ベトナム名物「エッグコーヒー」発祥のカフェが日本初上陸! 創業70年で始めての暖簾分けなんだって

練乳が底に入った「ベトナムコーヒー」は日本でもなじみがありますが、実はベトナムにはもうひとつ、非常にユニークなコーヒーが存在するんです。

そのコーヒーとは、「エッグコーヒー」。「エッグコーヒー」とは、卵とコンデンスミルクをクリーム状に泡立てたものを、コーヒーの上にのせたドリンクのこと。

クリームは濃厚でなめらか、たとえるならば「カスタードクリームやティラミスを飲んでいるような感覚」とのことで、想像するだけで胸が高鳴る~! そんな「エッグコーヒー」発祥のカフェがこの春日本に初上陸、2018年4月23日に横浜にオープンするようなんです。

【牛乳が手に入りにくい時代に生まれました】

オープンが決まったのは、ベトナムの首都ハノイの旧市街にあるお店「CAFE GIANG(カフェ ジャン)」。

牛乳が手に入りにくかった1946年、カフェ現オーナーの父であり、当時ハノイの5つ星ホテルでバーテンダーをしていたグエン・ザンさんが考案したのが「エッグコーヒー」。牛乳の代わりに泡立てた鶏卵の黄身部分を使ったことが、きっかけだったのだそうです。

【70年以上も愛されている味】

とろけるような味で多くの人を魅了したという「エッグコーヒー」目当てに、当時は国内外から大勢のお客さんがやってきていたのだそう。

殺到する「のれん分け」のオファーを70年以上も(!)断り続け、唯一その味を守っているのが、現オーナーのグエン・トリホアンさん。昔と変わらない味を72年間、2代に渡って提供し続けている「カフェ ジャン」は、今も地元の人に深く愛されているといいます。

【横浜にいながらベトナム気分を味わえる!】

そんな「カフェ ジャン」の2号店となるのが、4月にオープンする横浜店です。異国情緒漂う横浜は、まさに打ってつけの場所なのではないでしょうか♪

コーヒー豆は「エッグコーヒー」のためにベトナムから直輸入、独自に焙煎するのだそうで、コーヒー本来の旨みとクリームとの相性にこだわってブレンドしているのだとか。1日も早くその味を、自分の舌でたしかめてみたいものですね!

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

ベトナム名物「エッグコーヒー」発祥のカフェが日本初上陸! 創業70年で始めての暖簾分けなんだって

練乳が底に入った「ベトナムコーヒー」は日本でもなじみがありますが、実はベトナムにはもうひとつ、非常にユニークなコーヒーが存在するんです。

そのコーヒーとは、「エッグコーヒー」。「エッグコーヒー」とは、卵とコンデンスミルクをクリーム状に泡立てたものを、コーヒーの上にのせたドリンクのこと。

クリームは濃厚でなめらか、たとえるならば「カスタードクリームやティラミスを飲んでいるような感覚」とのことで、想像するだけで胸が高鳴る~! そんな「エッグコーヒー」発祥のカフェがこの春日本に初上陸、2018年4月23日に横浜にオープンするようなんです。

【牛乳が手に入りにくい時代に生まれました】

オープンが決まったのは、ベトナムの首都ハノイの旧市街にあるお店「CAFE GIANG(カフェ ジャン)」。

牛乳が手に入りにくかった1946年、カフェ現オーナーの父であり、当時ハノイの5つ星ホテルでバーテンダーをしていたグエン・ザンさんが考案したのが「エッグコーヒー」。牛乳の代わりに泡立てた鶏卵の黄身部分を使ったことが、きっかけだったのだそうです。

【70年以上も愛されている味】

とろけるような味で多くの人を魅了したという「エッグコーヒー」目当てに、当時は国内外から大勢のお客さんがやってきていたのだそう。

殺到する「のれん分け」のオファーを70年以上も(!)断り続け、唯一その味を守っているのが、現オーナーのグエン・トリホアンさん。昔と変わらない味を72年間、2代に渡って提供し続けている「カフェ ジャン」は、今も地元の人に深く愛されているといいます。

【横浜にいながらベトナム気分を味わえる!】

そんな「カフェ ジャン」の2号店となるのが、4月にオープンする横浜店です。異国情緒漂う横浜は、まさに打ってつけの場所なのではないでしょうか♪

コーヒー豆は「エッグコーヒー」のためにベトナムから直輸入、独自に焙煎するのだそうで、コーヒー本来の旨みとクリームとの相性にこだわってブレンドしているのだとか。1日も早くその味を、自分の舌でたしかめてみたいものですね!

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

ベトナム名物「エッグコーヒー」発祥のカフェが日本初上陸! 創業70年で始めての暖簾分けなんだって

練乳が底に入った「ベトナムコーヒー」は日本でもなじみがありますが、実はベトナムにはもうひとつ、非常にユニークなコーヒーが存在するんです。

そのコーヒーとは、「エッグコーヒー」。「エッグコーヒー」とは、卵とコンデンスミルクをクリーム状に泡立てたものを、コーヒーの上にのせたドリンクのこと。

クリームは濃厚でなめらか、たとえるならば「カスタードクリームやティラミスを飲んでいるような感覚」とのことで、想像するだけで胸が高鳴る~! そんな「エッグコーヒー」発祥のカフェがこの春日本に初上陸、2018年4月23日に横浜にオープンするようなんです。

【牛乳が手に入りにくい時代に生まれました】

オープンが決まったのは、ベトナムの首都ハノイの旧市街にあるお店「CAFE GIANG(カフェ ジャン)」。

牛乳が手に入りにくかった1946年、カフェ現オーナーの父であり、当時ハノイの5つ星ホテルでバーテンダーをしていたグエン・ザンさんが考案したのが「エッグコーヒー」。牛乳の代わりに泡立てた鶏卵の黄身部分を使ったことが、きっかけだったのだそうです。

【70年以上も愛されている味】

とろけるような味で多くの人を魅了したという「エッグコーヒー」目当てに、当時は国内外から大勢のお客さんがやってきていたのだそう。

殺到する「のれん分け」のオファーを70年以上も(!)断り続け、唯一その味を守っているのが、現オーナーのグエン・トリホアンさん。昔と変わらない味を72年間、2代に渡って提供し続けている「カフェ ジャン」は、今も地元の人に深く愛されているといいます。

【横浜にいながらベトナム気分を味わえる!】

そんな「カフェ ジャン」の2号店となるのが、4月にオープンする横浜店です。異国情緒漂う横浜は、まさに打ってつけの場所なのではないでしょうか♪

コーヒー豆は「エッグコーヒー」のためにベトナムから直輸入、独自に焙煎するのだそうで、コーヒー本来の旨みとクリームとの相性にこだわってブレンドしているのだとか。1日も早くその味を、自分の舌でたしかめてみたいものですね!

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

ベトナム名物「エッグコーヒー」発祥のカフェが日本初上陸! 創業70年で始めての暖簾分けなんだって

練乳が底に入った「ベトナムコーヒー」は日本でもなじみがありますが、実はベトナムにはもうひとつ、非常にユニークなコーヒーが存在するんです。

そのコーヒーとは、「エッグコーヒー」。「エッグコーヒー」とは、卵とコンデンスミルクをクリーム状に泡立てたものを、コーヒーの上にのせたドリンクのこと。

クリームは濃厚でなめらか、たとえるならば「カスタードクリームやティラミスを飲んでいるような感覚」とのことで、想像するだけで胸が高鳴る~! そんな「エッグコーヒー」発祥のカフェがこの春日本に初上陸、2018年4月23日に横浜にオープンするようなんです。

【牛乳が手に入りにくい時代に生まれました】

オープンが決まったのは、ベトナムの首都ハノイの旧市街にあるお店「CAFE GIANG(カフェ ジャン)」。

牛乳が手に入りにくかった1946年、カフェ現オーナーの父であり、当時ハノイの5つ星ホテルでバーテンダーをしていたグエン・ザンさんが考案したのが「エッグコーヒー」。牛乳の代わりに泡立てた鶏卵の黄身部分を使ったことが、きっかけだったのだそうです。

【70年以上も愛されている味】

とろけるような味で多くの人を魅了したという「エッグコーヒー」目当てに、当時は国内外から大勢のお客さんがやってきていたのだそう。

殺到する「のれん分け」のオファーを70年以上も(!)断り続け、唯一その味を守っているのが、現オーナーのグエン・トリホアンさん。昔と変わらない味を72年間、2代に渡って提供し続けている「カフェ ジャン」は、今も地元の人に深く愛されているといいます。

【横浜にいながらベトナム気分を味わえる!】

そんな「カフェ ジャン」の2号店となるのが、4月にオープンする横浜店です。異国情緒漂う横浜は、まさに打ってつけの場所なのではないでしょうか♪

コーヒー豆は「エッグコーヒー」のためにベトナムから直輸入、独自に焙煎するのだそうで、コーヒー本来の旨みとクリームとの相性にこだわってブレンドしているのだとか。1日も早くその味を、自分の舌でたしかめてみたいものですね!

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

ベトナム名物「エッグコーヒー」発祥のカフェが日本初上陸! 創業70年で始めての暖簾分けなんだって

練乳が底に入った「ベトナムコーヒー」は日本でもなじみがありますが、実はベトナムにはもうひとつ、非常にユニークなコーヒーが存在するんです。

そのコーヒーとは、「エッグコーヒー」。「エッグコーヒー」とは、卵とコンデンスミルクをクリーム状に泡立てたものを、コーヒーの上にのせたドリンクのこと。

クリームは濃厚でなめらか、たとえるならば「カスタードクリームやティラミスを飲んでいるような感覚」とのことで、想像するだけで胸が高鳴る~! そんな「エッグコーヒー」発祥のカフェがこの春日本に初上陸、2018年4月23日に横浜にオープンするようなんです。

【牛乳が手に入りにくい時代に生まれました】

オープンが決まったのは、ベトナムの首都ハノイの旧市街にあるお店「CAFE GIANG(カフェ ジャン)」。

牛乳が手に入りにくかった1946年、カフェ現オーナーの父であり、当時ハノイの5つ星ホテルでバーテンダーをしていたグエン・ザンさんが考案したのが「エッグコーヒー」。牛乳の代わりに泡立てた鶏卵の黄身部分を使ったことが、きっかけだったのだそうです。

【70年以上も愛されている味】

とろけるような味で多くの人を魅了したという「エッグコーヒー」目当てに、当時は国内外から大勢のお客さんがやってきていたのだそう。

殺到する「のれん分け」のオファーを70年以上も(!)断り続け、唯一その味を守っているのが、現オーナーのグエン・トリホアンさん。昔と変わらない味を72年間、2代に渡って提供し続けている「カフェ ジャン」は、今も地元の人に深く愛されているといいます。

【横浜にいながらベトナム気分を味わえる!】

そんな「カフェ ジャン」の2号店となるのが、4月にオープンする横浜店です。異国情緒漂う横浜は、まさに打ってつけの場所なのではないでしょうか♪

コーヒー豆は「エッグコーヒー」のためにベトナムから直輸入、独自に焙煎するのだそうで、コーヒー本来の旨みとクリームとの相性にこだわってブレンドしているのだとか。1日も早くその味を、自分の舌でたしかめてみたいものですね!

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

ベトナム名物「エッグコーヒー」発祥のカフェが日本初上陸! 創業70年で始めての暖簾分けなんだって

練乳が底に入った「ベトナムコーヒー」は日本でもなじみがありますが、実はベトナムにはもうひとつ、非常にユニークなコーヒーが存在するんです。

そのコーヒーとは、「エッグコーヒー」。「エッグコーヒー」とは、卵とコンデンスミルクをクリーム状に泡立てたものを、コーヒーの上にのせたドリンクのこと。

クリームは濃厚でなめらか、たとえるならば「カスタードクリームやティラミスを飲んでいるような感覚」とのことで、想像するだけで胸が高鳴る~! そんな「エッグコーヒー」発祥のカフェがこの春日本に初上陸、2018年4月23日に横浜にオープンするようなんです。

【牛乳が手に入りにくい時代に生まれました】

オープンが決まったのは、ベトナムの首都ハノイの旧市街にあるお店「CAFE GIANG(カフェ ジャン)」。

牛乳が手に入りにくかった1946年、カフェ現オーナーの父であり、当時ハノイの5つ星ホテルでバーテンダーをしていたグエン・ザンさんが考案したのが「エッグコーヒー」。牛乳の代わりに泡立てた鶏卵の黄身部分を使ったことが、きっかけだったのだそうです。

【70年以上も愛されている味】

とろけるような味で多くの人を魅了したという「エッグコーヒー」目当てに、当時は国内外から大勢のお客さんがやってきていたのだそう。

殺到する「のれん分け」のオファーを70年以上も(!)断り続け、唯一その味を守っているのが、現オーナーのグエン・トリホアンさん。昔と変わらない味を72年間、2代に渡って提供し続けている「カフェ ジャン」は、今も地元の人に深く愛されているといいます。

【横浜にいながらベトナム気分を味わえる!】

そんな「カフェ ジャン」の2号店となるのが、4月にオープンする横浜店です。異国情緒漂う横浜は、まさに打ってつけの場所なのではないでしょうか♪

コーヒー豆は「エッグコーヒー」のためにベトナムから直輸入、独自に焙煎するのだそうで、コーヒー本来の旨みとクリームとの相性にこだわってブレンドしているのだとか。1日も早くその味を、自分の舌でたしかめてみたいものですね!

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら