて悲しい事態を防げそうですね。

なにより、お肉をひっくり返す手間の一切かからないところが魅力的。ぐるぐる回って、お肉がひとりでにじっくり美味しく焼けていってくれるなんて……すばらしい!

動きがなかなか早く、お肉から出た油が四方八方に飛び散らないか、ちょっぴり心配しちゃいました……。

【店先に置くのもいいかも】

大胆不敵な “ジャイロスコープグリルマシン” 。店先に置いて、お客さんの目を集めるパフォーマンスにもいいかもしれません。迫力があるし、食べてみたくなりますもんねぇ。

ちなみに余談ですが、動画投稿者のエリソンドさんは、かなりフォトジェニックなお方。真っ白なおひげとメガネがキュートで、ひと目でファンになっちゃいました~☆

参照元:Instagram @weberfoods
参考リンク:Wikipedia 「ジャイロスコープ」
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら