「ムンク展」の限定コラボグッズが可愛すぎて悶絶! ポケモンやムーチョが『叫び』ポーズしているよ

ここ数年、展覧会が開催されるたびに注目されているのが、会場限定のオリジナルグッズ。作品を模したフィギュアが発売されたり、「縄文展」では「保冷剤」と「軍手」のセットが発売されたりと、攻めの姿勢を崩さないグッズに多くの人が心を奪われている様子です。

今回注目したのは、2018年10月27日から2019年1月20日まで、東京・上野にある東京都美術館で開催される「ムンク展―共鳴する魂の叫び」のコラボグッズの数々。

「ポケモン」に「BEAMS」、「湖池屋」、そして世界のお茶専門店「ルピシア」という4ブランドとコラボを繰り広げており、ジャンルを超えたラインナップに度肝を抜かれるのです! 全てのグッズがあまりにも可愛くて、魅力的で、欲しすぎて叫びたくなるほど……!

【世界的名画『叫び』がモチーフに】

エドヴァルド・ムンク作品の中でもダントツで有名なのが、世界的名画のひとつとされる『叫び』。展覧会のタイトルにも「叫び」の二文字があることからもわかるように、この展覧会でも、もちろん『叫び』を鑑賞することができます。

というわけで、コラボグッズにも『叫び』がじゃんじゃんフィーチャーされているのです!

ユニークなセンスが特徴のブランド「BEAMS」では、オシャレな洋服や雑貨が登場! パッと見はムンクとわからない、センスあるグッズが多く揃っています。

そして「湖池屋」では、カラムーチョとすっぱムーチョが「ムーチョの叫び 」 となって登場! 意外と違和感なしです。

そして紅茶メーカーの「ルピシア」とのコラボでは、ムンクの世界観と色彩をイメージ。様々な果実の香りで重厚感のある味わいに仕上げたオリジナルティーが登場しました。缶のパッケージにはムンクの作品が描かれています。


また、これらの全商品は、数量限定で売り切れの可能性があります。グッズが欲しい人は早めにチェックすべしです。

【ポケモンコラボグッズが可愛すぎて泣ける】

なかでも目を惹くのが、「ポケモン」とのコラボグッズ

ピカチュウをはじめとした人気ポケモン達が、ほっぺに手を当て大きな口をあけて「叫び」を再現。スマホケースやぬいぐるみなど、可愛すぎる限定アイテムが続々と登場しているのです!

【限定ポケモンカードのもらい方をチェック】

「叫び」デザインのポケモンのカードはピカチュウ、ミミッキュ、イーブイ、モクロー、コダックの5種類登場!

全部欲しい〜!と叫びたくなりますが、キャラクターによって入手方法が違うので、要チェック!

「ピカチュウ」はムンク展の来場記念でもらうことが可能。(詳しい配布日時、方法に関しては、ムンク展公式サイトで公開されます)

「ミミッキュ」は、ミニカードファイルの叫びピカチュウ / イーブイの購入特典。そして「イーブイ」「モクロー」「コダック」は、11 月 2 日よりポケモンセンター・ポケモンストアで拡張パック・強化拡張パック・ハイクラスパックを 2 パック買うと、3 種の中から好きなカードを 1 枚プレゼントしてもらえます。

また、全てのカードは無くなり次第終了となりますので、早めのチェックが必要です!

【展覧会には約100点のムンク作品が集まります】

ちなみに今展覧会には、約60点の油彩画に版画などを加えた約100点が集結。ノルウェーの首都にあるオスロ市立ムンク美術館が誇る世界最大のコレクションを中心にした、大回顧展となるようです。

『叫び』のほかにも晩年までに描かれた名作が多数そろっているので、芸術の秋にちなんで、出かけてみてはいかがでしょうか♪

参照元:プレスリリース、「ムンク展―共鳴する魂の叫び」公式サイト
ポケモンコラボ商品画像のみ=© 2018 Pokémon. © 1995-2018 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

「ムンク展」の限定コラボグッズが可愛すぎて悶絶! ポケモンやムーチョが『叫び』ポーズしているよ

ここ数年、展覧会が開催されるたびに注目されているのが、会場限定のオリジナルグッズ。作品を模したフィギュアが発売されたり、「縄文展」では「保冷剤」と「軍手」のセットが発売されたりと、攻めの姿勢を崩さないグッズに多くの人が心を奪われている様子です。

今回注目したのは、2018年10月27日から2019年1月20日まで、東京・上野にある東京都美術館で開催される「ムンク展―共鳴する魂の叫び」のコラボグッズの数々。

「ポケモン」に「BEAMS」、「湖池屋」、そして世界のお茶専門店「ルピシア」という4ブランドとコラボを繰り広げており、ジャンルを超えたラインナップに度肝を抜かれるのです! 全てのグッズがあまりにも可愛くて、魅力的で、欲しすぎて叫びたくなるほど……!

【世界的名画『叫び』がモチーフに】

エドヴァルド・ムンク作品の中でもダントツで有名なのが、世界的名画のひとつとされる『叫び』。展覧会のタイトルにも「叫び」の二文字があることからもわかるように、この展覧会でも、もちろん『叫び』を鑑賞することができます。

というわけで、コラボグッズにも『叫び』がじゃんじゃんフィーチャーされているのです!

ユニークなセンスが特徴のブランド「BEAMS」では、オシャレな洋服や雑貨が登場! パッと見はムンクとわからない、センスあるグッズが多く揃っています。

そして「湖池屋」では、カラムーチョとすっぱムーチョが「ムーチョの叫び 」 となって登場! 意外と違和感なしです。

そして紅茶メーカーの「ルピシア」とのコラボでは、ムンクの世界観と色彩をイメージ。様々な果実の香りで重厚感のある味わいに仕上げたオリジナルティーが登場しました。缶のパッケージにはムンクの作品が描かれています。


また、これらの全商品は、数量限定で売り切れの可能性があります。グッズが欲しい人は早めにチェックすべしです。

【ポケモンコラボグッズが可愛すぎて泣ける】

なかでも目を惹くのが、「ポケモン」とのコラボグッズ

ピカチュウをはじめとした人気ポケモン達が、ほっぺに手を当て大きな口をあけて「叫び」を再現。スマホケースやぬいぐるみなど、可愛すぎる限定アイテムが続々と登場しているのです!

【限定ポケモンカードのもらい方をチェック】

「叫び」デザインのポケモンのカードはピカチュウ、ミミッキュ、イーブイ、モクロー、コダックの5種類登場!

全部欲しい〜!と叫びたくなりますが、キャラクターによって入手方法が違うので、要チェック!

「ピカチュウ」はムンク展の来場記念でもらうことが可能。(詳しい配布日時、方法に関しては、ムンク展公式サイトで公開されます)

「ミミッキュ」は、ミニカードファイルの叫びピカチュウ / イーブイの購入特典。そして「イーブイ」「モクロー」「コダック」は、11 月 2 日よりポケモンセンター・ポケモンストアで拡張パック・強化拡張パック・ハイクラスパックを 2 パック買うと、3 種の中から好きなカードを 1 枚プレゼントしてもらえます。

また、全てのカードは無くなり次第終了となりますので、早めのチェックが必要です!

【展覧会には約100点のムンク作品が集まります】

ちなみに今展覧会には、約60点の油彩画に版画などを加えた約100点が集結。ノルウェーの首都にあるオスロ市立ムンク美術館が誇る世界最大のコレクションを中心にした、大回顧展となるようです。

『叫び』のほかにも晩年までに描かれた名作が多数そろっているので、芸術の秋にちなんで、出かけてみてはいかがでしょうか♪

参照元:プレスリリース、「ムンク展―共鳴する魂の叫び」公式サイト
ポケモンコラボ商品画像のみ=© 2018 Pokémon. © 1995-2018 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【神付録】 スプリング 12月号の付録「クレヨンコスメ5本セット」がめちゃ使える / 無くなったらリピ買いしたくなるレベルです

近頃の女性ファッション誌は、ほんっっと~~~に付録が充実しまくっていますよね!!! 素材や細部にまでこだわっているので、パッと見では付録に見えないものも多くて驚いてしまいます。

バッグにポーチにと付録のバリエーションは様々ですが、特に最近注目しているのが、コスメ系付録。今回は発売前から話題となっていた、2017年10月23日に発売された宝島社『SPRiNG(スプリング)』 2017年12月号の付録、「鈴木えみ × BEAMS クレヨンコスメ 5本セット」を使ってみた感想をレポしたいと思います。

なんでも今回のクレヨンコスメは、前回好評だった第1弾に続く第2弾なのだとか。否が応にも期待が高まってしまいますよね……!

【めっちゃ描きやすそう!】

発売された雑誌と付録を宝島社さんに送っていただき、いざトライ。

入っていたのは合計5本の “クレヨンコスメ” で、そのうち3本はリップとチーク用1本はハイライト、そしてもう1本はローライトとなっています。ほどよく手にフィットする大きさ、そして太さ……これは確実に描きやすいヤツだぞ~~~!!

【フツーにお店で売っていそうです】

箱から出した瞬間にまず感じるのは本格感。いい意味で付録っぽさはなく、デザインといいサイズといい、コスメショップの棚に並んでいても違和感はありません。

リップクリームと同じ要領で下部をクルクル回転させると「びよ~ん」とたっぷり飛び出してきて、それぞれ十分な量が入っていることがわかります。

これが5本も雑誌の付録として付いてきて、しめて890円だなんて……。宝島社さん、いくらなんでも安すぎじゃないですかね!?

【「和」な名前が最高に雅だわ~♡】

リップ&チーク用の3本は、真っ赤な「緋(あけ)」、ピンク色の「中紅花(なかくれない)」、オレンジっぽいコーラル色の「珊瑚(さんご)」

質感は柔らかいながらも芯はしっかりとしているので描きやすく、また馴染みやすいのが特徴。お絵描きをしている感じでメイクができるのが楽しくて、肌に触れた感触も優しいのでストレスを一切感じません。

くちびるにそれぞれのカラーを塗ってみましたが、発色も文句なし。特に驚いたのは「緋」のビビッドさで、これ1本あれば流行りの赤リップ顔があっという間に完成しちゃいますよぉ! でも口紅のようなつや感はないので、事前にリップクリームを塗っておいたほうがいいかも。

一方のハイライト「光(ひかり)」とローライト「影(かげ)」も、柔らかく肌を滑る感じが心地よい~♡

パール感のある華やかなハイライトも、肌にしっくり溶け込むような色合いのローライトも、手でぼかせばすぐに馴染むんです。

すっと描いてパパっとこすれば、お顔にさりげな~くメリハリが生まれます。ハイライト、シェーディングとしてはもちろんのこと、アイメイクの部分使いとしても重宝しそうな予感!

【付録ってレベルじゃないっすよ!!!】

使いやすく、持ち運びもしやすそうな「鈴木えみ × BEAMS クレヨンコスメ 5本セット」は、クレヨンコスメに挑戦したくても手が出せないでいた人にはピッタリ。雑誌にはメイクのアドバイスも紹介されているので、どう使ったらいいのか不安な方でも安心ですよ。

正直な感想といたしましてはズバリ、「無くなったらリピ買いしたくなりそう!」。付録なのでもちろん叶わぬ夢なのですが、それくらい気に入っちゃいました♪ ゲットしておいて損はない「名付録」ですよ~!

参照元:SPRiNG
撮影・執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

ハローキティと「BEAMS JAPAN」のコラボがレトロかわいい♪ 1970年代のアイテムを現代風にアレンジしてるよ!

kittysan3

どんなものとでも華麗にコラボできちゃうサンリオキャラ、ハローキティさん。これまでにも数々のグッズが発売されてきましたが、お次は「BEAMS JAPAN」とのコラボが展開されるようです。

「BEAMS JAPAN」とのコラボ? どんなオシャレなアイテムが登場するのかしら? と、思いきや、ド直球にハローキティさんで、レトロなかわいさが爆発しておりますゾ!

【1970年代のキティさんをアレンジ】

3月6日に発売されるキティさんと「BEAMS JAPAN」のコラボアイテム。「オリジナルシリーズ」と「FILA 別注シリーズ」という、2つのシリーズが用意されています。

まず、「オリジナルシリーズ」は、キティさんが誕生した1970年代のアイテムを現代風にアレンジしたもの。

kittysan1

Tシャツやバッグ、サンダル、キャップなどのほか、顔を映すとキティさんになれる(!?)ミラー、リンゴの香りのキャンドルなどもあるみたい。どれも、レトロでかっわいいいい♪

【FILAとのコラボアイテムも!】

kittysan2

もう1つの「FILA 別注シリーズ」は、スポーツブランド・FILAに別注したウエアと小物のシリーズ。すべてのアイテムのデザインのポイントとして、1970年代当時のキティさんのおリボンが使われているんだって!

これらのアイテムは、東京・新宿の「BEAMS JAPAN」のほか、Sanrioworld GINZA 1FやBEAMS公式オンラインショップで販売されます。

「BEAMS JAPAN」で購入すると、サンリオショップでお馴染みの購入特典マスコットの「プレミアム」バージョンを付けてもらえるよ! いつもはヒモが通してあるけど、今回はヘアゴムになってるんだって!

また、特設コーナーが設けられたり、キティさんのデザイナー・山口裕子さんの来店イベントがあったりもするようです。詳しくは、「BEAMS JAPAN」の公式サイトをチェックしてみてくださいネ♪

参照元:PR TIMESBEAMS JAPAN
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

続きはこちら